calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

関屋記念 先取り展望

0

    レパードS 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 4,6−総流し
    【びぜんや】馬連流し 7−3,4,6,10,11,12,14 ワイド 4−14


    月見亭「電光石火で先手を奪い、乱世に覇を唱えた越後の龍!」
    びぜんや「レパードSを制したのはケンシンコウ。先手争いを制してひとり旅に持ち込むと、直線では突き放す一方。レコードのおまけまでつけて逃げ切った」
    月見亭「好枠と不良馬場を生かした好判断。さすが謙信公、越後で地の利を味方にしたね」
    びぜんや「越後でケンシンコウが勝つなんてそんなイージーなハナシがあるわけないと思って軽視していたけど、あったなぁ」
    月見亭「千八も左回りもこなしていて、前走は重賞で3着なんだから冷静に考えてみればここで好走して意外でもなんでもなかったね」
    びぜんや「自在性あり、スピードもあり。出世レースも制して天下取りも視野に入ってきた。古馬との対戦が楽しみな新鋭だね」
    月見亭「2着はキミの◎ミヤジコクオウ」
    びぜんや「出脚が鈍く出鞭が入って、道中も追っつけ通し、さらに3コーナーから早くも鞭が入った。最後はそれでも外を豪快に追い込んできて素質は示したけれど、気性面の成長が必要だね」
    月見亭「3着は内を衝いたブランクチェック」
    びぜんや「内をロスなく立ち回って器用さを見せたね。メンバー中2位の上りも使ってこの距離でも走れることを証明。先々が楽しみだ」
    月見亭「私の◎デュードヴァンは好位から進めたものの直線で伸びず、4着」
    びぜんや「距離だろうね。それに馬場を意識してか前めで運んだ結果、勝ち馬に脚を使わされて脚が溜まらなかったのも響いた」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−▲△)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(−◎−)。予想、馬券ともにヒモ抜けでした」
    月見亭「さて来週からは小倉開催がスタートして例年通りの3場開催に。重賞は小倉で小倉記念、新潟で関屋記念」
    びぜんや「この話の流れなら当然小倉記念……と見せかけて関屋記念をチェックしよう」


    クイーンS 先取り展望

    0

      アイビスサマーダッシュ 実際の買い目
      【月見亭】三連複軸2頭流し 4,10−総流し
      【びぜんや】単勝 2,11 複勝 2,11 馬連フォーメーション 2,11−2,8,9,11,13,14


      月見亭「得意の千直で守備は上々、リヴェンジ果たして逃げ切り勝ち!」
      びぜんや「第20回アイビスサマーダッシュを制したのはジョーカナチャン。好発を決めて外埒沿いにハナを切りを取り、後続の追撃を辛くも退け逃げ切った」
      月見亭「韋駄天Sで後塵を拝したライオンボスに見事にリヴェンジ。外埒沿いで先頭に立った時点で勝負あり、だった」
      びぜんや「これが重賞初挑戦で重賞初勝利。とはいえ今年は6ハロン戦でも崩れていないから、今後の重賞でも期待できるね。サマースプリントに新たな女王候補が登場した」
      月見亭「2着は好位から追い上げたライオンボス」
      びぜんや「レースプラン通りではあるんだろうけれども、結果としてはジョーカナチャンにハナを切られたところで勝負が済んでいた。開幕週のスピード馬場ならやはり前に行ったほうが有利。王者の驕りが敗北を招いたといったら言い過ぎか」
      月見亭「3着は後方から追い上げたビリーバー」
      びぜんや「行き脚はつかなかったが道中2着馬の後ろまで馬群を縫ってポジションを上げ、最後は内に回って追い上げた。見どころのある内容だったけれど、やはりスタートの後手が最後まで響いたね」
      月見亭「キミの◎アユツリオヤジは見せ場なく12着に敗退」
      びぜんや「前走を逃げきってはいたが、スタートダッシュに秀でた馬が揃うここではハナを奪えなかった。スピードも足りなかったね」
      月見亭「私の◎カッパツハッチは内を直進、見せ場は作ったけれども8着」
      びぜんや「開幕2日目とはいえ、やっぱり外の方が伸びるんだよなぁ。悪枠を克服すべく思い切った作戦に出たけれども実らなかった」
      月見亭「というわけで今週の結果。(▲△−)で予想は馬連が的中。だけど馬券はハズレ」
      びぜんや「僕は(△▲−)で馬連的中。馬券の方は木端微塵でした」
      月見亭「さて、来週の日曜も重賞はひとつだけ。今年最初の札幌重賞、クイーンS!」


