calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

阪神ジュベナイルフィリーズ予想 byびぜんや

0

    今から12年前、2006年の仁川。
    この週から外回りコースが新設され、生まれ変わった阪神競馬場最初のG気箸覆辰燭里、阪神ジュベナイルフィリーズでした。
    阪神マイルの名物だった外枠不利が解消されるということで、これは一度見てみなくてはと週刊萌馬の2名も現地に向かったわけですが、そこで目撃したのは、単勝1.6倍の絶対的本命、重賞2勝のアストンマーチャンが勝ちパターンに持ち込んだところを豪快に差し切ったウオッカの末脚でした。
    後続を3馬身半突き放していたアストンマーチャンを上がり34.2秒の末脚で差し切ったウオッカの末脚に沸いた歓声と動揺は今でもありありと思い出されます。
    今思えばあれは歴史的名牝がスターダムに躍り出た瞬間を目撃したのみならず、牝馬の時代が高らかなベルとともに幕を開けた歴史的瞬間に立ち会っていたのかもしれません。

     

    ということで阪神ジュベナイルフィリーズの◎はもちろん、タニノミッション


    チャンピオンズC予想 byびぜんや

    0

        

      土曜の中央競馬が終わってから、隣の安曇野市までクルマを走らせ、国営アルプスあづみの公園のウインターイルミネーションを見てきました。
      棚田を模したような段々の池を巡る、ネオ池泉回遊式といった趣の遊歩道がメインの公園なんですが、そこを無数のLEDでライトアップ。観光サイトで「イルミネーション 長野県ナンバーワン」などと紹介されるのも納得の煌びやかさ、スケール感でした。

       

      ◎はルヴァンスレーヴ


      ジャパンC予想 byびぜんや

      0

        先週の後半は、東京、大阪と出張した後、金沢回りで松本に帰ってくるという、丹頂Sもかくやというスタミナ勝負のロングランを敢行していました。

        大阪では深夜というか未明まで、かつての同僚と呑んだりラーメン食べたりして楽しんだ後、アルコールの残る頭で大阪駅に向かい、特急「サンダーバード」車中の人となりました。

        この無茶な行程には某位置ゲーのポイント稼ぎという狙いがあったんですが、24年ぶりの金沢訪問という楽しみがあったのも事実。

        「鼓門の写真撮って“シンザン記念2着”とかtwitterに呟いて、おいしい押し寿司の駅弁買って、ヨメさんにはご当地ぐでたまのグッズでも買って……」と皮算用していたんですが、結局は特急が遅れてしまい、すべてご破算に。

         

        いずれ、ヨメさんと一緒に金沢行って、リヴェンジを果たしたいと思います。

        できれば、金沢競馬を開催しているときにでも。

         

        ◎はシュヴァルグラン

         


        マイルチャンピオンシップ予想 byびぜんや

        0

          祝!
          J2に所属する我らが松本山雅FCがJ2初優勝を決め、同時に来年からのJ1昇格を決めました。
          シーズン前半はなかなか上昇気流に乗れない感じでしたが、夏場以降は崩れない強かさを見せて徐々にポジションを上げ、ついにJ1復帰を決めました。
          前回は1年でJ2に戻ってしまったので、来年は何とかJ1で踏みとどまってほしいですね。


          ……というニュースがあると、競馬とつなげて考えたくなるのが競馬脳。マイルCSで山雅と関連しそうな馬はいないかと思ってみると……いましたいました。
          松本山雅のチームカラーと同じ緑枠11番のジャンダルム。ホームタウン・松本市の北アルプスには「奥穂高ジャンダルム」という有名な頂があるんですね。山雅のマスコットにもなっている雷鳥も住んでいるということで、これは松本市民なら抑えとかなきゃいけないでしょう。


