calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

朝日杯フューチュリティS 先取り展望

0

    阪神ジュベナイルフィリーズ 実際の買い目
    【月見亭】単勝 12,17 複勝 12,17 三連複軸2頭流し 12,17−総流し ワイド 12−17
    【びぜんや】単勝 13,18 複勝 13 馬連流し 18−4,6,7,11,13 三連複軸2頭流し 13,18−4,6,7,11


    月見亭「仁川の坂の頂点で、鮮やかに開花した黄金の遺伝子!」
    びぜんや「阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったのは、オルフェーヴル産駒のラッキーライラック。道中は中団外目を折り合いよく追走。直線で先に抜け出したリリーノーブルをめがけて鋭進、瞬く間に切って捨てた」
    月見亭「上がりは最速の33.7秒。父譲りの破壊力を見せた、ってとこね」
    びぜんや「しかも引退レース以外では粗削りだった父と違い、早くも完成された雰囲気がある。来年のクラシックでも大崩れしなさそうなムードがあるね」
    月見亭「外国人騎手が席巻していたこの秋、石橋脩騎手がここで気を吐いたのもニュース」
    びぜんや「有力騎手がこぞって香港に行っていたという事情はあるが、ここでチャンスをしっかりものにしたのは素晴らしい。このコンビで桜舞台に行ってほしいものだ」
    月見亭「2着は先に抜け出したリリーノーブル」
    びぜんや「好位から早め先頭、というよりは、前に行った馬がだらしなくて思ったより早く先頭に立たされてしまった感じだった。展開の綾だね」
    月見亭「3着は内から伸びたマウレア」
    びぜんや「前走で馬群の中での競馬を覚えたこともあり、上手な競馬をしていたね。ただ前走もそうだったが、一瞬で勝負を決める決め手がないのがつらい」
    月見亭「私の◎ソシアルクラブは見せ場なく8着に敗退」
    びぜんや「血統を評価されてはいたが、まだ1勝馬。さすがにG気浪戮重かったかね。時計はちゃんと詰めてきているし、この経験を春に繋げたい」
    月見亭「キミの◎ロックディスタウンは先行策から伸びず、9着」
    びぜんや「外枠で折り合いに苦労し、脚を溜められなかった。若さを露呈したね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(×△−)でハズレ、馬券もさっぱり引っかからず」
    びぜんや「僕は(△▲×)で馬連的中だけど、馬券の方は木端微塵だったよ」
    月見亭「さて、どんどん年の瀬は押し迫っていく。来週は2歳牡馬のG機朝日杯フューチュリティS」


    阪神ジュベナイルフィリーズ 先取り展望

    0

      チャンピオンズC 実際の買い目
      【月見亭】複勝 11 三連複軸2頭流し 11,13−総流し
      【びぜんや】単勝 3,9 馬連流し 9−1,9,11,13,14 11−14


