calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

ドバイ国際競走予想 byびぜんや

0

    ドバイ国際競走の内、日本国内で馬券が発売される後半3レースの予想を公開します。

    おまけで日本の2重賞も予想しています。

     

    ■ドバイターフ予想
    ◎4 デコレーテッドナイト/前哨戦を快勝。破壊力ある英国の新星。
    ○6 ムタケイエフ/強敵と五分に渡り合った2走前を評価。
    ▲2 ザラック/名牝・ザルカヴァの仔が前哨戦を快勝。要注目。
    △9 ヴィブロス/砂漠の地に降り立った女魔神。末脚生きる流れなら。
    ×1 リブチェスター/堅実さ光る。マイルで培ったスピード生かして。
    ×12 ドーヴィル/オブライエン三銃士の筆頭格。名手の手綱も不気味。


    ■ドバイシーマクラシック予想
    ◎3 ハイランドリール/BCターフ勝ち、凱旋門賞2着の実績。先行力生かして。
    ○7 ポストポンド/昨年はドゥラメンテ以下を一蹴。舞台適性高い。
    ▲6 セブンスヘブン/ヨークシャーオークスでファウンドを沈めた大物食い。
    △4 サウンズオブアース/詰めの甘さ気になるが、力は互角。


    ■ドバイワールドC予想
    ◎14 ムブタヒージ/昨年2着馬で舞台適性は抜群。ひと叩きして上昇。
    ○9 アロゲート/7戦6勝の怪物、注目の世界デビュー戦。
    ▲7 アウォーディー/芝でも走れるスピードが魅力。
    △12 ホッパーチュニティ/同級の大物に隠れているが侮れない百戦錬磨の兵。
    ×4 ラニ/規格外の怪物。無尽蔵のスタミナを生かせれば。
    ×6 ムーヴアップ/前走の敗因は休み明けと展開。巻き返す。


    □日経賞予想
    ◎12 ゴールドアクター/昨年の覇者が登場。ここでは役者が違う。
    ○9 レインボーライン/勝ちきれないが堅実。血統的にこの舞台合いそうで。
    ▲6 ディーマジェスティ/皐月賞馬が再始動。注目。
    △7 マイネルサージュ/前走は距離が長すぎた。ここは反撃の舞台。
    ×8 ジュンヴァルカン/長距離で崩れたのは菊花賞だけ。ここも積極策で。
    ×14 ツクバアズマオー/AJCCで◎と僅差。距離再延長で巻き返す。


    □毎日杯予想
    ◎7 プラチナムバレット/先行力と切れ味を兼備。阪神の外回りは合う。
    ○1 サトノアーサー/前走の敗因は馬場につきる。瞬発力の生きる舞台で。
    ▲3 アルアイン/シンザン記念は不利がすべて。少頭数のレースで見直し。
    △4 クリアザトラック/トライアルではおなじみの血統。勝負根性とセンス買う。
    ×5 トラスト/中央転入後も大崩れなし。ここからダービーへつなげたい。
    ×8 ガンサリュート/世代のトップクラスと接戦の足跡侮れない。


    阪神大賞典予想 byびぜんや

    0

      うっかりしていたら、今週から岩手競馬がはじまっていました。

      さっそく開幕日の「奥州弥生賞」に手を出してみましたが、これは豪快に獲って損。

      中央競馬も難しいですが、岩手競馬も難しいですねぇ。

      昨年はトークバトル形式で岩手競馬予想を書いていましたが、予想成績があまりに惨憺たるものだったので、今年は違う形で書いていこうと考え中。とりあえず今週はこの予想のおまけという形で「花巻ひえカレープロジェクト賞」の予想を書いてお茶を濁しておきます。

       

      ◎3 シュヴァルグラン
      昨年の優勝馬を本命に指名します。
      有馬記念ではサトノダイヤモンドの前に完敗を喫していますが、この時は小回りの中山で常に外外を回らされ、直線では内側から張られる不利も受けてのもの。
      ゆったりとした阪神での少頭数のレースは不器用なこの馬に合っていますし、前回は2キロあった斤量差がゼロになるとなれば、逆転の目も見えてきます。
      コース適性と長距離性能は昨年のこのレースで証明済み。ディフェンディングチャンピオンの逆襲に賭けてみます。