          そしてもう1頭気になるのがこの馬。
          松本山雅の本拠地・サンプロアルウィンとどこか似た語感のこの馬です。


          ◎3 アルアイン
          昨年の皐月賞は、淀みのない流れから3コーナー過ぎにレースが動き出し、スピードの持続力とスピードの絶対値が問われる展開となってのレースレコード決着。アーリントンCからのステップで2着に入ったペルシアンナイトともども、短距離寄りの速力に秀でた馬が上位に来るレースでした。
          その後のアルアインは中距離G祇鐇で活躍、今年の大阪杯で3着に入り、前走・天皇賞(秋)でも0.4秒差4着に好走していましたが、ここで一転、マイルに矛先を向けてきました。
          皐月賞でも「距離が長すぎるのでは?」と不安を囁かれた馬ですし、皐月賞で示したスピード能力から測ってもここに来ての距離短縮は間違いなくプラス材料。天性のスピードを生かす意味で、コーナーふたつのシンプルなコース形態も合うはずです。
          デビューはここ京都のマイル戦での勝利でしたし、続く千両賞ではキョウヘイ、カワキタエンカというのちの重賞勝ち馬を従えてV。シンザン記念では6着に敗れ連勝が止まっていますが、これは勝負どころで致命的な不利を被ったもので度外視可能です。
          最強世代で「最も速い馬」に輝いた才能が、ここて再び光を放ちます。


          ○13 レッドアヴァンセ
          ヴィクトリアマイルでは直線の中央を鋭く伸び、先頭に立つ場面。見せ場をたっぷり作ったものの最後はジュールポレールとリスグラシューに内をすくわれ3着に惜敗し、アヴァンセからの馬連&枠連&2着馬3着馬4着馬の三連複1点買いを持っていた私を卒倒させる結果となりました。
          とはいえ、持って生まれた素質を証明するには十分な内容。前走・富士Sではロジクライに巧く運ばれ、ワントゥワンの決め手にも屈して3着に終わりましたが、牡馬の好メンバー相手に3着に入り、改めてその素質を示しています。
          3歳の頃は重賞で【0,0,0,5】と壁がある印象でしたが、北村友一騎手をパートナーに向かえた今年は重賞ばかり3戦して【0,1,2,0】と勝ち切れないながらも能力が花開いてきた印象。これがようやく今年4戦目で、フレッシュな状態で戦えるのも強みです。
          今回は有力メンバーに差し馬が多く、この馬の積極性が生きる展開になりそう。ブルーメンブラット以来の牝馬Vへ、お膳立ては整っています。


          ▲13 アエロリット
          前走・毎日王冠では好発を決めてハナに立つと、淀みのないペースでレースを先導。後続がひしめき合うのを尻目に好時計で楽々逃げ切ってみせました。
          前々走の安田記念でも、最後は伏兵・モズアスコットの急襲に屈したものの、好位追走から見せ場たっぷりの2着。道中で落鉄していなければ……という内容でした。
          当初はBCマイルを視野に入れていたのが、諸般の事情でのマイルCS転進。3歳時は桜花賞5着、秋華賞7着と輸送競馬では馬体を減らし結果を残せなかったのは確かに気になりますが、500キロ台にボリュームアップして本格化した今なら違う結果も期待できますし、上記2戦は渋った馬場の影響もあったもの。良馬場のレースなら話が違ってくるはずです。
          牡馬相手には【3,2,0,0】のパーフェクト連対という男勝りの燃える女。安田記念惜敗のリヴェンジをここで果たす可能性は十分と見ます。


          △8 モズアスコット
          他馬の回避で繰り上がりとなり、連闘での挑戦となった安田記念では道中不利を受けるシーンもありながら馬群を割って力強く突き抜け、ゴール目前でアエロリットを差し切ってV。9番人気の低評価を覆すとともに、アエロリットからの馬連に「オープン特別でも勝てない馬がG気馬対するわけがない」とモズアスコットを入れていなかった私を床に這いつくばらせたのでした。
          前走・スワンSでは勝ちに行ったところを直線に賭けて脚を溜めていたロードクエストに足元をすくわれ2着に敗れましたが、休み明けで10キロの馬体増があったことと、58キロの負担重量を課されてのハナ差なら勝ちに等しい内容。当然今回は条件が好転し、一度叩いた上積みも期待できます。
          京都は【1,3,0,0】と勝ち切れないながらも崩れていない得意のコース。溜めれば確実に切れる末脚を武器に、春秋マイルG汽灰鵐廛蝓璽箸鯀世い泙后


          ×は連覇を狙う2 ペルシアンナイトと、復活の曙光を見た末脚王・17 ロードクエストを指名します。


          買い目は◎からの馬連流しと、◎○からの三連複流し。ヒモはパドックも見つつ、手広く取りたいと思います。

           


          JBC3競走予想 byびぜんや

          0

            今週はもりだくさんなので前フリなしで。

            なお、予想バトルの対象レースはJBCクラシックになります。

             

