calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

日本ダービー 先取り展望

0

    オークス 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 4,10−総流し
    【びぜんや】単勝 10,11,18 馬連流し 18−1,2,4,8,10 三連複軸2頭流し 10,18−4,8


    月見亭「大胆不敵に中央突破! 力の違いを見せつけた無垢なる女王!」
    びぜんや「オークスを制したのはデアリングタクト。中団待機から直線は馬群を縫って進出。最後は極上の切れ味で先行馬を料理し、無敗の二冠牝馬が誕生した」
    月見亭「直線で進路がなくなるシーンもあったけれども慌てずチャンスを待って、坂を上り切り進路が開いたところから鋭進。モノが違う、格が違う、ってレースだったわね」
    びぜんや「松山騎手も馬の力を信じて落ち着いた騎乗をしていたね。良馬場でその切れ味がフルに発揮された」
    月見亭「これは三冠牝馬誕生も堅い……かな」
    びぜんや「距離短縮はプラスだろうし、あとは小回り対応と、無事に夏を過ごすことだね。あとはレシステンシアが出てくるかどうか、か。今回のオークスはデアリングタクト以外の上位人気馬が総崩れで、今年の3歳牝馬はデアリングタクトとレシステンシア以外はどんぐりの背比べと言えそう。そこから抜け出してくるライヴァルがいるかどうかだな」
    月見亭「2着は好位から内を立ち回ったウインマリリンが入った」
    びぜんや「前走同様、立ち回りの巧さを見せた。先行馬が総崩れする流れを粘ったのは評価できるね。秋華賞でもこの器用さを生かせれば」
    月見亭「3着は人気薄のウインマイティーが入った」
    びぜんや「馬場の真ん中を積極的に運んで見せ場を作った。決め手で1着馬、器用さで2着馬に見劣ったけれど正攻法での3着は力をつけていることの証だ」
    月見亭「キミの◎サンクテュエールは後方待機のまま伸びず13着」
    びぜんや「発馬で後手を踏んで、そのまま見せ場なく終わってしまった。この馬のやりたいことを2着馬にやられてしまったな」
    月見亭「私の◎ミヤマザクラは中団のまま流れ込んで7着」
    びぜんや「持ち味を生かした上位3頭、直線に賭けた4〜6着に比べると、何をやりたいのか分からないまま流れ込んだ感じだ。それてぜも勝ち馬と0.5秒差なんだから地力は示したとも言えるが」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(○−−)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(△−−)でハズレ。馬券も惨敗でした」
    月見亭「さて来週はいよいよ競馬の祭典がやってくる。3歳最強は誰だ? 日本ダービー!」


    オークス 先取り展望

    0

      ヴィクトリアマイル 実際の買い目
      【月見亭】複勝 2,11 ワイド 2−11 三連複軸2頭流し 5,7−総流し
      【びぜんや】単勝 2,10,16 複勝 10 馬連流し 12−2,3,10,14,16,17


      月見亭「圧巻!」
      びぜんや「ヴィクトリアマイルは僕の◎アーモンドアイが能力の違いを見せつけて圧勝。まさにカテゴリが違う、町の暴走族の集会にメルセデスのF1マシンを持ってきたような圧倒劇だった」
      月見亭「道中は4番手の外を追走し、エンジンをふかすこともなく直線半ばで先頭に立って、後続を突き放した。重賞3連勝のサウンドキアラも、ディフェンディングチャンピオンのノームコアも、並ばせてすらもらえなかった」
      びぜんや「ま、本来ならここに出てくるレベルの馬じゃない、ということだよな。本気でギアを上げていたら、昨年のレコードは破られていただろうし、09年のウオッカが後続につけた7馬身差にも迫っていたかもしれないね」
      月見亭「2着は好位から進めたサウンドキアラ」
      びぜんや「余裕綽々に好位を追走し、直線でじっくり逃げ馬を料理すると先頭へ。という、重賞3連勝馬らしい横綱相撲だった。しかしその4馬身先で、バケモノが楽々ゴールテープを切っていた」
      月見亭「3着は後ろから脚を伸ばしたノームコア」
      びぜんや「アーモンドアイの後ろから鞭を揮って追いすがったが、相手はノーステッキで楽々と突き放した。それでもあきらめず伸びて3着に入ったのはさすが。発馬で後手を踏まなければ2着はあったかもしれない」
      月見亭「私の◎プリモシーンは中団のまま流れ込んで8着」
      びぜんや「スタートで位置を取れなかったのがすべてだったね。高速馬場な上に前の隊列もすんなり落ち着いて、差し馬には出番のないレースになってしまった」
      月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−×)でハズレ、馬券もハズレ。さすがにアーモンドアイを軸から外したのは夢を見過ぎだった」
      ぴぜんや「僕は(◎−▲)で単勝的中、馬券はハズレ。ヒモ荒れ狙いがコンセプトだったから納得の敗戦ではあるが、もう少しノームコアががんばってくれたらなぁ」
      月見亭「さて、来週は3歳牝馬による限定戦。優駿牝馬、オークス!」