      月見亭「数多のチャンピオンたちを退けて、再び輝いた黄金の末脚!」
      びぜんや「チャンピオンズCを勝ったのはゴールドドリーム。後方待機から直線でポジションを上げ、残り1ハロンで末脚一閃。鋭く伸びて粘るテイエムジンソクをゴール前捉えた」
      月見亭「フェブラリーSの勝ち馬が大一番で鮮やかに復活。前が残る流れの中で、1頭だけ末脚が際立っていたね」
      びぜんや「坂路で好時計を出す一方で、馬体重は+14キロとヴォリュームアップ。肉体面でも気性面でも成長著しく、ここにきて完成されてきたようだ」
      月見亭「それにしても恐るべきはライアン・ムーア。8番人気の伏兵の末脚を完璧に引き出し、測ったようにゴール前で差し切るんだから……」
      びぜんや「一昨年、サンビスタをミルコが勝利に導いた時もそうだったけれど、混戦で騎手の手腕が問われるメンバーになると、外国人騎手の勝負強さが光るね。この流れを差し切るんだから、まさに剛腕」
      月見亭「ゴールドドリームはまだ4歳。今年の最優秀ダート馬は決まりだろうけど、今後は地方の克服が課題になるかな」
      びぜんや「だね。ただ、ヴォリュームを増した今の馬体なら、地方の深い馬場もこなせそう。あとは小回りに対応するため、もう少し前で競馬できれば、だね」
      月見亭「2着は1番人気のテイエムジンソク。逃げるコパノリッキーを捉えて一瞬先頭に躍り出たところを、勝ち馬につかまった」
      びぜんや「人気を裏切った形にはなったけど、左回りと直線の坂を克服し、勝ちに行く競馬での2着なら悪くない。次も期待できるね」
      月見亭「3着には逃げたコパノリッキーが粘った」
      びぜんや「過去3年はマークされる立場になったが、今年はテイエムジンソクがマークを引き受ける形になってのマイペースの逃げ。テイエムら後続が仕掛けを遅らせてくれたおかげもあって、力を発揮できた」
      月見亭「私の◎アウォーディーは中団から足を伸ばすも5着まで」
      びぜんや「スローの前残りで、スピードにも瞬発力にも欠けるこの馬には合わない流れになってしまった。自分でレースを作れない弱みが出たね」
      月見亭「キミの◎ミツバは後方待機から大外を伸びたけれど6着まで」
      びぜんや「流れに乗り切れず、ギャンブル的に末に賭けて外に出した。人気を考えれば悪くない着順、着差だけれど、同じ位置に勝ち馬がいたことを考えると、力の差を感じるな」
      月見亭「というわけで今週の結果。私は(−○△)でハズレ、馬券もハズレ」
      びぜんや「僕は(△××)でハズレ。馬券は抑えで買っておいたゴールドドリームの単勝が的中。予想を書いてる途中までは◎ゴールドドリームだったのに、ミツバに替えて失敗した……」
      月見亭「先週もそんなこと言ってたよね」
      びぜんや「自分にがっかりだよ。ま、リカヴァリ出来て馬券で損していないんだから、いいんだろうけど」
      月見亭「さて、来週は阪神で阪神ジュベナイルフィリーズ」


      チャンピオンズC 先取り展望

      0

        ジャパンC 実際の買い目
        【月見亭】三連複軸2頭流し 2,8−総流し
        【びぜんや】単勝 1,9 複勝 1,3,9 ワイド流し 9−1,2,3,4,13 12,4