       

      ○9 サトノダイヤモンド
      昨年の菊花賞、有馬記念を制した天才児がここから始動します。
      皐月賞では直線の不利で負けており、ダービーでは落鉄がありながらのハナ差。G気任眈錣望,蘇蕕噂侏茲訐能の持ち主で、G兇覆虧世蕕に力上位です。
      先行しても差してもレース出来る自在性と、息の長い末脚が武器で、阪神内回りの長丁場への適応も問題なし。
      死角らしい死角は見当たりません。

       

      △6 レーヴミストラル
      連覇を狙った前走・日経新春杯では10着に大敗しましたが、天皇賞・春以来の長休明け、道悪、さらに落鉄と悪条件が重なったもので、これは完全に度外視可能。今回が仕切り直しの一戦となります。
      距離は明らかに長すぎる気がしますが、少頭数で超スローの展開になれば、この馬の持つ破格の末脚が火を噴くはず。昨年の日経新春杯ではその末脚で◎シュヴァルグランを差し切っており、侮れない実力者です。

       

      ×1 スピリッツミノル
      全5勝中4勝を重馬場、または稍重で挙げているスタミナタイプ。スピードには限界があるだけに中距離オープンで戦うのは苦しいですが、3000mの前々走・万葉Sでは3着に入って、マラソンレースでの適性は示しています。
      前に行ければ渋太いだけに、1800mの前走・小倉大賞典を使ったことで行きっぷりが良くなれば、上位食い込みの目も出てきそう。力のいる今の阪神は合うはずで、ちょっと気になる伏兵です。

       

      買い目は◎の単勝。

       

      ■ おまけ ■岩手競馬・花巻ひえカレープロジェクト賞予想
      ◎10 トーホウパルサー/2走前の金星が光る。外枠から先手取れれば。
      ○6 アキツシマ/成長急な4歳馬。2番手からでもレースは可能。
      ▲4 ロジカロン/南関東での経験に注目。前が崩れれば台頭。
      △5 コスモタウルス/4連勝中の成長株。
      ×1 スパンコール/◎と再三の接戦歴。逆襲狙う。


      フィリーズレビュー予想 byびぜんや

      0

        来年のJBC競走が京都で行われることになりましたね。
        地方競馬の祭典を中央でやるのは……との意見もあるようですが、南部杯を緊急避難的に東京でやった過去もありますし、JBCは地方持ち回りといいつつ首都圏での開催が多く、マンネリ気味になっていたのも事実。カレンダーのことも考えれば、これはこれで面白い判断なのではないでしょうか。
        ただ、どうせ中央でやるなら、思い切ってJBCの開催経験がない九州(小倉)や北海道(札幌・函館)でやってみても面白かったんじゃないかなぁ、などとも思ってしまいますが。

         

        ◎15 レーヌミノル
        小倉2歳Sを6馬身差で圧勝し、京王杯2歳Sで2着、阪神JFで3着と、ここでは断然の実績を誇ります。
        前走・クイーンCでは4着に敗れていますが、逃げきり至難な東京マイルでハナを切る形になってしまった展開の綾がありましたし、背負っていたのも他馬より重い55キロ。なによりタフな東京芝1600mはこの馬には長すぎたと思われ、その条件下での0.5秒差は評価できます。
        賞金的にはトライアルをスキップし、クイーンCから桜花賞に直行することも出来たはずですが、あえてここを挟んできたというのは、桜花賞やNHKマイルCよりも距離の短いここの方が確実に「稼げる」と踏んだからでしょう。
        ここは人気でも逆らえません。

         

        ○14 ビーカーリー
        2歳時には小倉2歳S→デイリー杯2歳S→朝日杯FSと牡馬相手に重賞を戦ってきた女丈夫です。
        朝日杯では1.0秒差10着とG気諒匹膨靴擁屬気譴審聞イ砲覆蠅泙靴燭、トラスト、アメリカズカップといったメンバーと差のない競馬をし、ダンビュライトには先着。牡馬重賞級と差のないポテンシャルは示しています。
        年が明けてからは牝馬限定のオープン特別で3着、7着と微妙な成績ですが、紅梅S3着は直線での不利、エルフィンS7着は距離と敗因は明らか。
        ここは改めて見直したい素質馬です。