            ■JBCクラシック予想

            ◎14 オメガパフューム
            青竜SではのちのレパードS勝ち馬・グリム、ヒヤシンスS勝ちの素質馬・スマハマと僅差の3着に入っていた素質馬。加古川特別で古馬を一蹴して臨んだJDDでは、のちの南部杯勝ち馬・ルヴァンスレーヴの決め手に屈しましたが、3頭による2着争いを制して連対し、G亀蕕稜塾呂鮓せました。
            前走・シリウスSでは芝スタートで立ち遅れ、外々を回らされる厳しい形になりながらも、力づくで古馬を捩じ伏せてV。勢いに乗ってここに乗り込んできました。
            ダートスタートになる今回は前走ほど厳しい展開にならないでしょうし、右回りでコーナー4つのコースは【4,1,0,0】のパーフェクト連対とベストの条件。前走を叩いた上澄みも見込めますし、跳びの大きい馬だけにごちゃつかない外枠も好材料。この世代の強さは南部杯でルヴァンスレーヴが証明していますし、展開も向きそう。
            3歳馬の偉業達成に賭ける価値は十分にあります。


            ○4 サンライズソア
            春に今回と同じ舞台で行われた平安Sを逃げ切り勝ち。その前には名古屋1900mで行われた名古屋大賞典でも逃げ切り勝ちを収めており、この1900mという中途半端な距離では2戦2勝と自信を持っています。
            前走・シリウスSでは外枠からハナを取り切れず、末が甘くなっての3着。とはいえ、休み明けでトップタイのハンデを背負って0.3秒差ですから悲観する内容ではありませんでした。
            今回は同型がいますが、内枠を引きましたから好ポジションを取ることが出来そう。前走や4走前の仁川Sのように、行ききれなくても粘れるタフさがありますから、大きく崩れることはないと見ます。


            ▲8 ケイティブレイブ
            3歳時には兵庫CSでゴールドドリームを下し、JDDで2着に入っていた実力者。
            4歳の昨年に帝王賞を勝ってG欺蘊〕を挙げ、5歳になった今年は川崎記念でG毅仮〔椶鬟沺璽。さらにダイオライト記念と日本テレビ盃を勝ち、帝王賞2着とすっかり交流重賞の顔になっています。
            一方で今年のフェブラリーSでは見せ場なく11着に沈んでおり、中央では2年半以上勝ち星から遠ざかっていて、ここが悩みどころ。
            とはいえ、ここ京都の500万条件を逃げ切った戦歴がありますし、レパードSで2着、昨年のチャンピオンズCで0.3秒差4着など中央重賞での好走実績も多数ありますから、適性がないとまで決めつけるのは危険でしょう。
            叩き台の前走・日本テレビ盃を楽勝して見せたポテンシャルには、やはり警戒が必要です。


            △15 テーオーエナジー
            穴で面白そうなのがこの馬です。
            前走・グリーンチャンネルC14着が嫌われたか大きく人気を落としていますが、この時は休み明け+発馬で後手+距離が短すぎ+初の左回りと悪条件が重なったもので完全無欠に度外視可能。【1,1,1,0】の京都、走り慣れたコーナー4つのコースに戻って、2走目の上積みが見込めるとなれば大きく前進が期待できますし、前走で短距離戦を使ったことがカンフル剤になる期待も持てます。


            この馬も強力世代との呼び声高い3歳馬の一角で、兵庫CSでは後続を5馬身千切り、JDDでは目標にされる形になりながら◎オメガパフュームからは0.2秒差の5着に踏ん張っていた実力者。
            3歳馬のワン・ツーという結末で波乱が起きても、驚きません。


            ×は長休明けでも力を侮れない16 クリソライトと、京都巧者の実力馬・12 アポロケンタッキーを指名します。

             

            JBCスプリントとJBCレディスクラシックの予想はこのあとに。


            天皇賞・秋予想 byびぜんや

            0

              平成最後の天皇賞。

              マカヒキに騎乗する武豊騎手は、平成元年からこの平成30年まで、この天皇賞・秋を皆勤することになります。

              平成元年のスーパークリークを手始めに、エアグルーヴ、スペシャルウィーク、メイショウサムソン、ウオッカ、キタサンブラックと盾を手にすること6回。殊に安藤勝己騎手のダイワスカーレットと鎬を削った08年のレースは競馬史に残る激戦でした。

