calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

中京記念 先取り展望

0

    名鉄杯 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 9,11−総流し
    【びぜんや】単勝 3 複勝 3 枠連流し 4−3,4,5,6,8 三連複軸2頭流し 7,8−3,11,13,15 三連単軸2頭マルチ 8→7→5,9,12,16


    月見亭「ヴィクトリーラインをノンストップ! 砂煙の向こうに見えた勝利のパノラマ!」
    びぜんや「名鉄杯を勝ったのはラインルーフ。道中は離れた2番手を追走、直線で前を捉えにかかると後続は離されていく一方、さらに捉えたコパノチャーリーも8馬身差突き放して圧勝した」
    月見亭「ここ2戦は芝で度外視、ダートに戻ればやれるんじゃとは思われていたけれど、ここまで突き放すとは。開いた口が塞がらない勝利ね」
    びぜんや「プロキオンSで大レコードが飛び出したように、今の中京ダートはスピード馬場。芝で鍛えたスピードがここで生きてきたのかな」
    月見亭「2着は大逃げを打ったコパノチャーリーが粘った」
    びぜんや「11秒台のラップが3度出る玉砕覚悟の逃げ。最後は脚が上がったが、前半の大きな貯金がものを言った。展開にも馬場にも恵まれたが、レースを面白くする天晴な逃げだったね」
    月見亭「3着に中団から差した私の◎ローズプリンスダム」
    びぜんや「スムースに立ち回れたのは大きかったね。消耗戦は望むところだったし、この季節も合うのだろう」
    月見亭「キミの◎オールマンリバーは見せ場なく8着に敗退」
    びぜんや「5着争いが固まってたくらいで、あとは縦長の展開からバラバラと入線してくる消耗戦。スピードもスタミナもない一介のオープン馬には厳しい流れになった」
    月見亭「消耗戦になったのは暑さの影響もあったかしらね」
    びぜんや「名古屋の最高気温は36.9度。ダートは白く乾いてパサパサだし、馬は暑さに弱い生き物。過酷な条件になったよなぁ」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(×−◎)でハズレ、馬券もハズレ。……あ、返還があったわ」
    びぜんや「こっちは(−−−)で完敗惨敗零敗でした」
    月見亭「ついでに函館記念も軽くレビュー。勝ったのは5番人気のエアアンセム」
    びぜんや「先団を見る位置でレースを進め、スムースに回ってきた。有力各馬が後方待機から持ち味が発揮できなかったのに対し、積極的に動いたのが奏功したね。僕の◎クラウンディバイダはスムースに運べずもまれる形になって力尽き、13着」
    月見亭「メイセイオペラ記念マーキュリーCはキミの◎ミツバが粘るヨシオをゴール前捉えて快勝」
    びぜんや「有力各馬を見る形でレースを進め、逃げ粘りを図るヨシオめがけて末脚を繰り出した。盛岡の直線を存分に生かした勝ちっぷりだね」
    月見亭「さて、来週は函館で函館2歳S、中京で中京記念だけど、ここはやっぱり中京記念だよね」


    名鉄杯 先取り展望

    0

      七夕賞 実際の買い目
      【月見亭】複勝 5 三連複軸2頭流し 5,6−総流し
      【びぜんや】単勝 1,5 複勝 5 馬連流し 1−2,4,5,6,7,9,10 2−5 三連複 1−2−5


