calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

天皇賞・秋 先取り展望

0

    菊花賞 実際の買い目
    【月見亭】複勝 15 三連複軸2頭流し 9,14−総流し
    【びぜんや】単勝 16,17 複勝 16,17 馬連流し 17−2,4,5,9,10,11,12,15 5−10 三連複 5−10−17


    月見亭「福島から来た若武者が淀に咲かせた乱れ菊!」
    びぜんや「菊花賞を勝ったのはフィエールマン。道中は中団で脚を溜め、直線馬群を捌いて進出。食い下がるエタリオウとの叩きあいを制してクラシック最後の冠を戴いた」
    月見亭「最後はハナ差の決着。4戦連続重賞勝ちと勢いに乗るルメール騎手の手綱が7番人気の伏兵を偉業に導いた」
    びぜんや「ステイフーリッシュの先導であっさり隊列が落ち着き、瞬発力勝負になったのも良かったね。1800mまでしか経験のない馬にとってスタミナ比べにならなかったのは幸いだった」
    月見亭「今年は福島・二本松の菊が京都競馬場に飾られたそうだけれど、それがサインだったのかな。2000m以上の経験なし、キャリア3戦、関東馬、前走福島、3か月半の休み明けと、過去、あるいは近年に例のないプロフィールの馬の勝利。データ派は号泣だね」
    びぜんや「それだけ今年は傑出馬がいなかったってことでもあるし、競馬が多様化しているという証明でもあるだろうね。ブラストワンピースのローテも注目されたが、前例に拘っていては勝てない、馬券を獲れない時代が始まっている」
    月見亭「2着は私の◎エタリオウ。一度は馬群から抜け出して得たり、と思ったけれど」
    びぜんや「フィエールマンにいい目標にされ、3度目の重賞2着。内外の差もあったよね。しかしこれで“ステイゴールドの正統後継者”“最強の1勝馬”“主な勝ち鞍・2歳未勝利”の称号を早くも確固としてしまった」
    月見亭「ありがたくない称号ね……」
    びぜんや「強いのは確かだし、今日は中団から勝ちに行く競馬で見せ場を作れた。詰めの一歩をどう磨いていくかだね」
    月見亭「3着は勝ち馬の後ろで脚を溜めていたユーキャンスマイル」
    びぜんや「勝ち馬には離されたけれども巧く立ち回って3着を確保。終わってみればルメール、ミルコ、武豊の決着で、“長距離戦は騎手で買え”という諺通りの結果になったね」
    月見亭「キミの◎シャルドネゴールドは後方待機から見せ場なく7着」
    びぜんや「33.9秒と、勝ち馬と同じ上がりは使えているんだけれどね。淀の外回りで瞬発力勝負になったのに、後方3番手では届かない。流れを読み違えたかな」
    月見亭「というわけで今日の結果。私は(×◎−)でハズレ、馬券は三連複軸2頭の片割れ、グロンディオーズが13着でハズレ。ルメールとデムーロが来ているのになぜモレイラが来ないのか……」
    びぜんや「僕は(−×−)でハズレ。連続的中が6週で止まってしまった」
    月見亭「さて来週は秋の東京最初のG機E租の古馬最高峰レース、天皇賞・秋!」


    菊花賞 先取り展望

    0

      秋華賞 実際の買い目
      【月見亭】複勝 9,10 ワイド 9−10 三連複軸2頭流し 11,13総流し
      【びぜんや】単勝2 馬連流し 2−7,11,13,14,16,17 三連複軸2頭流し 2,11−7,13,14,16,17