      ヴィクトリアマイル 先取り展望

      0

        NHKマイルC 実際の買い目
        【月見亭】複勝 1,5 ワイド 1−5 三連複軸2頭流し 2,5−総流し
        【びぜんや】単勝 16,17 複勝 16,17 馬連ボックス 3,6,8,10,15,16 三連複軸2頭流し 16,17−3,6,8,10


        月見亭「灰色の砂塵を突き抜けて、波乱を巻き起こした不屈の跳ね馬!」
        びぜんや「NHKマイルCを勝ったのはラウダシオン。道中は逃げるレシステンシアをマークして2番手追走。マッチレースの末に直線坂上で抜け出すと、そのまま後続を突き放してトップチェッカーを受けた」
        月見亭「勝ち鞍は1400mまでで、マイルを走った朝日杯は8着。その馬がマイルのタイトルを獲るとはね」
        びぜんや「マイル経験の浅さゆえに前走の1番人気から9番人気まで人気を落としていたけれど、1走だけでマイル適性なしと見限るのは早計だったな。結果論だけれどね」
        月見亭「テン乗りのデムーロ騎手も積極策で展開を味方につけたわね。久しぶりに“大舞台に強いミルコ”を見た気がするわ」
        びぜんや「激流もあるかと思ったけれど、案外流れが落ち着いたよねぇ。そこで強気にレシステンシアに競りかけて行ったあたり、騎手の勝利への嗅覚も鋭かった」
        月見亭「2着は1番人気のレシステンシア」
        びぜんや「東京の直線を意識してか脚を溜めた逃げで後続を翻弄。レースプランは悪くなかったが、思わぬ伏兵がいて足元をすくわれた形だ。まぁ、人気を背負った逃げ馬の宿命ではあるよね」
        月見亭「3着には中団前目からそつなく運んだギルデッドミラーが入った」
        びぜんや「乗れてる福永騎手が内を巧く立ち回ったね。ただ、逃げ馬が休んでいるときにこっちも脚を溜めていた分、上位2頭には遅れをとった」
        月見亭「キミの◎ストーンリッジは3番手から進めたものの直線で後退、12着」
        びぜんや「逃げ馬をマークしたつもりが、逆にうまく脚を使わされてしまった格好。直線の坂で下がって行ったあたり、まだひ弱な感じがするね」
        月見亭「私の◎シャインガーネットは中団待機から脚を伸ばしたものの6着」
        びぜんや「今日の展開では、無難に中団で脚を溜め、馬場の真ん中に出していく競馬では届かなかった。現状の力は出せたといっていいんじゃないかな」
        月見亭「というわけで今週の結果。私は(−△−)でハズレ、馬券も同じく」
        びぜんや「僕は(−▲△)でハズレ、馬券は一発狙いで手を広げて馬連ボックスにしたら、2着3着で返り討ちに遭いました」
        月見亭「さて、来週も東京マイルを舞台にG気。古馬牝馬の頂上決戦、ヴィクトリアマイル!」


        NHKマイルC 先取り展望

        0

          天皇賞・春 実際の買い目
          【月見亭】複勝 4,11 ワイド 4−11 三連複軸2頭流し 8,14−総流し 4,11−総流し
          【びぜんや】単勝 6 複勝 6 枠連 5−5 馬連流し 6−4,5,7,8,11,14 三連複 6−8−14

           

