calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

菊花賞予想 byびぜんや

0

    松本市に「イオンモール」がオープンし、1か月が経ちました。

    駅前にあった「アリオ」が「イオンモール」の開業を機に、敵前逃亡ともいえる撤退をするなど、近郷近在の商圏地図を塗り替えるクロフネ……じゃなかった、“黒船襲来”なのですが。

    鉄道模型の専門店や紅茶の専門店が入っていて、結構気になってはいるんですが。

    未だ、イオンモールには行ってなかったりします。

    夫婦ともども保守的で、あまり新しいものに飛びつきたがらない性分というのもありますが。

    それよりなにより、道の狭い城下町にできた大型店舗ということで、クルマの渋滞が激しいらしいんですよねぇ。

    駅から歩いていけないこともないんですが、ここのところは週末と言えば雨降りで歩くのが億劫ですし、都会と違って電車やバスの数も少ないので、それを調べていくのもちと面倒。

    そろそろ紅茶の買い付けに行きたいところではあるのですが、行きかねています。

     

    ◎はアルアイン


    萌える秋華賞予想 byびぜんや

    0

      スプリンターズSの週からでしたか、JRAのPATに、「マークカード投票」「予想印投票」「パック投票」なるものが加わりました。
      あらかじめ点数の指定されている「パック投票」は……まず使わないかな?
      ここで挙げている予想以外にも、狙っているレースには律義に新聞にシルシを書き込んでいる私としては、「予想印投票」は使えるんじゃないかと思っていたんですが、シルシを打った後のステップが結構面倒で……。
      唯一使えそうなのが「マークカード投票」で、これは「がんばれ馬券」感覚で単複を100円ずつ買いたいときや、「流し馬券で◎○だけ厚く買いたい」「◎から流すけれど、抑えで○▲のタテ目も……」という時に使えそう。実際にマークカードに書くのと同じ感覚で、ワンタッチでできるのはありがたいですね。

       

      さて、今回は久々の「萌える牝馬限定G詰汁曠轡蝓璽此廖
      今回は秋華賞の有力馬を、イージーだけどしっかり熱いガールズ野球マンガ、ちょこちょこ微百合要素を挟んでくるあたりがこの作者らしい、マウンテンプクイチさんの「球詠」https://bookmeter.com/books/11172991 のキャラクターとリンクさせてみました。


      ◎はアエロリット


      毎日王冠予想 byびぜんや

      0

        もう毎年恒例みたいになっていますが。

        日曜日は毎日王冠を見に、府中まで遠征します。

        3連休が絡んで動きやすいですし、南部杯関係のイヴェントもあるので、いつもこの時期になっちゃうのですよね。

        レースのあとは「ジョッキーベイビーズ」を眺めるか、岩手競馬発売所でハーベストCを観戦するか、はたまた府中の街に繰り出して「Jazz in Fuchu」を楽しむか。

        なかなか悩ましいところです。

         

        ◎7 グレーターロンドン
        前走・安田記念は中間に順調さを欠いての休み明け、しかも重賞初挑戦がG気箸いΔ海箸廼貔錣予想されましたが、ゴール前で鋭く伸びて0.1秒差の4着に追い込み、性能の高さを示しました。
        この敗戦を含めて東京は【4,0,0,1】と、得意にしている舞台。道中は後方で息をひそめ、直線一気に最速上がりをマークして追い込むという豪快なレーススタイルが身上なだけに、やはり直線の長い東京が合っています。
        開幕週の良馬場ならその爆発力はさらに威力を増しそうですし、逃げ馬不在で瞬発力が問われる展開になりそうなのも好材料。ここのところはマイル戦ばかりを使われてきましたが、この距離にも勝ち鞍があり、距離延長にも対応可能です。
        G喫造旅ゥ瓮鵐弌爾揃いましたが、安田記念の時とは違い、今回はライヴァルも調整途上での出走ですし、斤量さもありますから、この馬にもチャンスは十分あります。


