calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

マイラーズC 先取り展望

0

    皐月賞 実際の買い目
    【月見亭】単勝12 複勝 3,9,12 馬連流し 12総流し ワイドボックス 3,9,12 三連複 3−9−12
    【びぜんや】単勝 1,6 複勝 6 馬連流し 1−3,4,6,7,11,12 6−12  三連複 1−6−12


    月見亭「桜吹雪を追い風に、力で掴んだ春一冠! 皐月賞は私の◎サートゥルナーリアが勝って無敗の皐月賞馬に!」
    びぜんや「道中は中団追走から、先に抜け出したヴェロックスを目標に進出。3頭の熾烈な叩きあいから最後に抜け出し、牡馬クラシックひとつ目のタイトルを手にした」
    月見亭「ノーステッキで勝ってきた2歳時とは違い、叩きあいの末の勝利。スケールの大きさに加え、勝負強さを示したね」
    びぜんや「先週のグランアレグリアに続いて、年明け初戦の馬がクラシックを制覇。次回は皐月賞を使っての上積みを見込めるし、期待はより膨らむ」
    月見亭「母・シーザリオはオークス馬で、半兄・エピファネイアはダービー2着、ジャパンCで圧勝。その能力は東京芝2400メートルでこそ輝く」
    びぜんや「もっともライヴァルとは僅差。各陣営も対策を考えてくるはずで、ダービーが今から楽しみになってきた」
    月見亭「2着は先に抜け出したヴェロックス」
    びぜんや「サートゥルナーリアを倒すにはライヴァルの前で競馬しなくてはならないと考えたのだろう。先行策から強気の競馬で金星が見えかけたが、最後に本命馬の前に屈した」
    月見亭「3着は内から抜け出したダノンキングリーで、ここまでがタイム差なしの接戦」
    びぜんや「サートゥルナーリアを倒すにはロスなく立ち回らねばならないと考えたのだろう、内枠を利し、先行策からスムースに立ち回って栄冠が見えかけたが、わずかに及ばなかった」
    月見亭「ヴェロックスもダノンキングリーも逆転の秘策を練ってそれを見事にこなしたのに、最後はサートゥルナーリアの底力に屈した、ってことね」
    びぜんや「しかし今回の上位勢、1着馬が前走ホープフルS勝ち、2着馬が前走若葉S勝ち、3着馬が前走共同通信杯勝ちで、かつて王道と言われた中山のトライアルから来た馬は前走スプリングS4着、タガノディアマンテの6着が最高。つくづく時代が変わったと思わされるね。ますます予想が難しいレースになって来た……」
    月見亭「キミの◎アドマイヤマーズは内を立ち回るも4着まで」
    びぜんや「やりたかったのはダノンキングリーの競馬だったんだろうが、一段後ろで競馬をする羽目になり、結果直線では追い出しを待たされた。序盤の立ち回りが響いたね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(◎×−)で単勝的中、馬券もサートゥルナーリアの単複と総流しの馬連が的中したけれど、これは獲って損。アタマ堅くてヒモ荒れる、メイショウテンゲンやファンタジストが突っ込んで高配の予定だったのに、しょぼい配当だったわ」
    びぜんや「僕は(▲△−)で馬連的中、馬券はハズレ。アドマイヤマーズ、ヴェロックス、クラージュゲリエの3頭で◎を迷った挙句マーズに◎を打ったけれど、当たるでもなく、超高配の夢が見られるでもなく、一番中途半端なところに行って中途半端に外してしまった」
    月見亭「さて、来週は開催替わりでG気話羌戮漾E豕でフローラS、京都でマイラーズCがあるけれど」
    びぜんや「ここはやっぱり安田記念の前哨戦、マイラーズCでしょ」


    皐月賞予想 byびぜんや

    0

      今日はグリーンチャンネルでオジュウチョウサンが中山グランドジャンプ4連覇の偉業を達成したのを見届けてから、松本城まで桜を見に行ってきました。

      観光客、花見客でごった返していましたが、花はまだまだ咲き始め。

      画像の、東側のお堀の桜は七分八分まで咲いている感じで見事でしたが、北側は殆ど蕾で、ちょっと花見には早い感じでした。

      松本城の花ざかりは来週、というところでしょうか。

      このぶんなら高山村や小川村など、信州の標高の高いところでは、ゴールデンウイークにも桜を楽しむことが出来そうです。

       