          月見亭「平成から令和につないだ盾の王! 天皇賞・春を制したのは私の◎フィエールマン!」
          びぜんや「道中は折り合いに専念して後方待機して、直線満を持して鋭進。最後は粘るスティッフェリオをハナ差捉えたところがゴールだった」
          月見亭「去年の天皇賞を勝ってから連対なし。果たしてと思ったけれども末脚の破壊力がここでは違ったわね。無尽蔵のスタミナで盾を防衛」
          びぜんや「ルメール騎手も迷いなく、2周目3コーナーで他馬がポジションを上げていく時も落ち着いて脚を溜めた。この操縦性と、末の瞬発力がこの馬の長距離性能を支えているね」
          月見亭「菊花賞がハナ差、去年の天春がクビ差で今日がまたハナ差。接戦をものにするこの勝負根性もすごい」
          びぜんや「3200mを走ってハナ差なんだから、この馬とルメール騎手の勝利への嗅覚の鋭さには驚かされるね。次は前人未到の春の盾3連覇が目標になるか。それも楽しみだ」
          月見亭「2着はキミの◎スティッフェリオが好位から伸びて粘った」
          びぜんや「直線までうまく脚を温存し、馬場の真ん中を伸びて勝ちパターンに持ち込んだと思われたが、最後の最後に掴まった。残念ではあるけれども、レースプランを完遂してのハナ差。相手が悪かったとしか言いようがない」
          月見亭「3着には勝ち馬と同じ位置から進めたミッキースワローが入った」
          びぜんや「こちらは2周め3コーナーから早目に進出したが、直線であっさり勝ち馬にかわされた。いい競馬はしたけれどスタミナで勝ち馬、立ち回りの巧さで2着馬に見劣った」
          月見亭「というわけで今週の結果。私は(◎−×)で単勝的中も、馬券は三連複軸2頭の片割れ・キセキが馬群に沈んでハズレ」
          びぜんや「僕は(○◎−)で馬連的中、馬券は馬連とスティッフェリオの複勝が的中。スティッフェリオが勝ってくれればベストだったけれど、まあまあいい予想は出来たんじゃないかな」
          月見亭「さて、来週からは東京でG毅杵∪錙
          びぜんや「その開幕を飾るのは3歳マイル王決定戦、NHKマイルC!」


          天皇賞・春 先取り展望

          0

            フローラS 実際の買い目
            【月見亭】三連複軸2頭流し 7,9−総流し
            【びぜんや】単勝 9,11 馬連流し 11−7,9,10,12,15,16 三連単フォーメーション 9,11→9,11→7,10,12,15,16


            月見亭「逆巻く砂塵を突き抜けて、凛々しく勝った若き人馬!」
            びぜんや「オークストライアル・フローラSを勝ったのはウインマリリン。道中は淀みのない流れを好位で追走。内をロスなく立ち回り、最後まで伸びきった」
            月見亭「先行勢が崩れる流れを粘り切ったのは立派。初めての府中も問題なくこなしたね」
            びぜんや「開幕週の馬場で、内枠の利を生かせたのは大きかった。前走で稍重の馬場をこなしているパワー型だけに、上がりのかかる展開になったのは良かったか」
            月見亭「横山武騎手もこれがうれしい重賞初制覇」
            びぜんや「現在関東2位と結果を残しているジョッキーだから、むしろ重賞まだ勝ってなかったのか、って感じだったけれどね。今日のように落ち着いた騎乗が出来れば勝ち星はもっと増えるだろう」
            月見亭「2着はホウオウピースフル」
            びぜんや「勝ち馬と同じような位置から進めたが、ハイペースに巻き込まれるのを嫌ったか、直線でいったん脚を溜めて改めてエンジンをふかした。そのタイムラグが着順に出たね。悪い判断ではなかったと思うけど」
            月見亭「3着は中団待機のフアナが突っ込んだ」
            びぜんや「スカイグルーヴをマークしていたということで、マークする馬を間違えたのが最大の敗因だろう。素質は確かに示したけれどね」
            月見亭「私の◎スカイグルーヴは一瞬見せ場を作ったものの伸びず、5着」
            びぜんや「マイナス14キロの馬体減が敗因か。経験が浅く、多頭数で自分の形に持ち込めなかったのも響いたかな」
            月見亭「キミの◎レッドルレーヴはいったん先頭に立ったもののそこから失速、7着」
            びぜんや「勝ち馬と同じような位置から進めて手応えよく抜け出すかに見えたんだが……。瞬発力勝負ならともかく、上がりのかかる展開になるとこの距離は長かったのかもしれない」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲○×)で馬連的中も、馬券はハズレ。いい線はついていたんだけれどなぁ」
            びぜんや「僕は(−××)で予想、馬券ともにハズレでした」
            月見亭「さて来週は春唯一の京都G機天皇賞・春」