         

        ▲9 ベルカプリ
        今回はアズールムーンとともに逃げ候補と目されていますが、2番手以下からでもレースは可能。未勝利戦では好位からの競馬でアドマイヤミヤビの2着に粘り、デイリー杯2歳Sでは番手からの競馬で0.2秒差5着と、むしろ好位からのレースの方が好結果を残していますから、ここは内枠のアズールムーンを行かせてベルカプリは番手から……というのが理想のシナリオになります。
        休み明けの前走を叩いて上積みが期待出来ますし、良馬場でレースが出来そうなのもプラス。流れ次第で一発、の期待が持てます。

         

        △12 シグルーン
        デビュー戦ではカデナを下していた素質馬。続くアルテミスSでも上位には離されたとはいえ3着を確保し、力のあるところを見せています。
        前走・阪神JFでは14着に大敗していますが、中間に寝違いがあって調整に狂いがあった上に、レース中に骨折していたということでこれは完全に度外視可能。
        いまだ底を見せておらず、人気の盲点になっている感があって、ここが買い時です。

         

        ×は人気どころから6 ジューヌエコールと、16 カラクレナイを抑えます。

        買い目は◎からの馬連流し5点。○の単複も抑えます。


        弥生賞予想 byびぜんや

        0

          競馬新聞を開くと、重賞の馬柱の側に載っているのが、過去10年の同一重賞の結果一覧表。
          今年はその1番上、10年前の欄にウオッカ、アストンマーチャン、ダイワスカーレットの「三強」が桜花賞で激突した年のレース結果が載っています。あれからもう10年が経つんですねぇ。
          あの年は「三強」のみならず、ピンクカメオがNHKマイルCで超高配当を叩き出すわ、「三強」が留守になったオークスでローブデコルテがレコードを叩き出すわ、ハイレベルな牝馬が暴れに暴れまくる春となったのでした。


          今年の春も10年前同様、牝馬のレベルの高さが目立っている感じ。
          その10年前のチューリップ賞では、ウオッカがダイワスカーレットを完膚無きまでに叩きのめし、「桜は決まった」というムードになったものですが、結果は……。
          今年の桜花賞戦線では、チューリップ賞が終わって、ソウルスターリングが大きく抜け出した感じがありますが、さて、このまますんなりとソウルスターリングで決まるのか、それとも歴史は繰り返されるのでしょうか。


          ◎11 カデナ
          デビューから4戦連続で上がり最速をマークしている切れ者です。
          未勝利戦ではガンサリュートを捩じ伏せ、百日草特別では直線で不利がありながらアドマイヤミヤビの2着と、後の重賞上位馬と早い時期から刃を交えてきた経験は、混戦の戦国トライアルで生きてきそう。
          初めてのコーナー4つのレースとなった前走・京都2歳Sでは、モノが違うとばかりに直線だけの競馬でライヴァルを切り捨てており、中山向きのセンスの高さも証明済みです。


          ○9 ダイワキャグニー
          前走・セントポーリア賞では好位追走から脚を伸ばし、後続に2馬身差をつける快勝劇。2着のエトルディーニュが続く共同通信杯で2着に入っていたことから計れば、この馬にも重賞級の力があると見ていいでしょう。
          2戦2勝は東京芝1800mでのもので、コーナー4つの右回りとなる今回は未知数の部分もありますが、難なく好位からレースを進められるレースセンスは中山でこそ生きてきそう。
          ここで一気に皐月賞の有力候補に名乗りを上げてきそうな勢いのある新星です。


          ▲7 コマノインパルス
          葉牡丹賞ではクラシック最有力候補の呼び声も高いレイデオロを相手に、見せ場を作っての2着。続く前走・京成杯では戦ってきた相手が違うとばかりに、1番人気に応えて見せました。
          ここ2走、中山芝2000mの、しかもハイレベルなレースを戦って連対を確保してきた経験はライヴァルにはないアドヴァンテージ。
          目標は当然次のレースですが、レイデオロを本番で逆転するためには、ここで取りこぼすわけにはいきません。


