calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

岩手競馬・クラスターC予想 byびぜんや

0

    青春18きっぷが余ってしまったので。
    火曜日は鈍行を乗り継いで名古屋を越え、三重県の三岐鉄道北勢線というところに行ってきました。
    レールの間隔が新幹線の半分強の762ミリしかない小さな電車。かつては「軽便鉄道」と呼ばれ、岩手の花巻電鉄や岩手軽便鉄道など、全国を走っていたそうですが、今は三重県と富山県にしか残っていないのだとか。
    車体の幅も狭けりゃ長さも短く、冷房の効きも悪いコンパクトな電車が、レールを軋ませながら急カーブをクリアしていくのはなかなか面白いものがありました。
    競馬を離れたのんびりとした一日を過ごし、リフレッシュしたところでクラスターCの予想です。


    ◎5 ラブバレット
    一昨々年が1.6秒差3着、一昨年が1.0秒差3着、昨年がタイム差なしのクビ差2着。今年こそはの期待を込めて◎を打ちます。
    今年で7歳になりますが、昨年2着後も兵庫ゴールドトロフィーで2着、前々走・北海道スプリントCであわやのシーンを作って2着惜敗と交流重賞で好走を続けており、衰えは微塵も感じられません。
    今回はスプリント戦のわりに典型的な逃げ馬が不在で、先行力のあるこの馬に流れは向きそうですし、前走・栗駒賞で3連覇を達成して悲願達成へのステップは万全。岩手生え抜きのスターによる大願成就に期待します。

     

    ○12 ブライトライン
    若い頃にはファルコンSを勝ち、日本ダービーにも挑戦した素質馬。ダートに転じてからもみやこS勝ち、JCダート4着などの実績を残しており、ここでは格上的存在です。
    長らく中央のダートばかりを使われてきましたが、昨年の東京スプリントでは勝ち馬からアタマ差の2着に入っており、地方の砂への適性も十分。1年の休養明けとなった前走・プロキオンSを使われて、ここは大きな上積みの期待できる2走目です。
    東京や中京に良績が多く、同じ左回りの盛岡は合いそう。ここは古豪復活の期待できる場面です。


    ▲10 ディオスコリダー
    3歳春にドバイの古馬G汽疋丱ぅ粥璽襯妊鵐轡礇辧璽鵑膨戦したという経歴を持つ風雲児。
    国内のダート1200mに限れば【5,0,2,0】という安定した成績を残しており、国内重賞初挑戦となった前走・カペラSでは中団追走から突き抜けて、あっさり重賞初制覇を成し遂げています。
    今回はそれ以来の休み明けで、古馬となってから初めてのレース。交流重賞にも初挑戦となりますが、実力をスムースに発揮できれば、ここは通過点でしかないはず。
    溜めて末脚を生かしたいこの馬にとって盛岡は合いそうで、どんな走りを見せてくれるか楽しみです。


    △4 オウケンビリーヴ
    重賞初挑戦、地方競馬場初参戦、ダートでは初のマイル戦といくつものハードルがあった前走・スパーキングレディーCでいきなりリエノテソーロの2着に入って見せ、素質の高さを示した芦毛の新星です。
    今回は牡馬相手にはなりますが、走り慣れた1200mに距離が短縮されるのはプラス。差し脚質だけに直線が長く坂のある盛岡は合いそうです。
    使い減りする体質だけに前走から1月半という間隔がどう出るかですが、調教の動きを見る限り、出来落ちはなさそう。芝のスプリンターを数多く育てた安田隆行調教師が送り出す、芝の電撃姫の走りに注目です。


    ×はダート未勝利も実力は互角・9 ネロと、展開の向きそうな7 コパノマイケルを指名します。買い目は◎の単勝と、シルシの各馬への馬連流し5点。


    岩手競馬・ひまわり賞(オークス)予想 byびぜんや

    0

      今年のお盆は珍しく長い休みが取れて、11日から16日までの6連休となりました。
      早くからこれがわかっていたら、コミケから実家に向かって、15日はクラスターCを観に行ったのになぁ。

       

      ◎4 カゼノウタ/先手取れそうなメンバー構成。連勝中の勢い買う。
      ○7 グランフルール/中央時代に長距離経験豊富。持久戦なら。
      ▲8 ウインストロベリー/大崩れなし。血統的に距離延長向きそう。
      △3 シグラップアモーレ/オープン実績豊富。速力生かせれば。


      ■ おまけ ■ レパードS予想
      ◎4 ドンフォルティス/距離短縮はプラス。ローカルのタイトなコースも合いそう。
      ○6 グリム/前走は不利で度外視。巻き返しに期待。
      ▲8 プロスパラスデイズ/ムラだが破壊力抜群。古馬1000万勝ちを評価。
      △14 グレートタイム/大崩れないのが魅力。母仔制覇目指す。
      ×9 エングローサー/こちらは父仔制覇に期待。前走は強敵に伍して好走。
      ×3 イダペガサス/新潟向きの先行力光る。叩き2走目で前進。