      月見亭「圧倒的に力強く! 圧倒的に美しく!」
      びぜんや「アーモンドアイが秋華賞を勝って、史上5頭目の牝馬三冠を達成。道中は中団後方で脚を溜め、直線で一気に弾けて歓喜のゴールへ矢の如く突き抜けた」
      月見亭「スタートは五分だったはずが、直線入り口では後方の位置取り。ここから届くのかと思ったけれどあっさり突き抜けて1馬身半差。恐れ入ったわ」
      びぜんや「力が違いすぎた、のひとことで評価は足りるだろう。これで8分の出来というのだから末恐ろしい」
      月見亭「順調なら次はジャパンC。この時には100%のアーモンドアイが解放されるのね」
      びぜんや「今度は地元でのレースになるし、直線の長いコースの方が当然合う。これだけの馬だ、とにかく無事に出てきてほしいね」
      月見亭「2着は私の◎ミッキーチャームが逃げ粘った」
      びぜんや「何が行くのかと思ったけれども、この馬だったね。道中12秒台のラップで後続にマージンを築けたのは大きかった。連勝は止まったけれど、相手を考えれば勝ちに等しい2着だ」
      月見亭「3着はキミの◎カンタービレが後ろから突っ込んだ」
      びぜんや「枠を生かして先行すると思っていたが、直線ではなんとアーモンドアイを追いかける形に。33.9秒という末脚を繰り出して3着には突っ込んだが、勝ちに行く競馬ではなかっただけに評価は下げざるを得ないかな。ま、脚質は広がったけど」
      月見亭「というわけで今週の結果。私は(○◎×)で馬連・三連単が的中。馬券も2週連続で三連複が的中♪」
      びぜんや「僕は(○▲◎)でこちらも馬連・三連複が的中。馬券も三連複が的中。これで6週連続的中だ♪」
      月見亭「このブログも秋に入って調子が上がって来たよ。この調子で来週は」
      びぜんや「舞台は淀の長丁場、秋の3歳最強馬決定戦・菊花賞!」


      秋華賞 先取り展望

      0

        毎日王冠 実際の買い目
        【月見亭】三連複軸2頭流し 5,9総流し
        【びぜんや】単勝6,13 複勝 6,13 馬連流し 9−2,4,5,6,7,12 ワイドボックス 6,12,13 三連単フォーメーション 9→2,5,6→2,4,5,6,7,12


        月見亭「末脚自慢を黙らせて芦毛の超特急がここに戴冠!」
        びぜんや「毎日王冠を勝ったのは僕たちふたりの◎アエロリット。スタートを決めてハナを奪うと、そのまま淀みのないペースでひとり旅。上がりを33.8秒でまとめ、後続に何もさせなかった」
        月見亭「スタートを決めて向正面に出たところでもう勝負あり、という感じだったね。さすがBCマイルを目指すと豪語していただけのことはある」
        びぜんや「1分44秒5の勝ち時計も速い。飛行機の都合がつかなかったのが悔やまれるなぁ。次はマイルCSだそうだが、ここでも中心を張れるだろう」
        月見亭「焦点は2着争いになって、ここは後方から33.2秒の最速上がりをマークしたステルヴィオが制した」
        びぜんや「開幕週の高速馬場に助けられ、前に行った馬が上位を占める中、連対圏に突っ込んだのは高く評価できる。心身ともに次への上積みが見込め、次走が楽しみだ」
        月見亭「3着は2番手追走のキセキ」
        びぜんや「仕上がり途上でこの距離がどうかと思ったが、この速い馬場で難なく2番手を追走し、秘められたスピードの一端を示した。こちらも次走の上積みが期待できるし、この距離、この時計で一定の結果を残したのは大きい」
        月見亭「というわけで今日の結果。私は(◎○×)で単勝・馬連・三連単のトリプル的中。馬券も三連複が的中。できれば人気薄のステファノスが3着に来てほしかったけど」
        びぜんや「僕は(◎▲−)で単勝・馬連的中、馬券も馬連的中で、三連単は痛恨のヒモ抜けだ」
        月見亭「ふたりの◎がカブって勝つなんて久々だねぇ」
        びぜんや「ミッキーアイルのシンザン記念以来かな。“ふたりの◎がカブるとその馬は勝てない”というジンクスがあって、最近はカブらせないようにしてたけど」
        月見亭「そのジンクスを破ったアエロリツトは強い……」
        びぜんや「さて、来週は京都で秋華賞」