            フローラS 先取り展望

            0

              皐月賞 実際の買い目
              【月見亭】複勝 7,8,11 ワイドボックス 7,8,11 三連複軸2頭流し 7,11−総流し
              【びぜんや】単勝 3,5 複勝 3 馬連流し 5−1,3,7,11,12,17 7−11 三連複 5−7−11

               

              月見亭「無敗のライヴァルを力で捩じ伏せ、青空に描いた純白の航跡!」
              びぜんや「第80代の皐月賞馬に輝いたのはコントレイル。道中は後方待機から大外をぶん回し、最後はサリオスとの無敗G鞠脇瓜里琉豕蛎任舛鯲呂任佑孤せた」
              月見亭「後方からの競馬でどうなるかと思ったけれども全く関係なし。父・ディープインパクトばりの加速で世代の頂点に立った」
              びぜんや「スタートを出て行かずにこんな形になってしまったということだけれど、馬場の悪い内で閉じ込められるより良かったんじゃないかな。もちろん力の違いがないとあんな捩じ伏せ方は出来ないわけだけれど」
              月見亭「とうぜん二冠、そして三冠が視野に入る」
              びぜんや「距離延長、コース替わりは問題ないし、ここは叩き台で目標はダービー、なんて外野の声もあったくらいだからね。次回はさらにパワーアップしてきそうだ」
              月見亭「2着は私の◎サリオス。先行策から完璧に立ち回ったように見えたけれど、最後は力負けした」
              びぜんや「ただ、馬場の悪いところを通らされたし、中山より府中でこそのタイプ。半馬身差は逆転できない差ではない」
              月見亭「3着はガロアクリークが突っ込んだ」
              びぜんや「前走同様直線だけの競馬でよく伸びてきた。上位争いが決着した後、3馬身半離された位置でのものだから評価は微妙なものになるけれどね」
              月見亭「キミの◎サトノフラッグは勝ち馬に先んじる形で捲って行ったけれど、直線が案外で5着まで」
              びぜんや「直線を向いたところで外からコントレイルにかわされて怯んだように見えたね。勝ち馬と同じようなレースをしたが逞しさ、スケール感で見劣った」
              月見亭「というわけで今週の結果。私は(×◎−)でハズレ、馬券はサリオスの複勝が的中したけれど、焼け石に水。ウインカーネリアンの複勝とワイドを持っていたから、最後にガロアクリークにかわされていなければ……」
              びぜんや「僕は(△○−)で馬連的中も、馬券はハズレでした」
              月見亭「さて来週からは東京・京都開催がスタート。開幕週にはフローラSとマイラーズCの両G兇」
              びぜんや「例年マイラーズCをやっているけれども、今年は僕の期待馬が2頭出ているフローラSを予想したいな」


              皐月賞 先取り展望

              0

                桜花賞 実際の買い目
                【月見亭】三連複軸2頭流し 5,17−総流し
                【びぜんや】単勝 14 馬連流し 14−4,5,8,9,11,17 ワイド 12−14


                月見亭「花を散らす雨を切り裂き、桜冠をつかんだ勇敢な戦乙女!」
                びぜんや「80代目の桜の女王に輝いたのはデアリングタクト。道中は後方待機から直線外に持ち出されると末脚一閃。桁違いの瞬発力で先行各馬を呑み込んだ」
                月見亭「なんとキャリア3戦目での桜花賞制覇。エルフィンSで見せた末脚もすごかったけれど、重馬場でも変わらない末脚を発揮して見せたね」
                びぜんや「前売1番人気になっていて、いくらなんでも過剰人気だろうと思っていたけれど、そんなことはなかったね。行った行ったで決まりそうになるレースを差し切ったんだから、能力は高い」
                月見亭「エピファネイア産駒だから東京芝2400mへのコース替わりはむしろ歓迎。オークスも楽しみだね」
                びぜんや「ただ、今回は能力を出し切れなかった馬も多いし、デアリングタクト自身も競馬が大味でまだ全幅の信頼は置けないかな。ゆっくり検討しておきたい」
                月見亭「2着は2番手から早め先頭の積極的な競馬をしたレシステンシア」
                びぜんや「プラン通りの進め方で、1番人気にふさわしい受けて立つ競馬。外からすっ飛んできた馬に差されはしたがこの馬の強さはしっかりと示せたんじゃないかな」
                月見亭「逃げたスマイルカナが3着に粘り込み」
                びぜんや「自分の形に持ち込めば強い馬で、今回も好枠を生かして自分の形に持ち込んだ。レシステンシアにかわされた後もあきらめてなかったね」
                月見亭「キミの◎ミヤマザクラは中団から進めたものの5着がやっと」
                びぜんや「重馬場の消耗戦はのぞむところかと思ったし、直線ではそれなりにポジションを上げてはいるんだけれど。ここまでタフな馬場になるとさすがにしんどかったか」
                月見亭「私の◎マルターズディオサは好位追走から直線で見せ場を作ったものの後退、8着」
                びぜんや「重馬場をハイペースで飛ばす馬を3番手から追いかける形では、最後に脚が上がったのもやむを得まい。いちばん損な役回りになってしまったね」
                月見亭「というわけで今週の結果。私は(×○−)でハズレ、馬券も同じく。直線ではちょっと夢を見たけれどねー」
                びぜんや「僕も(×○−)で予想、馬券、ともにハズレでした」
                月見亭「さて、来週は中山で牡馬クラシック開幕戦、皐月賞!」


