calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

岩手競馬・不来方賞予想 byびぜんや

0

    (盛岡ダート2000m/M1)

     

    サンエイキャピタルが距離を克服しちゃったらごめんなさい、ということで。

     

    ◎4 チャイヤプーン/南関武者修行で戸塚記念を快勝。ここでは力量差歴然。
    ▲3 ダージリンクーラー/距離経験は豊富。転入2戦目で本領発揮。
    △8 ムゲンノカノウセイ/血統的に距離延長合いそう。可能性を買う。
    ×5 エルノヴィオ/岩手ダービー2着馬。距離再延長に賭ける。
    ×6 ナナヒカリ/マイルは忙しすぎる。この距離で先行できれば。


    岩手競馬・若駒賞予想 byびぜんや

    0

      (盛岡ダート1600m/M2)


      天高く馬肥ゆる秋。
      そろそろ岩手でも新米が食べごろです。今年は秋刀魚が豊漁だそうですし、塩焼きにして白ご飯と一緒にたっぷりいただきたいですねぇ。


      ◎2 サンエイムサシ/ムラだが破壊力は上々。好枠引いてひとり旅。
      ○4 ミラクルジャガー/キングジャガーの半弟という良血。ダート替わりで才能開花か。
      ▲3 グレートアラカー/ビギナーズCを快勝。盛岡で堅実な末脚生かす。
      △9 ポエムロビン/外枠からスムースに動ければ巻き返し可能。


      ■ おまけ ■ 東京ハイジャンプ予想
      ◎11 ヨカグラ/前走でアップトゥデイト相手に快勝。真価問われる一戦。
      ○2 サーストンコラルド/府中でJG連勝狙う。
      ▲4 ルペールノエル/中山大障害で2強に次ぐ3着。ここなら格上的存在。
      △8 アズマタックン/前走は4着とは言え僅差。東京で巻き返す。
      ×3 タマモプラネット/逃げ脚魅力。ここも気風よくハナを切ってどこまで。
      ×6 ビットアレグロ/連勝の勢い買う。当地重賞にも実績あり。

       


      岩手競馬・マイルチャンピオンシップ南部杯予想 byびぜんや

      0

        オーロパーク盛岡競馬場に照明塔がつき、今年のマイルチャンピオンシップ南部杯は薄暮開催というか、実質殆どナイターで行われます。
        先週の薄暮開催ではモヤも出ていたのか、長い引き込み線奥のスタート地点がちょっと見にくいようでしたが。まずは良好な滑り出し。この季節でも中央開催のあとに馬券が買えるというのは、楽でいいですね。
        盛岡競馬場は完全無欠の山中にあるので、ナイター照明がついた様はちょっとスキー場っぽいというか、山中にこつ然と現れた不夜城という趣になりそうで、現地に行って見てみたい気がします。
        ただ、北東北のこの時期、日暮れ過ぎはかなり冷えそうですが。


        ◎7 ゴールドドリーム
        昨年はフェブラリーS、チャンピオンズCの中央ダートG気鬟灰鵐廛蝓璽箸靴唇貶で、地方・海外のダートでは連対も果たせずに終わりましたが、今年はフェブラリーS連覇こそ逃したものの、かしわ記念、帝王賞と交流G気鯱⊂ さらにパワーアップして1年ぶりの盛岡にやって来ました。
        今年に入っての充実度を見れば、昨年5着に敗退と同じ馬と見るのは危険。その昨年も、ゲートで大きく立ち遅れ、それでも前残りの流れを最速上がりをマークして追い上げての5着でしたから、力負けではありませんでした。
        休み明けは確かに気になる要素ですが、良馬場で出来そうなのはなにより。フェブラリーSとかしわ記念、ふたつのダートマイルG気鮴したスペシャリストが、残るひとつのダートマイルG汽織ぅ肇襪鮓彁謔勝垢帆世辰討い泙后