        毎日王冠 先取り展望

        0

          スプリンターズS 実際の買い目
          【月見亭】ワイド 3−15 三連複軸2頭流し 12,15−総流し
          【びぜんや】単勝3,9 複勝 3,9 馬連ボックス 3,8,9,10 馬連流し 3−11,12 ワイド流し 3−2,4,9,14,16


          月見亭「降りしきる雨を貫いた電撃王者の針の一刺し!」
          びぜんや「スプリンターズSを勝ったのはファインニードル。中団待機で脚を溜め、直線で鋭進。一気に馬群を貫いて春秋スプリントG気療一王者についた」
          月見亭「順当勝ち、貫録勝ち。そんな感じの堂々としたレースっぷりだったね」
          びぜんや「国内に限ればこれで重賞4連勝。使い詰めだった昨年よりゆったりとしたローテで、自信を持って臨めたのも大きいだろう」
          月見亭「2着には3歳牝馬・ラブカンプーが粘った」
          びぜんや「2番手に控え、直線でワンスインナムーンをかわしてあわやの場面を作った。夏場連戦の疲れがどうかと思ったし、調教も動いてなかったけれど本番では堂々の競馬。恐れ入った」
          月見亭「3着は4000勝ジョッキー・武豊の駆るラインスピリット」
          びぜんや「内をロスなく立ち回る教科書通りの競馬。しかしわずかに追い出しを待たされるシーンがあったのは痛かった」
          月見亭「キミの◎ワンスインナムーンは逃げたものの直線でラブカンプーにかわされて後退、6着」
          びぜんや「ラブカンプーをかわしてハナに立つのに手間取ったのが最後に響いたか。プラン通りの競馬は出来たが……」
          月見亭「私の◎ナックビーナスは好位から先頭を窺うも失速、7着」
          びぜんや「結果的には先行2頭に脚を使わされ、中途半端な競馬になってしまった。馬場も合わなかったか……」
          月見亭「というわけで今週の結果。私は(×−−)でハズレ、馬券も同じく」
          びぜんや「僕は(○△−)で馬連的中、馬券は馬連とラブカンプーの複勝が的中だ。セントウルSと同じ1、2着で馬連41.4倍はおいしかったね」
          月見亭「今年のセントウルSはメンバーが残念、とか言ってたはずなのにねぇ」
          びぜんや「さて、来週からは秋の東京・京都開催がスタート」
          月見亭「日曜に毎日王冠、月曜には京都大賞典」
          びぜんや「凱旋門賞に南部杯も気になるところだけど」
          月見亭「ここはオーソドックスに日曜東京メイン・毎日王冠を見ましょう」


          スプリンターズS 先取り展望

          0

            オールカマー 実際の買い目
            【月見亭】複勝 2 三連複軸2頭流し 1,2総流し
            【びぜんや】単勝 1 複勝 1,8 枠連 6−6 馬連流し 1−2,5,7,8,11 三連複 1−7−8


            月見亭「同期の好敵手に後塵を浴びせ、黄金伝説第二章 今堂々の幕開け!」
            びぜんや「オールカマーはレイデオロが勝利。中団追走から馬群を衝いて伸び、先に抜け出したアルアインを捉えた」
            月見亭「もどかしいレース続きにようやくピリオド。この馬の器用さが中山で生きたし、折り合い面の課題も解消された感じだね」
            びぜんや「次は天皇賞になるのかジャパンCになるのか、いずれにしても上積みが期待できるし、“ダービー馬は古馬になってG気鮠,討覆”というジンクスを払拭することが期待される」
            月見亭「2着にキミの◎アルアイン。逃げ馬をかわして押し切りを図ったけれども同期のライヴァルの後塵を拝した」
            びぜんや「負けたくない相手に負けたけれど、仕上がり途上ということを考えれば合格点の内容。センスは示したし、こちらも次走の上積みが大きそうだ」
            月見亭「3着は内を捌いて私の◎ダンビュライト」
            びぜんや「発馬で後手を踏み、一時は内に閉じ込められて厳しい競馬になった。それを考えればまずまずだが、同斤の同期生と3馬身差はちょっと離された感もあるな」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲○◎)で馬連・三連単的中。馬券は複勝と三連複が当たったけれどもこれは盛大に獲って損」
            びぜんや「僕は(○◎×)で同じく馬連・三連単的中。馬券は馬連が当たったけれども、同じく獲って損だ」
            月見亭「というわけで夏の予想バトルはこれにて終了」
            びぜんや「結果は3勝2敗8分で僕の勝利」
            月見亭「とはいえ、回収率では28.2%の私の方が上だよ。……あまり威張れない回収率だけど」
            びぜんや「とりあえず、ふたりとも的中でシーズンを締めくくれたことを良しとしよう。来週は中山で秋のG汽轡蝓璽些幕戦」
            月見亭「電撃の6ハロン、スプリンターズS!」