      月見亭「百年の歴史に名を連ね、福島の美空に凱歌を揚げた!」
      びぜんや「福島競馬場開設100周年記念七夕賞を勝ったのはブービー人気のメドウラーク。後方待機からまくり気味に進出。馬場のいい真ん中に持ち出してマイネルサージュとの叩きあいを制した」
      月見亭「前走11着馬が鮮やかに大変身で、4連勝した15年6月以来の勝利。これは予想出来ない……」
      びぜんや「昨年の京都、不良馬場、不良馬場、重馬場で3着に入っている。発表は良馬場だったけれど、上がりのかかる馬場と展開で、これが味方したんだろうね。タフなレースに強いトゥザヴィクトリーの血も目覚めたか」
      月見亭「2着には最後方から進めた私の◎マイネルサージュ」
      びぜんや「同じマイネル軍団のマイネルミラノが気風よく逃げて展開は向いたけれど、勝ち馬に巧く立ち回られたね。福島で後方一気を2度続けて、というのはちと虫が良すぎたか」
      月見亭「3着には穴男・江田照男駆る殿人気のパワーポケットが突っ込んだ」
      びぜんや「障害帰りの馬は穴で狙えとは言うけれど、さすがにこれは予想外。不利を受けても内に拘ったことと、障害練習で鍛えられたことが奏功したのか」
      月見亭「キミの◎プラチナムバレットは3コーナーで前の馬に躓き騎手が落馬、競走中止」
      びぜんや「ごちゃついたところに入って残念な結果になってしまった。馬は無事とのことだけど、2戦続けて残念なことになってしまったな。あとは岩崎騎手の早い復帰を祈りたい」
      月見亭「というわけで今週の結果。私は(−◎−)でハズレ、馬券はマイネルサージュの複勝は当たったけれど、肝心の三連複が痛恨の軸馬1着4着でトータル獲って損。あと3/4馬身差なんとかならなかったのかと……」
      びぜんや「僕は(×○−)でハズレ、馬券はマイネルサージュの複勝が掠ったのみで獲って損。◎が競走中止じゃドモナラズだが、勝ち馬にもシルシを回せていただけに、なんとか出来なかったものかと……」
      月見亭「悔やんでいても仕方ない。来週は函館記念」
      びぜんや「といいたいところだけれど、来週は中京競馬場に遠征するし、名鉄杯を見てみるというのはどうだろう」


      七夕賞 先取り展望

      0

        ラジオNIKKEI賞 実際の買い目
        【月見亭】三連複軸2頭流し 3,6−総流し
        【びぜんや】単勝 8 複勝 8 馬連流し 8−1,3,4,6,10,12,13 1−10


        月見亭「オープン勝ちの誇りを胸に、ゴールテープを切った鉄紺の走者!」
        びぜんや「ラジオNIKKEI賞を勝ったのはメイショウテッコン。道中は先団の内で脚を溜め、4コーナーから徐々に進出。最後はフィエールマンの猛追を凌ぎ切った」
        月見亭「唯一の3勝馬がトップハンデを克服しての重賞初勝利。逃げなくても勝てたのは収穫ね」
        びぜんや「ただ、道中は口を割るシーン。あれだけ折り合いを欠いて勝てるんだから力があるんだろうが、そこの克服が今後の課題だね」
        月見亭「秋は菊花賞が目標になりそうだけど、3000mのG気論泙蟾腓い魴腓い討舛秕,討覆い發里諭
        びぜんや「逆に考えれば気性面さえ成長すれば、このスタミナと先行力が菊では大きな武器になるはずだ」
        月見亭「2着は直線一気に追い上げた私の◎フィエールマン」
        びぜんや「それほどスタートは悪くなく、中団後方でレースを進めたが、最後は脚を溜めるだけ溜めて最後方から弾ける形に。しかし福島の直線は短く、溜め殺した形になった」
        月見亭「3着は逃げたキボウノダイチが粘った」
        びぜんや「案外すんなりハナを切れ、開幕週の馬場を味方に粘った。悪くはないけれど、恵まれた面は否めないな」
        月見亭「キミの◎エイムアンドエンドは内を伸びるも届かず5着」
        びぜんや「おっと思わせるシーンはあったんだけどねぇ。最後に伸びあぐねたのは休み明けのせいか。小回りでも巧く立ち回れたのは収穫だね」
        月見亭「というわけで今週の結果。私は(−◎−)でハズレ、馬券も同様」
        びぜんや「僕は(−▲−)でハズレで以下同文だ」
        月見亭「さて。来週は中京でプロキオンS、福島で七夕賞」
        びぜんや「メンバーの豪華さではプロキオンSのほうが断然だけど、福島競馬場開設100周年記念の副称に敬意を表して七夕賞を見てみよう」


        ラジオNIKKEI賞 先取り展望

        0

          宝塚記念 実際の買い目
          【月見亭】複勝 8 三連複軸2頭流し 3,8−総流し
          【びぜんや】単勝 10,14 複勝 10,14 枠連流し7総流し 馬連流し 14−1,4,8,9,10,13 8−10 三連複軸2頭流し 10,14−4,8,13