      アイビスサマーダッシュ 先取り展望

      0

        函館記念 実際の買い目
        【月見亭】複勝4,6 ワイド4−6 三連複軸2頭流し 1,13−総流し
        【びぜんや】単勝 4,5 複勝 4,5 馬連流し 5−1,2,4,8,10,13,16


        月見亭「北天に上げた復活の狼煙! 眠りから覚めた世界王者の血!」
        びぜんや「函館記念を勝ったのはなんとなんと15番人気のアドマイヤジャスタ。中団追走から直線は馬場のいい外に持ち出して鋭進。後続に1馬身半差をつけて快勝した」
        月見亭「ホープフルSでサートゥルナーリアの2着に入っていた実力者が鮮やかに復活。函館の水が合ったのか、吉田隼人騎手と息が合ったのか」
        びぜんや「前走・鳴尾記念で6戦連続のふた桁着順にピリオドを打ったとはいえ、パフォーマプロミスからは1秒離された6着。それが復活の予兆だったのか……? 競馬は分からん」
        月見亭「2着には最後方待機、こちらも13番人気の伏兵扱いだったドゥオーモが突っ込んだ」
        びぜんや「最後方から内をロスなく立ち回り、勝負どころから馬群を縫って進出。軽量を味方に思い切った立ち回りをしたのが奏功したね。この器用さは今後も小回りで生きそうだ」
        月見亭「3着には好位から内を進んだバイオスパーク」
        びぜんや「人気どころで馬券に絡んだのはこの馬だけ。トーラスジェミニが気風よく逃げ、先行馬が脚を使わされる展開の中ロスのない立ち回りで巧く粘り込んだ。これは強い3着」
        月見亭「キミの◎カウディーリョは好位から退いて7着」
        びぜんや「キミの◎レイエンダ(11着)ともども、トーラスジェミニに脚を使わされ、馬場が悪いところを通らされてスタミナを削られたね。人気を背負って小回りコースなら間違った作戦ではなかったとは思うけれど」
        月見亭「というわけで今週の結果。私は3週連続の(−−△)でハズレ、でも馬券は抑えで買ったドゥオーモの複勝が当たってそこそこリカバリーできたわ」
        びぜんや「僕は(−−−)でハズレ。シルシを打った馬が1頭も掲示板に載らない、稀に見る大惨敗でした」
        月見亭「さすがにこれは、ねえ」
        びぜんや「来週から開催替わりだし、気持ちを切り替えていこう」
        月見亭「この夏は来週から新潟と札幌の2場開催なんだね」
        びぜんや「開幕週唯一の重賞は新潟の名物重賞・アイビスサマーダッシュだ」


        函館記念 先取り展望

        0

          七夕賞 実際の買い目
          【月見亭】複勝 1,15 ワイド 1−15 三連複軸2頭流し 2,11−総流し
          【びぜんや】単勝 7,13 複勝 7,13 馬連流し 13−2,3,6,7,11,12,15


          月見亭「滑らかに、そして力強く。みちのくの空に響いた勝利の凱歌!」
          びぜんや「七夕賞を制したのはクレッシェンドラヴ。後方追走から馬群を縫って進出。最後は抜け出しを図るブラヴァスの内から突き抜けた」
          月見亭「「内田騎手が巧いエスコート。後方にいたはずがいつの間にか先頭に躍り出ている感じだったね」
          びぜんや「ラジオNIKKEI賞では急な乗り替わりにもかかわらず、穴馬を逃げ切り勝ちに導いた内田騎手。馬場のぎりぎりいいところを立ち回ったあたり、今の福島を手の内に入れているようだね」
          月見亭「福島を手の内に入れているといえば馬のほうも。去年の七夕賞の雪辱を果たし、福島記念に続く重賞2勝目」
          びぜんや「こういう馬は次にどこに使うかが難しくなるよなぁ。コース形態的には小倉も合いそうだけれど、小倉記念を使えばさらにハンデを背負わされるだろうからね」
          月見亭「2着にはキミの◎ブラヴァスが入った」
          びぜんや「好位から早め早めの競馬で、馬場のいい外を回って進出。リスクの少ない競馬をしたが、勝ち馬の巧さにしてやられたね」
          月見亭「3着は福島巧者のヴァンケドミンゴ」
          びぜんや「こちらも中団からよく追い上げてきたけれど、勝ち馬に迫るまではいかなかった。一瞬ブラヴァスに置いて行かれかけたところがまだ力不足なところか」
          月見亭「私の◎ウインイクシードは先団から内内を立ち回ったものの力尽き5着」
          びぜんや「馬場が悪いのを承知で内埒沿いをロスなく立ち回った横山武騎手のチャレンジは良かったね。残念ながら最後に脚が上がってしまったけれど」
          月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−△)でハズレ、馬券は三連複で軸馬4着5着」
          びぜんや「僕は(▲◎△)で予想、馬券ともに馬連的中。けっこういい配当がついてくれて、有難いね」
          月見亭「さて来週は西と北でハンデ重賞、阪神で中京記念、函館で函館記念」
          びぜんや「ここは最終週の函館、函館記念を予想しようか」


