calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

キーンランドC 先取り展望

0

    札幌記念 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 14,15−総流し
    【びぜんや】馬連ボックス 2,4,5,8 ワイド流し 4−6,7,13 三連複 4−5−8


    月見亭「秋の京都から東京へ、軌道を変えた巨大彗星!」
    びぜんや「札幌記念を勝ったのはサングレーザー。中団追走から最後は馬群を縫うようにして突き抜け、先に抜け出したマカヒキを際どく差した」
    月見亭「距離が持つかという問題に満点の回答を出したね。これで秋の展望が大きく開けた」
    びぜんや「ペースが速くて折り合いつけやすかったし、距離ロスを最低限にできたし、最後もなんとか進路が開いてくれていろいろうまく行った感もあるけどね。
    月見亭「次は天皇賞かな、やっぱり。東京はタフなコースだし、相手も強くなるけれど、コーナー3つのコースになるのはいいかも」
    びぜんや「まぁ、そこが首尾よく行かなくても、マイルCSがあるしね。両睨み出来るのは悪くない」
    月見亭「2着は先に抜け出したマカヒキ」
    びぜんや「後方待機から堂々の競馬。まずは復調なったと見ていいだろう。今回は勝ち馬の立ち回りが良すぎた」
    月見亭「3着は最後方から追い込んだモズカッチャン」
    びぜんや「上がりのかかるレースになって思い切った競馬がハマるかに見えたが、上位2頭はしぶとかった。脚質に幅を加えることはできたし、始動戦としては上々」
    月見亭「キミの◎ネオリアリズムは3番手追走から後退、14着」
    びぜんや「前崩れのペースに思いっきり巻き込まれてしまった。マジックマンもなすすべなく……」
    月見亭「私の◎ミッキースワローは見せ場なく13着に敗退」
    びぜんや「直線に入ってからも伸びなかったなぁ。太目残りには見えなかったが……。馬場を気にしたのかもしれないね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−△○)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(△▲−)。予想も馬券も馬連的中だ」
    月見亭「さて来週は札幌でキーンランドC、新潟で新潟2歳Sだけど、新潟2歳はビンと来る馬がいないし、ここはやっぱりキーンランドかな」


    札幌記念 先取り展望

    0

      エルムS 実際の買い目
      【月見亭】三連複軸2頭流し 3,6−総流し
      【びぜんや】単勝 11 複勝 11 馬連流し 11−1,2,3,7,8,13


      月見亭「風に鬣なびかせて、辿り着いた夏の頂点!」
      びぜんや「エルムSを勝ったのはハイランドピーク。好位追走から逃げるドリームキラリに並びかけ、直線力づくでねじ伏せた」
      月見亭「前走は勝ち馬にマークされての完敗。今回相手は違えど、やられたことをやり返した感じね」
      びぜんや「脚抜きのいい馬場に加え、早目に隊列の決まる展開も向いたか。早めに自分のポジションを主張して抑えたのが奏功したという言い方も出来るな」
      月見亭「2着は逃げたドリームキラリが粘った」
      びぜんや「こちらも馬場を味方にして飛ばした。ハイランドピークとの叩きあいからは脱落したが、序盤のリードを生かして2着を守った」
      月見亭「3着には最後方から大外を飛んできたミツバが突っ込んだ」
      びぜんや「条件戦時代のミツバの得意パターンだね。前が止まると見たのかもしれないが、そこまで甘くはなかった。粘るロンドンタウンをかわしたのは地力だろうけど」
      月見亭「キミの◎ディアデルレイは先行したものの失速、8着」
      びぜんや「見せ場のないレースになってしまったなぁ。ペースについていけなかった感じだ」
      月見亭「私の◎リーゼントロックは後方のまま流れ込んで13着」
      びぜんや「待機策はいいとして、そこから伸びなかったなぁ。函館で2走した反動が出たかな」
      月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−○)でハズレ、馬券もハズレ」
      びぜんや「僕は(−○▲)でハズレ。2、3着は予想通りなんだけど、肝心の勝ち馬がなぁ」
      月見亭「さて、来週は北の大地のスーパーG供∋ニ攀念」