        月見亭「現役最強馬を真っ向勝負で打ち負かし、黄葉燃える帝都に凱歌を上げた偉大な魔神!」
        びぜんや「ジャパンCを勝ったのはシュヴァルグラン。逃げるキタサンブラックを好位でマーク、坂の頂上で手ごたえよくとらえ、そのまま歓喜のゴールに飛び込んだ」
        月見亭「期待の素質馬が惜敗続きにピリオドを打ち、ついにタイトルを手にした。もう愚兄とは呼ばせない、ってとこかな?」
        びぜんや「きょうだい3頭がG鞠呂箸いΔ里魯瀬鵐轡鵐哀イの3兄妹以来らしいね。こういう繁殖を引き寄せるんだから佐々木オーナーも強運」
        月見亭「テン乗りのボウマン騎手も枠順、ローテと条件が揃ったチャンスをしっかりものにしたわね。チャンスをものにする幸運と、それをものにする実力が合わさってのタイトル」
        びぜんや「道中ゆるみのないラップを好位で追走して、それで最後の脚を残しているのは見事だね。スタミナ自慢の馬ではあるが、消耗戦というほどの展開でもなかったんだからね」
        月見亭「2着にはダービー馬・レイデオロが入った」
        びぜんや「もう少し前でレースをするかと思ったが、力量を信じたかオーソドックスに中団から。力は見せたけど、今回はシュヴァルグランとボウマンが一枚上手だった」
        月見亭「3着は逃げたキタサンブラック。落鉄にも見舞われ秋三冠はならず」
        びぜんや「自分の競馬をして、4着以下を突き放しているんだから、前走で激走した反動はなかったとみていいだろう。マークされる立場で落鉄もあった。酌量の余地ある3着だ」
        月見亭「私の◎ソウルスターリングは折り合いを欠くシーンもあって7着」
        びぜんや「毎日王冠から狂ったリズムは戻せなかった。リズムの狂った牝馬は難しいよね。距離も長かったんだろうな」
        月見亭「キミの◎レインボーラインは最後方から最速上がりを使って追い上げるも6着まで」
        びぜんや「4着争いに加わったと言っても、レースが決まった後の二線級同士の争いで価値はない。流れに取り残され、勝負どころでももたもたするシーン。もう少し前で流れに乗り、勝負どころの反応が良くなれば持てる力を発揮できるのだけど」
        月見亭「というわけで今週の結果。私は(×○▲)でハズレ、馬券も同じく」
        びぜんや「僕は(△▲○)で馬連的中、馬券はシュヴァルグランの単複と、シュヴァルからのワイドが的中。◎をシュヴァルにするか、レインボーにするかで迷ったんだよなぁ……」
        月見亭「予想上手の馬券下手、よりはいいんじゃない? さて、来週は中京で初冬の砂王決定戦、チャンピオンズC!」


        ジャパンC 先取り展望

        0

          マイルチャンピオンシップ 実際の買い目
          【月見亭】複勝 18 三連複軸2頭流し 11,18総流し
          【びぜんや】単勝 3,7,9 複勝 3,9 馬連流し 7−3,5,9,10,11,12,13 9−11


          月見亭「古馬の壁も大外の呪いも突き抜けた、沙漠からの黒い新風! マイルチャンピオンシップを制したのは、私の◎ペルシアンナイト!」
          びぜんや「道中は後方で息をひそめ、直線で馬群がばらけたところから進出。エアスピネルが先に抜け出したところをめがけて、もうひと伸びして仕留めた」
          月見亭「このレースを3歳馬が勝つのは今世紀初めて、大外枠の馬が勝ったのも初めてと、記録破りの勝利」
          びぜんや「思えばこの馬の前にマイルCSで馬券絡みしていたのは、近親のゴールスキーだった。そしてハービンジャー産駒の3歳馬は2週連続京都G犠〕で、これは時計のかかる馬場も味方したか、と考えれば、血統からとれるレースではあったかね」
          月見亭「そしてミルコ・デムーロ騎手は今年のG毅蕎〔椶悩蚤疹ゝ録に並び、G気任錬隠粟鈩続で馬券に絡んでる。大きいところを狙って獲れるところは流石ね」
          びぜんや「勝負に対する嗅覚が鋭いし、そこに馬を導いて動かす手腕もすごいね。大外枠もこの騎手にとってはハンデにならなかった」
          月見亭「3着、4着も3歳馬。今年の3歳馬はレベルが高い」
          びぜんや「まぁ、古馬が団栗の背比べというのもあるけど。今回4歳馬はエアスピネルだけで、上位人気はほとんど6歳馬。来年のマイル戦線は一気に世代交代が進みそうだね。ここにリスグラシューやアエロリット、もしかするとアルアインあたりも加わってくるんだろうから……」
          月見亭「2着は先に抜け出したエアスピネル」
          びぜんや「正攻法の競馬で目下のライバルに先んじて抜け出して勝ちに出たが、勝ち馬はその後ろで脚を残していた。僅かにハナ差、運がなかった」
          月見亭「3着は大外からサングレーザーが突っ込んだ」
          びぜんや「エアを目標にする形で脚を溜め、直線でも引き絞るだけ引き絞って矢を放った。自分からレースを作れる馬じゃないし距離も未知数、これがベストの競馬だったんじゃないかな」
          月見亭「キミの◎レッドファルクスは直線伸びあぐね8着」
          びぜんや「距離を考えたかインに拘ったが、今日の馬場ではそれが仇になったね。直線で進路を探すうちに外へと膨らみ、ロスのあるレースになったし、実際距離も長かったぽいな」
          月見亭「というわけで今週の結果。私は(◎○−)で単勝・馬連的中。馬券はこの2頭からの総流しで三連複を勝っていて見事好配を的中。レーヌミノルが残ってくれていたら、万馬券だったんだけどねぇ」
          びぜんや「贅沢言わない、93倍なら十分じゃないか。僕は(−○−)でハズレ。馬券も同じく、だ」
          月見亭「さて、京都のG気終わって、東京のG気睛莉気ラスト。世界の精鋭を東京に集め、ジャパンC!」


