calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

シルクロードS 先取り展望

0

    アメリカJCC 実際の買い目
    【びぜんや】馬連流し 1−4,5,9,11 三連単フォーメーション 1→4,5→4,5,9,11
    【月見亭】三連複軸2頭流し 4,5−総流し


    月見亭「カムバックサーモン! 猛虎復活!」
    びぜんや「そ、そんな雑な入りでいいのか?」
    月見亭「アメリカJCCを勝ったのはシャケトラ。中団待機から外を回って力強く進出。最後はフィエールマンの猛追を封じて1年1か月ぶりの復帰戦を勝利で飾った」
    びぜんや「しまった。慣れないツッコミ入れてたら自分のパートを忘れてしまった。……シャケトラは4コーナーからマクって進出する、中山向きの積極的な競馬。最後まで脚色衰えず健在を示した」
    月見亭「それにしても1年1か月ぶりのレースを勝ち切るとは、これはさすがに予想外」
    びぜんや「トウカイテイオーの例もあるし、骨折の場合はきちんとくっつきゃ復活できるらしいけど、それにしてもねぇ。陣営の努力には頭が下がるし、おめでとうと言いたいね。今回は外れて悔いなし、だ」
    月見亭「2着は馬群を割って伸びたフィエールマン」
    びぜんや「斤量差を考えれば勝ちに等しい2着だし、直線で若干スムースさを欠いた。あとは器用さ、積極性の部分で勝ち馬の方が上だったか」
    月見亭「3着は外を伸びたメートルダール」
    びぜんや「フィエールマンをマークする位置でレースをし、外を勢い良く伸びたけれども上位2頭には及ばず。相手関係を考えれば上出来の3着だろう」
    月見亭「キミの◎ジェネラーレウーノは2番手追走から伸びきれず4着」
    びぜんや「ステイインシアトルむの作る緩い流れにお付き合いして、勝負どころではシャケトラに機先を制された。持ち味が全然出せなかったね」
    月見亭「私の◎ダンビュライトは勝ち馬と同じようなところから進めたものの、伸びずに6着」
    びぜんや「らしさを出せずに凡走してしまったね。馬体が絞り切れなかった感じで、まだ本調子ではないのか」
    月見亭「というわけで今日の結果。私は(−○×)でハズレ、馬券もハズレ。シャケトラは無理だわ」
    びぜんや「僕も(−○×)でハズレ、馬券もハズレ。3週連続で◎が3着だったけれど、今週は4着だった」
    月見亭「さて、早くも中山開催が終わって東は東京開催、西は引き続きの京都開催」
    びぜんや「東は根岸S、西はシルクロードSが日曜のメインレースだ」
    月見亭「ダートよりは芝の方が当たりそうな気がするから、シルクロードにしよう」
     


    アメリカJCC 先取り展望

    0

      日経新春杯 実際の買い目
      【びぜんや】馬連流し 5−2,5,6,7,10,12,16 7−16
      【月見亭】三連複軸2頭流し 2,12−総流し