        ○12 ルヴァンスレーヴ
        先週のシリウスSを3歳・オメガパフュームが制し、白山大賞典ではレパードSを勝ったグリムが逃げ切って重賞連勝。となるとここはやはり、昨年の全日本2歳優駿と今年のJDDを制したこの馬が気になってきます。
        左回りでは4戦4勝、この盛岡ダート1600mとコース形態の似た東京ダート1600mでもユニコーンS、プラタナス賞の2勝を挙げていて、コース替わりは問題なし。後方待機からのロングスパートを得意技としているだけに、最後に300mの直線と1.5mの急坂を備えた盛岡は決め手を生かすのに絶好の舞台で、3歳馬Vも夢ではありません。


        ▲14 オールブラッシュ
        一昨年の秋、観月橋Sを勝ったあとの昇級戦にいきなり川崎記念を選ぶと、いきなりサウンドトゥルー以下を牽き連れて逃げ切って見せた風雲児。
        その後は交流重賞を中心に使われ、勝ったり負けたりというか負けたり負けたりの成績が続いていますが、地方の左回りに限れば【1,1,1,0】。前々走・かしわ記念でもノンコノユメやモーニンら実績馬の追撃を退け、2着に粘っています。
        大外枠を引いたのは先行タイプのこの馬にとって痛手ではありますが、有力馬は待機型揃いですし、向正面の長い盛岡なら、好位につけるのは難しくないでしょう。
        川崎での衝撃を、みちのくで再現しても驚きません。


        △1 ノンコノユメ
        3歳時には強烈な末脚を武器に青竜S→ユニコーンS→JDD→武蔵野Sと破竹の4連勝。続くチャンピオンズCとフェブラリーSでも2着に入り、次代のダート王はこの馬だと目されていましたが、去勢すると一転勝ち星から見放され、掲示板がやっとの日々を繰り返していました。
        しかし6歳となった今年、始動戦となった根岸Sで久々に目の覚めるような追い込みを決めて2年2か月ぶりの勝利をマークすると、続くフェブラリーSでも直線一気の荒々しい競馬でV。華々しい復活劇を遂げました。
        前走・かしわ記念では4着に敗れていますが、コーナー4つのコース形態ではもともと良績に乏しく度外視可能。冬の連勝時と同じコーナーふたつのコースに替わって、一変が期待できます。


        買い目は◎からの馬単流し3点。


        ■ おまけ ■ 京都大賞典予想
        ◎9 スマートレイアー/末脚に陰りなし。スローの瞬発差力勝負は大歓迎。
        ○8 シュヴァルグラン/この距離なら崩れない。休み明けどうかだが……。
        ▲2 サトノダイヤモンド/淀の外回りはベストの舞台。復活期す。
        △7 プラチナムバレット/京都G蕎,素蓮リフレッシュなればここでも通用の器。
        ×11 ウインテンダネス/開幕週の馬場味方に先行力生かす。


        岩手競馬・OROカップ予想 byびぜんや

        0

          (盛岡芝1700m/M1)


          岩手競馬は相次ぐドーピング禍により、今週土曜の開催が中止となる異常事態になりました。
          近年で言えば07年の岩手競馬廃止の危機、11年の東日本大震災に続く危難と言えるでしょう。
          再発防止策はすでに実施され、日曜からは競馬が再開されますが、まだ誰がどういった動機で馬に禁止薬物を投与したのかは謎のまま。一日でも早く真相が究明され、安心して競馬が楽しめるようになってほしいものです。


          ◎13 ハッピーグリン/ダービー出走を垣間見た若き英駿。ここは通過点だ。
          ○7 ガリバルディ/バリバリの中央重賞級が参入。地力通りならあっさりも。
          ▲4 サンエイゴールド/岩手芝路線のエース。ライヴァル不在の今年こそ戴冠を。
          △11 エイシンエルヴィン/この舞台に勝ち星あり。きさらぎ賞3着の実力者。
          ×12 コスモロングソード/先行策から粘り込み図る。