          △10 マイスタイル
          良馬場の新馬戦で3着に敗れたあとは、重馬場の未勝利戦を勝ち上がり、重馬場のシンザン記念で5着。前走・こぶし賞では稍重の馬場で勝利と、いまだ良馬場でのベストパフォーマンスが計れない惑星です。
          ここまではマイルを中心に戦ってきましたが、血統的には距離が伸びてよさそうなタイプ。マイルでも先行できるセンスは小回りの中山に合いそうで、大きな変わり身が期待出来ます。


          ×は良血馬・3 グローブシアターと、距離再延長で前進に期待・1 ベストアプローチを指名します。

          買い目は◎からの馬連流し5点。


          中山記念予想 byびぜんや

          0

            土曜日は日帰り伊豆旅行に出かけていました。
            伊豆は東北から行こうとすると「東京の向こう」という感じで遠隔感があり、信州から行こうとすると行く手には富士山が立ちはだかり……でなかなか行きにくく、これが初めての伊豆旅行でした。
            三島にたどり着くまでにドタバタしてしまい、たどり着いたらイヴェントや施設が終わってしまっていた……なんてことも再三。それでも、伊豆急の車内から見るコバルト色の相模灘はまさに心が洗われるような絶景で、競馬を離れた休日をしっかり満喫できました。

             

            そんなわけで松本に帰って来たのは日付が変わる直前。いつもより遅れての予想公開になってしまいました。


            ◎1 ネオリアリズム
            もともとリアルインパクトやアイルラヴァゲインの弟として注目され、地道にしかししっかりと実績を積み上げてきましたが、昨年遂にブレイク。
            小倉大賞典3着できっかけを掴むと、札幌記念ではモーリス以下を完封。マイル初挑戦となったマイルCSでもいきなり3着に入り、血筋の正しさを窺わせました。
            マイルでも好位につけられるスピードと、どこからでも競馬が出来る自在性は、開幕週の小回り中山にぴったりフィットしますし、距離延長はもちろん問題なし。折り合いに不安の残る馬だけに、先行馬が揃って澱みのない流れになりそうなメンバー構成も追い風になりそうです。

             

            ○7 アンビシャス
            末脚の破壊力は現役屈指。
            昨年の中山記念ではドゥラメンテに冷や汗をかかせ、大阪杯ではキタサンブラック以下G鞠錬菊に後塵を浴びせた切れ者です。
            今回は昨年の天皇賞・秋以来の始動戦となりますが、休み明けのG兇任海塾呂鯣揮するタイプだけに、むしろここが狙いどころ。
            開幕週の馬場もこの馬の切れ味を生かすには絶好の条件で、ここも大物食いが期待出来ます。

             

            ▲3 ヴィブロス
            昨年の秋華賞馬が始動します。
            昨年の今頃は「その他大勢」扱いの1勝馬でしたが、夏に中京の条件戦を勝ち、その勢いのままに紫苑S2着→秋華賞勝ちと大躍進。福永騎手を鞍上に迎え、小回りのタイトなコースで末脚を生かすスタイルが確立されたもあるでしょうし、肉体的にも夏場以降に成長を遂げたのが躍進の要因でしょう。
            4歳になった今も馬体は増えているということで、ここはさらなる成長も期待してよさそう。牡の古強者相手にどんなレースを見せるか、注目したい始動戦です。

             

            △9 ロゴタイプ
            皐月賞、朝日杯FSと中山G気鬘仮,掘中山記念では昨年こそ崩れましたが、一昨々年に3着、一昨年に2着と好走。昨年のダービー卿チャレンジTでもハンデが5キロ軽いマジックタイムを相手にクビ差の2着と結果を残している、現役きっての中山巧者です。
            昨年は安田記念でモーリス以下を完封し、前走・香港マイルでも後手を文ながら0.2秒差5着と健闘、父・ローエングリン譲りの息の長い活躍を見せており、衰えはまったく感じられません。ここも地の利を武器に、好走は必至です。

             

            ×は中山では馬券圏内を外していない4 リアルスティールを指名します。

             