      月見亭「強力世代からまたひとり! 栄光への階段を駆けだした若駒!」
      びぜんや「日経新春杯を制したのは1番人気のグローリーヴェイズ。縦長の行列の真ん中で脚を溜め、坂の下りで進出開始。一気に逃げ馬を抜き去ると、そのまま押し切った」
      月見亭「明け4歳世代からまたも重賞ウイナーが誕生。乱ペースも関係なし、落ち着いたレース運びの横綱相撲だったね」
      びぜんや「序盤が速く上がりのかかるスタミナ勝負で、堂々の押し切り勝ち。ステイヤーとしての素質を見せて、菊花賞5着は伊達じゃなかったとを示した」
      月見亭「これは春の天皇賞に楽しみが増えたかな」
      びぜんや「今回はハンデ戦で相手も手頃だったという注釈は必要だけどね。由緒ある牝系で成長力も期待できる。先々の楽しみな馬が出てきたのは確かだ」
      月見亭「2着には後方待機のルックトゥワイスが大外一気に突っ込んできた」
      びぜんや「こちらは激流を見越して脚を溜め直線に賭けたが、半馬身届かず。外を回ったことを考えれば勝ちに等しい内容だし、これで右回りを完全に克服したのも大きい」
      月見亭「3着はキミの◎シュペルミエール」
      びぜんや「勝ち馬の前でレースしたがじりじりとしか伸びなかったなぁ。今日のペースを考えればもう少し後ろで脚を溜めたかったか」
      月見亭「私の◎メイショウテッコンは向正面で果敢に仕掛けたものの、直線失速9着」
      びぜんや「出遅れて後方待機も、これでは持ち味が出ないと踏んだか、ペースの緩んだ向正面で進出し、見せ場を作った。とはいえ、出たなりのところでレースを進められたら展開を味方にできたかもしれないし、戦法がひとつしかないのは辛いね」
      月見亭「というわけで今週の結果。私は(○△×)で馬連的中も、馬券はハズレ。一瞬夢を見たけどねぇ……」
      びぜんや「僕は(××◎)でハズレ。馬券も馬連の軸馬が3着でハズレだったよ」
      月見亭「さて、来週からは冬の中京開催がスタート。東海Sも組まれているけど」
      びぜんや「少頭数ながら興味深い顔ぶれのアメリカJCCをチェックしよう」


      日経新春杯 先取り展望

      0

        中山金杯 実際の買い目
        【びぜんや】単勝 1,5,15,16 複勝 1,5,15,16 ワイドボックス 1,5,15,16 ワイド流し 1−6,8,11
        【月見亭】三連複軸2頭流し 8,12−総流し


        月見亭「帰って来たホームで掴み取った、勝利に輝く金の杯!」
        びぜんや「中山金杯を勝ったのはトップハンデのウインブライト。中団追走から大外を回って進出、10頭が犇めく2着争いをしり目に突き抜けた」
        月見亭「中山巧者の面目躍如、というような快勝劇。ここに来ると馬が変わるわね」
        びぜんや「今回はトップハンデ、位置取りも少し後ろになって厳しいかとも思ったけれど、終わってみれば着差以上の完勝だもんなぁ。これが他の競馬場でもできれば大きいタイトルも狙えるんだが」
        月見亭「2着はステイフーリッシュが好位から」
        びぜんや「乗り難しく大雑把なレースしかできない馬と思っていたから、向正面で後方から好位まで進出したのには驚いたね。それで最後まで脚を残し賞金を稼いだのだから鞍上の好判断。精神的な成長を感じさせる2着で高評価だ」
        月見亭「3着はキミの◎タニノフランケルが逃げ粘り」
        びぜんや「この枠では行くしかなかったけれど、うまく脚を残すことが出来たね。最後はアドマイヤリードに差されたかと思ったけれども際どく残した。ハンデに恵まれたとはいえ自分の形になれば重賞でもやれることを示したのは大きい」
        月見亭「私の◎タイムフライヤーは中団から追い上げて2着争いに加わったものの5着まで」
        びぜんや「2着馬と同じような競馬をしたけれども2着馬ほど思い切れなかった感じで、中途半端なレースになってしまった。それでもこれで不振は脱出したと言えるんじゃないかな」
        月見亭「というわけで今週の結果。私は(−×−)でハズレ、馬券もハズレ」
        びぜんや「僕は(▲×◎)でハズレだけど、馬券は記事に書いた馬連ではなくワイドに切り替えたのが奏功してダブル的中。ステイとタニノの複勝も当たってまずまずのリターンになったよ」
        月見亭「さて来週は3日間開催、中日の日曜重賞は京都で日経新春杯!」


        中山金杯 先取り展望

        0

          ホープフルS 実際の買い目
          【びぜんや】単勝 2 馬連流し 2−1,5,7,9,13 5−7 ワイド流し 2−1,5,7,9,13 三連複 2−5−7