        ○12 サトノアラジン
        昨年のマイルCSでは直線の不利で1番人気を裏切り、前々走・京王杯SCでは重馬場に泣かされて1番人気を裏切りましたが、7番人気に評価を落とした前走・安田記念では後方待機から外を鋭く伸びてV。6歳にして悲願のG汽織ぅ肇襪鮗蠅砲靴泙靴拭
        今回は久々の1800mへの対応が鍵になりますが、過去にはこの舞台での快勝劇がありますし、エプソムCでエイシンヒカリの2着、共同通信杯でイスラボニータの3着の実績もあります。
        なにより、芝1800mの持ち時計はメンバー最速。開幕週の高速馬場では、中距離向きのスタミナよりもマイル以下の距離で培ったスピードのほうが要求されるだけに、持ち味を生かすことが出来そうです。
        スムースに回って切れ味を生かしたいだけに、捌きやすい少頭数も、外枠も歓迎材料。春秋マイルG祇覇に向け、いいスタートが切れそうです。


        ▲1 ソウルスターリング
        前走・オークスでは好位追走から早目に先頭に踊り出る競馬。一瞬内からモズカッチャンに差されたかに見えるシーンもありましたが、そこから再加速して差し返し、樫の王冠を手にしました。
        オークスレコードに迫って見せた持ち前のスピードは、土曜日のサウジアラビアRCで2歳レコードが出た高速馬場で大きな武器になりそう。オークスでは直線ふらつくシーンも見られただけに、距離はマイル〜2000mくらいが合いそうで、距離短縮はプラスと見ます。
        待機型が揃ったメンバーの中で、スピードに裏打ちされた先行力はアドヴァンテージになるはず。
        古馬の強豪牡馬にプレッシャーを受ける展開は楽ではないでしょうが、それを跳ね返しそうな強靭さを持ったニューヒロインです。


        △8 リアルスティール
        今回と同舞台で行われた共同通信杯では、ドゥラメンテを差し返す形でV。キタサンブラックやサトノクラウンとも再三好勝負を演じてきた、現役屈指の強豪馬です。
        今年はドバイターフ連覇を目指して渡航したUAEで鼻出血を発症し、無念の帰国。その後はここへ向けてじっくり調整されてきました。
        ぶっつけで天皇賞・秋を使われた昨秋より順調度は上ですし、その天皇賞・秋で2着に入っているように休み明けから動けるタイプ。ここもいきなりから勝負になるでしょう。
        重賞2勝は共同通信杯、ドバイターフと、強豪相手に1800mの距離で挙げており、この距離こそがベストパフォーマンスを発揮できる舞台。
        円熟期に入った強豪の走りに注目です。


        ×は距離短縮で才能発揮できそうな2 マカヒキ、皐月賞ではスムースさを欠きながら小差・11 ウインブライトを指名します。


        買い目は◎の単勝と、シルシの各馬へのからの馬連流し5点。

         

        ■ おまけ ■ 岩手競馬・ハーベストC予想

        (盛岡芝1000m/M3)

        ◎8 エーシンシャラク/距離短縮、コース替わりはプラス。エイシンヒカリの半兄、快速の血が騒ぐ。

        ○5 プリムラブルガリス/中央重賞上位の快速が生かせる舞台でいよいよ本領発揮。

        ▲2 コウセン/桂樹杯で鮮やかな逃げ切り。ここも好枠からスピード生かす。

        △1 ウインミラージュ/当舞台4勝のスペシャリスト。


        スプリンターズS予想 byびぜんや

        0

          おかげさまで、「週刊萌馬」は今週で開業12周年を迎えることが出来ました。
          いつも足を運んでいただいたいる皆様に、ここからお礼を申し上げます。

           

          書いてきた記事はこの記事までで2359件。
          最近はグリーンチャンネルの「重賞メモリアル」などを眺めつつ記事を見返して、「あの頃はこんな予想していたんだなぁ」などと懐かしんで楽しんでいたりしまして、これも長くやっていた賜物かなと考えています。