            オールカマー 先取り展望

            0

              ローズS 実際の買い目
              【月見亭】複勝 6,14 ワイド 6−14 三連複軸2頭流し 6,14−総流し
              【びぜんや】単勝 9,13 複勝 9,13 馬連流し 13−2,5,9,11,14 9−2,11 三連複軸2頭流し 9,13−2,11


              月見亭「オークスの悪夢を振り切って、反撃の歌を口ずさむ少女!」
              びぜんや「ローズSを勝ったのは僕の◎カンタービレ。ペースが緩んだと見るや3コーナー手前で先頭に並びかけ、早め先頭から堂々押し切った」
              月見亭「このへんの勝負勘はさすがルメールね。馬もベストの距離に戻って長くいい脚を使った」
              びぜんや「メンバーは手頃だったが、秋華賞の予行演習としては申し分ない勝ち方。本番でも重いシルシが必要だね」
              月見亭「2着は中団から外を追い込んだサラキア」
              びぜんや「外をスムースに伸びてきたが、勝ち馬の影を踏むことは出来ず。前走に続いて素質の片鱗を示したがさて本番では、という感じかな」
              月見亭「3頭による3着争いは内のラテュロスが制した」
              びぜんや「切れるという感じじゃないけど、内を巧く立ち回ってしぶとかったね。2000mは走り慣れているし、本番でも穴に一考の余地がありそうだ」
              月見亭「私の◎オールフォーラヴは勝ち馬を見る位置で競馬をしながら坂で後退、9着」
              びぜんや「そんなに太くは見えなかったが、+22キロが影響したかな。勝ち馬に早めに動かれ、先行各馬はなし崩し的に脚を使わされたのもしんどかった」
              月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−−)でハズレ、馬券も同じく」
              びぜんや「僕は(◎×−)で単勝的中。春天以来えらく久々に◎が勝ったぞ。馬券も単勝に複勝、馬連も的中だ」
              月見亭「さて、秋の中山・阪神開催も折り返し」
              びぜんや「来週は中山でオールカマー、阪神で神戸新聞杯とふたつのG兇」
              月見亭「ここは強力世代の精鋭が揃ったオールカマーを見てみよう」


              ローズS 先取り展望

              0

                セントウルS 実際の買い目
                【月見亭】三連複軸2頭流し 6,14−総流し
                【びぜんや】単勝 2 馬連流し 2−6,8,9,11,13,14


