calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

朝日杯フューチュリティS 先取り展望

0

    阪神ジュベナイルフィリーズ 実際の買い目
    【月見亭】単勝 6,11 複勝 6,11 ワイド 6−11 三連複軸2頭流し 6,13総流し
    【びぜんや】単勝 10 複勝 10 枠連流し 5−2,3,5,6,7 三連複軸2頭流し 9,10−4,13

     

    月見亭「桜の予感を調べに乗せて 仁川に響いた幻想曲!」
    びぜんや「阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったのはダノンファンタジー。後方待機から直線はクロノジェネシスと併せるようにして鋭進。競り合いを半馬身制して2歳女王の座に就いた」
    月見亭「直線は長くいい脚を使ったね。ファンタジーS組は近年不振といわれていたけれど、関係なかった」
    びぜんや「淀みのないペースで、折り合いよく進められたのもよかったか。完成度の違いが結果に出た感じだね」
    月見亭「今週はルメール、ミルコ、モレイラが香港に行っていて日本人騎手にはチャンスと思ったけれど、弟デムがしっかり攫っていったわね」
    びぜんや「川田騎手が香港に行って巡ってきた出番をしっかりモノにした。外国人騎手はこういうここ一番の強さがあるよね」
    月見亭「2着はやはり後方から追い込んだクロノジェネシス」
    びぜんや「最速上がりを使ったけれども、わずかに後手を踏み外を回された分後れたか。もう少し脚を溜めて瞬発力の生きる展開になってほしかったが、この流れに対応出来たのは収穫だ」
    月見亭「3着は馬場の真ん中を伸びた私の◎ビーチサンバ」
    びぜんや「上位2頭より前でレースしていたはずが、直線では2頭を追いかける形に。結果的にちぐはぐな競馬になってしまってもったいなかったね」
    月見亭「キミの◎タニノミッションは中団から内で脚を伸ばしたものの7着どまり」
    びぜんや「道中は折り合いを欠いたし、直線では窮屈な競馬になってしまい、伸びてきたときには時すでに遅し、だった。経験の浅さ、引き出しの少なさがもろに出てしまった」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(○△◎)で馬連&三連単が的中。馬券の方はビーチサンバの複勝と三連複が当たったけれどもわずかに獲って損」
    びぜんや「僕は(▲○×)で馬連的中、馬券は枠連が当たったけれどもこちらも微妙に獲って損。まあ、当たっただけよしとするか」
    月見亭「さて、来週も引き続き阪神で2歳G機B膸屬鯤く少年たちが覇を競う朝日杯フューチュリティS」


    阪神ジュベナイルフィリーズ 先取り展望

    0

      チャンピオンズC 実際の買い目
      【月見亭】ワイド流し 5−7,9 三連複軸2頭流し 7,9−総流し
      【びぜんや】単勝 15 複勝 15 馬連ボックス 2,8,9,15 馬連流し 2−5,7,11,14 三連複軸2頭流し 2,15−5,7,8,9,11,14


      月見亭「並み居る古馬を後ろに従え、威風堂々チャンピオンを襲名!」
      びぜんや「チャンピオンズCを勝ったのは僕の◎ルヴァンスレーヴ。スタートを決めて好位追走、直線までじっくり脚を溜めて一気に抜け出した」
      月見亭「まさに横綱相撲。マークして抜けるものなら抜いてみろとばかりの、先週のアーモンドアイのレースを焼き直したようなレースぶりだったね」
      びぜんや「内に包まれるのは避けたいところだったし、スタートが決まった後ポジションを下げなかったのは好判断だったね。このへんはさすが百戦錬磨の騎手」
      月見亭「3歳でこのレースを勝つのはJCダート時代のアロンダイト以来で、早くもG毅款〔棔これは末恐ろしい存在ね」
      びぜんや「アロンダイトの時代と違って、今は海外が視野に入る。やがてはドバイか、あるいはブリーダーズCか。血統的には芝挑戦もあり得るんじゃないかな」
      月見亭「2着は最後方から馬群を割ってウェスタールンドが突っ込んだ」
      びぜんや「こちらはシリウスSの焼き直しのような競馬で、思い切りいい競馬がハマったね。外を回しては届かない展開で、内を捌いたのも巧い」
      月見亭「3着にサンライズソアが入った」
      びぜんや「逃げられなかったのは誤算だが、中団で脚を溜めてよく伸びた。成長の跡を示した3着といえそうだ」
      月見亭「私の◎サンライズノヴァは後方待機から直線に賭けたものの不発、6着」
      びぜんや「後ろから行った組で上位に来たのはロスなく完璧に立ち回ったウェスタールンドだけ。外を回していては届かないレースだったね」
      月見亭「というわけで今週の結果。私は(△−○)でハズレ、馬券もハズレ」
      びぜんや「僕は(◎−▲)で単勝的中。しかし馬券の方はゴール目前でウェスタールンドに突っ込んでこられて、馬連が紙屑と化したよ」
      月見亭「さあ、さっさと来週に目を向けよう。いよいよ2歳G気離掘璽坤鵑開幕」
      びぜんや「まずは仁川を舞台に少女の競演、阪神ジュベナイルフィリーズだ」