          ■ おまけ ■神戸新聞杯予想
          ◎4 ステイフーリッシュ/速力と切れ味は非凡。地元に戻って巻き返す。
          ○3 ワグネリアン/阪神外回りは合う。主役譲らず大舞台へ。
          ▲8 エポカドーロ/先行力と渋太さ魅力。ここも大崩れはなさそう。
          △6 メイショウテッコン/好メンバー相手の5走前に注目。スムースに先行できれば。
          ×2 エタリオウ/春は開花しきれなかった遅咲き。成長した姿見せたい。


          岩手競馬・青藍賞予想 byびぜんや

          0

            (水沢1600m/M2)


            なんとなんとの5頭立て。
            「IBC杯だからIBCラジオの周波数にちなんで6→8→4の三連単を買おう」と思っても買えません。
            予想バトルのレギュレーションどおりだと、◎○の2頭にしかシルシを打てません。
            遊び心を許されないなぁ、これは。


            ◎1 ベンテンコゾウ/今年無敗の岩手のエースが好枠引いた。休み明けでも。
            ○4 エンパイアペガサス/8戦7勝の水沢マイスター。使われてきた強みで。
            ▲2 チェリーピッカー/距離は微妙だが、好調買って。


            ■ おまけ ■ 京成杯オータムハンデ予想
            ◎6 ショウナンアンセム/開幕週の中山マイルは好条件。先行力生かして。
            ○14 ワントゥワン/53キロは恵まれた。直線急坂での一刀両断に期待。
            ▲5 ロードクエスト/スプリント修行で先行力ついた。前進ある。
            △2 ロジクライ/前走は勝ち馬の決め手が一枚上だっだけ。開幕週の馬場は合う。
            ×7 ヒーズインラブ/ダービー卿CTの覇者。この舞台は譲れない。
            ×10 ミッキーグローリー/同舞台の3走前が圧巻。昇級でも軽視できず。


            岩手競馬・ビギナーズC予想 byびぜんや

            0

              (水沢1400m/М3)


              会社の同僚が岩手に行ってみたいと言うので。
              中尊寺や小岩井農場、遠野に宮澤賢治記念館、あるいは釜石に三陸鉄道、ついでに盛岡競馬場などを紹介したんですが。
              いちばん食いつかれたのは松尾鉱山跡でした。
              ……マニアックだなぁ。


              ◎7 ポエムロビン/道営から転入の惑星。本場で鍛えた速力生かす。
              ○6 サンエイムサシ/同舞台の前哨戦を完勝。ダートでは崩れない。
              ▲3 リュウノアイドル/前走は取り消し明けで度外視。圧巻の末脚ここでも。
              △1 サンエイフラワー/若鮎賞2着の実力者。ダートでも。


              ■ おまけ ■ 新潟記念予想
              ◎9 レアリスタ/ポテンシャル秘めたサウスポー。鉄砲利くし新潟も合いそう。
              ○12 スズカディープ/非凡な勝負根性が魅力。平坦コースは合う。
              ▲11 エンジニア/百戦錬磨の叩き上げ。昇級戦でも54キロなら。
              △10 グリュイエール/前走が好内容。自在性があるのも強み。
              ×8 ストーンウェア/休み明けの前走も2着とは僅差。叩いて上昇。
              ×1 ブラストワンピース/実績無視できない。抑えで。


              岩手競馬・ビューチフルドリーマーC予想 byびぜんや

              0

                (水沢1900m/М1)


                第100回、全国高校野球選手権記念大会は、大阪桐蔭高校の春夏連覇で幕を閉じました。
                有力校相手に健闘し、注目を集めた金足農業は残念ながら力及ばず準優勝。100回目の夏も、大旗の白河越えはなりませんでした。
                東北勢は100回やって100回とも勝てなかったのかと思うと、無力感が大きいですねぇ。総理大臣を輩出しても、プロ野球チームが日本一になっても、東北の馬が中央のG気鮠,辰討癲甲子園では及ばないんだなぁ……。
                来る「100回目の春」までには、このコンプレックスを払拭してくれるチームが育つことを期待したいと思います。