          今後も懲りずにあさってな予想を夫婦で繰り出していこうと思っていますので、かわらずご贔屓いただきますよう、よろしくお願いします。


          ◎はワンスインナムーン


          スプリンターズS 先取り展望

          0

            オールカマー 実際の買い目
            【月見亭】複勝 6,11,12 ワイドボックス 6,11,12 三連複軸2頭流し 6,12−総流し
            【びぜんや】単勝 11,15 複勝 11,15 馬連流し 15−3,6,8,9,11,14


            月見亭「内を貫き一刀両断、女王の座へ繋がった真紅の走路! オールカマーを勝ったのは私の◎ルージュバック!」
            びぜんや「好発を決めて先行集団でレースを進め、ロスなく立ち回って最後は出色の切れ味を発揮した。北村宏騎手らしいそつのない乗り方だったね」
            月見亭「2200mのG兇鮴して、エリザベス女王杯に好発進」
            びぜんや「なぜか牝馬限定戦だと勝ち切れないところが不安材料ではあるけどねぇ。京都の試走という意味でも、前から切れる脚を使えたのは大きいな」
            月見亭「2着はステファノス」
            びぜんや「こちらも前めで立ち回り、逃げ込み態勢に入ったマイネルミラノを捕まえに行ったが、内から勝ち馬の強襲に遭った。詰めの甘さは健在だが、始動戦としては合格点か」
            月見亭「3着は中団から脚を伸ばしたタンタアレグリア」
            びぜんや「勝負どころで不利を受けたのが痛かったが、そこから盛り返してきたのは地力の証だろう。今日は先行馬に有利な流れだったし、この結果ならまずまず」
            月見亭「キミの◎カフジプリンスは見せ場なく13着」
            びぜんや「残り4ハロンでピッチが上がると、そこからついていけなくなった。小回りコースで器用さを求められると厳しかったか……」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(◎▲△)で単勝と馬連が的中も、馬券の方は三連複軸2頭のもう片方、デニムアンドルビーが8着でハズレ。ルージュバックの複勝はかすったけれども」
            びぜんや「僕は(−▲○)でハズレ。これで夏のシーズンは13戦全敗でフィニッシュだ」
            月見亭「ある意味潔い……。というわけで夏の予想バトルは私の勝ちだけど、私も的中3回でうち2回は取って損、回収率19%じゃ威張れないわね」
            びぜんや「記録的冷夏のことは忘れよう。来週からはG汽掘璽坤鵑スタート、その開幕戦はスプリンターズSだ」


            オールカマー予想 byびぜんや

            0

              会社の若い者と話をしていると、「自分、趣味とかないんスよ。何か見つけたいと思うんですけどね」などと、定年後の燃え尽きサラリーマンみたいなことを言い出す者が何人かいることに驚かされます。……まぁ、隠してるだけかもしれませんが。

              私は競馬に読書、料理に鉄道模型、昔は熱帯魚飼ってたりといろいろ興味を広げてますし、ヨメさんも実家の家族も同様。趣味がない、という状況があまり想像できないのです。

              このままでは「趣味がなくて、家にいてもつまらないんで、休日だけど会社に出てきました」なんて社畜が量産されかねません(実際いるんだ、そういうヴェテラン社畜が……)。

              日曜日を楽しく過ごすためにも、若い者に競馬とか教えてみるのも、福利厚生と社員教育の一環になるのかもしれません。

               

              ◎15 カフジプリンス
              昨年は札幌の名物レース・阿寒湖特別を制し、菊花賞では3番人気に推された素質馬。
              その後も超長距離戦線を歩み、グレイトフルS勝ち、ダイヤモンドS3着などの戦績を収めてきました。
              しかしこの夏は長距離レースが少ないこともあってかサマー2000シリーズに矛先を向け、小倉記念でいきなり掲示板を確保すると、続く前走・新潟記念では前残りの流れにも乗じ、12番人気の低評価を覆す3着に激走、新境地を開いて見せました。
              今回、休み明けの実績馬に対しては使われてきた強みがありますし、1ハロンでも距離が延びるのはプラス。待機型が揃ったメンバー構成で、先行力のあるこの馬には展開の利もあります。
              中山コースにも実績があり、一発の魅力十分です。。