            買い目は◎からの馬連流し4点。


            フェブラリーS予想 byびぜんや

            0

              今週は火曜日に突然の高熱に見舞われ、その後も体調不良が続いています。
              どうやら先週金曜日に東京出張に行ったときか、土曜日に東京競馬場に行ったときに、何かに観戦した模様。
              そういえば以前にも、ヨメさんが京都競馬場に行ったときにインフルエンザをもらって来た……? とか、私が競馬帰りに買った寿司にノロウイルスが紛れ込んでた……? ということもありました。
              競馬観戦の際はくれぐれもお気をつけ下さい。

               

              ◎はモーニン
               


              京都記念予想 byびぜんや

              0

                土曜日は今年最初の府中遠征に行ってきました。
                午前中は風が強く、寒い思いもしましたが、風の弱まった午後は日向ぼっこ感覚での観戦。「やっぱり東京はあったかくてええのぉ」などと、信州人丸出しなことを呟きながら、パドックへ、ターフィーショップへ、日吉が丘へと右往左往していました。
                馬券の方は。
                東京の3歳萌馬勢2頭は力不足を露呈し。
                京都の4歳萌馬勢2頭は重馬場に持ち味を殺がれ。
                東京でまともに予想したレースは軸馬4着5着の惜敗ばかり。
                京都でまともに予想したレースがふたつ的中した(買い間違えた馬券が的中というラッキーも……)ものの、リカバリするには至らず。
                まぁそれでもダメージの残る大敗には至らず、まずまず今年最初の競馬観戦を楽しむことが出来ました。


                祝日の競馬ということで込み具合はどうかと思いましたが、翌週にG気鮃気┐討い襪擦い、場内の人出は少なめでのんびりムード。
                イヴェントもほとんど行われておらず、珍しくベーシックな冬枯れムードの東京競馬場を楽しんできました。

                 

                それでは京都記念の予想を。
                京都の日曜開催が微妙なので、おまけで共同通信杯の予想も書いておきます。

                 

                ◎4 スマートレイアー
                重賞3勝のヴェテラン牝馬が今年も現役続行。その始動戦に京都記念を選んできました。
                重賞勝ちが1400m戦1勝とマイル戦2勝ということで2200m戦はいかにも距離が長いように感じられますが、昨年のエリザベス女王杯では0.1秒差5着と差のない競馬をしていますし、かつては秋華賞でデニムアンドルビーらを退けて2着の戦歴もあって、距離をこなす下地は整っています。
                京都外回りは先行馬がしばしば穴を開ける舞台で、この京都記念でも先行策を取った伏兵が待機策を取ったビッグネームを退ける下剋上が何度も起きています。
                人気どころが仕掛けどころを誤れば、先行力のあるこの馬がすいすい押し切るシーンも十分にあり得るとみて、本命に指名します。

                 

                ○3 マカヒキ
                昨年のダービー馬が始動します。
                凱旋門賞では14着と苦杯を喫しましたが、デビュー戦からニエル賞まで、皐月賞で2着に敗れたのみの6戦5勝で駆け抜けた実力者。ここは巻き返しが期待されます。
                京都は新馬勝ちに、ブラックスピネルらをあっさり退けた若駒S勝ちの実績があり、コース適性は問題なし。距離ももちろん守備範囲です。
                57キロを背負い、国内では古馬と初対戦となりますが、サトノダイヤモンドやエアスピネルといったライヴァルが古馬相手に結果を残している中、世代屈指の実力者が後れをとるわけにはいきません。
                目標は先でしょうが、ここも格好はつけてくれるはずです。

                 

                ▲6 サトノクラウン
                前走・香港ヴァーズでは、BCターフを勝ち凱旋門賞で2着に入った大物・ハイランドリールを一蹴する大物食いを見せてG欺虱ゾ 昨年の皐月賞で1番人気に支持され、日本ダービーで3着に入った素質を開花させました。
                昨年のこのレースでは、相手が手頃だったとはいえ3馬身差の圧勝を飾るなど、勝つときは派手ですが、一方でふた桁着順も3度記録。勝つときと負けるときの差が激しい個性派で、1番人気になったのは皐月賞の1度きりというあたりに、この馬の「強いけどアテにならない」個性が表れています。
                言い換えれば、手強い相手がいてアテにされていないときほど燃える男。1歳年下のダービー馬相手に、ディフェンディングチャンピオンが闘志を燃やします。

                 