      チャンピオンズC 先取り展望

      0

        ジャパンC 実際の買い目
        【月見亭】ワイドボックス 3,6,12 三連複軸2頭流し 1,3−総流し
        【びぜんや】単勝 6,9 馬連流し 9−1,3,6,8,13 ワイド 1−6 三連複軸2頭流し 1,9−3,6,8,13


        月見亭「震撼! 2.20.6!」
        びぜんや「ジャパンCはアーモンドアイが制し、G毅艦⊂ 先団追走から直線入り口で早くも2番手に進出、粘るキセキをかわし、2分20秒6のスーパーレコードでゴールした」
        月見亭「最内に入ったアーモンドアイがどうやって外に持ち出し、後方に追い上げるのかと思っていたら、なんと正攻法の競馬。これでは後続は手が出ない……」
        びぜんや「デビュー6戦でいちばん競馬らしい競馬をしてたかな。予想でも書いたけれど、後方に置いてかれるマイルよりこのくらいの距離の方がレースをしやすいのかもしれないね。ロードカナロア産駒だから短距離馬と決めつけるのは危険だということだ」
        月見亭「それにしても従来のレコードを1秒半も縮めるとは、もう形容する言葉が見つからない3歳牝馬だね」
        びぜんや「今日は馬場が速かったから2分21秒台には入るかもと思ってはいたが、そこをスキップしちゃうんだからね。そのレコードを3歳牝馬が樹立するとはすごい時代になったものだ」
        月見亭「こうなると、古馬になっての楽しみも大きい」
        びぜんや「あらかた3歳のうちにやることやっちゃった感もあるけどね。まぁ思いつくのはドバイか凱旋門賞か。牝馬で春天制覇ってのを見てみたい気がするけど、まぁそれはないだろうな」
        月見亭「2着は逃げたキセキが粘った」
        びぜんや「各馬がばらばらと入線し、1着から14着までのタイム差が4秒6という消耗戦。普通なら澱みないペースでラップを刻み、卓越したスピードとスタミナを武器に2分20秒9で逃げたこの馬が勝っているレースなんだが……ジャパンC38年の歴史の中で誰も見たことがないような怪物がいて、キセキの前に立ち塞がった。相手が悪かった」
        月見亭「3着はスワーヴリチャード。アーモンドアイをマークする位置でレースを進めたけれど、直線では脚が上がった」
        びぜんや「そもそもアーモンドアイに先行された時点でレースプランは崩壊。きわどく複勝圏は確保して面目は保ったかもしれないが、勝ち負けには参加していない3着では評価できないね」
        月見亭「キミの◎シュヴァルグランはそこから遅れて4着」
        びぜんや「一瞬いい手応えで伸びるかにも見えたけれど、そこからがじりじり。時計面でここが限界だったか」
        月見亭「私の◎サトノダイヤモンドは中団から流れ込んで6着」
        びぜんや「時計はともかく、展開的には向いたと思ったんだけれど。前走の反動があったのかなぁ」
        月見亭「というわけで今週の結果。私は(○−△)でハズレ、馬券もハズレ」
        びぜんや「僕は(○△−)で馬連的中、馬券もハズレでした」
        月見亭「まぁ、やっぱアーモンドアイに逆らっちゃいけなかった、ってことだわね」
        びぜんや「それを学習しないのが『週刊萌馬』なんだけどね」
        月見亭「さて、いよいよ師走。大当たりがさっぱりないままに2018年のラスト開催」
        びぜんや「中京競馬場でチャンピオンズCだ」