              ○9 タンタアレグリア
              前走・AJCCでは進路がふさがるような場面がありながらも、力強く抜け出して完勝。G僑加紕臆鵝天皇賞・春でも4着に入っている実力者が初のタイトルを手に入れました。
              昨年のセントライト記念でも好メンバーが揃った中、キタサンブラックから0.2秒差の6着に入っており、このコースは得意コースと言えます。
              今回はAJCC以来のレースとなりますが、前走もセントライト記念も休み明けで好走しており、問題なし。いきなりから好勝負が期待できる実力者です。


              ▲8 ステファノス
              今年の大阪杯でキタサンブラックの2着に入るなど、G気韮加紕害鵝■鈎紕臆鵑寮鑪鬚鮓悗觴体麓圈
              G鞠呂不在のここでは明らかに格上ですし、それが56キロで出走できるというのは大きい買い材料です。
              前走・安田記念7着は久々のマイル戦ということで度外視可能。距離再延長と相手弱化で前進を期待できます。
              休み明けはあまり走りませんし、目標はまだ先ですが、無視することはできません。


              △3 ショウナンバッハ
              今回と同舞台で行われた昨年のAJCCでは3着に好走。昨年のこのレースでも6着とはいえ、3着争いに絡んでゴールドアクターから0.4秒差に好走しているコース巧者です。
              AJCC3着のあとは13戦連続で馬券に絡めていませんが、ダービー卿CTと福島テレビOPで最速上がりをマークし、前走・関屋記念でも32.9秒の上がりを使って0.5秒差にまとめるなど、末脚には復活の気配が見えており、勝ち馬から差のないところにまとめられるようになってきています。
              マイルから走り慣れた距離、それも実績のある中山芝2200mへの舞台替わりは明らかにプラス。エンジンのかかりが遅いタイプだけに、マクりの決められる中山の外回りは合っています。


              ×は北海道帰りの2頭、丹頂Sできっかけを掴んだ11 マイネルサージュと、G蕎絨未両鈩14 モンドインテロを指名します。


              買い目は◎からのワイド流し5点。


              ローズS予想 byびぜんや

              0

                この連休は岩手・水沢の実家に帰省するので、金曜夜のうちに予想を公開します。

                ただでさえ春の実績馬の仕上がり具合に成長度合い、夏の上がり馬との実力比較が難しいトライアル。

                そこに持ってきて今週はどんな馬場状態で行われるかどうかも分からない……どころか、開催されるかどうかも分からないという状況下での予想。

                無茶としか思えませんね。

                まぁ、外れた時の言い訳は山ほどできるので、気楽と言えば気楽ですが。

                 

                ◎16 カワキタエンカ
                重馬場の千両賞ではアルアイン、キョウヘイというのちの重賞勝ち馬に続く3着に入った戦績があり、桜花賞では途中からハナを奪って大逃げ、見せ場を作って0.6秒差の7着に健闘した戦歴の持ち主です。
                この舞台で君子蘭賞を勝つなど、1800mは【2,1,0,0】の戦績を残しているベストの距離で、桜花賞からの前進も期待できます。
                始動戦となった前走・三面川特別では、ハナを切ったものの、早くから他馬に絡まれる厳しい展開に。それでも振り切って先頭に立ち、オープン勝ちのある古馬・レッドアヴァンセに必死で食らいついての2着。タフなレースでも崩れなかったところに底力が見て取れますし、ひと叩きしての上積みも期待できます。使われた強みと距離適性、馬場適性を武器に春の0.6秒差を逆転できるとみて、本命に抜擢します。


                ○17 ファンディーナ
                フラワーCで5馬身差の圧勝劇を演じ、1番人気に支持されて意気揚々と挑んだ前走・皐月賞では7着に敗退。
                スローな流れしか経験していなかった牝馬が、皐月賞らしい激流に呑み込まれた形でしたが、それでも見せ場を作って0.5着に踏ん張って見せたのは地力の証明ですし、レース自体もスムースに運べた馬がほとんどいないような乱戦でしたから、この1敗で評価を下げる必要はないと思います。
                デビューしてからの3連勝は、すべて先行して最速上がりをマークして後続を突き放す強い内容。長い直線と最後の坂を意識して、スローの瞬発力勝負になりがちな阪神外回りで、このスピードと決め手は強力な武器になります。