                △10 ガリバルディ
                昨年は中京記念を制し、マイルCS、富士Sでも最速上がりをマークしながら、差のないレースをしていましたが、今回は一転、2200mの舞台に転進してきました。
                京都2200mでは京都新聞杯で3着の実績があり、モーリスやアズマシャトルらに先着、サウンズオブアースとハナ差の激戦を演じていたのですから、2年9ヶ月ぶりのこの舞台設定に期待が高まります。
                マイルで脚を溜め、末脚を生かすレースを覚えたことは、距離が大きく伸びる今回こそ生きてくるはずで、強敵相手に未完の大器覚醒……のシーンがあるかもしれません。

                 

                ×は逃げイチ・2 ヤマカツライデンを指名します。

                 

                買い目は◎からの馬連流し、相手にはミッキーロケットを加えた5点。

                 

                ■ おまけ ■ 共同通信杯予想
                ◎5 エアウィンザー/3戦連続上がり最速の素質馬。東京は合う。
                ○1 スワーヴリチャード/強敵相手の重賞2着が光る。発馬五分なら逆転も。
                ▲4 ムーヴザワールド/新馬戦で◎に勝った戦歴。ここからクラシックに名乗り。
                △7 ビルズトレジャー/末脚には自信あり。距離短縮はブラス。
                ×8 エトルディーニュ/逃げ馬不在のメンバー構成で、先行力を生かせそう。


                東京新聞杯予想 byびぜんや

                0

                  先週は某温泉地で新年会兼社員旅行だったんですが(そして社員旅行の最中にこっそり部屋にこもって萌え四コマ誌を読了するというマイペースぶりを発揮していたんですが)。
                  今週金曜は接待、来週金曜は歓迎会と、なんだか呑み続きだったりします。
                  来週は東京で会議なので、そのまま東京に残ってクイーンCを観戦しようと思ってたんですけど、松本に帰って来なければならなくなってしまいました。
                  ままならないものです。


                  ◎10 ヤングマンパワー
                  昨年は、今回と同じ舞台の多摩川Sを買ってオープンに返り咲くと、関屋記念、富士Sと左回りのマイル戦で3連勝を飾りました。
                  集大成として臨んだマイルCSでは16着に惨敗しましたが、これは相手強化に加えて初めての京都、バルザローナ騎手への乗り替わり、前残りの流れといった要因が重なってのもの。
                  今回は相手が手頃になりますし、得意の左回り戻り、鞍上も相性のいい戸崎騎手にチェンジ。ある程度間隔をあけてフレッシュな状態のときの方が走る馬でもあり、今回は反撃を期待出来ます。


                  ○7 エアスピネル
                  昨年のクラシックでは皐月賞5位入線(4着に繰り上がり)、ダービー4着、菊花賞3着と距離を伸ばすごとに着順を上げてはいましたが、本質はやはりマイラー。
                  前走・京都金杯では序盤折り合いに苦労しながらも、直線は早め先頭から押し切る堂々の横綱相撲を披露し、その素質を改めて示しました。
                  今回も引き続きのマイル戦。重賞2勝がいずれも京都マイルだったため、東京へのコース替わりが気になるところですが、日本ダービーで0.4秒差4着という戦歴を考えれば、左回りも、タフな東京マイルも問題なくこなせるでしょう。


                  ▲5 プロディガルサン
                  もう少し穴人気するのかと思っていたのですが、前日売りでは7番人気。これは手を出してみたくなりますねぇ。
                  重賞未勝利とはいえ、東スポ杯2歳S2着、セントライト記念ではディーマジェスティ、ゼーヴィントを相手に見せ場を作って3着という実力者。マイル戦は久々となりますが、東京マイルでのデビュー戦を勝ち上がっており、舞台適性に問題ありません。
                  馬券に絡んだ4度はすべて前走から間隔をあけたフレッシュな状態のときに挙げていますから、菊花賞以来となる今回はこの馬の好走パターン。
                  白富士Sを除外になってのマイル転戦ですが、ここで思わぬ活路が開かれるかもしれません。