                ……とか言いながら◎は岩手の馬じゃなくて、シビアに他地区の馬なんですが。


                ◎5 ステップオブダンス/関東オークス3着の実績馬。園田を叩いて上昇。
                ○4 ジュエルクイーン/三連覇狙う北海の女傑。前走断然の勝ち方で万全。
                ▲7 アリッサム/前哨戦を粘り勝ち。ここも先手取れそうなメンバー構成で。
                △8 ユッコ/非凡な末脚武器に三度目の正直狙う。


                ■ おまけ ■新潟2歳S予想
                ◎9 アンブロークン/初戦は好メンバー相手に快勝。ゆとりあるローテと重馬場経験も○
                ○6 ケイデンスコール/初戦が好内容、前走は好時計。末脚確かで。
                ▲2 エルモンストロ/初戦は逃げて横一線から改めて突き放す強い内容。ここでも。
                △4 エイシンゾーン/溜める競馬に戻って逆襲。時計かかる馬場も合いそう。
                ×8 スティルネス/半兄はロードクエスト。兄妹制覇に期待。


                岩手競馬・ムーンライトC予想 byびぜんや

                0

                  (水沢1800m/B1級)

                   

                  JRAにご当地ターフィーなんてのが出来たようですが。
                  ウインズ盛岡ターフィーやウインズ水沢ターフィーはいないんですね。
                  もちろん長野県に関係あるターフィーもいませんね。


                  ◎5 ゴールドジャイアン/先手を取れそうな相手関係。小回りと展開味方に反撃。
                  ○3 アドマイヤイバマ/近走の安定感光る。コース替わりもプラス。
                  ▲7 アルアンダルス/水沢で4連勝の実績あり。コース替わりで反撃。
                  △8 ピンクスパイダー/距離延長合いそうな血統。穴で。


                  ■ おまけ ■北九州記念予想
                  ◎9 ラブカンプー/前走は適性の差、古馬通用の速力示した。今度こそ。
                  ○14 アサクサゲンキ/昨年の小倉2歳王者。得意の季節、得意の舞台で勝機。
                  ▲15 ナガラフラワー/昇級初戦で目処立てた。この夏光る上がり馬。
                  △11 ダイメイプリンセス/アイビスSD組と相性のいいレース。速力注目。
                  ×1 ゴールドクイーン/好枠引いて逃げの一手。51キロに警戒。
                  ×2 ツィンクルソード/去勢明け2走目で変わり身あれば。


                  岩手競馬・クラスターC予想 byびぜんや

                  0

                    青春18きっぷが余ってしまったので。
                    火曜日は鈍行を乗り継いで名古屋を越え、三重県の三岐鉄道北勢線というところに行ってきました。
                    レールの間隔が新幹線の半分強の762ミリしかない小さな電車。かつては「軽便鉄道」と呼ばれ、岩手の花巻電鉄や岩手軽便鉄道など、全国を走っていたそうですが、今は三重県と富山県にしか残っていないのだとか。
                    車体の幅も狭けりゃ長さも短く、冷房の効きも悪いコンパクトな電車が、レールを軋ませながら急カーブをクリアしていくのはなかなか面白いものがありました。
                    競馬を離れたのんびりとした一日を過ごし、リフレッシュしたところでクラスターCの予想です。


                    ◎5 ラブバレット
                    一昨々年が1.6秒差3着、一昨年が1.0秒差3着、昨年がタイム差なしのクビ差2着。今年こそはの期待を込めて◎を打ちます。
                    今年で7歳になりますが、昨年2着後も兵庫ゴールドトロフィーで2着、前々走・北海道スプリントCであわやのシーンを作って2着惜敗と交流重賞で好走を続けており、衰えは微塵も感じられません。
                    今回はスプリント戦のわりに典型的な逃げ馬が不在で、先行力のあるこの馬に流れは向きそうですし、前走・栗駒賞で3連覇を達成して悲願達成へのステップは万全。岩手生え抜きのスターによる大願成就に期待します。