                 

                ▲10 レーヌミノル
                今週の阪神は、台風の影響で各馬の切れ味が殺がれる馬場になりそう。と来れば、稍重の桜花賞で波乱を呼んだこの馬の出番です。
                先行力を武器に、早め早めの競馬で押し切るのがこの馬の持ち味。小倉2歳Sでは後続を6馬身千切った実績もあり、良馬場だろうと渋った馬場だろうと、自分の競馬が出来れば簡単には崩れません。
                マイルからバックストレッチが1ハロン伸びるだけの阪神1800mなら対応は可能。各馬が折り合いと最後の直線を気にしてペースを緩めるようなら、自分から仕掛けてレースを組み立て、独走態勢に持ち込めます。

                 

                △11 メイショウオワラ
                前走・五頭連峰特別は4か月の休み明けで22キロの馬体増が嫌われたか、7番人気の低評価でしたが、終わってみれば2馬身差の快勝劇。道中2番手を進んでいた馬に上がりを32.7秒でまとめられては、後続はなすすべもありませんでした。
                これまで重馬場でしか勝っていなかった馬が、良馬場の瞬発力勝負で古馬を退けたというのは大きな成長点。成長途上だった春とは違った結果が期待できそうです。
                4か月ぶりを叩いた上積みも大きいはずですし、タフな流れにはなりにくいこのコースなら、1ハロンの延長もこなせるはずで、上位争いを期待します。


                ×は当地でレコード勝ちの実績がある6 リスグラシューと、オークス最先着の戦歴を買って2 モズカッチャンを指名します。

                 

                買い目は◎からの馬連5点。良馬場なら枠連にします。

                 

                岩手競馬予想はお休みします。


                セントウルS予想 byびぜんや

                0

                  夜も遅いですし、今週は前フリなしで。

                   

                  ◎3 アルティマブラッド
                  重賞好走歴のある好メンバーが揃った4月の船橋市市政施行80周年記念を勝ってオープン入りすると、昇級初戦の春雷Sではのちにサマースプリントシリーズで活躍するフィドゥーシア、キングハートと接戦を演じて3着。重賞級の素質の片鱗を垣間見せていました。
                  休み明けで左回りのCBC賞13着は完全に度外視できますし、前走・北九州記念は3着争いに加わって勝ち馬から0.3秒差の6着。中山同様に坂のある右回りの阪神なら、さらに上の着順も狙えます。
                  先行馬の少ない組み合わせで、前につけられる強みを生かせれば面白い存在になりそうです。

                   

                  ○7 ファインニードル
                  前々走の水無月Sでは降級馬ということで57.5キロの酷量を背負わされましたが、意に介せず好位から押し切り、1分07秒1の好時計で快勝。開幕戦の時計勝負は望むところで、別定G兇任盥ゾ”藹侏茲修Δ糞で曚あります。
                  前走・北九州記念5着は勝負どころで進路がなくなる不利があっての0.2秒差ですから、度外視可能。阪神芝1200メートルは水無月S勝ちを含む【2,1,0,0】と得意にしており、コース替わりはプラス要素です。

                   

                  ▲14 フィドゥーシア
                  前走・アイビスサマーダッシュでは最後にラインミーティアの強襲に屈しましたが、豊富なスピードを武器に先行し、後続には1馬身半の差をつけての2着。その速力がスプリント重賞でも通用することを示しました。
                  今回は開幕週のレースということで、その快速をいかんなく発揮することが出来そう。今年に入って崩れたのは1400mでしかも稍重でのレースとなった京都牝馬Sだけで、1200mに限れば2戦2勝。距離延長に不安はありません。
                  スプリント戦には珍しく有力な逃げ馬がいない今回、この馬がレースを支配しそうです。

                   