                  △3 マイネルアウラート
                  年末のリゲルSでサトノラーゼンらを引き連れて逃げきると、続く前走・ニューイヤーSでは早め先頭からグランシルク以下を突き放して快勝。いずれも7番人気を覆しての快勝でしたが、こうなるともう伏兵扱いすることは出来ません。
                  昨年のこのレースではスマートレイアーにペースを握られながらも踏ん張って3着、富士Sで好メンバー相手に見せ場を作って4着と結果を残しており、コース適性は十分。
                  難なく先手を奪えそうな相手関係ですし、3連勝も十分に期待出来ます。


                  ×は同舞台のキャピタルSで圧巻のパフォーマンスを見せた6 ブラックムーンを指名します。

                  買い目は◎からの馬連流し、ヒモにはブラックスピネルを加え、さらに○▲のタテ目も抑えた計6点。


                  シルクロードS予想 byびぜんや

                  0

                    今週末は会社の新年会で某温泉地に隔離されてしまうので、早めに予想投下です。


                    それにしてもついにホープフルSがG犠些覆任垢。これでもう少しはましなメンバーが揃うようになるんですかね。
                    ホープフルSがG気砲覆襪らいなら札幌記念や毎日王冠、阪神CあたりもG気砲覆辰討發いい茲Δ糞いしますし、共同通信杯やチューリップ賞、ユニコーンS、平安SあたりのG蕎些覆諒が先じゃないかという気もするんですが。
                    あと、米子SのG軍幣紊→サマーマイルシリーズ組み込みもぜひ。

                     

                    ◎10 ネロ
                    昨年は韋駄天S、アイビスSDで続けて2着に入り直千巧者ぶりを示しましたが、その後セントウルSではビッグアーサーの2着に入り、前走・京阪杯では電撃戦では決定的といえる4馬身差で圧勝。一線級のスプリンターとして完成されてきました。
                    今回も引き続き京都芝1200mで重賞連勝の期待大。前走の着差を考えると、0.5キロ増えただけのハンデ57.5キロは恵まれた感もあります。その気になればハナを奪うことも可能な組み合わせですし、もちろん逃げなくてもレースは可能。再び圧巻の走りを披露してくれそうです。

                     

                    ○5 ソルヴェイグ
                    昨年はフィリーズレビューを8番人気で制し、函館SSは12番人気の低評価を覆してのV。スプリンターズSでも9番人気ながら2着に入って短距離戦線の高配メーカーとして活躍しましたが、古馬となった今年はスプリント戦線の中心選手として人気を背負いそうな存在です。
                    過去の戦績を見れば休み明けのフレッシュな状態の方が結果を残せていますし、開催が進んで時計のかかる馬場も合いそう。ここも上位争いは必至です。

                     

                    ▲11 セイウンコウセイ
                    芝中距離、ダート短距離と転戦しながら、7戦目で初勝利を挙げた苦労人。
                    その後は芝短距離に路線を定め、6戦4勝の快進撃で重賞に駒を進めてきました。
                    ここまではハナを切って押し切るレースが目立ちましたが、前走・淀短距離Sでは好位追走から33.8秒の上がりでまとめる磐石の横綱相撲で完勝。脚質に幅を加えた今なら、初挑戦の重賞もそのまま突破してしまいそうに思えます。加えて右回りの芝短距離は【3,0,0,0】。ここが電撃戦線に新星誕生、のエポックとなるかもしれません。

                     

                    △7 ダンスディレクター
                    昨年のこのレースを勝ったあとは脚部不安で休養。復帰後もセントウルS7着、スプリンターズS15着と本来の走りは取り戻せませんでした。
                    しかしスワンS4着できっかけを掴むと、続く前走・阪神CではスーパーG兇旅っぽいメンバー相手に僅差の4着。ようやく「らしさ」を取り戻してきました。
                    今回は大幅に相手が軽くなりますし、ハンデはトップハンデとは言っても、昨年から0.5キロ増しの57.5キロ。強敵と幾度も刃を交えてきた強豪が、格の違いを見せつけます。

                     

                    ×は最内から一発狙う1 ラインスピリットと、冬に怖い高齢馬3 アースソニックを指名します。
                    買い目は◎からの馬連流し5点。


