calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

ゴールドシップ〜萌馬名鑑/27

0
    〜 千変万化する気まぐれな快速船 〜

    今回取り上げるのは有馬記念でラストランを迎えるゴールドシップ大先生です。
    今ではすっかりムラ駆けキャラとして定着した感のあるシップ先生ですが、重賞初挑戦の札幌2歳Sでグランデッツァの2着、ラジオNIKKEI杯2歳Sではアダムスピークの2着と、デビュー当初は堅実だけど重賞では勝ちきれない、堅実キャラでした。
    そのシップ先生が第2形態に進化したのは明け3歳になって迎えた共同通信杯でのこと。後のダービー馬・ディープブリランテが1.4倍の支持を集めたこのレースでシップ先生は逃げ粘るディープブリランテを直線で捉え、そのまま1馬身3/4差をつけてゴール。今までの勝ちきれなさを吹っ切って、重賞初勝利を挙げたのです。
    こうなると、ひと皮むけたシップ先生には敵なし。悪天候続きで例年以上に馬場が荒れ、タフなコンディションで行われた皐月賞では、ライヴァルが距離ロスを承知で馬場のいい外目を通ったのに対し、ただ一頭内埒沿いを駆け抜け、最後方から直線入口では6番手まで進出する、「宇宙戦艦ヤマト」ばりのワープ航法を披露。そのまま先頭に躍り出て、ワールドエース以下を2馬身半千切ってクラシックのタイトルを手にしました。
    日本ダービーでは好敵手・ディープブリランテに譲りましたが、その後は神戸新聞杯→菊花賞→有馬記念と、タフな末脚を武器に3連勝。
    この頃は、安定して上位争いを演じて確実に配当をもたらすまさに「黄金の船」という印象。ゴールドシップ時代が華々しく幕を開けたと思われました。
     

    アデイインザライフ〜萌馬名鑑/26

    0
      〜 艶井くんの大雑把な日常 〜

      この「萌馬名鑑」にも、昔お気に入りだった馬の息子が登場するようになりました。
      函館2歳S、ファンタジーSで2着に入り、06年の牝馬クラシックに駒を進めたラッシュライフの長男坊、それがアデイインザライフです。

      ラッシュライフは私と月見亭、夫婦で応援していた馬で、私はその半兄・タガノデンジャラス(萌馬名鑑vol.8で紹介しています)や半弟のバアゼルリバーの馬券でいい思いもしていましたから、アデイインザライフを応援するのも当然の流れでした。
       

      ニシノカチヅクシ〜萌馬名鑑/25

      0
        〜 ヒキコモリ、対馬恐怖症、ヘタレの残念三冠馬 〜

        先日の宝塚記念で、前馬未到の宝塚記念連覇を達成し、いよいよ凱旋門賞を目指すことになった日本の至宝・ゴールドシップ。
        そのゴールドシップが新馬戦を勝ったあと臨んだコスモス賞で、2着に入っていたのが今回の主人公、ニシノカチヅクシです。

        コスモス賞を勝ち、札幌2歳Sでも2着とクラシックホースへの道を歩み始めるゴールドシップに対し、ニシノカチヅクシの方は札幌2歳Sで10着に大敗し、クラシック路線からドロップアウト。それどころか2勝目を挙げるのに2年もかかってしまいました。

         

        オルフェーヴル〜萌馬名鑑/24

        0
          〜 壁があったら突き破る! 一本気な熱血少年 〜

          「ダイワメジャーの妹」として、兄がマイルCSに出走する日、同じ京都でデビューしたダイワスカーレット。
          ブエナビスタとの姉妹制覇の夢を託され、1戦1勝の身で阪神JFに挑んだ、ジョワドヴィーヴル。
          常に母・エアグルーヴの歩みと比較されたアドマイヤグルーヴ。
          あのディープインパクトも、デビュー当初は兄・ブラックタイドと比較されたりもしたものでした。