        ジャパンC 先取り展望

        0

          マイルチャンピオンシップ 実際の買い目
          【月見亭】複勝 2 三連複軸2頭流し 2,14−総流し
          【びぜんや】単勝 3,11,13,17 複勝 3,11,13,17 枠連流し 2−3,8 馬連流し 3−1,2,6,7,8,13,14,15,17 ワイドボックス 3,11,13,15,17 三連複軸2頭流し 3,13−1,2,6,7,8,11,14,15,16,17,18


          月見亭「最内で引き絞った弓を 一気に放って貫いた!」
          びぜんや「マイルCSを勝ったのはステルヴィオ。スタートを決めて好位で流れに乗り、最後は内を衝いて抜け出した」
          月見亭「結局内枠から1番、2番、3番の順でゴール。内をのロスなく立ち回った馬が上位を占めたわね」
          びぜんや「戦前からオッズが割れていて、結果も1着から13着までが0.5秒差に収まる大激戦。こうなるとロスなく立ち回れる馬にアドヴァンテージがあるよね。ステルヴィオは2歳の頃は大味な競馬が目立っていたが、今回はスタートを決めてスムースに立ち回れた、これは大きかった」
          月見亭「去年は大外枠の3歳馬、今年は最内枠の3歳馬の勝利。ビュイック騎手はこれがJRA・G欺蘊〕になった」
          びぜんや「実力伯仲のメンバーで、2キロの斤量差は大きなアドヴァンテージになる。ビュイックもうまく馬をエスコートして、内が開いた時に瞬発力をフルに引き出していた。巧いね」
          月見亭「だけどこれでマイル界に新王者誕生、とまではいかないわね」
          びぜんや「マイルはこれで4戦2勝、2敗はともにダノンプレミアムに完敗したもの。宿敵が帰って来た時、それを破ってこそ新王者誕生と宣言できるだろう」
          月見亭「2着は私の◎ペルシアンナイト。勝ち馬の後ろで競馬して、最後は内を伸びたけれどアタマ差捉え切れず」
          びぜんや「直線で不利も受けていたしね。勝ち馬と同じ競馬をしたけれど、ポジション取りの1列の差が、最後の最後に明暗を分けた」
          月見亭「3着はキミの◎アルアイン。好発を決めて見せ場も作ったけれど……」
          びぜんや「マイルに来ても詰めの甘さは変わらなかったなぁ。勝ち馬より前で競馬した馬が軒並みふた桁着順に沈んだ流れを考えれば大健闘なんだけれど」
          月見亭「というわけで今週の結果。私は(×◎▲)でハズレ、馬券は三連複2頭軸の片割れ・エアスピネルが10着に敗れて、ペルシアンナイトの複勝がかすったのみ」
          びぜんや「僕は(−×◎)でハズレ、馬券は痛恨の馬連軸馬3着で、アルアインの複勝が当たっただけだ」
          月見亭「さて来週は4週間ぶりに東京へG気帰ってくる」
          びぜんや「府中の杜へ海外の精鋭を集めてジャパンC!」


          マイルチャンピオンシップ 先取り展望

          0

            エリザベス女王杯 実際の買い目
            【月見亭】複勝 16 三連複軸2頭流し 12,16−総流し
            【びぜんや】単勝 5,11 複勝 11 馬連ボックス 5,7,8,11 馬連流し 5−2,6,9,12,13,14,16,17 三連複軸2頭流し 5,8−2,6,7,9,11,12,13,14,16,17