      エルムS 先取り展望

      0

        小倉記念 実際の買い目
        【月見亭】複勝 6 三連複軸2頭流し 5,6−総流し
        【びぜんや】単勝 6 複勝 6 馬連流し 12−1,2,3,6,10,11 6−11 三連複軸2頭流し 6,12−1,2,3,10,11


        月見亭「小倉でいちばん熱い夏をいちばん速く駆け抜けた!」
        びぜんや「小倉記念はトリオンフがレコード勝ち。番手からレースを進め、直線では後続を突き放す一方。3馬身差の完勝だった」
        月見亭「1番人気が苦戦というジンクスもこの馬には無関係だったね。冬の小倉大賞典と合わせて、小倉二冠を達成」
        びぜんや「2番手を確保した時点で殆ど勝負あり、だったね。後ろから届かない高速馬場で、しかも上がりは33.5秒。後続は手も足も出なかった」
        月見亭「2着争いは中団から脚を伸ばしたサトノクロニクルが制した」
        びぜんや「スタートで出鞭が入り、直線でも鞭が連打される、クランモンタナみたいな競馬になったね。長距離志向が強くなってるこの馬には忙しい流れになったが、地力で連対を確保した」
        月見亭「逃げたマウントゴールドが3着」
        びぜんや「トリオンフに外からかぶせられて息が入らなかったが、それでも3着に粘ったのは天晴。まぁ、高速馬場の恩恵もあったんだろうけど」
        月見亭「キミの◎サンマルティンは後方のまま流れ込んで7着」
        びぜんや「馬群の後ろに入れて折り合いはついたけれど、今日の馬場であんなに後ろにいてはレースに参加できなかった。不完全燃焼だね」
        月見亭「私の◎マイネルサージュも後方待機のまま10着でレースを終えた」
        びぜんや「七夕賞の上位組は今日のスピード馬場に対応出来るのか? がオッズに表れていたけれど、その危惧の通りになったね」
        月見亭「今日の小倉競馬場は竹内涼真効果で入場人員もレコードだったみたいね」
        びぜんや「ゴール前の人垣もいつもより密集して見えたし、歓声も黄色かったもんなぁ。これで競馬に興味を持つ人が増えてくれれば、だね」
        月見亭「そういう意味では武豊が勝って人気サイドでの決着、というのは的中する人も多かっただろうからよかったのかな」
        びぜんや「まぁ、僕は(▲−−)で予想も馬券もハズレだったんですけどね」
        月見亭「私は(▲△−)で予想は馬連的中だったけれど、馬券の方は軸馬9着10着だったという……」
        びぜんや「うまくいかんなぁ。さて、来週は新潟で関屋記念、札幌でエルムS」
        月見亭「たまには北都のダート重賞・エルムSをやってみようか」


        小倉記念 先取り展望

        0

          クイーンS 実際の買い目
          【月見亭】三連複軸2頭流し 2,5総流し
          【びぜんや】馬連流し 3−総流し 三連複軸2頭流し 3,9−2,4,5,6,11 三連単軸1頭流し 3→2,4,7,9


          月見亭「神撃一閃! 宿敵一蹴! 圧倒的破壊力で示した女王の威厳!」
          びぜんや「クイーンSを制したのはディアドラ。直線を向いた時でもまだ後方3番手の位置取りから、上がり33.7秒の末脚を発揮。あっさりライヴァルを一蹴した」
          月見亭「直線だけで勝負をつけて、さらに後続に3馬身差。ワンサイドゲームだったわね」
          びぜんや「大トビなのに小回りをこなす器用さがあり、短い直線でケリをつけられる瞬発力がある。ちょっとここでは性能が違ったね」
          月見亭「2着は中団から差したフロンテアクイーン」
          びぜんや「これで重賞3戦連続、条件戦から通算で5戦連続の銀メダル。今回もいい競馬はしたけれど、相手が悪かった」
          月見亭「3着に私の◎ソウルスターリングが早め先頭から粘った」
          びぜんや「前走より一歩復活に近づいた3着と言えるか。しかし全盛期なら粘り切っていただろうなぁとも思える3着。ま、斤量差もあったしね」
          月見亭「キミの◎トーセンビクトリーはそこからクビ差遅れて4着」
          びぜんや「ソウルスターリングのようなレースをしてほしかったところだけれど、踏み遅れたのは急な乗り替わりのせいか。具合は良さそうだっただけにもったいなかったなぁ」
          月見亭「というわけで今週の結果。私は(△○◎)で馬連・三連単的中、馬券は三連複的中。配当は安かったけれどねぇ」
          びぜんや「僕は(○−△)でハズレ、こっちの三連複は軸馬1着4着でハズレ。夫婦の明暗を分けたクビ差であった」
          月見亭「まぁ、たまにはあるよねぇ、こういうことも」
          びぜんや「さて、来週は小倉で小倉記念、新潟でレパードS」
          月見亭「ここは一昨年夫婦で万馬券を当てた相性のいい小倉記念かな」