                     

                    ○12 ブライトライン
                    若い頃にはファルコンSを勝ち、日本ダービーにも挑戦した素質馬。ダートに転じてからもみやこS勝ち、JCダート4着などの実績を残しており、ここでは格上的存在です。
                    長らく中央のダートばかりを使われてきましたが、昨年の東京スプリントでは勝ち馬からアタマ差の2着に入っており、地方の砂への適性も十分。1年の休養明けとなった前走・プロキオンSを使われて、ここは大きな上積みの期待できる2走目です。
                    東京や中京に良績が多く、同じ左回りの盛岡は合いそう。ここは古豪復活の期待できる場面です。


                    ▲10 ディオスコリダー
                    3歳春にドバイの古馬G汽疋丱ぅ粥璽襯妊鵐轡礇辧璽鵑膨戦したという経歴を持つ風雲児。
                    国内のダート1200mに限れば【5,0,2,0】という安定した成績を残しており、国内重賞初挑戦となった前走・カペラSでは中団追走から突き抜けて、あっさり重賞初制覇を成し遂げています。
                    今回はそれ以来の休み明けで、古馬となってから初めてのレース。交流重賞にも初挑戦となりますが、実力をスムースに発揮できれば、ここは通過点でしかないはず。
                    溜めて末脚を生かしたいこの馬にとって盛岡は合いそうで、どんな走りを見せてくれるか楽しみです。


                    △4 オウケンビリーヴ
                    重賞初挑戦、地方競馬場初参戦、ダートでは初のマイル戦といくつものハードルがあった前走・スパーキングレディーCでいきなりリエノテソーロの2着に入って見せ、素質の高さを示した芦毛の新星です。
                    今回は牡馬相手にはなりますが、走り慣れた1200mに距離が短縮されるのはプラス。差し脚質だけに直線が長く坂のある盛岡は合いそうです。
                    使い減りする体質だけに前走から1月半という間隔がどう出るかですが、調教の動きを見る限り、出来落ちはなさそう。芝のスプリンターを数多く育てた安田隆行調教師が送り出す、芝の電撃姫の走りに注目です。


                    ×はダート未勝利も実力は互角・9 ネロと、展開の向きそうな7 コパノマイケルを指名します。買い目は◎の単勝と、シルシの各馬への馬連流し5点。


                    岩手競馬・ひまわり賞(オークス)予想 byびぜんや

                    0

                      今年のお盆は珍しく長い休みが取れて、11日から16日までの6連休となりました。
                      早くからこれがわかっていたら、コミケから実家に向かって、15日はクラスターCを観に行ったのになぁ。

                       

                      ◎4 カゼノウタ/先手取れそうなメンバー構成。連勝中の勢い買う。
                      ○7 グランフルール/中央時代に長距離経験豊富。持久戦なら。
                      ▲8 ウインストロベリー/大崩れなし。血統的に距離延長向きそう。
                      △3 シグラップアモーレ/オープン実績豊富。速力生かせれば。


                      ■ おまけ ■ レパードS予想
                      ◎4 ドンフォルティス/距離短縮はプラス。ローカルのタイトなコースも合いそう。
                      ○6 グリム/前走は不利で度外視。巻き返しに期待。
                      ▲8 プロスパラスデイズ/ムラだが破壊力抜群。古馬1000万勝ちを評価。
                      △14 グレートタイム/大崩れないのが魅力。母仔制覇目指す。
                      ×9 エングローサー/こちらは父仔制覇に期待。前走は強敵に伍して好走。
                      ×3 イダペガサス/新潟向きの先行力光る。叩き2走目で前進。


                      | 1/25PAGES | >>