              その一方で、大怪我を負ったり、騎乗馬が思うように集まらなかった時も、耐えながら乗り続けての30年。

              自分が大学に入ったばかりだった平成元年のスポーツ界を振り返れば、30年連続で一線に立ち続け、今も単勝ひと桁台の人気馬の手綱を任されるということの凄まじさに、恐れ入ってしまいます。

               

              まぁ、武豊騎手の偉大さの一方で、30年間、武豊騎手を上回る「競馬の代名詞」たる騎手が出なかったことの裏返しでもあるんでしょうが。

               

              ◎はアルアイン

               


              菊花賞予想 byびぜんや

              0

                金曜日は川崎球場で行われた伝説の試合、ロッテ−近鉄のダブルヘッダー「10.19」から30周年だったということで。
                twitterの一部好事家の間では「#ここだけ30年前の川崎球場」というタグが盛り上がっていまして、30年前の画像や記録、記憶を掘り起こしながら、あのゲームが社会現象として盛り上がっていくさまを追体験するようなタイムラインを、楽しく眺めていました。


                一流のミステリは犯人やトリックが分かっていても再読して楽しめますが、伝説級のゲームもまた同じ。
                野球と競馬を同じようには出来ないでしょうが、ウオッカ、アストンマーチャン、ダイワスカーレットの三強対決に沸いた07年桜花賞や、ディープインパクトの四冠に注目が集まった05年有馬記念などの前夜の興奮から当日のレースまでをじっくり追体験できるような機会があったらまた面白いだろうなぁ、などと思ったのでした。


                ◎はシャルドネゴールド


                秋華賞予想 byびぜんや

                0

                  本紙既報の通り。
                  先週は毎日王冠の観戦で東京競馬場に行ってきました。
                  勝負レースの第2レース、鷹巣山特別、毎日王冠とすべて的中させ、他にも遊びで勝った馬券がちょこちょこ当たったんですが。鷹巣山特別が盛大に獲って損、毎日王冠も結構な獲って損で、終わってみたら空の財布を抱えてすごすご戻る結果になっていました。
                  ……解せぬ。


                  で、東京競馬場の場内でちょこちょこ目についたのが例の「ウマ娘」のポスターやコマーシャル映像。
                  いや、まぁ、気にはなってるんですけどね。もちろん。
                  しかしヴィジュアルで「なにこれかわいい」とときめくようなキャラもおらず、「どーせイタリアンレッドとかオースミハルカとかクラレントとか、ましてやレインダンスとかラブカーナとかは出ないんでしょ」というマニアックな思いもありまして。
                  まだ横目で見てるだけなのです。

                   

                  ◎はカンタービレ


                  毎日王冠予想 byびぜんや

                  0

                    毎年恒例になりつつありますが。
                    日曜日は毎日王冠の観戦に、東京競馬場まで出かけてきます。
                    週中は台風の動きが気になっていましたが、どうやら辛うじて逸れてくれそう。その代わりに暑いみたいですが、この春府中に行けなかった分も、しっかり楽しんできたいと思います。
                    夕刻からはこれも恒例になりつつある「JAZZ in FUCHU」に友人たちと繰り出す予定。こちらも楽しみで、しっかり弾けて来たいと思います。

                    ……凱旋門賞の発走までに帰って来られるかなぁ。


                    ◎9 アエロリット
                    昨年のNHKマイルCでは早め先頭から後続を突き放し、2着に1馬身半差、3着には4馬身差をつける圧勝劇。つづくクイーンSでは大逃げからそのまま後続に影も踏ませず2馬身半差の逃げ切り勝ち。前走・安田記念ではモズアスコットの強襲に屈したものの、落鉄しながらも粘りの走りを見せ2着。
                    先行力とスタミナ、そして後続を突き放す爆発力を備えているのは大きな魅力で、牡馬相手には【2,2,0,0】のパーフェクト連対という負けん気の強さもセールスポイントです。
                    春の2戦では落鉄によりパフォーマンスを発揮できなかったため、今回は装蹄方法を変えて臨むとのことで、さらなる前進も期待できそう。鉄砲実績も豊富ですし、脚質的に開幕週の馬場もマッチ。ここは人気でも逆らえません。