      ◎はアドマイヤマーズ

       


      岩手競馬・赤松杯予想 byびぜんや

      0

        この冬は暖冬かと思いきや、3月になって冷え込み、今週は関東甲信越でも雪が降ったりして、桜の開花はちょっと遅めな様子。
        阪神競馬場では桜花賞が終わった今週になって満開なようですし、我が松本市の桜もまだこれからが盛り。そんな中、来週は水沢競馬場の桜並木が一般開放されます。
        その頃には満開になってるといいですねぇ。


        ◎9 スカイロックゲート/年明け初戦で実績馬を圧倒。ここから今年の主役に名乗り。
        ○4 チェリーピッカー/当地重賞勝ちある実力者。久々でも。
        ▲2 イーグルカザン/明け11歳も古豪健在。笠松で結果残し態勢万全。
        △1 ロジストーム/南関でも上位を争った。使われて、力をつけて岩手へ帰還。
        ×5 ニットウビクトリー/前走は距離が敗因。鉄砲巧者の激走警戒。


        桜花賞予想 byびぜんや

        0

          アイルランドに繋養されていたウオッカが、滞在先の英国で息を引き取ったとのニュースがありました。
          このブログの自己紹介にも「推し馬」として名を挙げていますが、大阪在住時には何度も3歳牝馬重賞に出かけて応援し、東京に越してからは府中を主戦場とした彼女を何度も応援に行った、思い入れの深い馬。おそらくこのブログでいちばん多く◎を打った馬でもあり、その早世は残念で、悲しくてなりません。

           

          思い起こせば、ウオッカが桜花賞でダイワスカーレットと戦った年も、今年のように花の遅い年でした。

          このライヴァルのほかにも、アストンマーチャン、レインダンス、ベッラレイア、ローブデコルテ、ピンクカメオ、ザレマ、クイーンスプマンテ、エイジアンウインズ、アルコセニョーラ、路線は違いますがスリーブレスナイトやカノヤザクラなど、牝馬に綺羅星のごとき個性派スターが揃っていた世代。

          あの世代のレースやパドックを何度も現地で見られたのは、明らかに私の予想の血や肉になっています。

           

          その世代の主星が逝ってしまったことに、時代の区切りを感じずにはいられません。

          合掌。


          ◎はクロノジェネシス


          大阪杯予想 byびぜんや

          0

            土曜日は朝早くから出かけて夜遅くまでほっつき歩く予定なので、今のうちに予想を公開します。

            ちゃんとドバイまでには帰ってくる予定です。

             

            ◎はアルアイン


            高松宮記念予想 byびぜんや

            0

              土曜日は岩手競馬がスタートしましたが。
              岩手県の沿岸部では、釜石市と宮古市を結ぶ「三陸鉄道リアス線」が開業しました。
              震災前はJRの「山田線」と呼ばれていたローカル線で、大槌、鵜住居など津波の甚大な被害を被ったところも通っており、鉄道も大きな被害を受けて8年以上にわたって運休していました。
              それが三陸鉄道に経営移管しての再開。沿線の小学生たちは地元で列車が走っているのを見たことがないという、そんな長い時間をかけて再び列車が走るということに、岩手の人の粘り強さを見る思いがします。
              釜石には何度か足を運んでいますが、友人の故郷でもある宮古には1度しか足を運んだことがありませんし、その先の久慈は岩手の市の中で唯一未踏の場所。
              いつかリアス線の三色のディーゼルカーに乗って、海の幸を味わいに行ってみたいものです。


              ◎はレッツゴードンキ


              スプリングS予想 byびぜんや

              0

                信州はまだ雪がちらついたりしてはいますが、来月になれば桜の季節がやって来ます。
                雑誌やwebサイトを見て、今年はどこへ行こうなどと考えるのが楽しいんですよね〜。結局花の時期と休みが合わず、近場の公園で済ましてしまったりするんですが。
                競馬者的には長野県南部にある「黒船桜」が気になるんですが、行って帰ってくるだけで1日つぶれかねない、というのがネックでまだ行っていません。