          後の名馬も、最初は偉大な兄姉や父母のイメージを託されながら、レースの世界に踏み出すことが多いもの。それがまた、ブラッドスポーツたる競馬の味わいなのでしょう。
          あるいは彼らにとって、兄姉や父母の存在が、第一の壁となって立ちふさがる、とも言えるかもしれません。

          日本を代表する名馬となったオルフェーヴルもまた、最初は2歳王者、4年連続重賞勝ち、そしてグランプリ春秋制覇を遂げたドリームジャーニーの弟として、競馬ファンの前に姿を現しました。
          新馬戦は快勝したものの、その後京王杯2歳Sで10着に大敗するなど、4連敗。
          スプリングSを勝ってクラシックに駒を進めたものの、東京での開催となった皐月賞で4番人気にとどまったのは、勝ち切れないイメージが定着していたのと、同じ府中の京王杯2歳Sで大敗していたこと、加えて、ドリームジャーニーが東京を苦手としていたイメージが弟にオーバーラップしたからでしょう。
          しかし、ここでオルフェーヴルはサダムパテック以下を3馬身突き放し、兄が掴めなかったクラシックのタイトルをゲット。
          不良馬場のダービーはウインバリアシオンにやや差を詰められたものの、3着以下には1秒以上の差をつけて圧倒し、菊花賞も制して三冠達成。
          もはや「ドリームジャーニーの弟」と彼を呼ぶものはいなくなり、完全に兄の壁を突き破って見せたのです。



          エスポワールシチー〜萌馬名鑑/23

          0
            〜絆を越えたその先に〜

            「馬券を買うとき、どういう馬の馬券を買いますか?」
             競馬場に行ったりすると、よくこんな質問をされます。
             私はまぁ、
            「走りっぷりだったり、パドックでのルックスだったり。あとは血統ですかねぇ」
            と常識的な答えを返すんですが、月見亭の答えは、
            「名前の気に入った馬ですね。あとは私と誕生日が同じ馬」
             この答えにはみなさん驚かれます。……まぁ、馬の誕生日なんて、気にするひとは殆どいませんよねぇ。

             しかし4月22日生の馬にはジョリーダンス、バランスオブゲーム、ナムラクレセントなど活躍馬が多数。
             その中でも筆頭格といえるのが、このエスポワールシチーです。



            トウカイトリック〜萌馬名鑑/22

            0
              〜超長距離戦線の生きている化石〜


              私たち夫婦がはじめて競馬場に行ったのは、8年半前、2004年9月19日の阪神競馬場。
              この時の阪神メイン・ローズSではステイゴールドの妹・レクレドールが重賞初勝利を挙げ、後に秋華賞を制すスイープトウショウが3着。新馬戦では翌年のチューリップ賞を制するエイシンテンダーがデビュー勝ちを収めていました。
              また、中山メインのセントライト記念ではコスモバルクがレコード勝ちをマーク。6着にエアシェイディ、8着ポップロックと、後にG?戦線を賑わせる馬たちも、ここで菊花賞切符に挑んでいました。
              ○父、○市なんてマークが新聞の馬柱に書かれていた時代。

              そんな「ひと昔」と言いきってもいいような過去の話ですが。
              この日の阪神9レース、野路菊Sにトウカイトリックは出走していました。
              このレースでは6着に終わっていたトウカイトリックは、結局クラシックの舞台に出ることがかないませんでしたが、秋の福島記念で2着になって芽を出すと、翌年の阪神大賞典では同世代のスーパースター・ディープインパクトを向こうに回しての大逃走劇を演じ、最後は2着に敗れたものの「トウカイトリックここにあり」と、その名を高めました。