          クイーンS 先取り展望

          0

            中京記念 実際の買い目
            【月見亭】三連複軸2頭流し 3,4−総流し
            【びぜんや】単勝 11,16 ワイド流し 11−3,9,12,13,14,16 16−9,12 三連複軸2頭流し 11,16−9,12


            月見亭「灼熱の大名古屋に燦然と輝いたグレートな末脚!」
            びぜんや「中京記念を勝ったのはグレーターロンドン。先行、中団、後方とみっつに分かれた馬群のうち、中団で待機。直線で外に持ち出されると、破格の勢いで伸びた」
            月見亭「大器と言われながら惜敗続きだった馬がついに重賞初制覇。これでひと皮むけるかな」
            びぜんや「戦ってきた相手を考えれば、今回はいかにも相手が軽かったし、ハンデにも恵まれたな。しかし、賞金を加算できたのは大きい。秋につながる大きな白星だ」
            月見亭「2着は先に抜け出して粘り込みを図ったロジクライ」
            びぜんや「こちらは中団馬群を先導する位置から狙い通りの競馬。スピード馬場にも対応して見せたが、勝ち馬の決め手に屈した」
            月見亭「3着は後方2番手から追い込んだリライアブルエース」
            びぜんや「後方から大外をぶん回す雑な競馬だったし、ハンデにも恵まれた。ロスがあっても思い切った競馬をしたことで、3着争いを制したね」
            月見亭「私の◎ブラックムーンは後方待機のまま流れ込んで13着」
            びぜんや「昨年は内を伸びてきたけれど、今年は行くところ行くところが壁になり、大外に持ち出しているうちにレースが終わってしまった。3着馬と同じように最初から外に持ち出していればあるいは」
            月見亭「キミの◎ワントゥワンは後方から内を捌いくも5着まで」
            びぜんや「こちらは馬群を捌いてなんとか伸びてきたが、掲示板確保が精いっぱい。展開は向いたし、最終週で馬群もそれなりにバラけたけれど、やはり後方からはしんどいね」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−○)でハズレ、馬券も同じく」
            びぜんや「僕は(○▲−)で馬連的中、馬券は単勝とワイドの的中。◎を2頭で迷った時って、だいたい○を打ったほうが来るか、両方来ないかなんだよねぇ」
            月見亭「さて、来週からは札幌、新潟、小倉へと3場すべてが開催替わり」
            びぜんや「新潟ではアイビスサマーダッシュ、札幌ではクイーンSか」
            月見亭「日本唯一の直線重賞も面白いけれど、メンバーの濃さで言ったら札幌だよねぇ」
            びぜんや「G鞠錬夏が早くも始動、クイーンSをチェックしよう」


            中京記念 先取り展望

            0

              名鉄杯 実際の買い目
              【月見亭】三連複軸2頭流し 9,11−総流し
              【びぜんや】単勝 3 複勝 3 枠連流し 4−3,4,5,6,8 三連複軸2頭流し 7,8−3,11,13,15 三連単軸2頭マルチ 8→7→5,9,12,16