                ◎8 ヒシイグアス
                土曜日のフラワーCではハナを切ったコントラチェックがそのまま後続を寄せ付けず完勝。やはり中山千八では逃げ馬に敬意を払わないわけにはいきません。
                ヒシイグアスは、東京でのデビュー戦ではラスドラフトを相手に惜敗していましたが、つづく中山未勝利戦では先手を奪うとそのまま後続に3馬身差をつけて完勝。今回と同じ舞台で行われた若竹賞も逃げ切っており、今回もハナを切れば楽には捕まらなそうです。
                デビュー戦で負けた相手を考えれば、重賞でも勝ち負けを演じておかしくない器。中山で鍛えた逃げ脚で、皐月賞切符をつかみます。

                 

                ○13 シークレットラン
                12月の葉牡丹賞では、後方待機から長くいい脚を使ってレコード勝ちを演じた大器。
                前走・京成杯では見せ場を作れず4着に敗れましたが、残り4ハロンで一気にペースが上がる展開に反応できず、直線だけでなんとかごまかしての4着。それでも勝ち馬から0.4秒差まで伸びてきていましたから、素質の一端は示したと言えるでしょう。
                今回は前で競馬したい馬や、短距離路線からの転進馬も多く、よどみない流れになりそうですから前走のような極端な展開にはならないはずで、これはプラス要素。前走はさすがに太かった感じもありましたから、これで絞れてくれば今度こそ争覇圏内に突入してくると見ます。


                ▲10 ディキシーナイト
                中山芝2000mの未勝利戦を勝ちあがった後は、福島芝1800mのきんもくせい特別4着、中山マイルのジュニアC3着、東京芝1400mのクロッカスSとコースを変え、距離を短縮しながら経験を積んできた変わり種です。
                ここは2ハロンの距離延長にはなりますが、前述の通り2000mの距離をこなした実績がありますし、折り合いにも心配ないですから、不安材料にはなりません。むしろ短距離経験がここでプラスになる期待値の方が大きいと見ます。
                力のある今の中山の馬場が合いそうなタイプですし、経験値の高さはこのメンバーの中ではトップクラス。なんとも気になる燻し銀のような伏兵です。


                △6 コスモカレンドゥラ
                アイビーSでは好位追走からクロノジェネシスの2着に入っていた素質馬。続く黄菊賞では番手の競馬から直線入口で逃げ馬を捕まえるとそのまま後続を寄せ付けずに完勝。前走・ホープフルSでは4着に敗れていますが、果敢にハナを切って見せ場を作り、サートゥルナーリアにこそ突き放されたものの、2着以下とは差のないレースをしていました。
                その渋太い先行力はいかにも中山向き。中距離重賞の勝ち馬が不在という微妙なメンバー構成で、ホープフルS4着の実績は威張れるものです。
                この舞台で未勝利勝ちを挙げており、コース適性も問題なし。穴を開けるなら、この馬です。


                ×は札幌2歳Sで強豪に伍して4着・9 エメラルファイトと、重賞2勝の実績断然、課題は距離だけの1 ファンタジストを指名します。


                買い目は◎○▲△の馬連4頭ボックス6点。


                ■ おまけ ■ 阪神大賞典予想

                ◎8 ヴォージュ/内回りの長丁場は合う。前走勝ちの勢いでもう一発。
                ○2 リッジマン/鉄砲巧者のステイヤー。目標は先でも侮れない。
                ▲3 ケントオー/距離を伸ばして復活の兆し。さらなる延長が吉と出れば。
                △10 シャケトラ/阪神内回りは得意。叩いて上昇、距離さえこなせば。
                ×11 コルコバード/距離延長はプラス。タイトル手に花道飾る。


                金鯱賞予想 byびぜんや

                0

                  金曜日から日曜日まで出張なので、馬番も発表されてないのに予想を公開しちゃいます。

                   