                  △5 プレイズエターナル
                  今回は逃げ馬らしい逃げ馬が不在。開幕週のパンパンの馬場での切れ味勝負になるとみて、穴にはこの馬を指名します。
                  駿風Sでは33.2秒の最速上がりを使って後続を2馬身千切り、続く韋駄天Sでは31.6秒という究極の上がりを使った切れ味自慢。ここ6戦中5戦で最速上がりをマークし、前走・北九州記念でも33.8秒の最速上がりをマークして、9着とは言え勝ち馬から0.3秒差まで迫っています。
                  要は一芸であるその切れ脚がハマるかどうか。この距離も2度目で慣れが見込めますし、豪快な追い込みに定評のある池添騎手とのコンビは魅力で、ヴェテランの一撃に期待します。

                   

                  ×は逃げれば面白そうな4 ツィンクルソードと、アイビスSDの勝ち馬・6 ラインミーティアを指名します。

                   

                  買い目は◎からの馬連流し5点。


                  新潟記念予想 byびぜんや

                  0

                    木曜の夜、珍しくサッカーの日本代表戦の中継を見ていました。
                    「今の日本代表監督って誰だっけ?」
                    「ザッケローニか? いや、ハリルだったかも。野球なら稲葉なんだけどなぁ……」
                    というシロート丸出しな会話をしながらの観戦。
                    私はともかく、月見亭の方はこれでも高校時代、サッカー部のマネジャーだったはずなんですけどねぇ……。
                    その点に関して月見亭曰く、
                    「カタカナの名前はよくわからないのよね」
                    とのこと。
                    競馬ならルメールでもデムーロでもモレイラでも、あるいはオルフェーヴルでもデニムアンドルビーでもテルメディカラカラでも、カタカナの名前はいくらでも覚えられるヒトなんですけどねぇ……。


                    ◎4 ロッカフラベイビー
                    前走・佐渡Sでは道中は最後方で脚を溜め、直線を向いて大外を進出。メンバー中最速となる上がり33.5秒の末脚を繰り出して、ライヴァルを一網打尽にして見せました。
                    33秒台をコンスタントにマークできる爆発力はまさに、新潟外回りにぴったり。200mの距離は【2,2,0,1】とペスト条件、左回りに限ればパーフェクト連対で、52キロのハンデならここでも好勝負が期待できます。
                    前走がプラス18キロの馬体重だっただけに、一度使われた上積みは大きそう。今回は多頭数の内枠を引きましたが、最終週ですから直線では馬群がばらけるでしょうし、なんなら内で馬群を捌くレースも可能で、心配は無用です。


                    ○2 ルミナスウォリアー
                    前走・函館記念では道中中団追走から、まくるようにして進出。4コーナーで先頭を射程圏に入れると、長くいい脚を使ってそのまま後続を突き放し、1馬身半差をつけて重賞初制覇のゴールへ飛び込みました。
                    ここも連勝すれば、サマー2000シリーズの王座に就けるとあって、意欲の参戦。フレッシュな状態の時のほうが走る馬だけに、中6週のゆったりとしたローテーションは吉と出そうです。
                    前走は重馬場での快勝劇でしたが、持ち時計がありますから、良馬場でのレースになるのはむしろ歓迎。新潟の長い直線で、自慢の末脚を炸裂させます。


                    ▲8 フルーキー
                    昨年の新潟大賞典で2着に入り、今年の同レースでも最速上がりをマークして0.3秒差4着に入っている、隠れた舞台巧者です。
                    前走・エプソムCでは9着と、昨年の2着から大きく着順を落としていますが、これは馬群に包まれ、外に持ち出せない不利があってのもの。それでも昨年と同じ走破時計をマークしており、衰えは全くありません。
                    ここ2走より負担重賞が軽くなるのも買い材料で、ヴェテランの反撃が期待されます。