          月見亭「圧倒的に衝撃的に、良血の新星が中山に降誕!」
          びぜんや「ホープフルSを制したのはサートゥルナーリア。好発から好位で脚を溜め、直線狭くなる場面もあったが堂々割って抜け出した」
          月見亭「今回もノーステッキでのワンサイドゲーム。ここはモノが違ったわね」
          びぜんや「楽々抜け出してあっという間に突き放したから、1馬身半の着差以上のレベル差を感じたね、展開的にもタイム的にも平凡だっただけに、この馬が強いのか相手が弱かったのか、ちと測りかねるところはあるが……」
          月見亭「これでシーザリオからは、エピファネイア、リオンディーズに続く3頭めのG鞠呂誕生。リオンディーズには早くも並び、エピファネイアを越えられるか……」
          びぜんや「これで2000m、コーナー4つの競馬はクリアしたし、馬体を見れば距離がもっと伸びてもよさそうで、三冠さえ見えてきたか。これで牡馬クラシックのタイトルを手に入れられれば、シーザリオはもちろん、ロードカナロアの評価も高まる」
          月見亭「あとは無事にクラシックを迎えてくれれば」
          びぜんや「脚もとの弱い母系だからね。無事にクラシックに出てきてほしいところだ」
          月見亭「2着は勝ち馬と同じような位置から進めたアドマイヤジャスタ」
          びぜんや「勝ち馬と同じレースをしていて、展開も向いた。普通なら勝っているレースだけれど、今回は相手が悪かった」
          月見亭「3着にはニシノデイジーが盛り返した」
          びぜんや「中団の内で脚を溜めていたが、溜めすぎてポジションを下げてしまった。そこから盛り返してきたのは流石で、スムースなら2着はあったかな」
          月見亭「キミの◎ブレイキングドーンは中団から押し上げたものの5着まで」
          びぜんや「ごちゃついたところに入った上に、超スローペースで折り合いに苦労してたね。展開も前に行った馬に向いて、力を発揮できなかった印象だ」
          月見亭「というわけで今週の結果。私はパスしたけれど」
          びぜんや「はいはい、(○−×)でハズレですよ。馬券も同じく」
          月見亭「予想バトルは有馬記念までの結果ということになるのかな」
          びぜんや「5勝4敗4分けで僕の勝ちだね。辛勝だったけど」
          月見亭「回収率では私の方が上だったしね」
          びぜんや「さて、次の予想は年が明けて2019年、平成最後の年」
          月見亭「中山金杯で幕が開く!」


          ホープフルS 先取り展望

          0

            有馬記念 実際の買い目
            【月見亭】三連複軸2頭流し 3,12−総流し
            【びぜんや】単勝 1,13,15 複勝 1,13,15 馬連流し 15−3,5,8,11,12,14 14−3,12 ワイド 13−15 三連複軸1頭流し 15−3,12,14