          七夕賞 先取り展望

          0

            CBC賞 実際の買い目
            【月見亭】三連複軸2頭流し 7,9−総流し
            【びぜんや】単勝 3,10,11 複勝 3,10,11 ワイド流し 11−2,3,4,5,7,9,10 3−10


            月見亭「青春の覇気うるわしく、不屈の乙女が完封勝利!」
            びぜんや「CBC賞を勝ったのはラブカンプー。好発からハナを奪ってひとり旅、直線も脚色衰えず13番人気の低評価を覆して見せた」
            月見亭「これが約2年半ぶりの勝利で、重賞初勝利。スプリンターズS2着のあと15戦して掲示板無しという大不振から驚きの復活劇」
            びぜんや「森田厩舎は昨年の北九州記念のダイメイプリンセスもそうだったけれど、根気よく使いながら馬を立て直すよね。今まで自分からやめることが多かった馬が、今回は止まらなかった。陣営の辛抱がようやく実った復活劇だ」
            月見亭「馬もそうだけれど、斎藤騎手もこれが重賞初勝利。不振の馬をよくエスコートした」
            びぜんや「展開に恵まれたのは事実だが、変に溜めることをせず馬の行く気を保ち続けた。この辺は若者らしい思い切りの良さが生きたかな。同期の騎手にもいい励みになるだろう」
            月見亭「2着は好位から伸びたアンヴァルで、こちらも11番人気の低評価を見返す激走」
            びぜんや「オープン2勝の実績があり、夏を得意とする馬だったけれど、これまで平坦コースでばかり好走していたからねぇ。好位で流れに乗り、坂を克服したのは成長の証。後続に2馬身差をつける好内容の2着でこの先が楽しみになった」
            月見亭「3着はレッドアンシェルがディフェンディングチャンピオンの意地を見せた」
            びぜんや「結果的には前に行った馬を捕まえられず、待機勢からは迫られ厳しいポジションにはまってしまった。ハンデを考えれば上出来だけれど、本調子ならもう少し前に迫れたんじゃないのかな」
            月見亭「キミの◎アウィルアウェイは後方待機から見せ場なく7着」
            びぜんや「最大の敗因は馬場かな。それに待機型の馬だけに展開の助けが欲しかった。ラブカンプーの先導であっさり隊列が決まったのは誤算だったね」
            月見亭「私の◎クリノガウディーは中団のまま流れ込んで12着に凡退」
            びぜんや「スタートでポジションを取れなかったのがすべてだね。中団でもまれる形になり持ち味を生かせなかった。まだまだムラがある馬だね」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−△)でハズレ、馬券も同じく」
            びぜんや「僕は(△−−)でハズレだけれど、馬券の方はラブカンプーの単複を抑えていて高配ゲットに成功。ラブカンプーに◎を打てていたらさらに格好良かったんだけれどな」
            月見亭「シルシを回して馬券買ってただけでも上出来でしょ、このレースは」
            びぜんや「さて、来週は阪神でプロキオンS、福島で七夕賞」
            月見亭「ここはやっぱり福島の名物レース、七夕賞でしょ」


            CBC賞 先取り展望

            0

              宝塚記念 実際の買い目
              【月見亭】複勝 2,5,10,13 ワイドボックス 2,5,10,13 三連複軸2頭流し 5,11−総流し
              【びぜんや】単勝 15,16 複勝 15 馬連フォーメーション 15,16−5,7,11,14,15,16,17