          マイルチャンピオンシップ 先取り展望

          0

            エリザベス女王杯 実際の買い目
            【月見亭】三連複軸2頭流し 12,17−総流し ワイド 7−10
            【びぜんや】単勝 3 複勝 3 馬連流し 12−総流し ワイド流し 3−3,5,7,11,12 三連単軸2頭マルチ 12→16→3,4,7,11


            月見亭「走りを重ねて強さを増して、鋭く高鳴いた秋の猛禽!」
            びぜんや「エリザベス女王杯を勝ったのはモズカッチャン。先団追走から、先に抜け出したクロコスミアめがけてアクセル全開。ゴール前できっちり捉え切った」
            月見亭「オークスや秋華賞同様、内枠を利したロスのない立ち回り。直線ではぎりぎりまで脚を溜めて、高いレースセンスが混戦メンバーの中でモノを言った形ね」
            びぜんや「逃げ馬2頭を視界にとらえつつ、後続の有力馬に対しては差せるものなら差してみろ、という位置取り。ミルコの強気なポジショニングも光った」
            月見亭「オークス、秋華賞と涙をのんだけど、ここで悲願達成。今後は牡馬との戦いも視野に入れていくことになるね」
            びぜんや「ヴィクトリアマイル、というタイプじゃないからなぁ。ここまでは同世代、牝馬同士でセンスの高さを生かせたけれど、ここからステップを上げてどこまでやれるかだね」
            月見亭「2着は2番手追走から先に抜け出したクロコスミア」
            びぜんや「ハナを内のクインズミラーグロに奪われたのは誤算だったが、番手につけてリカヴァー。うまく運んだかに見えたが、さすがにそこまで甘くはなかった」
            月見亭「3着には後方からミッキークイーンが突っ込んだ」
            びぜんや「上位2頭とは違い、外から差して3着に来た。一番強い競馬をしたのはこの馬だったが、それだけに内枠だったら、ひと叩きできていたら、というタラレバが出て来ちゃうね」
            月見亭「キミの◎スマートレイアーは中団から伸びあぐね、6着」
            びぜんや「勝負どころで徐々にポジションを下げてしまったのは、乗り替わりの影響もあったか。中途半端なレースになってしまった」
            月見亭「私の◎ルージュバックは後方から進めて9着」
            びぜんや「今日の流れではいかにムーアといえどもノーチャンスだったね」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−×)でハズレ、馬券も同じく」
            びぜんや「僕は(△−−)でハズレ、馬券も同様だ」
            月見亭「さて、京都のG気盪弔垢呂△硲雲錙混戦を制するのはだれか、マイルチャンピオンシップ!」


            アルゼンチン共和国杯 先取り展望

            0

              天皇賞・秋 実際の買い目
              【月見亭】三連複軸2頭流し 4,9−総流し
              【びぜんや】単勝 1,4,8,13 複勝 1,8,13 馬連フォーメーション 4,13−2,3,4,7,8,12,13,15