            月見亭「黄金王から栄冠を奪い、頂点に立った若き海賊!」
            びぜんや「グランプリ・有馬記念を制したのは唯一の3歳馬・ブラストワンピース。中団外目の追走から直線勢い良く伸び、最後はレイデオロの追撃を振り切った」
            月見亭「先行集団を見る位置で、有力古馬を引き連れる形で落ち着いて追走。仕掛けどころも強気で動いて、これはグランプリマイスター・池添騎手の勝負勘が冴えてたね」
            びぜんや「そこそこ人気はしていたけれども、立場的には挑戦者。こういう時の池添騎手は勝負強いよねぇ」
            月見亭「これで今年の3歳馬はステルヴィオ、アーモンドアイ、ルヴァンスレーヴ、そしてブラストワンピースと古馬G気鬘款 これは3歳馬の新記録なんだって」
            びぜんや「前の3頭はG気筝吐錬猫兇馬対歴があって驚かなかったけれど、毎日杯が好メンバー、ダービーも差はなかったとはいえG珪,舛やっとのこの馬がここで頂点に立つとは思わなかった。今年の3歳、恐るべしだね」
            月見亭「ブラストワンピースは来年何処に向かうことになるのかな」
            びぜんや「菊花賞の内容を考えると、春天は距離が長い。大阪杯が真価を問われる一戦になるんじゃないのかな」
            月見亭「2着は私の◎レイデオロ」
            びぜんや「結果的に勝ち馬に対して後手を踏んでしまい、僅かに差し届かなかった。自分の競馬は出来ているが、相手が思ったより強かったというか、自分の力を過信してのんびり構えすぎたというか」
            月見亭「キミの◎シュヴァルグランが3着」
            びぜんや「動きたいところで動けず、ようやく伸びてきたところがゴール。外枠は良く克服したと思うが、もったいないレースになった。自在性で前の2頭に後れたね」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(−◎−)でハズレ、馬券も三連複軸2頭の片割れ、モズカッチャンが案外な8着でハズレ」
            びぜんや「僕は(×▲◎)でハズレ、馬券は複勝が当たったけれど、勝負の馬連は痛恨の軸馬3着。シュヴァルが人気を落としていたんだから三連複かワイドにしておけば……」
            月見亭「痛恨の、ではなくいつもの、とか安定の、では」
            びぜんや「黙らっしゃい」
            月見亭「さて、これで終わらないのが現代の中央競馬」
            びぜんや「金曜日にはこれがほんとに大トリ、ホープフルS!」


            有馬記念 先取り展望

            0

              朝日杯フューチュリティS 実際の買い目
              【月見亭】単勝 14 複勝 14 三連複軸2頭流し 2,14−総流し
              【びぜんや】馬連流し 6−2,3,11,14,15 三連複軸2頭流し 2,6−3,11,14,15


              月見亭「大歓声を悲鳴に塗り替え、世代の頂点を奪った軍神!」
              びぜんや「朝日杯フューチュリティSを勝ったのは僕の◎アドマイヤマーズ。人気のグランアレグリアを3番手でマーク、先に動いてマッチレースに持ち込んで捩じ伏せ、そのまま突き放した」
              月見亭「力づくで勝利をもぎ取りに行くような強い競馬。持ち前の勝負根性をいかんなく発揮したね」
              びぜんや「好位でレースをして、自分から動いて、上がりはメンバー中2位の33.9秒。総合力と完成度の高さでライヴァルを圧倒したという感じだ」
              月見亭「当然目指すはクラシック」
              びぜんや「ダイワメジャー産駒だし、皐月賞は当然視界に入るよね。中山は合いそうだけど、今度はマークされる立場になってどうかだ」
              月見亭「2着には内を立ち回ったクリノガウディーが入った」
              びぜんや「前走では一瞬先頭に立ったところで失速したけれど、距離短縮で甦ったか。エンジンのかかりが遅く、勝負に絡んでの2着ではないから評価は低くなるが、最後の伸びは目だった」
              月見亭「牝馬Vを狙ったグランアレグリアは2番手追走から見せ場を作ったものの3着まで」
              びぜんや「2連勝がともにワンサイドで、強い馬に徹底マークされる競馬は初めて。人気の連勝馬が止まるときの典型的なパターンだけど、経験したことのないレースパターンになって、経験値の低さが出た」
              月見亭「私の◎ファンタジストは中団から追い上げたものの4着どまり」
              びぜんや「前でレースを進めた馬が速い上がりを使っているんだから、後ろから進める馬には出番のない展開になった。距離に自信があれば勝ち馬が動いた時に呼応する手もあっただろうけど、スタミナを考えるとあそこでは動けなかったね」
              月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−○)でハズレ。馬券は痛恨の複勝4着&三連複軸馬3着4着」
              びぜんや「僕は(◎−○)で単勝的中だけれど、馬券はクリノガウディーがなくてヒモ抜け。馬連も三連複もヒモ抜け」
              月見亭「さて、中央競馬も中京開催が終わっていよいよクライマックスへ」
              びぜんや「グランプリ・有馬記念がやって来る!」