                桜花賞 先取り展望

                0

                  大阪杯 実際の買い目
                  【びぜんや】単勝 2,7 複勝 2,7 馬連流し 12−2,3,4,5,7,8 2−3 ワイド 2−7
                  【月見亭】三連複軸2頭流し 4,8−総流し


                  月見亭「桜の仁川で才能満開!」
                  びぜんや「5強激突の大阪杯を制したのは2番人気のラッキーライラック。道中は好位のインで脚を溜め、ロスなく立ち回って直線進出。G毅馨〔椶魑鵑欧拭
                  月見亭「エリザベス女王杯と同じような競馬だったわね。ロスなく立ち回って、大阪杯を勝つお手本のような競馬だった」
                  びぜんや「直線の手応えが抜群で、着差以上の完勝だった。古馬になっていよいよ完成の域に達したね。次は宝塚記念あたりが目標になりそうだけど、そこでも楽しみだ」
                  月見亭「2着はキミの◎クロノジェネシス」
                  びぜんや「勝ち馬と同じような位置からレースを進め、手応えよく伸びたが勝ち馬を捉え切れなかった。枠なりに外を回ったのが着差に出たね」
                  月見亭「私の◎ダノンキングリーは逃げ粘って3着」
                  びぜんや「好発を決めたあと無理に下げずにレースを作ったのには驚いた。ジナンボーに絡まれる厳しい展開からしっかり抜け出したのはさすがだが、最後に牝馬2頭に屈したのは距離適性の差か」
                  月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲△◎)で馬連的中だけれど、馬券は三連複軸2頭のもう片割れ、ワグネリアンが5着に敗れてアウト。ダノンともう1頭をラッキーライラックとワグネリアンで迷ったんだけれど……逆の目を引いてしまったわ」
                  びぜんや「僕は(×◎×)でハズレだけれど、馬券の方は馬連が的中しました」

                  月見亭「予想よりも馬券を当てたかった……」
                  びぜんや「今日の仁川は桜が見事だったけれど、来週も満開の桜が見られるかな?」
                  月見亭「いよいよ来週は3歳クラシックが開幕。牝馬が桜の一冠を争う桜花賞!」


                  大阪杯 先取り展望

                  0

                    高松宮記念 実際の買い目
                    【びぜんや】単勝 2,3,5,14 複勝 2,5 馬連フォーメーション 2,9−2,3,6,8,9,12,14,17 ワイド 2−5
                    【月見亭】三連複軸2頭流し 7,9−総流し