              月見亭「ヴィクトリーラインをノンストップ! 砂煙の向こうに見えた勝利のパノラマ!」
              びぜんや「名鉄杯を勝ったのはラインルーフ。道中は離れた2番手を追走、直線で前を捉えにかかると後続は離されていく一方、さらに捉えたコパノチャーリーも8馬身差突き放して圧勝した」
              月見亭「ここ2戦は芝で度外視、ダートに戻ればやれるんじゃとは思われていたけれど、ここまで突き放すとは。開いた口が塞がらない勝利ね」
              びぜんや「プロキオンSで大レコードが飛び出したように、今の中京ダートはスピード馬場。芝で鍛えたスピードがここで生きてきたのかな」
              月見亭「2着は大逃げを打ったコパノチャーリーが粘った」
              びぜんや「11秒台のラップが3度出る玉砕覚悟の逃げ。最後は脚が上がったが、前半の大きな貯金がものを言った。展開にも馬場にも恵まれたが、レースを面白くする天晴な逃げだったね」
              月見亭「3着に中団から差した私の◎ローズプリンスダム」
              びぜんや「スムースに立ち回れたのは大きかったね。消耗戦は望むところだったし、この季節も合うのだろう」
              月見亭「キミの◎オールマンリバーは見せ場なく8着に敗退」
              びぜんや「5着争いが固まってたくらいで、あとは縦長の展開からバラバラと入線してくる消耗戦。スピードもスタミナもない一介のオープン馬には厳しい流れになった」
              月見亭「消耗戦になったのは暑さの影響もあったかしらね」
              びぜんや「名古屋の最高気温は36.9度。ダートは白く乾いてパサパサだし、馬は暑さに弱い生き物。過酷な条件になったよなぁ」
              月見亭「というわけで今週の結果。私は(×−◎)でハズレ、馬券もハズレ。……あ、返還があったわ」
              びぜんや「こっちは(−−−)で完敗惨敗零敗でした」
              月見亭「ついでに函館記念も軽くレビュー。勝ったのは5番人気のエアアンセム」
              びぜんや「先団を見る位置でレースを進め、スムースに回ってきた。有力各馬が後方待機から持ち味が発揮できなかったのに対し、積極的に動いたのが奏功したね。僕の◎クラウンディバイダはスムースに運べずもまれる形になって力尽き、13着」
              月見亭「メイセイオペラ記念マーキュリーCはキミの◎ミツバが粘るヨシオをゴール前捉えて快勝」
              びぜんや「有力各馬を見る形でレースを進め、逃げ粘りを図るヨシオめがけて末脚を繰り出した。盛岡の直線を存分に生かした勝ちっぷりだね」
              月見亭「さて、来週は函館で函館2歳S、中京で中京記念だけど、ここはやっぱり中京記念だよね」


              名鉄杯 先取り展望

              0

                七夕賞 実際の買い目
                【月見亭】複勝 5 三連複軸2頭流し 5,6−総流し
                【びぜんや】単勝 1,5 複勝 5 馬連流し 1−2,4,5,6,7,9,10 2−5 三連複 1−2−5


                月見亭「百年の歴史に名を連ね、福島の美空に凱歌を揚げた!」
                びぜんや「福島競馬場開設100周年記念七夕賞を勝ったのはブービー人気のメドウラーク。後方待機からまくり気味に進出。馬場のいい真ん中に持ち出してマイネルサージュとの叩きあいを制した」
                月見亭「前走11着馬が鮮やかに大変身で、4連勝した15年6月以来の勝利。これは予想出来ない……」
                びぜんや「昨年の京都、不良馬場、不良馬場、重馬場で3着に入っている。発表は良馬場だったけれど、上がりのかかる馬場と展開で、これが味方したんだろうね。タフなレースに強いトゥザヴィクトリーの血も目覚めたか」
                月見亭「2着には最後方から進めた私の◎マイネルサージュ」
                びぜんや「同じマイネル軍団のマイネルミラノが気風よく逃げて展開は向いたけれど、勝ち馬に巧く立ち回られたね。福島で後方一気を2度続けて、というのはちと虫が良すぎたか」
                月見亭「3着には穴男・江田照男駆る殿人気のパワーポケットが突っ込んだ」
                びぜんや「障害帰りの馬は穴で狙えとは言うけれど、さすがにこれは予想外。不利を受けても内に拘ったことと、障害練習で鍛えられたことが奏功したのか」
                月見亭「キミの◎プラチナムバレットは3コーナーで前の馬に躓き騎手が落馬、競走中止」
                びぜんや「ごちゃついたところに入って残念な結果になってしまった。馬は無事とのことだけど、2戦続けて残念なことになってしまったな。あとは岩崎騎手の早い復帰を祈りたい」
                月見亭「というわけで今週の結果。私は(−◎−)でハズレ、馬券はマイネルサージュの複勝は当たったけれど、肝心の三連複が痛恨の軸馬1着4着でトータル獲って損。あと3/4馬身差なんとかならなかったのかと……」
                びぜんや「僕は(×○−)でハズレ、馬券はマイネルサージュの複勝が掠ったのみで獲って損。◎が競走中止じゃドモナラズだが、勝ち馬にもシルシを回せていただけに、なんとか出来なかったものかと……」
                月見亭「悔やんでいても仕方ない。来週は函館記念」
                びぜんや「といいたいところだけれど、来週は中京競馬場に遠征するし、名鉄杯を見てみるというのはどうだろう」