              月見亭「吹き荒ぶ風雨を越えて、ここから始まる有終のG気覆れ旅!」
              びぜんや「第156回天皇賞・秋を勝ったのはキタサンブラック。スタートで後手を踏んで万事休すと思われたが、そこから内を進出してリカバリー。早め先頭からサトノクラウンの追撃を凌いで押し切った」
              月見亭「スタートで『終わった』と思ったけれど、直線入り口では勝ちパターンに持ち込んでいるんだからさすが。差しても競馬が出来たというのは大きいわね」
              びぜんや「差す競馬が出来ないわけじゃなく、スピードの違いで先行してたってことだろうね。百戦錬磨の盾男・武豊も落ち着いて空いた内を選び、人気に応えて見せた」
              月見亭「鬼神のごとき走りで勝利をつかみ、これで秋三冠、そして中央G毅絃,竜録への挑戦権を得た」
              びぜんや「今回のダメージがなければ、だけどね。次はジャパンCだけど、正直良馬場、距離延長でキタサンを逆転できそうな馬はこの中に見当たらない。別路線組が人気を集めるレースになりそうだ」
              月見亭「2着は強気の先行策から勝ち馬に迫ったサトノクラウン」
              びぜんや「重適性を武器に、正攻法の競馬。結果的にはキタサンブラックが奇襲を決める形になったし、勝ち馬の強さが際立ったけれど、この馬も強い競馬をしたよ」
              月見亭「3着は中団待機から内を衝いてレインボーラインが突っ込んだ」
              びぜんや「こちらも重馬場には自信のあったクチ、岩田騎手らしく内を衝いて伸び、後続に5馬身差をつけたけれど、上位は重適性と操縦性だけでかなう相手ではなかった」
              月見亭「キミの◎リアルスティールは先行策から伸びを欠いて4着」
              びぜんや「大雑把な総括になるけれど、レインボーラインに5馬身差をつけられた4着以下の馬は、人気より下の着順の馬は重馬場に泣き、着順を大きく上げた馬は重馬場が幸いしたって解釈でいいんじゃないかな」
              月見亭「私の◎ソウルスターリングは外を追い上げたものの6着まで」
              びぜんや「稍重馬場に泣いた桜花賞の反省を生かすなら、距離ロスを覚悟で少しでも馬場のいい外に賭けるしかなかった。別格の上位3頭を除けば3番手、3歳牝馬のリザルトとしては悪くない」
              月見亭「先週の菊花賞に続き、台風接近下で極悪の不良馬場。重の巧拙と言うよりはメンタルとフィジカルのタフネスが着順を分けた感じかな」
              びぜんや「走破時計2分08秒3はもちろん秋天がこの距離になってからのワースト、1着から18着までは8秒6差。上位陣はともかくレースにならなかった馬も多くて、レースの評価はすぐには下せないな」
              月見亭「というわけで今週の結果。私は(△−−)でハズレ、馬券も同じく」
              びぜんや「僕は(▲××)でハズレ。馬券はレインボーラインの複勝をひっかけたけれど、キタサンブラックのように見事にリカバー、とまではいかなかった」
              月見亭「さて来週は、金土日の変則3日間開催」
              びぜんや「金曜日のJBCを予想してみたい気もするが、おとなしくアルゼンチン共和国杯を予想しよう」


              天皇賞・秋 先取り展望

              0

                菊花賞 実際の買い目
                【月見亭】複勝 15 三連複軸2頭流し 13,15−総流し
                【びぜんや】単勝 16 馬連ボックス 5,11,15,16  馬連流し 16−2,12,13,18