            月見亭「悲願へ! 勝利へ! 戴冠へ! 雷神追って大輪の花! エリザベス女王杯の勝者は私の◎リスグラシュー!」
            びぜんや「クロコスミアが単騎先導し、有力各馬が好位で控える展開を、その後方から虎視眈々。引き絞れるだけ引き絞った弓を直線で解き放ち、矢のような末脚で外から差し貫いた」
            月見亭「上がりは当然メンバー最速の33.8秒。雷神・モレイラの豪腕が火を噴いて、人馬ともにG欺蘋覇となった」
            びぜんや「モレイラの場合は日本のG機△世韻匹諭クロコスミアがスローに落とし、有力各馬がけん制し合う中直線まで脚を溜めて弾けさせたのはマジックマンの面目躍如。落ち着いた流れで瞬発力が問われる展開になったのは、距離に不安のあるリスグラシューに向いたね」
            月見亭「阪神JF、牝馬三冠、そしてヴィクトリアマイルと2着でG気任蓮0,5,0,3】だったけれど、これでひと皮むけるかな。実力は確かなんだから」
            びぜんや「次の目標は来春のヴィクトリアマイルということになるか。誰に騎乗を依頼するのか、今から気になると言ったら気が早すぎるかな」
            月見亭「2着は逃げたクロコスミアが粘った」
            びぜんや「すんなりとハナを切り、前の3ハロン目が12.9秒とマイペースに持ち込めた。京都外回りの穴パターンに持ち込み、昨年のがした大魚を手にしたかと思ったが、勝ち馬の決め手が一枚上だった。後続は3馬身離したんだけどね」
            月見亭「混戦の3着争いは、内を立ち回ったモズカッチャンが制した」
            びぜんや「結局リピーターが活躍したレースになったね。モズカッチャンは決め手と先行力で上位2頭に屈したが、早めに好位の内に収まり、立ち回りの巧さで3着を確保。勝てなくてもセンスの良さで望み得る最上位に入った」
            月見亭「キミの◎レッドジェノヴァはそこからクビ差遅れて4着」
            びぜんや「内で窮屈な競馬になり、弾け切らないままに流れ込んでしまった。少頭数の前走は何とかなったけれど、G気牢鼎なかったね」
            月見亭「というわけで今日の結果。私は(◎−△)で単勝的中、馬券は三連複2頭軸の片割れ、コルコバードが8着でハズレ。リスと一緒に上がってくるかと思ったけれど、伸びきれなかったなぁ。残念」
            びぜんや「僕は(×−○)でハズレ、馬券も同じくでした」
            月見亭「さて来週は、3週連続京都G気寮藹楽、マイルチャンピオンシップ!」


            エリザベス女王杯 先取り展望

            0

              JBCクラシック 実際の買い目
              【月見亭】複勝 16 三連複軸2頭流し 9,16−総流し
              【びぜんや】馬連流し 14−4,7,8,12,15,16 三連複軸2頭流し 4,148,15


              月見亭「歴史の扉を力強く開き、古都に凱歌を上げた勇士!」
              びぜんや「JBCクラシックを制したのはケイティブレイブ。中団追走から直線では外に持ち出し、最後はオメガパフュームの追撃を振り切った」
              月見亭「中央のダートへの適性がどうかと言われたけれど、問題なかったね。むしろ直線を向くときは弾むようなフットワークで抜群の手応えだった」
              びぜんや「道中は第2集団を引っ張る形で、馬群が凝縮するところからスッと抜け出した。この操縦性は交流重賞で育まれたものだね。他の上位馬が比較的極端なレースをしたのに対して、競馬の巧さが目立った」
              月見亭「これで次はチャンピオンズCから東京大賞典、って感じになるのかな」
              びぜんや「そうなると南部杯組と激突か。直線に坂のある中京で強敵を封じれば本物だろう」
              月見亭「2着はキミの◎オメガパフューム」
              びぜんや「勝ち馬に比べると追われてからの反応が遅かったね。勝ち馬をマークしていたはずが、勝ち馬の胸を借りる形になってしまった」
              月見亭「3着は逃げたサンライズソアが粘った」
              びぜんや「やっぱり自分の形になると渋太いね。最後はさすがに脚が上がったけれども」
              月見亭「私の◎ノンコノユメは後方ポツン待機から追い込んだものの、4着」
              びぜんや「2着、4着が多いのは追い込み馬の宿命だよなぁ。自分の競馬はして人気より上の着順は来ている。今回はハマらなかっただけだ」
              月見亭「ついでに他のJBC競走もレビューしよう。JBCスプリントを勝ったのはグレイスフルリープ。内を巧く立ち回って、ルメール騎手が4週連続G犠〕の偉業を達成した」
              びぜんや「マテラスカイの手応えの方が上だと思っていたけれど、それをぴったりマークしていたグレイスフルリープがゴール前測ったように差し切った。お見事というほかないね」
              月見亭「キミの◎モーニンは後方から追い込んだものの4着まで」
              びぜんや「前が止まらなかったところに加え、大雑把な競馬になってしまったね。この距離のG気亘擦靴垢たか」
              月見亭「JBCレディスクラシックはラビットランとの叩きあいを、内から差し返してアンジュデジール」
              びぜんや「大外発進のアンジュデジールがちゃっかり内に潜り込んでいて、最後はラビットランを差し返す脚を残していたんだから驚きだ。ノリマジックが炸裂したね」
              月見亭「キミの◎プリンシアコメータは好位追走から直線でズルズルと下がって10着」
              びぜんや「ゲート入りを嫌ったりして気難しいところを見せた上に、前崩れの流れに呑み込まれてしまった。残念」
              月見亭「というわけで今週の結果。私は(−△▲)でハズレ、馬券も同じく」
              びぜんや「僕は(▲◎○)で馬連と三連単が的中。馬券は馬連と三連複が的中。ちなみにスプリントは(−▲×)、レディスクラシックは(−○−)でした」
              月見亭「1日にG汽侫.鵐侫 璽譴鬘害鹹阿というのも珍しい体験」
              びぜんや「面白かったけれど、大変だったね。スプリントとレディスクラシックは中央重賞で馴染みのない名前も多くて難しかった」
              月見亭「ダートのスプリント重賞はカペラSしかないし、牝馬限定重賞はないものね」
              びぜんや「春、フェブラリーSとかしわ記念の間にスプリントの交流G気箸あってもいい気がするな。あと、ターコイズSを千八に戻して、愛知杯をダート千八の牝馬重賞にするのはどうだろうか。また愛知杯の施行条件が変わっちゃうけど」
              月見亭「さて、来週、再来週と京都のG気和海。次は牝馬の芝G機Ε┘螢競戰構王杯!」