                月見亭「雨空を貫いて開けた G気悗離侫.ぅ鵑併覲Α」
                びぜんや「セントウルSはファインニードルが連覇達成。外をスムースに追走し、直線に向くと鋭進。あっさりと前を捉えて快勝した」
                月見亭「休み明け、58キロを背負って後続に1馬身半の差。ここはモノが違ったって感じね」
                びぜんや「ここは勝ち負けにこだわらないレースだったはずだが、あっさり突き抜けてしまった。ダメージも少ないだろうし、スプリントG欺媾制覇へいい景気づけになったんじゃないかな」
                月見亭「2着には逃げたキミの◎ラブカンプー」
                びぜんや「好発を決めたが途中から競られる形。それでも2着に踏ん張ったのは力のある証拠。しかしこの距離で逃げれば競られるのは当然だし、後続の目標にされるのは力のある逃げ馬の宿命。勝ち切るためにはさらにスピードを磨くか、控える競馬を覚えるか、だね」
                月見亭「3着には後方2番手から最速上がりを発揮してグレイトチャーターが突っ込んだ」
                びぜんや「実質最後方から思い切った競馬がハマったね。前走4着がフロックでないことは示したが、重賞で勝ち切るにはもう一段上のギアが欲しいのか」
                月見亭「私の◎アサクサゲンキは中団追走から後退して12着」
                びぜんや「伸びなかったのは馬場の影響か、坂が合わなかったか。古馬の壁に突き当たってしまったような感じもするね」
                月見亭「というわけで今週の結果。私は(○▲×)で馬連的中、馬券はハズレ」
                びぜんや「僕は(○◎−)でハズレ、馬券は馬連が当たったけれどラブカンプーの単勝が外れてトータルでは獲って損」
                月見亭「まぁ、◎が連対しただけましじゃない?」
                びぜんや「かもねぇ。さて、来週は3日間開催。日曜阪神メインは秋華賞トライアル・ローズSだ」


                セントウルS 先取り展望

                0

                  小倉2歳S 実際の買い目
                  【月見亭】単勝 4,6 複勝 4,6 ワイド 4−6 三連複軸2頭流し 4,6−総流し
                  【びぜんや】単勝 5 馬連流し 5−1,3,4,6,9


                  月見亭「夏の小倉から春の府中へ、大きく開いた夢未来!」
                  びぜんや「小倉2歳Sを勝ったのはファンタジスト。激流に自ら飛び込む形で先団外目を追走。前が止まったところで先頭に躍り出て、そのまま力強く押し切った」
                  月見亭「人気薄の待機勢が台頭するのをしり目に悠々押し切り勝ち。これは力が違った感じ」
                  びぜんや「3995勝ジョッキー・武豊が巧く馬をもたせたね。折り合いよく外目を追走して勝負どころの手応えは抜群だった」
                  月見亭「2着はブービー人気のアズマヘリテージが最内から突っ込んだ」
                  びぜんや「前走もいい脚で差していた馬。インでじっと脚を溜めロスなく末脚を発揮することが出来た」
                  月見亭「3着も人気薄、ミヤジシルフィードが差し込んだ」
                  びぜんや「勝ち馬をマークする位置で脚を溜め、馬場のいいところを伸びてきた。うまくハマった感じかな」
                  月見亭「キミの◎シングルアップは内を伸びたものの最後に止まって6着」
                  びぜんや「スタートで後手を踏んだのが痛かった。最内を伸びてポジションを挽回したけれど、そこで脚を使ってしまったし、馬場の荒れたところに封じ込まれる形になった」
                  月見亭「私の◎セプタリアンはゲート難で外枠発走になり、レースではしんがり14着」
                  びぜんや「若さを見せてしまったなぁ。勝負どころでもコントロールが効かない感じで後退し、レースに参加してなかった」
                  月見亭「というわけで今週の結果。私は(○−×)でハズレ、馬券はファンタジストの応援馬券が掠ったけれど、肝心の勝負馬券は軸馬1着14着で大炎上」
                  びぜんや「僕は(▲×−)でハズレ。馬券も同じく、夏競馬は◎が全敗で終わったよ」
                  月見亭「デビル……」
                  びぜんや「……何も言い返せん」
                  月見亭「さて来週からは中央場所がリスタート」
                  びぜんや「阪神でサマースプリント最終戦にしてスプリンターズSの前哨戦、セントウルSだ」


                  小倉2歳S 先取り展望

                  0

                    キーンランドC 実際の買い目
                    【月見亭】三連複軸2頭流し 5,11−総流し
                    【びぜんや】単勝 10 複勝 10 馬連流し 10−3,4,6,7,8,11 3−11 三連複 3−10−11