                月見亭「驟雨を切り裂き一直線、淀に描いた栄光の軌跡!」
                びぜんや「牡馬クラシック第三冠、菊花賞を制したのはキセキ。道中は後方で脚を溜めて直進で鋭進。一気にライヴァルを呑み込んで、最後は2馬身突き放した」
                月見亭「デムーロ騎手の勝負服が泥に染まるようなタフな馬場で、上がり3ハロンは最速とはいえ39.6秒。その中、最後の最後まで脚を温存して、消耗戦を制して見せたのはお見事」
                びぜんや「雨を意識して人気どころのミッキースワローやアルアインが早めに動いたところを狙いすましたね。もちろん父譲りの道悪適性がなければそれも不可能だったろう」
                月見亭「もともと春はアルアインと差のないレースをしていた馬が本格化。これは楽しみになってきたね」
                びぜんや「もっとも今回の勝ち時計はエピファネイアが不良馬場で勝った時より13.7秒も遅く、これより遅い決着はグレード制施行以前、1946年まで遡るという記録的不良馬場。ここでの勝利を鵜呑みにするのは危険だし、まずはここを走りぬいた疲労を抜くのが先決だろうね。力の要るこの馬場での結果を見ると、欧州を意識したくはなるが……」
                月見亭「2着は先に抜け出したクリンチャー」
                びぜんや「瞬発力勝負は不得手で、皐月賞のようなタフなレースになると浮上してくる馬。枠と馬場を味方に勝ちパターンに持ち込んだが、脚を残した馬が1頭だけいて、瞬発力勝負に持ち込まれた。相手が悪かった」
                月見亭「3着には馬群の内側からポポカテペトルが突っ込んだ」
                びぜんや「いつもよりはやや後ろで脚を溜め、最後はぎりぎり馬場のいいところを選んで突っ込んだ。母系譲りの道悪適性と、操縦性の良さがここで生きたね」
                月見亭「キミの◎アルアインは伸びきれず7着」
                びぜんや「直線入り口ではいい位置にいたが、そこから伸びなかったのは距離かな。それでも掲示板争いに突っ込んで見せ、勝負根性は示していた。適性を図る意味では価値ある敗戦」
                月見亭「私の◎ダンビュライトは早め先頭から失速、5着」
                びぜんや「早め先頭は道悪での定石。しかしこれだけ馬場が悪化すると、長い直線をこらえきるのはしんどく、力尽きてしまった」
                月見亭「というわけで今週の結果。私は(○−−)でハズレ、馬券もハズレ。三連複軸2頭で1着5着。あと少し、あと少しだったのに……!」
                びぜんや「僕は(−−−)で木端微塵。馬券は保険のつもりでボックス買いしたら、単に被害を拡大しただけだった」
                月見亭「哀れ」
                びぜんや「さて中央の3歳限定戦はこれにて終了、来週は最強馬決定戦、秋の天皇賞だ」


                菊花賞 先取り展望

                0

                  秋華賞 実際の買い目
                  【月見亭】複勝 11 三連複軸2頭流し 2,7−総流し
                  【びぜんや】単勝 8 複勝 8 馬連フォーメーション 1,14−1,2,4,7,8,11,14