                    ○6 サンマルティン
                    今回のメンバーを見渡すと、有力馬は殆どが夏を休養に充てていた馬。そうなるとここは、夏場使われてきた人気薄を狙いたくなるもの。ここは小倉記念7着からのステップで臨むこの良血馬に注目です。
                    前走・小倉記念7着は前が止まらない高速馬場でレースに参加できずに終わっており、完全に度外視。前々走・都大路Sでは重賞勝ち馬6頭に加え、のちに函館記念を制するエアアンセムもいる好メンバーを直線一気であっさり千切っており、能力はここに入っても遜色ないものがあります。
                    東京では目下2連勝中でコース替わりも問題なし。小回りの小倉よりははるかに、自慢の切れ味を発揮しやすいはずで、波乱を呼びそうな期待が持てます。


                    ▲5 ステルヴィオ
                    毎日王冠はどの馬が行くにしても、スローになりそうなメンバー構成。◎アエロリットの脅威となりそうなのは瞬発力に秀でた馬ということになりそうで、ライヴァルにはサンマルティンとともにこの3歳馬を指名します。
                    2歳時には2戦続けて直線だけの競馬でダノンプレミアムの2着に入り、スプリングSではその切れ味でエポカドーロを捩じ伏せています。
                    皐月賞4着は特殊な馬場、特殊な展開の中最速上がりをマークしてのもので内容は濃かったですし、日本ダービー8着は明らかに距離が敗因。
                    適距離に戻る今回は復活が期待でき、開幕週の良馬場を味方に直線一気を豪快に決めるシーンもありそうです。

                     

                    △12 カツジ
                    さて、毎日王冠当日の東京競馬場では「ニッボンの競馬小説展」というのが行われ、宮本輝の「優駿」や松樹剛史の「ジョッキー」、岡嶋二人の「焦茶色のパステル」などの作品が展示されるとのことで活字中毒の私としては気になってしょうがないわけなんですが。
                    となると、活字ならぬカツジの存在も気になってしまうわけです。
                    デイリー杯2歳Sではジャンダルムの決め手に屈したものの、果敢に先行しケイアイノーテック以下に2馬身半の差をつける2着。NZTでは後方2番手から怒涛の追い込みを見せケイアイノーテックを捉えてVと、のちのG犠,素呂烹嘉戮眄菽紊靴討い觴磴実力者。
                    前走・NHKマイルCでは澱みのない流れの中、中団で脚を使わされてしまい、直線では不利もあってケイアイノーテックら後方勢の台頭を許しましたが、本来なら長くいい脚を繰り出せるタイプで、府中のだらだら坂はマッチするはずです。


                    ×はNHKマイルCの覇者・2 ケイアイノーテックと、府中千八は俺の庭・7 ダイワキャグニーを指名します。

                    買い目は◎からの馬連流し5点。


                    ■ おまけ ■ 凱旋門賞予想 byびぜんや

                    ◎7 タリスマニック/今年はここを目標のローテ。経験と実績はここでも上位。
                    ○10 エネイブル/昨年覇者が始動戦を完勝。態勢万全。
                    ▲19 シーオブクラス/3歳牝馬が強いレース。4連勝の勢いも買い。
                    △5 ヴァルトガイスト/前哨戦を楽勝。自信を持って臨む。
                    ×13 キューガーデンズ/末脚の破壊力は一級品。展開向けば。
                    ×12 パタスコイ/相手なりに堅実。好枠から粘り込み図る。
                    ×11 ヌフボスク/この舞台に拘り続ける仕事人。流れ向けば。

                     

                    岩手競馬予想はお休みします。


                    スプリンターズS予想 byびぜんや

                    0

                      おかげさまで、「週刊萌馬」は今週で開業13周年を迎えることが出来ました。
                      いつも足を運んでいただいたいる皆様に、ここからお礼を申し上げます。

                       

                      記憶が正しければ三連単がようやく売り出されたばかりで、ディープインパクトはデビュー前、阪神には外回りコースがまだなかったころから、大阪、八王子、松本と移りつつ、飽きもせず懲りもせず、夫婦ふたりで続けてくることが出来ました。
                      これもひとえに訪れてくださる皆様のおかげと、なんとか健康に生きて来られたからだと思います。
                      今後も懲りずに行けるところまで続けていきたいと考えていきますので、お付き合いのほどよろしくお願いします。


                      ◎はワンスインナムーン

                      続きを読む >>

                      | 1/76PAGES | >>