      岩手競馬・せきれい賞予想 byびぜんや

      0

        (盛岡芝2400m/M2)


        台風の進路が懸念される中、今週の盛岡競馬では「西日本豪雨被災者支援」競走が行われます。
        日曜日は4R〜7Rの4鞍。

        4R◎4 エメラルドアロー/前回は相手が強かった。展開も向きそう。
        5R◎5 ゴールデンタバサ/盛岡得意。先行激化なら末脚で一掃。
        6R◎8 ミコマッシグラ/距離延長どうかだがとりあえず気になる。
        7R◎5 ダンストーンラヴ/この条件がベスト。ここ2走も着差はわずか。

        それぞれ単複を買って少額ながら被災者支援をしようと思います。


        ◎2 サンエイゴールド/昨年の覇者。前哨戦を快勝し、充実期。
        ○1 スタークニナガ/オパールCで芝適性の高さ示した。距離こなせば。
        ▲11 エイシンエルヴィン/仏国準重賞勝ちの実力者。侮れず。
        △12 リュイールスター/かきつばた賞で2着に健闘。ここでも。


        ■ おまけ ■ アイビスSD予想
        ◎8 ラブカンプー/世代屈指の速力誇る。この舞台も合いそうで。
        ○15 ダイメイプリンセス/舞台適性は上位。外枠を引き視界は良好。
        ▲7 レジーナフォルテ/昨年3着。速力磨いてリヴェンジ期す。
        △13 ノットフォーマル/3走前に復活の兆し。舞台適性は高い。
        ×14 レッドラウダ/前2走は内枠に泣いた。千直巧者が橙枠から。
        ×3 カラクレナイ/実績は上位。スムースな競馬できれば。


        岩手競馬・メイセイオペラ記念マーキュリーC予想 byびぜんや

        0

          本紙既報の通り。
          日曜日は名鉄杯を見に中京競馬場に出かけてきました。
          最高気温36℃という予報に恐れをなし、開門ダッシュで屋内一般席を何とかキープ。1レースを終えたところで、名鉄杯限定グッズ「中京競馬場前駅駅名標キーホルダー」を入手しようと、中京競馬場の果て、パノラマステーションに出かけましたが、そこには早くも「完売」の札が出ていました。
          昨年も瞬殺だったとどこかで見ていましたし、ガチ勢の方鉄オタの方コレクターの方好事家の方は席も馬券もレースも構うことなく売り場に直行したのでしょうから、驚きはしませんでしたが、もうちょっと搬入しといてくださいよ名鉄サン、とひとこと言いたくはなりましたねぇ。

           

          馬券の方はあちこちのレースに手を出してこまめに散財しながら、時折20倍台の馬連や20倍台の複勝を的中させて一進一退の攻防を繰り広げていたのですが、勝負を賭けたメインの名鉄杯が(−−−)で轟沈、巻き返しを期した函館記念がこれまた(−−−)で撃沈でジ・エンド。
          最終で取り返しても焼け石に水、ちょっと残念な結果になってしまいました。
          それでもメインまで結構楽しめましたし、間近で聞いた名鉄杯の生ファンファーレはなかなかの迫力。ナゴヤめしもそれなりに楽しんで、おカネのことを気にしなければ楽しい遠征でした。
          ……でもやっぱり盛夏の競馬場生観戦は体力的にキツいですね。


          ◎10 ミツバ
          昨年のマーキュリーC覇者が1年ぶりに盛岡に帰ってきました。
          この1年、勝ち星を積み重ねることは出来ていませんが、アンタレスSと名古屋大賞典で2着、JBCクラシックでも3着と強敵相手に差のない競馬をしており、昨年以上に濃い経験をして、強くなってのマーキュリーC参戦となります。
          大逃げを見せたかと思えば差し、差したかと思えば早めにまくってポジションを上げるという、変幻自在な戦法を武器にしているトリックスターで、舞台も展開も不問。
          連覇の確率は相当、と見積もれます。


          ○14 フェニックスマーク
          新馬戦ではのちのUAEダービー2着馬・エピカリスに6馬身差をつけられての2着でしたが、4着以下には10馬身以上の差をつけて才能の片鱗を示していました。
          続く未勝利戦は9馬身差の圧勝劇で順当勝ち。その後半年の休み明けとなった自己条件では2着に敗れましたが、そこから3連勝でオープンまで駆け上がり、オープン初戦となった前走・ブリリアントSでも好位から押し切る盤石の取り口で快勝。ここまで全く壁を感じさせないまま、重賞に挑んできました。
          今回は相手がさらに強くなりますし、地方でのレースも初めて、右回りに良績が集中している点も気になりますが、それでも目下の勢いは要注意。
          鉄砲は効きますし、直線に坂のあるコースは5戦無敗で、一気にタイトルを手にしても驚きません。