                  月見亭「雨の淀を舞台に華やかな名手の競演! 最後に笑ったのは仏国の騎士と鍛え抜かれた不屈の挑戦者!」
                  びぜんや「秋華賞を勝ったのはディアドラ。道中は後方追走から内を進出。直線では先に抜け出した2頭をめがけて鋭い末脚を繰り出し、ゴール手前で差し切った」
                  月見亭「まさに1頭だけ違う脚。道中は位置取りが後ろすぎるかと思ったけれど、ロスなく立ち回って足を使い切ったわね」
                  びぜんや「キャリアはメンバー中最多の13戦、桜花賞とオークスの間に矢車賞を使われ、夏も北海道で走るなど使い詰めだったが、そのおかげで2000mのレースや重馬場のレースを経験できたのが強みになったか」
                  月見亭「その経験が桜花賞14番人気、オークス9番人気の伏兵を秋華賞馬へと鍛え上げたのね」
                  びぜんや「今回も3番人気は低すぎる評価だったか。距離にも馬場にもコースにも実績があり、ルメール騎乗なだからもっと人気するかと思ったが。紫苑S勝ち馬というのが嫌われたのかな。もはや東からのステップはマイナス材料でもなんでもない」
                  月見亭「2着には私の◎リスグラシュー。先に抜け出したモズカッチャンをめがけて伸びたけれど、さらに後ろからやってきたディアドラの急襲に屈した」
                  びぜんや「詰めの甘さというか、勝ち運のなさというか。人気馬をマークしてそつなく回ってきたはずが、直線ではモズカッチャンを追いかけながらディアドラにマークされる損な役回りに立たされてしまった」
                  月見亭「パターン的にはこれ、ホエールキャプチャやヴィルシーナのように来年のヴィクトリアマイルで勝つフラグよね」
                  びぜんや「成長力のあるハーツクライ産駒で、東京マイルで重賞勝ちの履歴あり。たしかに来春が楽しみだ」
                  月見亭「3着には先に抜け出したモズカッチャンが粘った」
                  びぜんや「四角で先頭を窺う積極的な競馬。この馬のタフさを生かそうとしたが、勝ち馬にうまく立ち回られ一瞬にして斬って捨てられた」
                  月見亭「キミの◎アエロリットは好位追走から失速、7着」
                  びぜんや「気風よく逃げたカワキタエンカを追いかけ、横からはファンディーナのプレッシャーを受けて力んでしまった。前走で気持ちよく逃げ切ってしまったことがここで仇となったか」
                  月見亭「終わってみればルメールに武豊にミルコという、名手による1−2−3」
                  びぜんや「ハービンジャー産駒があわやワンツーというレースでもあった。雨とカワキタの逃げでタフなレースになり、まるで長距離戦のような、タフさと騎手の腕が問われるレースになったね」
                  月見亭「というわけで今週の結果。私は(−◎−)でハズレ、馬券は三連複軸2頭総流しで痛恨の軸馬2着4着。ローズSに続いてここでも2着4着とは……」
                  びぜんや「僕は(○△×)で馬連的中。馬券も馬連が的中。◎○の馬連を厚く買っちゃったもんだから浮きはほんの僅かだったけれど、とりあえず牝馬三冠は全的中で終えることが出来たぞ」
                  月見亭「さて、女の戦いのあとは男の戦い。淀の15ハロンに長距離走者が結集、菊花賞!」


                  秋華賞 先取り展望

                  0

                    毎日王冠 実際の買い目
                    【月見亭】三連複軸2頭流し 1,8−総流し
                    【びぜんや】単勝 7 複勝 7 馬連フォーメーション 7,12−1,2,8,12 ワイドフォーメーション 7,12−7,10,11,12 三連単軸1頭流し 7→1,2,8,12