          月見亭「強気の走りでライヴァルを封じ、ついに手にしたチェッカーフラッグ!」
          びぜんや「宝塚記念を勝ったのはミッキーロケット。内を衝いて早め先頭の積極的な競馬。最後はワーザーの猛追をクビ差凌いでG欺蘊〕のゴールに飛び込んだ」
          月見亭「和田騎手はテイエムオペラオーで勝った01年天皇賞・春以来のG犠〕。毎年のように重賞は勝っていただけに、意外と言えば意外ね」
          びぜんや「ワンダーアキュートとか惜しいこともあったんだけどな。最後は明らかにワーザーの方が脚色が上だったが凌ぎ切ったのは、天国のテイエムオペラオーの後押しもあったか」
          月見亭「ミッキーロケットはここ1年以上勝ってなかったけれど、良馬場では掲示板を外してなかったのよね」
          びぜんや「前走の春天でも差のない4着。ここは相手が手頃になったし、パドック映像でも気配よく見えた。人気薄ではあったけれど、意外な勝利ではないね」
          月見亭「2着は大外を猛然と追い込んできたワーザー」
          びぜんや「勝ち馬とは道中の位置取りと、内外の差。しかし本国での勝ち切れなさが日本でも出てしまったね。それでも最後は際立った脚で観衆を沸かせ、後続を突き放して2着。香港の英雄としての矜持は保てたか」
          月見亭「3着は勝ち馬の後ろからするすると伸びてきたノーブルマーズが入った」
          びぜんや「ミッキーロケットは春天の最先着馬で、ワーザーは2400m以上の距離では4着以下になっていない。そして目黒記念2着からのステップで来たノーブルマーズ。ハイペースに加え稍重の馬場でスタミナを問われる流れになり、ステイヤーが台頭したね」
          月見亭「キミの◎スマートレイアーは先行したものの勝負どころから後退、10着」
          びぜんや「良馬場の落ち着いた流れで持ち味を発揮するタイプで、今日は展開も馬場も向かなかった。残念」
          月見亭「私の◎ダンビュライトは勝負どころでポジションを下げ、5着まで巻き返すのが精いっぱい」
          びぜんや「最後はいい脚で追い上げたけど、各馬が早仕掛け気味に上がって時のに対応できなかったね」
          月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−−)で木端微塵」
          びぜんや「僕は(−○−)でハズレ、馬券は枠連が的中したけれど、勝ち馬はサトノダイヤモンドと同枠だったんだよなぁ。惜しくも獲って損」
          月見亭「というわけで春の予想バトルはこれにて終了」
          びぜんや「今季は3勝2敗9分けで僕の勝ちでした」
          月見亭「ふたりとも後半6戦連続不的中で大幅なマイナス収支。威張れたもんじゃないわね」
          びぜんや「その分は夏に巻き返そう。来週からは福島と中京の開催がスタート」
          月見亭「それでは福島開幕週のラジオNIKKEI賞を見てみようかな」


          宝塚記念 先取り展望

          0

            函館スプリントS 実際の買い目
            【月見亭】三連複軸2頭流し 6,7−総流し
            【びぜんや】単勝 8,13 馬連流し 13−1,4,6,7,8,12,15 6−8


            月見亭「北の空の下復活宣言! さあここから始まる反転攻勢!」
            びぜんや「函館スプリントSを勝ったのはセイウンコウセイ。好発からハナを主張、そのまま最後まで粘り切って昨年の高松宮記念以来の白星を挙げた」
            月見亭「去年は1番人気を裏切る4着。今年はその雪辱を果たしたね」
            びぜんや「まぁ4着といっても2着以下とは差がなかったんだけどね。去年は高速馬場に泣かされて、1分7秒3の時計で4着。今年は1分7秒6で逃げ切ったんだから、時計のかかる馬場が味方したよね」
            月見亭「2着は中団から馬群を割って伸びてきたヒルノデイバロー」
            びぜんや「ダート4勝、芝では未勝利、だけど芝重賞ではこれが3度目の2着という変わり者。馬場も展開も向いたんだろうけど、つくづくいつ走るのかよく分からない馬だ」
            月見亭「私の◎ナックビーナスは好位から勝ち馬を追いかけたけれども捕まえきれず、最後はヒルノに差されて3着確保が精いっぱい」
            びぜんや「力のある馬にペースを握られると、好位組はしんどいよね。惜しかったけれども格好はつけたと言えるんじゃないかな」
            月見亭「キミの◎キングハートは後方待機から伸びず11着」
            びぜんや「20キロ減は絞れたものだと思っていたけれど、影響があったかな。開幕週で前残りの競馬では展開的にも出番はなかった」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−◎)でハズレ、馬券も同じく」
            びぜんや「僕は(×−×)でハズレ。馬券は全く勝負になりませんでした」
            月見亭「というわけで来週はいよいよ春のG汽轡蝓璽坐躔荵察阪神でサマーグランプリ・宝塚記念!」