              朝日杯フューチュリティS 先取り展望

              0

                阪神ジュベナイルフィリーズ 実際の買い目
                【月見亭】単勝 6,11 複勝 6,11 ワイド 6−11 三連複軸2頭流し 6,13総流し
                【びぜんや】単勝 10 複勝 10 枠連流し 5−2,3,5,6,7 三連複軸2頭流し 9,10−4,13

                 

                月見亭「桜の予感を調べに乗せて 仁川に響いた幻想曲!」
                びぜんや「阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったのはダノンファンタジー。後方待機から直線はクロノジェネシスと併せるようにして鋭進。競り合いを半馬身制して2歳女王の座に就いた」
                月見亭「直線は長くいい脚を使ったね。ファンタジーS組は近年不振といわれていたけれど、関係なかった」
                びぜんや「淀みのないペースで、折り合いよく進められたのもよかったか。完成度の違いが結果に出た感じだね」
                月見亭「今週はルメール、ミルコ、モレイラが香港に行っていて日本人騎手にはチャンスと思ったけれど、弟デムがしっかり攫っていったわね」
                びぜんや「川田騎手が香港に行って巡ってきた出番をしっかりモノにした。外国人騎手はこういうここ一番の強さがあるよね」
                月見亭「2着はやはり後方から追い込んだクロノジェネシス」
                びぜんや「最速上がりを使ったけれども、わずかに後手を踏み外を回された分後れたか。もう少し脚を溜めて瞬発力の生きる展開になってほしかったが、この流れに対応出来たのは収穫だ」
                月見亭「3着は馬場の真ん中を伸びた私の◎ビーチサンバ」
                びぜんや「上位2頭より前でレースしていたはずが、直線では2頭を追いかける形に。結果的にちぐはぐな競馬になってしまってもったいなかったね」
                月見亭「キミの◎タニノミッションは中団から内で脚を伸ばしたものの7着どまり」
                びぜんや「道中は折り合いを欠いたし、直線では窮屈な競馬になってしまい、伸びてきたときには時すでに遅し、だった。経験の浅さ、引き出しの少なさがもろに出てしまった」
                月見亭「というわけで今週の結果。私は(○△◎)で馬連&三連単が的中。馬券の方はビーチサンバの複勝と三連複が当たったけれどもわずかに獲って損」
                びぜんや「僕は(▲○×)で馬連的中、馬券は枠連が当たったけれどもこちらも微妙に獲って損。まあ、当たっただけよしとするか」
                月見亭「さて、来週も引き続き阪神で2歳G機B膸屬鯤く少年たちが覇を競う朝日杯フューチュリティS」


                阪神ジュベナイルフィリーズ 先取り展望

                0

                  チャンピオンズC 実際の買い目
                  【月見亭】ワイド流し 5−7,9 三連複軸2頭流し 7,9−総流し
                  【びぜんや】単勝 15 複勝 15 馬連ボックス 2,8,9,15 馬連流し 2−5,7,11,14 三連複軸2頭流し 2,15−5,7,8,9,11,14