                    月見亭「樫の女王にリアルを叩きつけ、鋭い末脚で勝利をスティール!」
                    びぜんや「毎日王冠はリアルスティールが勝利。向正面ではみっつに分かれた集団のうち、中間集団から早めに進出。サトノアラジンの追撃を退けて1年半ぶりの勝利を手にした」
                    月見亭「得意の1800mで復活を高らかに告げる快勝劇。キタサンブラックやドゥラメンテと刃を交えた戦歴は伊達じゃなかったってことね」
                    びぜんや「このあとは秋天か、ブリーダーズCか、ということらしいね。パドックではまだ良化途上に見えたし、海外はどうかだけど秋天に来るなら重いシルシを打たざるを得ないね」
                    月見亭「2着は勝ち馬に呼応して追い上げたサトノアラジン」
                    びぜんや「3着馬ともども勝ち馬と同じようなところから進めたけれど、追い出すところでひと呼吸遅れたのが響いた。機動力で見劣ったね」
                    月見亭「3着にキミの◎グレーターロンドン」
                    びぜんや「このメンバーに入ると末脚だけの大雑把な競馬じゃ突き抜けられない。ここは賞金を加算したいところだったが……」
                    月見亭「私の◎ソウルスターリングはまさかの逃げに出て直線で沈み、8着」
                    びぜんや「開幕週の内枠ということで、閉じ込められるのを嫌ったか積極的に出していったが、伏兵勢にマークされて息の入らない流れを作ってしまった。大きく負けてはいないが」
                    月見亭「それにしても今週はすごい人出だったね」
                    びぜんや「G喫造澆噺世辰討皺畍世犬磴覆ったね。パドックは十重二十重の人波で、3階4階まで人が鈴なり。去年一昨年とは全然違った」
                    月見亭「いつも座るフジビュースタンドの前にも座れなかったし。あちこち歩きまわって疲れたよ。馬券も外れて疲れが倍増」
                    びぜんや「ま、こんな日もあるよね。それでは今週の結果をまとめよう」
                    月見亭「私は(○×−)でハズレ、馬券も同じく」
                    びぜんや「僕は(△○◎)で馬連、三連単が的中して、ダービーから続いていた連敗が19でストップ。馬券も馬連フォーメーションが的中したけど、三連単をマルチにしとけば万馬券だったなぁ」
                    月見亭「ま、当たったんだからいいじゃない。さて、来週は牝馬三冠の最終戦、京都を舞台に秋華賞」


                    毎日王冠 先取り展望

                    0

                      スプリンターズS 実際の買い目
                      【月見亭】三連複軸2頭流し 5,8−総流し
                      【びぜんや】単勝 6 複勝 6 馬連フォーメーション 6,8−3,5,6,8,9,13,16


                      月見亭「再びゴール前を吹き抜けた、切れ味鋭い鎌鼬!」
                      びぜんや「スプリンターズSはレッドファルクスが連覇達成。昨年同様鋭い末脚で他馬をぶっこ抜き、ゴール前きっちり差し切った」
                      月見亭「混戦の中でも1番人気に支持されたのにしっかり応えたね」
                      びぜんや「仕上げ途上のG鞠vs夏の上がり馬という、まるでG兇里茲Δ淵瓮鵐弌爾猟衫明錙M縦蠶未蠅忙転紊ったG鞠呂勝つのは当然の帰結ともいえる」
                      月見亭「次は香港スプリントか、あるいはマイルCSを勝って最優秀短距離馬のタイトルを目指すのか」
                      びぜんや「一応、ダートという選択肢もあるけどね。種牡馬入りを目指すなら、スプリント以外のタイトルが欲しいところではある」
                      月見亭「2着は内を衝いたレッツゴードンキ」
                      びぜんや「内で脚を溜め、ゴール前でインを衝く“岩田スペシャル”が久々に決まったかに思えたが、勝ち馬の決め手が一枚上だった」
                      月見亭「キミの◎ワンスインナムーンが逃げ粘って3着」
                      びぜんや「気風のいい逃げを披露して1分7秒7。他馬に競りかけられなかったのに助けられた面はあるけれど、ここでも通用するスピードは示したね。もう少しゲートが速ければあるいは……」
                      月見亭「私の◎ラインミーティアは出遅れをリカヴァー出来ず13着」
                      びぜんや「13着とはいえ、勝ち馬とは0.7秒差なんだから出遅れは痛かったよね。G気脳”蕕砲覆襪燭瓩砲蓮△擦瓩特翆弔妊譟璽垢出来ないと話にならない」
                      月見亭「というわけで今週の結果。私は(○×△)でハズレ、馬券も同じく」
                      びぜんや「僕は(○−◎)で秋になっても連敗街道は止まらず。馬券はワンスインナムーンの複勝が当たったけれど、焼け石に水だ」
                      月見亭「さて、来週からは東京、京都に開催替わり。天皇賞・秋の前哨戦、毎日王冠を予想しよう」

                      続きを読む >>

                      | 1/60PAGES | >>