            函館スプリントS 先取り展望

            0

              マーメイドS 実際の買い目
              【月見亭】複勝 4 三連複軸2頭流し 4,6−総流し
              【びぜんや】単勝 14 馬連ボックス 3,5,11,14 ワイド流し 14−2,3,4,5,6,7,10,11,12,13 三連複軸2頭流し 3,14−2,4,5,6,11,12


              月見亭「直線一気に末脚爆発、クラシック候補が怒りの逆襲!」
              びぜんや「マーメイドSを勝ったのは10番人気のアンドリエッテ。後方の内でじっと脚を溜め、最後は34.4秒の末脚で一気に抜け出した」
              月見亭「実力差をハンデとコース取りで補った格好ね。国分恭介騎手の肝の据わった騎乗が光った」
              びぜんや「実力差というが、もとは秋華賞4着、オークス5着の実力者で、51キロはいかにも恵まれたと思うね。秋華賞と同じ距離への延長もよかったんだと思う」
              月見亭「2着は中団待機から馬群を割って抜けたワンブレスアウェイ」
              びぜんや「クビ差の着差は通ったところの差だろうね。ターコイズSでは2番人気に推された期待の素質馬が、軽ハンデを味方にようやく結果を出した」
              月見亭「3着は外から伸びたミエノサクシード」
              びぜんや「ここは阪神巧者の面目躍如。距離不安に外枠で、早めに動かせなかった分届かなかったか」
              月見亭「キミの◎トーセンビクトリーは逃げて失速、15着」
              びぜんや「ハンデ差と枠を考えての逃げの策だったろうが、気持ちよく行き過ぎて脚が溜まらなかったね。残念」
              月見亭「私の◎ミリッサは直線での不利もあって5着」
              びぜんや「ハンデ戦の内枠で、どうしてもごちゃつくところに入ってしまう。こちらも脚が溜まる流れだったら、最後に突き抜けられたのかもしれないけれど」
              月見亭「というわけで今週の結果。私は(−×−)でハズレ、馬券も木端微塵」
              びぜんや「僕は(○−−)でハズレ、馬券は雲散霧消だ」
              月見亭「さて、来週からはいよいよ夏競馬がスタート。函館では名物重賞、函館スプリントS」


              マーメイドS 先取り展望

              0

                安田記念 実際の買い目
                【月見亭】複勝 5 三連複軸2頭流し 5,14−総流し
                【びぜんや】単勝 4 馬連流し 4−1,5,7,8,11,14,15 5−14 三連複 4−5−14


                月見亭「灰の中から甦り、頂点まで突き抜けた19番目の男!」
                びぜんや「安田記念を制したのはモズアスコット。道中は中団後方で脚を溜め、直線馬群を割って進出。最速上がりを使って突き抜けた」
                月見亭「重賞未勝利どころか、先週のオープン特別でも2着に負けていた馬がここで大変身。果敢な連闘策を実らせた」
                びぜんや「連闘での安田記念制覇はバンブーメモリーの例があるけれど、異例中の異例だよなぁ。道中も進路が塞がるシーンがあったけれどもそれで却って脚が溜まったか。うまく行く時はこんなものかね」
                月見亭「藤沢和厩舎の3頭が一斉に回避して、ゲートイン圏外から一転出走へ。そこから一気に運が向いてきたみたいね」
                びぜんや「まぁ、もともと力は評価されていた馬ではあるけれどね。ルメール騎手も我慢の競馬だったと思うが、最後に開けた勝機を逃さなかった」
                月見亭「2着は好位から進めたキミの◎アエロリット」
                びぜんや「レースプラン通りに進めて、最後は先頭に立つシーン。先行馬の宿命と言えばそれまでだけど、最後の最後に伏兵に足元をすくわれて勝利を逸した」
                月見亭「マイル初挑戦のスワーヴリチャードは3着」
                びぜんや「スタートを決めて距離にも対応して見せたが、決め手で勝ち馬に、スピードで2着馬に劣った。コーナー4つの方がレースを組み立てやすいタイプかもしれないね」
                月見亭「私の◎ペルシアンナイトは内で進路を失うシーンもあって6着」
                びぜんや「ごちゃつくところに入ってしまったね。案外東京だと脚の使いどころが難しいのかもしれないな」
                月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−△)でハズレ、馬券もハズレ。直線で叫ぶこともなかったわ」
                びぜんや「僕は(−◎−)でハズレ、馬券は痛恨のヒモ抜け。直線での叫びは最後に悲鳴に変わったよ」
                月見亭「さて、春のG汽轡蝓璽困呂海海泙任脳休止。来週は東京でエプソムC、阪神でマーメイドS」
                びぜんや「ずっと東京ばかりやって来たから、来週は阪神に目を向けようかね」