              フェイトフルウォー〜萌馬名鑑/21

              0
                〜大物感たっぷりのやんちゃ小僧〜


                久しぶりの萌馬名鑑は、期待の3歳牡馬・フェイトフルウォー君です。

                2010年の10月10日。
                私たちはその日、開幕週の府中競馬を観戦に、東京競馬場まで遠征していたんですが。
                第5レースのメイクデビュー東京、その本馬場入場が終わってまもなく、こんなアナウンスが場内に響きわたるではありませんか。
                「お知らせいたします。東京競馬第5レースの4番、フェイトフルウォー号は馬場入場後放馬したため、捕まり次第馬体検査を行います」
                おやと思って、レーシングプログラムから顔を上げると、スタンド前には呆然と立ち尽くす田中勝春騎手の姿があり、白いメンコのフェイト君はカラ馬状態で軽快に向正面へと駆けていきます。
                その後、スタンド前に戻ってきてもなかなか捕まらず、ホームストレッチを行ったり来たり。5分あまりは走り続けたでしょうか。ようやく捕まって、2コーナーの奥、芝1800mコースの発走地点に向かうフェイト君を見ながら、スタンドの観客は、
                「こりゃあ、競走除外だよねぇ」
                「デビューからこれじゃ先が思いやられるな」
                などと口々に言っていたんですが。
                なんとなんと、馬体検査を終えたフェイト君に、田中勝春騎手が騎乗するではありませんか。
                ふたたびスタンドが、
                「え? 走るの?」
                「無茶だろ……」
                「一口持ってる人、気の毒だな……」
                などとざわめき始めます。

                しかし、スタンドの観客が、真の衝撃にみたびどよめくのは、2分後のことでした。



                ユキチャン〜萌馬名鑑/20

                0
                  〜カクテル光線に煌めく純白の一等星〜

                  今回は満を持して登場!
                  JRAきってのアイドルホース、白毛のユキチャンです。
                  実は月見亭が昨年、純白の馬体とかわいらしい名前に惹かれてPOGで指名。デビュー前から注目していた馬なんですよね〜。

                  そのユキチャン、デビューは昨夏の福島でした。
                  JRAではこれまでに6頭しか出走していない白毛馬として注目され、2番人気に支持されたユキチャンでしたが、ここは14着と惨敗。
                  「やはり人気先行か…」
                  の声が出てきましたが、2戦目のダート戦で勝ち上がると、芝に転じた3戦目も8番人気の低評価を覆して連勝。
                  勇躍、オークストライアルのフローラSへと駒を進めました。



                  ホッコーパドゥシャ〜萌馬名鑑/19

                  0
                    〜ゴーイングマイペースな天然キャラ〜

                    2005年7月10日。
                    この日私たちは阪神競馬場に出かけていて、観戦記をブログに書いたりしているんですが、3年たった今振り返ると、なかなかすごいメンバーが揃った日だったんですね。
                    新馬戦ではダイアモンドヘッドが勝ち、2着にアドマイヤキッス、4着がサクラメガワンダー。
                    準メインの鶴見特別ではサンライズバッカスが勝ち上がり、3着には中央在籍時のアルドラゴン。
                    メインのマーメイドSは結果的にダイワエルシエーロの引退レースとなった一方、マイネサマンサは初の重賞連対を果たし、その後牝馬重賞戦線の常連になっていきます。
                    しかしその中で私が最も気になった馬。
                    それは未勝利戦で2着に終わったホッコーパドゥシャでした。



                    カゼノコウテイ〜萌馬名鑑/18

                    0
                      〜疾きこと風の如く〜

                      名は体を表す、と言いますが。
                      旧約聖書に出る士師のように力強く勝利するメイショウサムソン、
                      強い走りでファンを酔わせるウオッカ、
                      稀代の末脚でライバルを一掃するスイープトウショウ、
                      見るもの全てを圧倒する衝撃的な走りが印象的なディープインパクトなど、競走馬の世界にも、名前に似合った活躍をする馬が多くいます。
                      今回取り上げるカゼノコウテイはまだ準オープン在籍の身ですが、やがて名前のように、疾風のごとき末脚で重賞戦線を賑わせそうな期待の新星です。


                      続きを読む >>

                      | 1/3PAGES | >>