                    月見亭「雨上がりの直線を、力強く翔け抜けた太陽の猛禽!」
                    びぜんや「第50回高松宮記念は、逃げたモズスーパーフレアが粘り込んでG欺蘋覇。1位入線のクリノガウディーが4着降着になってという形ではあったけれど、念願のG汽織ぅ肇襪鮗蠅貌れた」
                    月見亭「去年の高松宮記念では15着に大敗するなど中京に良績がなかったからどうかと思われたけれど、まんまと逃げきったわね」
                    びぜんや「外からすんなりハナに立てたのが大きかったね。最後まで11秒台のラップを刻み続け、タフなレースを自分で作って押し切った」
                    月見亭「マイルで……という馬じゃないから、次の目標は得意の中山で春秋スプリントG鬼袷汗覇、になるのかな」
                    びぜんや「今度はすっきりとした形で逃げきって戴冠したいところだね」
                    月見亭「2着は後方待機から目の覚めるような足でグランアレグリアが突っ込んだ」
                    びぜんや「テンに置かれたのはやはり初めての6ハロン戦の流れに戸惑ったのか。それでも最後は前残りの中ただ1頭突っ込んで来たんだから、能力は相当高い。次にスプリント戦を使ってくれば確勝とさえ言えそうだ」
                    月見亭「3着は内を突っ込んだダイアトニック」
                    びぜんや「トップスピードに乗ったところで前を塞がれたのは痛かった。あれがなければどうだったか……。前走に続き、スムースに行かなかったね」
                    月見亭「キミの◎アウィルアウェイは先行するも伸びず、11着」
                    びぜんや「スタートはまずまずだったけれどもそこから枠なりに馬場の悪いところを通らされ、ポジションを落としてしまったね」
                    月見亭「私の◎タワーオブロンドンは中団待機のまま流れ込んで12着」
                    びぜんや「レコードを2回出しているスピード自慢だけに、ここまで馬場が悪くなると辛かったか。最後はグランアレグリアと同じように外に持ち出したけれど、弾けなかったなぁ」
                    月見亭「1位入線のクリノガウディーはゴール前で内に斜行し、4着に降着」
                    びぜんや「15番人気を覆す激走を見せたけれど、最後にしんどくなったか内に切れ込んでいってしまい、もったいないことになってしまった。それでも距離適性は示したし、もう一度この距離で見てみたいね」
                    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−××)でハズレ、馬券も同じく」
                    びぜんや「僕は(−▲△)でハズレ、馬券も御同様でした」
                    月見亭「さて来週は今年最初の関西G機大阪杯!」


                    高松宮記念 先取り展望

                    0

                      阪神大賞典 実際の買い目
                      【びぜんや】単勝 8 複勝 8 馬連流し 9−4,6 ワイド 8−9 三連複軸2頭流し 8,9−4,6,10
                      【月見亭】複勝 6 三連複軸2頭流し 6,7−総流し


                      月見亭「歓声を浴びる春を信じて、笑顔の力で一歩前進!」
                      びぜんや「阪神大賞典はユーキャンスマイルが勝利。後方待機から直線馬群を割って進出。一気に後続を突き放して快勝した」
                      月見亭「右回りが苦手とか、調整不足だとか言われていたけれども関係なかったね。天皇賞・春に向けて申し分のない快勝」
                      びぜんや「馬群の中でのコーナーワークだったけど膨れたりササったりすることなくスムースで、成長を感じたね。ただパドックを見る限りは完調手前に映った。ひと叩きしたことでさらに前進できれば」
                      月見亭「2着は後方待機のトーセンカンビーナが突っ込んだ」
                      びぜんや「今回もゲートを出なかったけれど、慌てずに脚を溜めて自分の競馬に徹した。勝ち馬とは着差以上の力の差は感じるが、この距離は合っているようで、今後の活躍が楽しみだ」
                      月見亭「3着もまた待機組。私の◎メイショウテンゲンが入った」
                      びぜんや「残り7ハロンからピッチが上がる持久戦になってスタミナが生きたね。ただ決め手で2着馬に見劣った」
                      月見亭「キミの◎ドレッドノータスは逃げて失速、大差の殿負け」
                      びぜんや「キセキが大出遅れし、押し出され式にハナへ。それはよかったけれど、2周目の向正面から絡まれ、1600m過ぎからピッチが上がってしまったのは誤算だった。結果論だけれど、思い切って大逃げに持ち込めたらどうだったかなぁ」
                      月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−◎)でハズレ、馬券はメイショウテンゲンの複勝が当たったのみ」
                      びぜんや「僕は(▲△×)で馬連的中も馬券はハズレ。肝心の◎○が来なくてはなぁ」
                      月見亭「これにて2020年冬の予想バトルが終了」
                      びぜんや「今季は5勝3敗4分で僕の勝利でした♪ 最後の5連続的中が効いたなぁ〜」
                      月見亭「ふたりともマイナス収支じゃ威張れないけれどね」
                      びぜんや「G毅隠雲錣待つ春のシーズンで結果を出そう」
                      月見亭「その開幕戦は電撃の桶狭間、高松宮記念!」

                      続きを読む >>

                      | 1/72PAGES | >>