                日本ダービー 先取り展望

                0

                  オークス 実際の買い目
                  【月見亭】三連複軸2頭流し 6,17−総流し
                  【びぜんや】単勝 10,18 複勝 10,18 馬連フォーメーション 10,131,2,3,5,10,13 ワイド 10−14,18 三連複 3−10−18


                  月見亭「晴天の下で輝いた、見る者の目を奪う絶世の末脚!」
                  びぜんや「第79回オークスの覇者は圧倒的1番人気に支持されたアーモンドアイ。中団前めの外で流れに乗り、直線の坂で末脚一閃。一気に後続を突き放し、勝負を決めた」
                  月見亭「単純に“性能が違います”って感じの勝ちっぷり。距離延長も全然問題なかったわね」
                  びぜんや「これまでは後方一気の荒っぽい競馬だったけれども今回は教科書通りの競馬。前に馬を置かなくても折り合いがついたし、包まれない位置からしっかり末脚を生かした」
                  月見亭「牝馬三冠は濃厚、かな。あるいは海外遠征って話題が出るかも」
                  びぜんや「有力どころとは勝負付けが済んだからねぇ。ロードカナロア産駒で凱旋門賞ってのはイメージがわかないが、力のいる馬場も苦にしないからヨーロッパでもいけるかもしれない。秋の天皇賞、ってのも面白そうな選択肢だ」
                  月見亭「2着は先に抜け出したリリーノーブル」
                  びぜんや「桜花賞で先着を許した2頭を相手に勝ちに行く競馬をして、一角崩しに成功した。積極果敢な競馬で盛り上げたのは殊勲甲だ」
                  月見亭「ラッキーライラックはさらに1馬身3/4後れを取って3着」
                  びぜんや「結果的に勝ち馬にマークされ、先に抜け出された。本来ならリリーノーブルのような競馬をしたかっただろうが、中途半端なレースになってしまったな」
                  月見亭「キミの◎レッドサクヤはそこから遅れて4着」
                  びぜんや「有力2頭を見る位置でレースを進めたけれど突き放されてしまった。それでも最後までラッキーライラックに食らいつく姿勢を見せ、マウレアには先着。才能の一端は見せたね」
                  月見亭「私の◎オールフォーラヴは中団からレースを進めるも見せ場なく9着」
                  びぜんや「今日は中団後方以下で折り合いに専念し、直線に賭けるようなお嬢様レースをする馬には勝負に参加する資格がなかった。現状、G気浪戮重かったね」
                  月見亭「というわけで今週の結果。私は(×△▲)でハズレ、馬券も同じく」
                  びぜんや「僕は(○×△)でハズレ、馬券は馬連が的中も、獲って損。おかしいな、前日オッズでは17倍ついて獲って損にならないはずだったんだが」
                  月見亭「キミが考える程度のことはみんな考えてるってことだね」
                  びぜんや「うーむ。さて、来週はいよいよ春の総決算レース」

                  月見亭「東京芝2400mを舞台に、第85回東京優駿」


                  オークス 先取り展望

                  0

                    ヴィクトリアマイル 実際の買い目
                    【月見亭】三連複軸2頭流し 9,16−総流し
                    【びぜんや】単勝 6,13 複勝 6,13 枠連流し 3−総流し 馬連流し 6−2,4,10,16,17 ワイド 6−13 三連複 6−10−16 三連単フォーメーション 6→10,16→2,4,5,10,11,13,16,17