                七夕賞 先取り展望

                0

                  ラジオNIKKEI賞 実際の買い目
                  【月見亭】三連複軸2頭流し 3,6−総流し
                  【びぜんや】単勝 8 複勝 8 馬連流し 8−1,3,4,6,10,12,13 1−10


                  月見亭「オープン勝ちの誇りを胸に、ゴールテープを切った鉄紺の走者!」
                  びぜんや「ラジオNIKKEI賞を勝ったのはメイショウテッコン。道中は先団の内で脚を溜め、4コーナーから徐々に進出。最後はフィエールマンの猛追を凌ぎ切った」
                  月見亭「唯一の3勝馬がトップハンデを克服しての重賞初勝利。逃げなくても勝てたのは収穫ね」
                  びぜんや「ただ、道中は口を割るシーン。あれだけ折り合いを欠いて勝てるんだから力があるんだろうが、そこの克服が今後の課題だね」
                  月見亭「秋は菊花賞が目標になりそうだけど、3000mのG気論泙蟾腓い魴腓い討舛秕,討覆い發里諭
                  びぜんや「逆に考えれば気性面さえ成長すれば、このスタミナと先行力が菊では大きな武器になるはずだ」
                  月見亭「2着は直線一気に追い上げた私の◎フィエールマン」
                  びぜんや「それほどスタートは悪くなく、中団後方でレースを進めたが、最後は脚を溜めるだけ溜めて最後方から弾ける形に。しかし福島の直線は短く、溜め殺した形になった」
                  月見亭「3着は逃げたキボウノダイチが粘った」
                  びぜんや「案外すんなりハナを切れ、開幕週の馬場を味方に粘った。悪くはないけれど、恵まれた面は否めないな」
                  月見亭「キミの◎エイムアンドエンドは内を伸びるも届かず5着」
                  びぜんや「おっと思わせるシーンはあったんだけどねぇ。最後に伸びあぐねたのは休み明けのせいか。小回りでも巧く立ち回れたのは収穫だね」
                  月見亭「というわけで今週の結果。私は(−◎−)でハズレ、馬券も同様」
                  びぜんや「僕は(−▲−)でハズレで以下同文だ」
                  月見亭「さて。来週は中京でプロキオンS、福島で七夕賞」
                  びぜんや「メンバーの豪華さではプロキオンSのほうが断然だけど、福島競馬場開設100周年記念の副称に敬意を表して七夕賞を見てみよう」


                  ラジオNIKKEI賞 先取り展望

                  0

                    宝塚記念 実際の買い目
                    【月見亭】複勝 8 三連複軸2頭流し 3,8−総流し
                    【びぜんや】単勝 10,14 複勝 10,14 枠連流し7総流し 馬連流し 14−1,4,8,9,10,13 8−10 三連複軸2頭流し 10,14−4,8,13