                  月見亭「並み居る古馬を後ろに従え、威風堂々チャンピオンを襲名!」
                  びぜんや「チャンピオンズCを勝ったのは僕の◎ルヴァンスレーヴ。スタートを決めて好位追走、直線までじっくり脚を溜めて一気に抜け出した」
                  月見亭「まさに横綱相撲。マークして抜けるものなら抜いてみろとばかりの、先週のアーモンドアイのレースを焼き直したようなレースぶりだったね」
                  びぜんや「内に包まれるのは避けたいところだったし、スタートが決まった後ポジションを下げなかったのは好判断だったね。このへんはさすが百戦錬磨の騎手」
                  月見亭「3歳でこのレースを勝つのはJCダート時代のアロンダイト以来で、早くもG毅款〔棔これは末恐ろしい存在ね」
                  びぜんや「アロンダイトの時代と違って、今は海外が視野に入る。やがてはドバイか、あるいはブリーダーズCか。血統的には芝挑戦もあり得るんじゃないかな」
                  月見亭「2着は最後方から馬群を割ってウェスタールンドが突っ込んだ」
                  びぜんや「こちらはシリウスSの焼き直しのような競馬で、思い切りいい競馬がハマったね。外を回しては届かない展開で、内を捌いたのも巧い」
                  月見亭「3着にサンライズソアが入った」
                  びぜんや「逃げられなかったのは誤算だが、中団で脚を溜めてよく伸びた。成長の跡を示した3着といえそうだ」
                  月見亭「私の◎サンライズノヴァは後方待機から直線に賭けたものの不発、6着」
                  びぜんや「後ろから行った組で上位に来たのはロスなく完璧に立ち回ったウェスタールンドだけ。外を回していては届かないレースだったね」
                  月見亭「というわけで今週の結果。私は(△−○)でハズレ、馬券もハズレ」
                  びぜんや「僕は(◎−▲)で単勝的中。しかし馬券の方はゴール目前でウェスタールンドに突っ込んでこられて、馬連が紙屑と化したよ」
                  月見亭「さあ、さっさと来週に目を向けよう。いよいよ2歳G気離掘璽坤鵑開幕」
                  びぜんや「まずは仁川を舞台に少女の競演、阪神ジュベナイルフィリーズだ」


                  チャンピオンズC 先取り展望

                  0

                    ジャパンC 実際の買い目
                    【月見亭】ワイドボックス 3,6,12 三連複軸2頭流し 1,3−総流し
                    【びぜんや】単勝 6,9 馬連流し 9−1,3,6,8,13 ワイド 1−6 三連複軸2頭流し 1,9−3,6,8,13


                    月見亭「震撼! 2.20.6!」
                    びぜんや「ジャパンCはアーモンドアイが制し、G毅艦⊂ 先団追走から直線入り口で早くも2番手に進出、粘るキセキをかわし、2分20秒6のスーパーレコードでゴールした」
                    月見亭「最内に入ったアーモンドアイがどうやって外に持ち出し、後方に追い上げるのかと思っていたら、なんと正攻法の競馬。これでは後続は手が出ない……」
                    びぜんや「デビュー6戦でいちばん競馬らしい競馬をしてたかな。予想でも書いたけれど、後方に置いてかれるマイルよりこのくらいの距離の方がレースをしやすいのかもしれないね。ロードカナロア産駒だから短距離馬と決めつけるのは危険だということだ」
                    月見亭「それにしても従来のレコードを1秒半も縮めるとは、もう形容する言葉が見つからない3歳牝馬だね」
                    びぜんや「今日は馬場が速かったから2分21秒台には入るかもと思ってはいたが、そこをスキップしちゃうんだからね。そのレコードを3歳牝馬が樹立するとはすごい時代になったものだ」
                    月見亭「こうなると、古馬になっての楽しみも大きい」
                    びぜんや「あらかた3歳のうちにやることやっちゃった感もあるけどね。まぁ思いつくのはドバイか凱旋門賞か。牝馬で春天制覇ってのを見てみたい気がするけど、まぁそれはないだろうな」
                    月見亭「2着は逃げたキセキが粘った」
                    びぜんや「各馬がばらばらと入線し、1着から14着までのタイム差が4秒6という消耗戦。普通なら澱みないペースでラップを刻み、卓越したスピードとスタミナを武器に2分20秒9で逃げたこの馬が勝っているレースなんだが……ジャパンC38年の歴史の中で誰も見たことがないような怪物がいて、キセキの前に立ち塞がった。相手が悪かった」
                    月見亭「3着はスワーヴリチャード。アーモンドアイをマークする位置でレースを進めたけれど、直線では脚が上がった」
                    びぜんや「そもそもアーモンドアイに先行された時点でレースプランは崩壊。きわどく複勝圏は確保して面目は保ったかもしれないが、勝ち負けには参加していない3着では評価できないね」
                    月見亭「キミの◎シュヴァルグランはそこから遅れて4着」
                    びぜんや「一瞬いい手応えで伸びるかにも見えたけれど、そこからがじりじり。時計面でここが限界だったか」
                    月見亭「私の◎サトノダイヤモンドは中団から流れ込んで6着」
                    びぜんや「時計はともかく、展開的には向いたと思ったんだけれど。前走の反動があったのかなぁ」
                    月見亭「というわけで今週の結果。私は(○−△)でハズレ、馬券もハズレ」
                    びぜんや「僕は(○△−)で馬連的中、馬券もハズレでした」
                    月見亭「まぁ、やっぱアーモンドアイに逆らっちゃいけなかった、ってことだわね」
                    びぜんや「それを学習しないのが『週刊萌馬』なんだけどね」
                    月見亭「さて、いよいよ師走。大当たりがさっぱりないままに2018年のラスト開催」
                    びぜんや「中京競馬場でチャンピオンズCだ」