          ▲9 マイネルバサラ
          浦和記念を制し、佐賀記念、ダイオライト記念で3着に入った砂の武神が、盛岡に矛先を向けてきました。
          先行策から積極的に動いてレースを作れる脚質と、切れないながらもタフな脚力は明らかに地方のダート向き。盛岡の直線を意識してライヴァルの仕掛けが遅れるようなら、チャンスは拡大します。
          浦和記念でG鞠錬夏を沈めた大物喰いに要注意です。


          △7 ドラゴンエアル
          昨年は比較的内枠の中央所属馬が上位を占める中、大外14番枠から中央勢に割って入る形での5着。
          今年は地方勢の中心選手として、上位食い込みが期待されます。
          前走・「My AIRDO」特別では、後続に2.5秒差をつける衝撃的な勝ちっぷりを見せて試走を完了。昨年以上のステップで臨み、昨年より立ち回りやすい枠を引いたことで前進が望めます。
          もしひと雨来ればさらに勝機は拡大。時計面でも見劣りはなく、上位食い込みが狙える北海の昇り竜です。


          ×はブリリアントSで差のない競馬をした3 ザイデックメアと、岩手代表・5 エンパイアペガサスを指名します。

          買い目は◎からの馬複流し5点。

           


          岩手競馬・オパールC予想 byびぜんや

          0

            (盛岡芝1700m/M2)


            土曜日のレインボーCターフチャレンジは走路悪化のため、中央では聞かなくなった「ダート変更」という事態になりました。明日には回復する予報ですが、岩手競馬のサイトを見るとこのオパールCもダート変更の恐れがあるとのこと。
            その場合は5番と14番の単複でも買って眺めます。


            ◎11 プリヴィレッジ/芝経験で一歩リード。距離短縮はプラス。
            ○3 スタークニナガ/中央芝で重賞実績馬と接戦。色気十分。
            ▲12 フェスタジョーヌ/バレークイーンの一族。芝での変わり身に期待。
            △4 グランフェルメール/近2走は距離が長かった。反撃期す。
            ×2 サンタガール/はまなす賞で◎と接戦。侮れず。
            ×5 フレアリングダイヤ/左回りの千七は得意。芝もこなせそう。
            ×14 リュウノムーン/武者修行の成果見せる。馬場が渋れば好機到来。


            ■ おまけ ■ プロキオンS予想
            ◎6 インカンテーション/戦ってきた相手が違う。初距離でも地力を信頼。
            ○7 キングズガード/昨年は2馬身差の完勝。適所に戻り前進期す。
            ▲3 ウインムート/連勝の勢い買う。番手からでもレースが出来、激流も○
            △10 ダノングッド/差しの競馬が板についた。先行激化でチャンス到来。
            ×2 ドリームキラリ/同型の存在どうかだがスムースに先行できれば侮れず
            ×12 ブラゾンドゥリス/千四巧者。差しの利く展開で一発。


            岩手競馬・栗駒賞予想 byびぜんや

            0

              (水沢1400m/М掘

              関東甲信地方の梅雨が6月のうちに明けてしまいましたが。
              梅雨が明けないこともある東北・水沢は土曜日の豪雨でレースが中止になったとのこと。競馬場南側の姉体地区では浸水もあったようですね。
              大事ないことを祈ります。


              ◎8 ラブバレット/前走・北海道スプリントは2着惜敗。地元馬相手なら勝ちは譲れない。
              ○9 オースミチャド/この距離も守備範囲。小回り平坦で反撃。
              ▲6 ナムラバイオレット/前走は圧巻の直線一気。栗駒賞で勝つのは栗毛の駒?
              △2 タイセイファントム/絆Cの大金星光る。距離再延長で反撃。


              ■ おまけ ■CBC賞予想
              ◎15 ワンスインナムーン/実績はトップクラス、ハンデは恵まれた。ひとり旅に持ち込めれば。
              ○12 ダイメイフジ/この距離では崩れない。激流で末脚生かす。
              ▲16 ペイシャフェリシタ/中京2勝の実力者。充実期迎えここは通過点。
              △9 セカンドテーブル/昨年は惜しい2着。好調持続し昨年の借りを返す。
              ×6 アクティブミノル/リフレッシュなった。重賞2勝の実力者が復活へ。
              ×10 ナガラフラワー/この距離にも慣れてきた。軽量味方に一発。