                    月見亭「強気の走りでライヴァルを封じ、ついに手にしたチェッカーフラッグ!」
                    びぜんや「宝塚記念を勝ったのはミッキーロケット。内を衝いて早め先頭の積極的な競馬。最後はワーザーの猛追をクビ差凌いでG欺蘊〕のゴールに飛び込んだ」
                    月見亭「和田騎手はテイエムオペラオーで勝った01年天皇賞・春以来のG犠〕。毎年のように重賞は勝っていただけに、意外と言えば意外ね」
                    びぜんや「ワンダーアキュートとか惜しいこともあったんだけどな。最後は明らかにワーザーの方が脚色が上だったが凌ぎ切ったのは、天国のテイエムオペラオーの後押しもあったか」
                    月見亭「ミッキーロケットはここ1年以上勝ってなかったけれど、良馬場では掲示板を外してなかったのよね」
                    びぜんや「前走の春天でも差のない4着。ここは相手が手頃になったし、パドック映像でも気配よく見えた。人気薄ではあったけれど、意外な勝利ではないね」
                    月見亭「2着は大外を猛然と追い込んできたワーザー」
                    びぜんや「勝ち馬とは道中の位置取りと、内外の差。しかし本国での勝ち切れなさが日本でも出てしまったね。それでも最後は際立った脚で観衆を沸かせ、後続を突き放して2着。香港の英雄としての矜持は保てたか」
                    月見亭「3着は勝ち馬の後ろからするすると伸びてきたノーブルマーズが入った」
                    びぜんや「ミッキーロケットは春天の最先着馬で、ワーザーは2400m以上の距離では4着以下になっていない。そして目黒記念2着からのステップで来たノーブルマーズ。ハイペースに加え稍重の馬場でスタミナを問われる流れになり、ステイヤーが台頭したね」
                    月見亭「キミの◎スマートレイアーは先行したものの勝負どころから後退、10着」
                    びぜんや「良馬場の落ち着いた流れで持ち味を発揮するタイプで、今日は展開も馬場も向かなかった。残念」
                    月見亭「私の◎ダンビュライトは勝負どころでポジションを下げ、5着まで巻き返すのが精いっぱい」
                    びぜんや「最後はいい脚で追い上げたけど、各馬が早仕掛け気味に上がって時のに対応できなかったね」
                    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−−)で木端微塵」
                    びぜんや「僕は(−○−)でハズレ、馬券は枠連が的中したけれど、勝ち馬はサトノダイヤモンドと同枠だったんだよなぁ。惜しくも獲って損」
                    月見亭「というわけで春の予想バトルはこれにて終了」
                    びぜんや「今季は3勝2敗9分けで僕の勝ちでした」
                    月見亭「ふたりとも後半6戦連続不的中で大幅なマイナス収支。威張れたもんじゃないわね」
                    びぜんや「その分は夏に巻き返そう。来週からは福島と中京の開催がスタート」
                    月見亭「それでは福島開幕週のラジオNIKKEI賞を見てみようかな」


                    宝塚記念 先取り展望

                    0

                      函館スプリントS 実際の買い目
                      【月見亭】三連複軸2頭流し 6,7−総流し
                      【びぜんや】単勝 8,13 馬連流し 13−1,4,6,7,8,12,15 6−8


                      月見亭「北の空の下復活宣言! さあここから始まる反転攻勢!」
                      びぜんや「函館スプリントSを勝ったのはセイウンコウセイ。好発からハナを主張、そのまま最後まで粘り切って昨年の高松宮記念以来の白星を挙げた」
                      月見亭「去年は1番人気を裏切る4着。今年はその雪辱を果たしたね」
                      びぜんや「まぁ4着といっても2着以下とは差がなかったんだけどね。去年は高速馬場に泣かされて、1分7秒3の時計で4着。今年は1分7秒6で逃げ切ったんだから、時計のかかる馬場が味方したよね」
                      月見亭「2着は中団から馬群を割って伸びてきたヒルノデイバロー」
                      びぜんや「ダート4勝、芝では未勝利、だけど芝重賞ではこれが3度目の2着という変わり者。馬場も展開も向いたんだろうけど、つくづくいつ走るのかよく分からない馬だ」
                      月見亭「私の◎ナックビーナスは好位から勝ち馬を追いかけたけれども捕まえきれず、最後はヒルノに差されて3着確保が精いっぱい」
                      びぜんや「力のある馬にペースを握られると、好位組はしんどいよね。惜しかったけれども格好はつけたと言えるんじゃないかな」
                      月見亭「キミの◎キングハートは後方待機から伸びず11着」
                      びぜんや「20キロ減は絞れたものだと思っていたけれど、影響があったかな。開幕週で前残りの競馬では展開的にも出番はなかった」
                      月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−◎)でハズレ、馬券も同じく」
                      びぜんや「僕は(×−×)でハズレ。馬券は全く勝負になりませんでした」
                      月見亭「というわけで来週はいよいよ春のG汽轡蝓璽坐躔荵察阪神でサマーグランプリ・宝塚記念!」

                      続きを読む >>

                      | 1/63PAGES | >>