                    △13 トーセンバジル
                    昨年の夏から秋にかけては、渥美特別→阿賀野川特別→オクトーバーSと、左回りの中長距離戦を3連勝していた馬。
                    その後はジャパンC→阪神大賞典→天皇賞・春と、国内最高峰クラスのレースばかりを使われ、阪神大賞典ではサトノダイヤモンド、シュヴァルグランに次ぐ3着と一定の結果を残しました。
                    今回は「自己条件」とも言えるG掘A娃柿に比べれば大幅に相手が手頃になっており、今まで強豪に胸を借りてきた武者修行の成果を試すチャンスと言えそうです。
                    長い直線での瞬発力勝負はのぞむところ。白百合S7着以来となるワンターンの競馬に戸惑わなければ、上位争いは可能でしょう。


                    ×は赤枠の2頭、前走で◎と接戦を演じた5 ロイカバードと、父譲りの末脚が滾る6 ハッピーモーメントを指名します。

                     

                    買い目は◎の単複と、◎からの馬連流し、ヒモにはマイネルフロストを加えた6点。


                    新潟2歳S予想 byびぜんや

                    0

                      プロフィールにもちょこっと書いてますが、twitterもやってます。

                      ユーザー名は @biz331 で、木曜の夜あたりに「今週の期待馬」をつぶやいたり、ブログ更新のお知らせや、レースの感想をつぶやいたりしています。

                      ブログと合わせて、そちらもよろしくお願いします。

                       

                      ◎13 シンデレラメイク
                      中京のデビュー戦では、中団追走から荒れた内側が空いたところを衝いて進出。先頭に並びかけたところからさらに突き放し、後続に5馬身差をつける完勝劇を演じました。
                      息の長い末脚は新潟の外回りで威力を増しそうですし、荒れ馬場も気にしないタフさは、開催が進んで差しが決まる今の馬場にマッチします。
                      さらに、前走で見せたレース巧者ぶりも1勝馬同士のレースでは大きなセールスポイント。血統的にも、余裕のあった前走の勝ちっぷりから見ても、距離延長は問題ないはずで、ここは総合力の高さで他馬を上回ると見ます。


                      ○1 ムスコローソ
                      東京でのデビュー戦では、中団追走から手ごたえよく抜け出すと、あとは後続を突き放す一方の快勝劇。5馬身差退けた2着馬が先週の札幌未勝利戦を3馬身差で勝ちあがり、3着馬ものちに新潟で勝ち上がるという相手関係でしたから、中身の濃いデビュー勝ちでした。
                      デビュー戦で最速上がりをマークした末脚は、もちろん新潟でも威力を発揮するはず。平坦の新潟ならマイルへの延長も対応可能でしょう。追い切りでは土曜日のオープン特別・BSN賞で3着に入ったアルタイルと互角の動きを見せ、態勢は万全です。


                      ▲5 オーデットエール
                      単勝1番人気に支持された前走・新潟新馬戦では、最後方追走から直線は持ったままでポジションを上げると、ぐいぐいと伸びて差し切り勝ち。息の長い、破壊力のある末脚が印象に残りました。
                      前走は残り2ハロンからの瞬発力勝負を差し切りましたが、タイプ的にはある程度流れてくれたほうが持ち味を発揮できそう。前走を逃げて勝ってきた馬や、1400mからの転戦馬も多い今回のほうが、展開が向いてくれそうです。


                      △4 グランデウィーク
                      福島芝1800メートルのデビュー戦では、スタートで立ち遅れて後方から。それでも性能の違いからポジションをじわじわと上げ、4コーナーでは大外から先頭に並びかけるか……のシーンを作った時に、大きく外に振られる致命的な不利を受けました。
                      それでも直線では物見する余裕も見せつつ、差し切って初戦勝ち。実にスケール感を感じさせる勝ちっぷりでした。
                      今回は新潟マイルへの舞台替わりとなり、距離短縮とスピードへの対応が課題となりますが、伸び伸び走れるワンターンのコースで新たな魅力を発揮できそうな予感もあります。

                       

                      ×は好メンバー相手に初戦を制した良血馬・8 フロンティアと、経験値の高さと外回りへのコース替わりが魅力の9 フィルハーモニーを指名します。

                       

                      買い目は◎からシルシの各馬への馬連流し。タテ目の○▲も抑えた計6点で。


                      | 1/70PAGES | >>