              岩手競馬・ウイナーC予想 byびぜんや

              0

                盛岡冷麺に、わんこそばにじゃじゃ麺。おいしい岩手の麺類が恋しい季節になりました。

                まぁ冬になったら冬になったで、めかぶそばとか、ぺろっこラーメンとか卵麺とか、やっぱり岩手の麺類が恋しくなるんですが。

                 

                 

                ◎2 スターギア/留守杯日高賞2着の実力者。得意の距離で前進必至。
                ○3 ブレシアイル/控えての競馬が様になって来た。好枠から一発。
                ▲8 ビーチキャンドル/中央からの転入初戦。不気味だ。
                △10 タイセイターゲット/前走この距離で圧勝。展開不問の上昇馬。
                 


                岩手競馬・一條記念みちのく大賞典予想 byびぜんや

                0

                  4年ごとに書いているような気もしますが。
                  今回もサッカーW杯には無関心な、早寝早起きで非国民な生活を送っています。


                  ◎2 エンパイアペガサス/前走快勝前々走大圧勝。ここは逆らえないか。
                  ○8 チェリーピッカー/前走で復活の兆し。得意コースであとは距離だけ。
                  ▲3 コミュニティ/15年に圧勝の戦歴。距離延長で甦る。
                  △5 グランウブロ/あすなろ賞を快勝。底を見せていない4歳馬。


                  ■ おまけ ■ ユニコーンS予想
                  ◎7 グリム/前走が強敵相手に強い内容。コース適性武器にもう一丁。
                  ○14 ルヴァンスレーヴ/2歳時の3連勝は圧巻。叩き2走目のここで復活。
                  ▲9 コマビショウ/前走はちぐはぐな競馬。自在性武器に一発狙う。
                  △8 ハーベストムーン/要は先行できるかどうか。馬場が湿れば勝機拡大。
                  ×5 グレートタイム/まだまだ見限れない良血馬。
                  ×15 ダンケシェーン/人気落ちで狙いたい話題馬。


                  岩手競馬・岩手ダービー ダイヤモンドC予想 byびぜんや

                  0

                    ラブバレットの北海道スプリント2着とか、錦木関が夏場所で10勝とか、岩手のスポーツにうれしい話題が続いていますが。
                    都市対抗の東北予選決勝で金ヶ崎町のトヨタ自動車東北が勝ち、チームとしては初、県勢としては11年ぶりの東京ドーム切符をつかんだとのうれしいニュースがありました。金ヶ崎は水沢競馬場のある奥州市の隣町で、私が高校に通っていたところ。東京ドームに「金ヶ崎町」の名が響き渡ると思うと、うれしいですねぇ。懐具合と日程が合えばドーム、行ってみようかな……。


                    ◎6 チャイヤプーン/勝負付けは済んでいる。ここも勝って連勝街道続く。
                    ○7 ナナヒカリ/距離延長はプラス。前走でも最後まで伸びていた。
                    ▲10 グランフェルメール/距離延長どうかもコース替わりはプラス。
                    △8 アップバング/距離伸びてこその血統。脚を溜めて一発狙う。


                    ■ おまけ ■ エプソムC予想
                    ◎13 アデイインザライフ/順調に使えているのは大きい。コース替わりで本領発揮。
                    ○10 ダイワキャグニー/東京千八のスペシャリスト。負けられない戦いだ。
                    ▲2 ベルキャニオン/前々走見せ場を作った東京巧者。先行力生かして。
                    △4 トーセンマタコイヤ/前走は脚を余した。見直したい叩き2走目。
                    ×8 サーブルオール/前走が強い内容。昇級初戦も通用する。
                    ×16 サトノアーサー/崩れないのが強み。外枠克服できれば。


                    岩手競馬・早池峰スーパースプリント予想 byびぜんや

                    0

                      今年は「ダービーシリーズ」の全戦参戦を断念することにしました。
                      九州ダービー栄城賞や石川ダービーとPOGの指名馬決定が時期的にカブるののはキツいですし、今週の1週4戦スケジュールは予想も馬券購入も大変で、じっくり予想する感じになれず、追いまくられる感じになってしまいます。そんな感じで競馬やっても楽しくないよなぁ、と昨年つくづく思ってしまったのですね。
                      とりあえず今年は来週の、岩手ダービー・ダイヤモンドCに全力投球します、ということで。

                       

                       

                      ◎1 オースミチャド/前哨戦を快勝。好枠から中央準OPの速力生かす。
                      ○9 タイセイファントム/絆Cでラブバレット破る大金星。10歳の今季も好調。
                      ▲12 コウセン/大外、休み明けは気になるが逃がすと手強い。
                      △7 キングジャガー/この距離2戦目で前進期待。
                      ×6 メジャーリーガー/帰って来た重賞3勝馬。休み明けだが地力は上位。


                      | 1/24PAGES | >>