              月見亭「雨雲の彼方へ単独飛行! ここから創まる最強神話!」
              びぜんや「宝塚記念を制したのは僕の◎クロノジェネシス。道中は中団外目で流れに乗り、4コーナーから手応えよく進出。直線入口で先頭に躍り出ると、そのまま後続を突き放して圧倒した」
              月見亭「渋った馬場は合うと思ったけれど、それにしても後続に6馬身はG気任呂覆なか見られない着差。馬体がさらに増えて、ついに完成形になった、って感じね」
              びぜんや「1日のうちに稍重→良→稍重と変わった馬場でそんなに荒れてないのかと思っていたけれど、後続がばらばらに入線したところを見るとかなり力の要る馬場だったようだ。馬場が味方したし、枠なりに馬場のいい外をスムースに走れたのもよかったね」
              月見亭「2着は2年連続となるキセキ。出遅れて後方からの競馬になったけれど、向こう正面からロングスパートを敢行。最後は後続に5馬身差をつけたけれど、6馬身前に勝ち馬がいた」
              びぜんや「荒れ馬場でこんなことをやれば普通なら直線でガス欠になるようなものだけれど、最後は後続を突き放しているんだからすごいスタミナだ。それだけに発馬が五分ならと惜しまれるね」
              月見亭「3着には後方待機の伏兵・モズベッロが突っ込んだ」
              びぜんや「結局は馬場のいい外めを回った馬のワン・ツー・スリー。うまく立ち回ったけれど、上位2頭が動いたところで反応できず後手を踏んだあたり、まだ力不足だね」
              月見亭「私の◎サートゥルナーリアはそこから遅れて4着。枠なりに馬場の悪い内を通らされたのが響いたね」
              びぜんや「掲示板に載った中でひと桁馬番はこの馬だけなんだから、負けたなりに力は示している。最後モズベッロに迫ったところで脚を上がったところをみると、やはり内を通らされてスタミナを削られたんだろうな」
              月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−−)でハズレ、馬券も同じく」
              びぜんや「僕は(◎−−)で単勝的中。馬券は単勝に加え、馬連のヒモにキセキもぬかりなく抑えて的中。春のG気鬚Δ泙締め括れたよ」
              月見亭「というわけで春の予想バトルはこれにて終了」
              びぜんや「今季は5勝3敗1分けで僕の勝ち、でした♪」
              月見亭「でも回収率で見れば298.8%対44.1%で私の圧勝♪ マーメイドSの一撃がでかかったわね」
              びぜんや「来週からはいよいよ本格的に夏競馬シーズン。例年なら東京・阪神開催が終わって福島・中京開催になるところだけれど」
              月見亭「今年は変則日程で、西は阪神が引き続き開催になるのね」
              びぜんや「来週は阪神で行われるCBC賞を予想するとしようか」


              宝塚記念 先取り展望

              0

                函館スプリントS 実際の買い目
                【月見亭】三連複軸2頭流し 6,7−総流し
                【びぜんや】単勝 3,4 複勝 3,4 枠連流し 2−1,2,3,4,5,6 三連複軸2頭流し 3,4−2,6,7,10,12


                月見亭「ダイナミックにライヴァル一蹴! 夏空に奏でた北の凱歌!」
                びぜんや「函館スプリントSを制したのは1番人気のダイアトニック。好位追走から直線では後続を突き放す、横綱相撲の完勝劇だった」
                月見亭「ここ2走が不完全燃焼な競馬だったけど、スムーズに運べればこれだけやれると証明した形。これで胸を張ってスプリンターズSに向かえる」
                びぜんや「ただ1頭58キロを背負いながら2馬身差なんだから恐れ入ったね。サマースプリントチャンピオンとG騎佑蠅領鐘砲澆皺椎修澄
                月見亭「2着は逃げたダイメイフジが粘った」
                びぜんや「重賞未連対馬が久々の芝ということで人気がなかったけれど、好発を決め大外からハナを取り切ってマイペースに持ち込んだ。してやったり、というところだろう」
                月見亭「3着争いは連闘のジョーマンデリンが制した」
                びぜんや「結局は先行決着の形。前走を使って状態も上がっていたようだし、うまく食らいついたね」
                月見亭「キミの◎エイティーンガールは後方のまま見せ場なく7着に敗退」
                びぜんや「位置取りがすべてだね。展開を無視して突っ込めるだけの決め手は流石にないからなぁ」
                月見亭「私の◎ライトオンキューは先行するも最後に力尽き6着」
                びぜんや「休み明けの影響はあっただろうね。おそらく今年も北海道で続戦だろうから、叩いての変わり身に期待したい」
                月見亭「というわけで今週の結果。私は(○−△)でハズレ、馬券も同じく」
                びぜんや「僕は(×−▲)で見せ場も作れず終わりました」
                月見亭「さて来週は上半期G気料躔荵察 阪神でサマーグランプリ宝塚記念!」