                    月見亭「明けない夜を切り裂いて、辿り着いた牝馬の極点!」
                    びぜんや「ヴィクトリアマイルを勝ったのはジュールポレール。道中は中団で脚を溜め、直線で進出。3頭横一線の接戦を際どく制し、重賞初制覇をG気巴成した」
                    月見亭「昨年は3着、前走は不利を受けて5着。不完全燃焼なレースが続いていたけれど、ここで才能が開花した」
                    びぜんや「半兄・サダムパテックに続くマイルG祇覇になったね。雨が降って馬場が稍重になったのはマイナス材料かと思ったけれど、関係なかったね。ここに来て本格化したのだろう」
                    月見亭「ここまでは牝馬重賞を5戦したのみ。次は牡馬相手に挑むことになるのかな」
                    びぜんや「秋の目標として女王杯は距離的に長いだろうしねぇ。今度は兄妹マイルCS制覇を見てみたいかな」
                    月見亭「2着は私の◎リスグラシュー。後方待機から32.9秒の上がりを使って追い上げたけれどもハナ差届かず」
                    びぜんや「この着差は位置取り、コース取り、あるいは枠順の差だよねぇ。G気任海譴4つ目の銀メダル。金メダルを取るにはもう少し立ち回りの巧さと運が欲しい」
                    月見亭「3着は先行して見せ場を作ったキミの◎レッドアヴァンセ」
                    びぜんや「アエロリットをかわし、一時は先頭に立ったが結果的に目標にされた。先週の半弟・レッドヴェイロンに続く3着で、とにかくこの一族には3着がついて回る……」
                    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−◎−)でハズレ、馬券も三連複2頭軸の片割れ・ソウルスターリングが7着で届かず」
                    びぜんや「僕は(△▲◎)で馬連的中も、馬券は馬連枠連の軸が3着で、1点勝負の三連複は痛恨の2着3着4着。複勝をかすったのみで獲って損でした」
                    月見亭「3着続きの一族なんだから、三連複かワイドにしときゃよかったのに」
                    びぜんや「さて東京マイル2連戦が終わって、今度は東京ニ四で2連戦」
                    月見亭「樫の女王決定戦にして、牝馬クラシック最終戦、オークス!」


                    ヴィクトリアマイル 先取り展望

                    0

                      NHKマイルC 実際の買い目
                      【月見亭】三連複軸2頭流し 7,10−総流し
                      【びぜんや】単勝 12,17 複勝 12,17 枠連フォーメーション 1,8−3,5 馬連ボックス 1,2,3,7,11,17


                      月見亭「胸のすくような大外一気! 府中に弾けた笑顔と末脚!」
                      びぜんや「NHKマイルCを勝ったのはケイアイノーテック。道中は後方2番手で脚を溜め、直線で大外に持ち出すと、豪快な追い込みを決めてゴール直前差し切った」
                      月見亭「テン乗りの藤岡佑介騎手はこれがG欺蘋覇。弟・藤岡康太騎手がG欺蘊〕を挙げたのと同じレースで、笑顔をはじけさせた」
                      びぜんや「もともと後ろから来る馬ではあったけれど、前走は中団で巧く立ち回った馬を後方に下げるんだからやはりこれは大胆な騎乗。京都新聞杯でも人気薄を勝利に導いており、乗れてる騎手の思い切った騎乗に勝利の女神がほほ笑んだ」
                      月見亭「ケイアイノーテックはこれまで重賞で差して届かずのレースが続いていたけれど、ここで大願成就。強い相手とぶつかってきた経験が実を結んだわね」
                      びぜんや「ただ今回はハマり過ぎた感じもある。末脚に特化するのか、脚質に幅を加えるのか、今後どう経験を積んでいくのか注目したい」
                      月見亭「2着は先に抜け出したギベオン」
                      びぜんや「巧く立ち回ったかに見えたが、結果としては早く先頭に立ち過ぎたか。勝ちに行く競馬をしたが、勝ち馬の決め手が一枚上だった」
                      月見亭「3着にはキミの◎レッドヴェイロンが突っ込んだ」
                      びぜんや「後ろから外を回すのはレースプラン通りだっただろう。しかし勝ち馬の決め手が、2着馬の立ち回りがわずかに上だった。実績を考えれば健闘だけど、勝ち馬さと同タイムまで迫っただけに惜しい3着」
                      月見亭「私の◎パクスアメリカーナは直線での不利もあって6着」
                      びぜんや「大外を回せるだけの決め手がなく、ごちゃつくところで立ち回る形になったのは痛かった。もう一列前、ギベオンの位置でレース出来ていればあるいは……」
                      月見亭「というわけで今週の結果。私は(−▲−)でハズレ、馬券も同じく」
                      びぜんや「僕は(×−◎)でハズレ、馬券はレッドヴェイロンの複勝が当たったけれども獲って損。11−17、151倍の馬連を持っていただけに悔しいアタマ差だった」
                      月見亭「さて、来週も東京マイルを舞台のG機6力4歳牝馬を古馬が迎え撃つヴィクトリアマイル」

                      続きを読む >>

                      | 1/63PAGES | >>