              JBCクラシック 先取り展望

              0

                天皇賞・秋 実際の買い目
                【月見亭】複勝 8 三連複軸2頭流し 5,11−総流し
                【びぜんや】単勝3,7 馬連流し 7−3,4,5,6,8,9,10 3−5,10 三連複 3−7−10


                月見亭「最強世代のダービー馬が、黄金の秋陽を浴びて王座に復帰!」
                びぜんや「天皇賞・秋の勝ち馬はレイデオロ。道中は中団待機から直線は外に持ち出して進出。力強く後続を1馬身半突き放し、完勝で盾をものにした」
                月見亭「馬は前走勝ちで自信を取り戻し、ルメール騎手は3週連続G祇覇、藤沢和師は天秋6勝目。勝ち方を知る男たちがプロフェッショナルの仕事をしたって感じね」
                びぜんや「川田騎手がうまくレースを組み立てたところを、力でねじ伏せるような勝利。ライヴァルと目されたスワーヴリチャードが出遅れたというのもあったが、まぁ、やっぱりモノが違ったってことかね」
                月見亭「2着は最速上がりをマークしてサングレーザーが突っ込んだ」
                びぜんや「縦長で淀みのない流れ、瞬発力を生かすには向いているとは言えない流れになったが我慢して脚を溜めて弾けさせたね。距離適性、コース適性から考えればこれ以上を望むのは酷だろう」
                月見亭「逃げたキセキが粘って3着」
                びぜんや「すんなりハナを奪い、11秒台のラップを並べて押し切りを図ったが、上位2頭の切れ味に屈した。とはいえ、2戦連続で中距離で先行して結果を残したことで、今後の選択肢は確実に広がったね。グランプリの台風の目になりそうだ」
                月見亭「キミの◎アルアインはそこから1馬身遅れて4着」
                びぜんや「好位から積極的に進めたが、キセキがしぶとく、脚を使わされている間に切れ味のある2頭にやられてしまった。プランは悪くないんだけど、逃げ馬が思ったより強かったのが誤算だったね」
                月見亭「私の◎スワーヴリチャードは発馬で致命的な後手を踏み10着」
                びぜんや「スタートでマカヒキに寄られ、戦意を喪失してしまったね。もともとスタートに課題のある馬ではあったが……」
                月見亭「というわけで今週の結果。私は(△−×)でハズレ、馬券もハズレ。ダンビュライトの返還があっただけだわ」
                びぜんや「僕は(××▲)でハズレ、馬券も同じく、だ」
                月見亭「さて来週は、例年通りなら秋のG汽轡蝓璽困両休止週なんだけど」
                びぜんや「今年は京都を舞台に地方競馬の祭典・JBC競走だ」
                月見亭「JBCスプリント、JBCクラシック、JBCレディスクラシックとG毅涯チを実施。昔、ジャパンCとジャパンCダートを同日にやったことがあるけれど、G亀藏チを同日に3つやるというのは、中央競馬では初めて」
                びぜんや「地方競馬の祭典を中央でやるというのもウルトラCというかコロンブスの卵というかだよなぁ」
                月見亭「さて、問題はどれをやるかだけど」
                びぜんや「個人的にはスプリントが面白そうなんだけど、ここはまぁ、第11競走に組まれたクラシックを予想するのが順当だろうね」