                函館スプリントS 先取り展望

                0

                  マーメイドS 実際の買い目
                  【月見亭】複勝 1 三連複軸2頭流し 1,6総流し
                  【びぜんや】単勝 8,15 複勝 15 馬連流し 8−1,3,7,9,13,15,16 三連複軸2頭流し 8,15−1,3,7,9,13,16 三連単フォーメーション 8,15→8,15→1,3,7,9,13,16


                  月見亭「雨上がりのターフを泳ぐように駆けた夏のマーメイド!」
                  びぜんや「マーメイドSを勝ったのは軽量50キロのサマーセント。好位追走から逃げるナルハヤを料理するともうひと伸び、内から迫るセンテリュオを抑えきって重賞初挑戦を重賞初勝利で飾った」
                  月見亭「パドックでも調子良さそうに見えたけれど、それがテンの脚につながったのかな。小回りの2000mは合うみたいだし、サマー2000シリーズとかでも期待できそう」
                  びぜんや「これまで良績のなかった稍重馬場で結果を残したのも成長の証か。今回は手頃な相手のハンデ戦だっただけに、次走で真価を問われるね」
                  月見亭「2着はハンデ頭のセンテリュオが内を衝いて浮上した」
                  びぜんや「前残りのレースで出色の末脚を見せたし、ハンデ差を考えれば勝ちに等しい内容。ただ重賞ではあと一歩足りない、という評価は今回も覆せなかった」
                  月見亭「3着には私の◎リュヌルージュが入った」
                  びぜんや「中団前目からじりじり伸びて、ナルハヤをかわしたところがゴール。できればもう少し前でレースしたかったところが出来なかったのは、騎手の技量の部分もあるかなぁ」
                  月見亭「キミの◎リープフラウミルヒは見せ場なく流れ込んで11着」
                  びぜんや「前走と同じようなレースをして伸びなかったのはやっぱり馬場かな」
                  月見亭「というわけで今週の結果。私は(×○◎)で三連単が的中。馬券はリュヌルージュの複勝と三連複万馬券が的中。マーメイドSでは8年ぶり3回目の万馬券だよ♪」
                  びぜんや「おめでとう。僕は(−−×)で予想、馬券ともにハズレでした」
                  月見亭「さてこの調子で来週も当てて行こう。来週は東京でユニコーンS、函館で函館スプリントS」
                  びぜんや「サマーマイルシリーズに組み込まれたリステッド競走・米子Sも気になるんだけれどな。まぁここは函館スプリントSで」


                  マーメイドS 先取り展望

                  0

                    安田記念 実際の買い目
                    【月見亭】複勝 7 三連複軸2頭流し 2,6−総流し
                    【びぜんや】単勝 5,6 複勝 6 馬連流し 6−1,2,4,5,9,11 三連単フォーメーション 5,6→5,6→1,2,4,9,11