                    月見亭「雷神と美神のデュエットで北都に挙げた電撃の凱歌」
                    びぜんや「キーンランドCを勝ったのはナックビーナス。好発を決めるとあとは後続を寄せつけずにひとり旅。完勝で重賞初勝利をマークした」
                    月見亭「ナックビーナスもモレイラもこれがJRA重賞初勝利とは思えない横綱相撲。ほかの馬に何もさせなかったね」
                    びぜんや「スタートを決めた、差しの届かない馬場だった、に加えてモレイラの豪腕。ほとんどスタートと同時に勝負は決まっていた。余力を残してスプリンターズSに向かえそうで楽しみだ」
                    月見亭「2着は3歳のダノンスマッシュ」
                    びぜんや「勝ち馬には突き放されたが厳しい位置取りから後続を完封して見せたのは底力の証。スピードは相当のものがありそうでこれからが楽しみだ」
                    月見亭「3着には人気薄のペイシャフェリシタが突っ込んだ」
                    びぜんや「ここ2走は後手を踏んだが、まともにゲートを出ればこのくらいはやれる馬。最後まで脚も残っていた」
                    月見亭「私の◎ムーンクエイクは見せ場なく9着」
                    びぜんや「この距離はさすがに忙しすぎたようだ。これからはマイルCSに目標を定めるべきだろう」
                    月見亭「キミの◎キングハートはブービー15着」
                    びぜんや「前走の20キロ減から戻して今度は24キロ増。馬体を戻すのがやっとで身が入っていなかった感じだね。ここを叩いたことで変わってくれれば」
                    月見亭「というわけで今週の結果。(○−−)でハズレ、馬券も同じく」
                    びぜんや「僕は(○××)でハズレ、馬券も同様。◎の連敗記録がまた伸びた……」
                    月見亭「さて、来週で夏競馬は早くもフィナーレ。新潟で新潟記念と小倉で小倉2歳S」


                    キーンランドC 先取り展望

                    0

                      札幌記念 実際の買い目
                      【月見亭】三連複軸2頭流し 14,15−総流し
                      【びぜんや】馬連ボックス 2,4,5,8 ワイド流し 4−6,7,13 三連複 4−5−8


                      月見亭「秋の京都から東京へ、軌道を変えた巨大彗星!」
                      びぜんや「札幌記念を勝ったのはサングレーザー。中団追走から最後は馬群を縫うようにして突き抜け、先に抜け出したマカヒキを際どく差した」
                      月見亭「距離が持つかという問題に満点の回答を出したね。これで秋の展望が大きく開けた」
                      びぜんや「ペースが速くて折り合いつけやすかったし、距離ロスを最低限にできたし、最後もなんとか進路が開いてくれていろいろうまく行った感もあるけどね。
                      月見亭「次は天皇賞かな、やっぱり。東京はタフなコースだし、相手も強くなるけれど、コーナー3つのコースになるのはいいかも」
                      びぜんや「まぁ、そこが首尾よく行かなくても、マイルCSがあるしね。両睨み出来るのは悪くない」
                      月見亭「2着は先に抜け出したマカヒキ」
                      びぜんや「後方待機から堂々の競馬。まずは復調なったと見ていいだろう。今回は勝ち馬の立ち回りが良すぎた」
                      月見亭「3着は最後方から追い込んだモズカッチャン」
                      びぜんや「上がりのかかるレースになって思い切った競馬がハマるかに見えたが、上位2頭はしぶとかった。脚質に幅を加えることはできたし、始動戦としては上々」
                      月見亭「キミの◎ネオリアリズムは3番手追走から後退、14着」
                      びぜんや「前崩れのペースに思いっきり巻き込まれてしまった。マジックマンもなすすべなく……」
                      月見亭「私の◎ミッキースワローは見せ場なく13着に敗退」
                      びぜんや「直線に入ってからも伸びなかったなぁ。太目残りには見えなかったが……。馬場を気にしたのかもしれないね」
                      月見亭「というわけで今週の結果。私は(−△○)でハズレ、馬券も同じく」
                      びぜんや「僕は(△▲−)。予想も馬券も馬連的中だ」
                      月見亭「さて来週は札幌でキーンランドC、新潟で新潟2歳Sだけど、新潟2歳はビンと来る馬がいないし、ここはやっぱりキーンランドかな」

                      続きを読む >>

                      | 1/64PAGES | >>