                  ◎アルアイン/開幕週の馬場でスピード生きる。マイル経験生かして皐月賞馬が復権。

                  ○ペルシアンナイト/◎と再三好勝負演じた好敵手。センス生かして。

                  ▲エアウィンザー/勝つごとに進化する5歳馬。ここも突破して大阪杯の本命に。

                  △タニノフランケル/単騎逃げ見込めるメンバー構成。開幕週の馬場味方に一発。

                  ×リスグラシュー/女王杯を勝ち壁を破った。香港でもあわやのシーン。充実期。

                  ×ギベオン/素質はここでも見劣りしない。得意の左回りで。


                  弥生賞予想 byびぜんや

                  0

                    この冬は、雪が何度か積もることこそあったものの、大雪を経験しないまま3月になってしまいました。
                    まあ、交通が麻痺するような大雪は勘弁してもらいたいですし、桜の時期に雪が降ることもあるのでまだまだ油断はできないんですが、なんとなく拍子抜けな気分のまま、トライアルシーズンに突入しています。
                    これで夏になったら水不足とか、秋になって米が不作……なんてことにならないといいんですが。


                    ◎4 サトノラディウス
                    前々走の葉牡丹賞はシークレットランがレコードをマークし、2着にはのちに京成杯で2着に入るランフォザローゼスが入っていたハイレベルなレース。そこで3コーナーから鞭を入れられてスパート、一時は先頭に立ち、見せ場を作って3着に粘ったこの馬も上記2頭と同等に評価していいでしょう。
                    今の中山はオーシャンSでレコードと0.4秒差の好タイムが出るなどしているスピード馬場で、この馬のスピードと切れ味が存分に生かせるはず。
                    脚が上がり気味だった前走・梅花賞からの距離短縮はプラスに出るはずで、一角崩しの期待が持てます。


                    ○2 ニシノデイジー
                    札幌2歳Sと東スポ杯2歳Sを勝っていて、実績は断然。札幌2歳Sは6番人気、東スポ杯は8番人気と人気薄での勝利で、しかも混戦を捌いて薄氷の勝利。派手さに欠ける面は否めませんが、混戦での勝負強さは光ります。
                    前走・ホープフルSでは3着に敗れましたが、勝ったサートゥルナーリアは別格と言える強さだったのに対し、こちらは直線で内に閉じ込められるシーンがあったもの。それでも前が開いてからは勝ち馬と遜色のない末脚を披露していました。
                    折り合いが課題の馬ではありますが、時に折り合いを欠きながら勝ち進んできたのもまた事実。ここは才能の違いで突破したいところです。


                    ▲1 ラストドラフト
                    桜花賞馬・マルセリーナの長男として注目を集め、期待通りに初戦を快勝すると、続く前走・京成杯では好位追走から積極的な競馬でランフォザローゼス以下を完封する強い内容で快勝。キャリア2戦目での京成杯制覇という離れ業を演じました。
                    京成杯の勝ちっぷりを見ても分かる通り、先行力があって、しかも切れる脚を使えるというのはいかにも小回りの中山向き。今回は楽に先行できた前走と違ってマークを受ける立場になりそうですし、最大の目標はまだ先ではありますが、ここも上位争いは必至でしょう。


                    △8 ブレイキングドーン
                    デビュー戦ではアドマイヤジャスタを子供扱いして快勝していた戦歴のある素質馬。ホープフルSでは5着に敗れアドマイヤジャスタにリヴェンジを果たされていますが、中団追走から早目に先頭に立つ積極的な競馬で、勝ちに行っての5着。レース内容は濃かったと言えます。
                    京都2歳Sでは後続を突き放して2着に入っており、重賞級の力を秘めているのは明らか。キャリアを重ねつつ馬体が増えているのにも好感が持て、前走からの大きな上積みに期待したくなります。


                    ×は良血馬・3 カントルを指名します。


                    買い目は◎からシルシの各馬への馬連流し4点。


                    中山記念予想 byびぜんや

                    0

                      禁止薬物問題で、年末年始の開催が中止されていた岩手競馬が、年度末の特別開催から再開されることが決まりました。
                      とりあえず岩手競馬の存続が決定し、事前の薬物検査や関係者の手荷物検査などの対策を取っての再開ということで、まずは喜びたいと思います。もちろん、当ブログの岩手競馬予想もこの春から再開します。