                    ジャパンC 先取り展望

                    0

                      マイルチャンピオンシップ 実際の買い目
                      【月見亭】複勝 2 三連複軸2頭流し 2,14−総流し
                      【びぜんや】単勝 3,11,13,17 複勝 3,11,13,17 枠連流し 2−3,8 馬連流し 3−1,2,6,7,8,13,14,15,17 ワイドボックス 3,11,13,15,17 三連複軸2頭流し 3,13−1,2,6,7,8,11,14,15,16,17,18


                      月見亭「最内で引き絞った弓を 一気に放って貫いた!」
                      びぜんや「マイルCSを勝ったのはステルヴィオ。スタートを決めて好位で流れに乗り、最後は内を衝いて抜け出した」
                      月見亭「結局内枠から1番、2番、3番の順でゴール。内をのロスなく立ち回った馬が上位を占めたわね」
                      びぜんや「戦前からオッズが割れていて、結果も1着から13着までが0.5秒差に収まる大激戦。こうなるとロスなく立ち回れる馬にアドヴァンテージがあるよね。ステルヴィオは2歳の頃は大味な競馬が目立っていたが、今回はスタートを決めてスムースに立ち回れた、これは大きかった」
                      月見亭「去年は大外枠の3歳馬、今年は最内枠の3歳馬の勝利。ビュイック騎手はこれがJRA・G欺蘊〕になった」
                      びぜんや「実力伯仲のメンバーで、2キロの斤量差は大きなアドヴァンテージになる。ビュイックもうまく馬をエスコートして、内が開いた時に瞬発力をフルに引き出していた。巧いね」
                      月見亭「だけどこれでマイル界に新王者誕生、とまではいかないわね」
                      びぜんや「マイルはこれで4戦2勝、2敗はともにダノンプレミアムに完敗したもの。宿敵が帰って来た時、それを破ってこそ新王者誕生と宣言できるだろう」
                      月見亭「2着は私の◎ペルシアンナイト。勝ち馬の後ろで競馬して、最後は内を伸びたけれどアタマ差捉え切れず」
                      びぜんや「直線で不利も受けていたしね。勝ち馬と同じ競馬をしたけれど、ポジション取りの1列の差が、最後の最後に明暗を分けた」
                      月見亭「3着はキミの◎アルアイン。好発を決めて見せ場も作ったけれど……」
                      びぜんや「マイルに来ても詰めの甘さは変わらなかったなぁ。勝ち馬より前で競馬した馬が軒並みふた桁着順に沈んだ流れを考えれば大健闘なんだけれど」
                      月見亭「というわけで今週の結果。私は(×◎▲)でハズレ、馬券は三連複2頭軸の片割れ・エアスピネルが10着に敗れて、ペルシアンナイトの複勝がかすったのみ」
                      びぜんや「僕は(−×◎)でハズレ、馬券は痛恨の馬連軸馬3着で、アルアインの複勝が当たっただけだ」
                      月見亭「さて来週は4週間ぶりに東京へG気帰ってくる」
                      びぜんや「府中の杜へ海外の精鋭を集めてジャパンC!」

                      続きを読む >>

                      | 1/65PAGES | >>