                天皇賞・秋 先取り展望

                0

                  菊花賞 実際の買い目
                  【月見亭】複勝 15 三連複軸2頭流し 9,14−総流し
                  【びぜんや】単勝 16,17 複勝 16,17 馬連流し 17−2,4,5,9,10,11,12,15 5−10 三連複 5−10−17


                  月見亭「福島から来た若武者が淀に咲かせた乱れ菊!」
                  びぜんや「菊花賞を勝ったのはフィエールマン。道中は中団で脚を溜め、直線馬群を捌いて進出。食い下がるエタリオウとの叩きあいを制してクラシック最後の冠を戴いた」
                  月見亭「最後はハナ差の決着。4戦連続重賞勝ちと勢いに乗るルメール騎手の手綱が7番人気の伏兵を偉業に導いた」
                  びぜんや「ステイフーリッシュの先導であっさり隊列が落ち着き、瞬発力勝負になったのも良かったね。1800mまでしか経験のない馬にとってスタミナ比べにならなかったのは幸いだった」
                  月見亭「今年は福島・二本松の菊が京都競馬場に飾られたそうだけれど、それがサインだったのかな。2000m以上の経験なし、キャリア3戦、関東馬、前走福島、3か月半の休み明けと、過去、あるいは近年に例のないプロフィールの馬の勝利。データ派は号泣だね」
                  びぜんや「それだけ今年は傑出馬がいなかったってことでもあるし、競馬が多様化しているという証明でもあるだろうね。ブラストワンピースのローテも注目されたが、前例に拘っていては勝てない、馬券を獲れない時代が始まっている」
                  月見亭「2着は私の◎エタリオウ。一度は馬群から抜け出して得たり、と思ったけれど」
                  びぜんや「フィエールマンにいい目標にされ、3度目の重賞2着。内外の差もあったよね。しかしこれで“ステイゴールドの正統後継者”“最強の1勝馬”“主な勝ち鞍・2歳未勝利”の称号を早くも確固としてしまった」
                  月見亭「ありがたくない称号ね……」
                  びぜんや「強いのは確かだし、今日は中団から勝ちに行く競馬で見せ場を作れた。詰めの一歩をどう磨いていくかだね」
                  月見亭「3着は勝ち馬の後ろで脚を溜めていたユーキャンスマイル」
                  びぜんや「勝ち馬には離されたけれども巧く立ち回って3着を確保。終わってみればルメール、ミルコ、武豊の決着で、“長距離戦は騎手で買え”という諺通りの結果になったね」
                  月見亭「キミの◎シャルドネゴールドは後方待機から見せ場なく7着」
                  びぜんや「33.9秒と、勝ち馬と同じ上がりは使えているんだけれどね。淀の外回りで瞬発力勝負になったのに、後方3番手では届かない。流れを読み違えたかな」
                  月見亭「というわけで今日の結果。私は(×◎−)でハズレ、馬券は三連複軸2頭の片割れ、グロンディオーズが13着でハズレ。ルメールとデムーロが来ているのになぜモレイラが来ないのか……」
                  びぜんや「僕は(−×−)でハズレ。連続的中が6週で止まってしまった」
                  月見亭「さて来週は秋の東京最初のG機E租の古馬最高峰レース、天皇賞・秋!」


                  菊花賞 先取り展望

                  0

                    秋華賞 実際の買い目
                    【月見亭】複勝 9,10 ワイド 9−10 三連複軸2頭流し 11,13総流し
                    【びぜんや】単勝2 馬連流し 2−7,11,13,14,16,17 三連複軸2頭流し 2,11−7,13,14,16,17