                      とはいえ、禁止薬物混入のルートも、動機も、方法も判明していない中での再開には一抹の不安が残るのも事実。
                      これがゴールではなく、一日でも早い真相究明が待たれます。

                       

                      ◎5 ディアドラ
                      クイーンSでは後続を3馬身突き放し、府中牝馬Sでは32.3秒の上がりで直線一気。1800mの距離では国内無敗を誇り、ドバイターフでも3着に入ったスペシャリストが、ドバイ再訪を前にここから始動します。
                      脚質的に直線の長いコースの方がベターに思えますが、前述の通り札幌で勝っているほか、中山にも紫苑S勝ちの実績があってコース替わりは問題なし。その卓越した瞬発力で、小回りコースの短い直線でも形勢を逆転することが出来ます。
                      目標はもちろん次のドバイターフですが、フレッシュな時の方が好走する馬で、休み明けでもパフォーマンスを落とす心配は無用。こでの勝利を追い風に、砂漠の国へはばたくと見ます。


                      ○1 ウインブライト
                      先週の「先取り展望」でも触れましたが、中山記念はコース特性がモノを言うレース。中山では7戦して連を外したのは皐月賞の1度だけ、前走・中山金杯ではトップハンデを背負いながら楽勝して見せたディフェンディングチャンピオンが好走する可能性はかなり高いと言えるでしょう。
                      昨年のこのレースではアエロリット以下3頭のG鞠呂鮓こうに回して勝利。今年は5頭のG鞠呂立ちはだかり昨年以上に厳しい戦いとなりますが、今年も地の利が味方してくれるはずです。開幕週に最内枠を引いたのも追い風ですし、調教の動きも抜群。
                      強豪相手ではありますが、このレースへの本気度ではこちらが上ですから、見せ場以上の期待も十分に持てます。


                      ▲7 ステルヴィオ
                      昨年のマイルCSウイナーがここから始動します。
                      マイルCS勝ちのほかに朝日杯フューチュリティS2着の実績もあってベストはマイルという印象がありますが、今回と同舞台のスプリングSでエポカドーロ以下を下して勝っていますし、毎日王冠では出色の切れ味を披露して2着。距離延長に不安はありません。
                      中山と札幌での勝ち星に加え、毎日王冠での一瞬の切れ味や、内を器用に衝いたマイルCSの内容を見れば、コーナー4つの小回りへの適性は極めて高そう。
                      目標はまだ先だとは言え、ここも恥ずかしい走りはしないはずです。


                      △9 エポカドーロ
                      昨年の皐月賞馬が中山に帰ってきました。
                      ハイペースを離れた好位追走から一気に抜け出して皐月賞を制したかと思えば、ダービーではスローの逃げでレースを支配して半馬身差の2着。どんなペースでも対応でき、自分でレースを作れる機動力は混戦でこそ光ります。
                      前走・菊花賞8着は距離に敗因を求めることが出来、度外視可能。今回は内に怒りの連闘を敢行してきたマルターズアポジーがいますが、向こうが行くなら控えればいいですし、またも出遅れるならばこちらが主導権を握ればいいだけのこと。開幕週の馬場を味方に、押し切りを図ります。


                      買い目は◎からの馬単マルチ6点。


                      ■ おまけ ■ 阪急杯予想

                      ◎11 ロードクエスト/スワンSで強敵撃破。適距離に戻って末脚炸裂。
                      ○16 ミスターメロディ/底知れぬ大器。ベストの距離で飛躍期す。
                      ▲14 ダイアナヘイロー/当舞台で重賞2勝の実績。開幕週の馬場を味方に。
                      △1 レッツゴードンキ/好枠引いた。久々の良馬場味方にインを衝く。
                      ×15 ヒルノデイバロー/いぶし銀の穴男。障害練習の効果出れば。
                      ×7 リライアブルエース/敗戦続きも小差に善戦。得意の距離で前進期待。
                      ×6 スターオブペルシャ/千四に拘って才能開花の兆し。一発ある。


                      | 1/78PAGES | >>