                    月見亭「女王と王を従えて、テッペン獲った桜の女王!」
                    びぜんや「安田記念を勝ったのはグランアレグリア。中団追走から直線で馬場の真ん中に持ち出し早目に進出。後続が迫るともうひと伸びしてG鞠錬稿の豪華メンバーを退けた」
                    月見亭「桜花賞の時も強かったけれど、今回はその数段上のメンバーを相手にあっさり勝利。3番人気だから評価が低かったわけでもないんだけれども、それでも驚かされた」
                    びぜんや「2歳時に朝日杯に挑戦したりして期待されていた馬ではあったんだよな。ただ王道をまっすぐ進んだわけではなく、降着があったりスプリントに転じたりして強さが測りにくかった。4歳夏にしてついにその強さを示した形だ」
                    月見亭「圧倒的1番人気に支持されたアーモンドアイは出遅れがたたり、大外を追い上げたものの2着まで」
                    びぜんや「このレースとは相性が悪いのかな。前走ではノーステッキでコースレコードに迫って見せたけれども、今回のメンバーはそのくらいの芸当はやってのけそうな馬が6〜7頭はいそうな強力メンバー。ロスのある競馬をしていては現役最強馬とは言え、勝ち切ることが出来なかった」
                    月見亭「キミの◎インディチャンプは内を捌いて伸びたものの3着まで」
                    びぜんや「こちらも後手を踏んだのが最後まで響いた形。ロスなく立ち回ってある程度カヴァーできたけれども、その分馬場の悪いところを通る形になったのも痛かったね」
                    月見亭「私の◎ダノンキングリーは7着」
                    びぜんや「内をロスなく立ち回って直線は馬場のいい真ん中に持ち出されたものの伸びがそれなりだったなぁ。渋った馬場が合わなかったかもしれないし、ちょっと距離が短かったかもしれないね」
                    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−△○)でハズレ、馬券もハズレ。豪華メンバーを見て張り切り過ぎて、ちょっと思い切りが良すぎたかもしれないわね」
                    びぜんや「僕は(▲○◎)で馬連・三連単が的中も、馬券はインディチャンプの複勝が掠ったのみで焼け石に水でした」
                    月見亭「さて春のG汽掘璽坤鵑楼妥諜念が終わって小休止。来週は東京でエプソムC、阪神でマーメイドS」
                    びぜんや「ここんとこ東京ばっかり予想していたしねぇ。マーメイドSを見てみようか」


                    安田記念 先取り展望

                    0

                      日本ダービー 実際の買い目
                      【月見亭】単勝 12,18 複勝 12,18 ワイド 12−18 三連複軸2頭流し 5,12総流し
                      【びぜんや】単勝 1,4,8 複勝 1,4,8 ワイド流し 1−3,4,5,8,12,17


                      月見亭「曠野を真白に貫いた、真一文字のインパルス!」
                      びぜんや「第87回日本ダービーを制したのはコントレイル。好位追走から直線は誰もいない大外を驀進。横綱相撲で無敗のダービー馬の座に就いた」
                      月見亭「前回は位置を下げたけれども、今回は好位置から堂々の横綱相撲。最後は最速ラップで後続を突き放す、非の打ち所のないレースだったね」
                      びぜんや「横山騎手が仕掛けたりして前の方がごった返すシーンもあったけれど、福永騎手は落ち着いていて脚を溜め、追い出すタイミングを計っていたね。かつては馬に振り回されるひ弱さもあった福永騎手だったけれど、ダービージョッキーに相応しい堂々のレースぶりだった」
                      月見亭「次は無敗の三冠馬を目指すのか、あるいは古馬と対戦か」
                      びぜんや「父親と比べられることも多い馬だけに、菊花賞に向かってほしい気はするね。もちろんアーモンドアイら古馬との対決も見てみたいけれど」
                      月見亭「2着は私の◎サリオス。待機策から外を回って勝ち馬に迫ったけれども、そこから突き放された。外々を回らされたのは痛かったなぁ」
                      びぜんや「団子の展開になったから外枠の不利がモロに出てしまったし、勝ち馬に対して後手を引いたのも痛かった。これだけロスがあって後続に0.3秒差をつけているんだから、強い内容なんだけれどね」
                      月見亭「3着は勝ち馬の後ろから伸びたヴェルトライゼンデ」
                      びぜんや「ずいぶんと人気を落としていたけれども、ホープフルSでは2着に入っていた馬。離されはしたけれども徹底的に同枠の勝ち馬をマークしてレースを進め、意地を見せたね」
                      月見亭「キミの◎サトノインプレッサは内を捌いて突っ込んだけれども及ばずの4着」
                      びぜんや「最後まで伸びていただけに、発馬下手が響いたなぁ。2着、3着馬と違って勝ち馬を捕まえに行く内容ではなかっただけに評価は下がるが、それでも素質は示せたし、ダービー初挑戦の坂井騎手も枠を生かして巧く立ち回ったね」
                      月見亭「というわけで今週の結果。私は(○◎−)で馬連的中、馬券は三連複とサリオスの複勝が的中。3着に人気薄が来て三連複はまずまずついたけれど、サリオスの単勝が当たってほしかったよ」
                      びぜんや「僕は(▲○−)で馬連的中。馬券は痛恨の複勝4着、ワイド軸馬4着でした」
                      月見亭「さて来週は5週連続東京G気虜能戦、マイルに舞台が戻って安田記念!」

                      続きを読む >>

                      | 1/73PAGES | >>