                    月見亭「圧倒的に力強く! 圧倒的に美しく!」
                    びぜんや「アーモンドアイが秋華賞を勝って、史上5頭目の牝馬三冠を達成。道中は中団後方で脚を溜め、直線で一気に弾けて歓喜のゴールへ矢の如く突き抜けた」
                    月見亭「スタートは五分だったはずが、直線入り口では後方の位置取り。ここから届くのかと思ったけれどあっさり突き抜けて1馬身半差。恐れ入ったわ」
                    びぜんや「力が違いすぎた、のひとことで評価は足りるだろう。これで8分の出来というのだから末恐ろしい」
                    月見亭「順調なら次はジャパンC。この時には100%のアーモンドアイが解放されるのね」
                    びぜんや「今度は地元でのレースになるし、直線の長いコースの方が当然合う。これだけの馬だ、とにかく無事に出てきてほしいね」
                    月見亭「2着は私の◎ミッキーチャームが逃げ粘った」
                    びぜんや「何が行くのかと思ったけれども、この馬だったね。道中12秒台のラップで後続にマージンを築けたのは大きかった。連勝は止まったけれど、相手を考えれば勝ちに等しい2着だ」
                    月見亭「3着はキミの◎カンタービレが後ろから突っ込んだ」
                    びぜんや「枠を生かして先行すると思っていたが、直線ではなんとアーモンドアイを追いかける形に。33.9秒という末脚を繰り出して3着には突っ込んだが、勝ちに行く競馬ではなかっただけに評価は下げざるを得ないかな。ま、脚質は広がったけど」
                    月見亭「というわけで今週の結果。私は(○◎×)で馬連・三連単が的中。馬券も2週連続で三連複が的中♪」
                    びぜんや「僕は(○▲◎)でこちらも馬連・三連複が的中。馬券も三連複が的中。これで6週連続的中だ♪」
                    月見亭「このブログも秋に入って調子が上がって来たよ。この調子で来週は」
                    びぜんや「舞台は淀の長丁場、秋の3歳最強馬決定戦・菊花賞!」


                    秋華賞 先取り展望

                    0

                      毎日王冠 実際の買い目
                      【月見亭】三連複軸2頭流し 5,9総流し
                      【びぜんや】単勝6,13 複勝 6,13 馬連流し 9−2,4,5,6,7,12 ワイドボックス 6,12,13 三連単フォーメーション 9→2,5,6→2,4,5,6,7,12


                      月見亭「末脚自慢を黙らせて芦毛の超特急がここに戴冠!」
                      びぜんや「毎日王冠を勝ったのは僕たちふたりの◎アエロリット。スタートを決めてハナを奪うと、そのまま淀みのないペースでひとり旅。上がりを33.8秒でまとめ、後続に何もさせなかった」
                      月見亭「スタートを決めて向正面に出たところでもう勝負あり、という感じだったね。さすがBCマイルを目指すと豪語していただけのことはある」
                      びぜんや「1分44秒5の勝ち時計も速い。飛行機の都合がつかなかったのが悔やまれるなぁ。次はマイルCSだそうだが、ここでも中心を張れるだろう」
                      月見亭「焦点は2着争いになって、ここは後方から33.2秒の最速上がりをマークしたステルヴィオが制した」
                      びぜんや「開幕週の高速馬場に助けられ、前に行った馬が上位を占める中、連対圏に突っ込んだのは高く評価できる。心身ともに次への上積みが見込め、次走が楽しみだ」
                      月見亭「3着は2番手追走のキセキ」
                      びぜんや「仕上がり途上でこの距離がどうかと思ったが、この速い馬場で難なく2番手を追走し、秘められたスピードの一端を示した。こちらも次走の上積みが期待できるし、この距離、この時計で一定の結果を残したのは大きい」
                      月見亭「というわけで今日の結果。私は(◎○×)で単勝・馬連・三連単のトリプル的中。馬券も三連複が的中。できれば人気薄のステファノスが3着に来てほしかったけど」
                      びぜんや「僕は(◎▲−)で単勝・馬連的中、馬券も馬連的中で、三連単は痛恨のヒモ抜けだ」
                      月見亭「ふたりの◎がカブって勝つなんて久々だねぇ」
                      びぜんや「ミッキーアイルのシンザン記念以来かな。“ふたりの◎がカブるとその馬は勝てない”というジンクスがあって、最近はカブらせないようにしてたけど」
                      月見亭「そのジンクスを破ったアエロリツトは強い……」
                      びぜんや「さて、来週は京都で秋華賞」

                      続きを読む >>

                      | 1/65PAGES | >>