                    アメリカJCC予想 byびぜんや

                    0

                      星野仙一氏の野球殿堂入りが決まりましたね。
                      私は仙台出身のドラゴンズファン、星野氏がタイガースの監督をやっていたときにはちょうど大阪に住んでいましたから(タイガースが優勝したときは梅田まで号外もらいに行きました)、当然の如く星野仙一ファンだったりします。
                      「昔はよかった……」みたいなことはあまり言いたくありませんが、「鉄拳制裁星野」なんて応援幕が平然とナゴヤ球場に掲げられていたり、乱闘要員がベンチ入りしていたり、なんともあのころは奔放だったのだなぁ、と、第一次星野政権当時のスポーツ新聞や野球雑誌を眺めながら、しばし懐かしんだのでした。

                       

                      戯れに星野竜初Vの時のトーチュウの競馬面を開くと、折しもその週末は東京開幕週。
                      まだSS旋風が吹き荒れる前、関東騎手リーディング欄に「柴田政人」「増沢末夫」の名があり(関西のレースは掲載なし)、「3歳400万下」のサフラン賞には後の三冠馬の祖母・エレクトロアートの名を見つけることが出来ました。
                      さすがにここまで古い新聞だと、懐かしいを通り越していろいろ発見がありますね。

                       

                      ◎2 クラリティスカイ
                      一昨年のNHKマイルCの勝者であり、たった1度だけ行われただけで改名した希少な重賞・いちょうSのウイナーです。
                      NHKマイルCを制したあとはふた桁着順が続き、早熟だったかとも思われましたが、昨秋の京成杯AHで4着に入ってきっかけを掴むと、距離を伸ばしたアイルランドTで3着、前走・中山金杯で2着に入り、復活勝利も目前のところまで来ています。
                      マイル重賞2勝の実績からマイラーと思われがちですが、皐月賞ではキタサンブラックと接戦を演じ、サトノクラウンには先着していた実力者。中距離戦での復活は意外ではなく当然というべきでしょう。

                      このレースは有馬記念や中山金杯など、中山重賞からのステップで臨んだ馬が毎年のように連絡みしているデータも後押し。今回は未知の2200mに距離が伸びますが、立ち回りひとつで対応可能と見ます。

                       

                      ○4 シングウィズジョイ
                      重賞2勝の実績があったにもかかわらず、前走・エリザベス女王杯では12番人気の低評価。それまでコーナー4つのG気任錬隠恵紂■隠庵紊鳩覯未鮖弔靴討い覆ったのですから、当然といえば当然の低評価ではあったのですが、蓋を開けてみれば早め先頭から粘りに粘り、あわやのシーンを作ってクビ差の2着。展開や相手関係に恵まれたのも事実ですが、あれだけ見せ場たっぷりのレースは偶然だけでは出来ないでしょう。
                      今回は牡馬相手となりますが相手が揃った感じはしませんし、舞台はターコイズS勝ちの実績がある中山。今回は見せ場以上の結果も期待してよさそうです。

                       

                      ▲10 ゼーヴィント
                      ラジオNIKKEI賞を勝ち、セントライト記念、福島記念で2着。今年は中距離戦線の中心選手として期待される4歳馬です。
                      今回と同じ舞台で行われたセントライト記念では、ディーマジェスティに交わされ、プロディガルサンにも差されたかというところから盛り返してクビ差の2着。3着以下には1馬身1/4差をつけていましたから、負けて強しといえる敗戦でした。
                      今回はディーマジェスティのような強敵は不在ですし、差しの利く今の中山なら、前走のように逃げ馬にまんまと逃げきりを許すようなことはないはず。
                      ここで重賞2勝目を挙げ、いよいよG祇鐇を視界に収めます。
                       

                      △1 ミライヘノツバサ
                      4勝すべてをこの中山で、しかも3勝をこの2200mコースで挙げている舞台巧者です。
                      ことに前走・迎春Sでは例年のアメリカJCCの勝ち時計に遜色ない時計で2200mを走破。その時から斤量は1キロ減りますし、叩き2走目の上積みが見込めるとなれば、相手強化は承知の上で期待したくなります。
                      青森・諏訪牧場に生を受けた貴重な東北産馬の走りに注目です。

                       

                      ×は時計のかかる馬場で生きる13 リアファルと、一昨年の覇者・17 クリールカイザーを指名します。

                       

                      買い目は◎からの馬連流し。○▲のタテ目も抑えた計6点。


                      | 1/67PAGES | >>