calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

岩手競馬・トウケイニセイ記念予想 byびぜんや

0

    (水沢1600m/M2)

     

    岩手競馬は、今週の開催をもって冬休みに入ります。

    ということで、「週刊萌馬」の岩手競馬予想もこれが今シーズンのラスト。

    クライマックスシリーズは桐花賞が(◎○×)で馬連&三連単的中、金杯が(○◎−)で馬連的中も獲って損だったので、最後は一発当ててしめくくりたいところです。

     

    今季も「週刊萌馬」岩手競馬予想におつきあいいただき、ありがとうございました。

     

    ◎6 ヤマニンボアソルチ/前走は好位からの競馬で好走。ハマった時の破壊力は絶品。
    ○7 パンプキンズ/ここに入れば力上位。得意の水沢マイルで巻き返す。
    ▲2 マリーグレイス/前走で◎に先着。好枠から先手奪って4連勝だ。
    △8 ブルージェット/南関A級からの転入初戦。地力警戒。


    岩手競馬・金杯予想 byびぜんや

    0

      (水沢1600m/M2)

       

      新年あけましておめでとうございます。
      今年も「週刊萌馬」をよろしくお願いします。
      例年なら中央の金杯が予想初めになるところですが、今年は岩手・水沢の金杯からスタートしたいと思います。
      金杯で乾杯、と行きたいですね。


      ◎10 ナーリー/前走で立ち回りの巧さと勝負根性見せた。斤量減で逆転。
      ○5 シンボ/ここに入れば明らかに格上。極上の末脚でタイトル奪取。
      ▲1 フェイドハード/パワーアップして帰還。叩き2走目で前進期待。
      △4 アークオブメジャー/前走は最速上がりを発揮。距離延長はプラス。
      ×12 グラントゥラッキー/転入初戦を快勝。スピード生かして一発。


      岩手競馬・桐花賞予想 byびぜんや

      0

        さて。

        今年も「週刊萌馬」最後の予想は岩手競馬のグランプリ・桐花賞の予想です。

        今年一年、当ブログをご贔屓戴いた皆様に深く感謝致します。来年も「週刊萌馬」をよろしくお願いいたします。


        それでは、良いお年を。



        ◎5 ヤマショウブラック/距離延長はプラス。颯爽と現れた3歳の新星が、令和の岩手を締めくくる。

        ○10 エンパイアペガサス/一昨年の覇者が前哨戦を制してここへ。王者の威厳を示し桐冠を防衛。

        ▲9 サンエイプリンス/前走で地力強化を示した。初距離でも楽しみな上昇馬。

        △2 コスモジョイジョイ/好枠引いた。先行力武器に食い込みを図る。

        ×12 アドマイヤメテオ/白嶺賞では差のない3着。外枠から思い切りよく末脚生かす。



        岩手競馬・ゴールデンジョッキーズシリーズ第2戦予想 byびぜんや

        0

          (水沢1600m/B2)

           

          今日は前フリなしで。


          ◎9 コログレッツォ/距離再短縮はプラス。息の長い末脚生かしたい。
          ○1 テイーアウリイ/寒い季節に本領発揮。阿部騎手の継続騎乗も○。
          ▲3 デザートナイト/鞍上とは好相性。波乱の使者がもう一丁。
          △8 ヤマトタケル/重賞経験のある3歳馬。この相手関係なら。
          ×4 ユメノタビ/ドリームジャーニー産駒かと思ったらそうじゃなかった。


          岩手競馬・ゴールデンジョッキーズシリーズ第1戦予想 byびぜんや

          0

            (水沢1400m/C1)

             

            日本漢字能力検定協会が発表する今年の漢字が「令」に決まりましたね。ちょうど改元は岩手の実家で迎えていて、帰省の道中、改元で沸く様子を東北各地に見たことが思い出されます。

            例年ならここで私の「今年の漢字」を発表するところなんですが、これは来週に延期、ということで。

            昨日ハンドルを握りながらつらつら考えてはみたんですが、まとまらなかったんですよねぇ。

            トシのせいか、夏競馬以前のことがなかなか思い出せなくて……

            今年の漢字は「老」にしたほうがいいのかもしれません。

             


            ◎4 スキーマー/転入2戦が好内容。コース替わりも問題なし。
            ○5 ラヴァクール/デビュー戦でラッキーライラックの2着。距離延長合いそうで。
            ▲8 トーホクフェアリー/4戦連続連対と堅実。相手関係恵まれた。
            △10 ヴィクトリアレーヴ/冬馬場に自信あり。


            岩手競馬・ディセンバーC & 香港国際競走予想 byびぜんや

            0

              薬物問題で開催が中止されていた岩手競馬ですが、なんとか再開にこぎつけました。
              レギュラーシーズンはあと1か月。
              なんとかつつがなく終わってほしいものです。

               

              ■岩手競馬・ディセンバーC予想 byびぜんや
              (水沢1900m/B2)
              ◎4 コログレッツォ/現級の安定株。血統的には距離こなせるはず。
              ○9 アイアムヒラケゴマ/距離実績あり、冬馬場得意。北風味方に逆転期す。
              ▲8 リンネルクロス/後手踏んだ前走度外視。積極策で逆転狙う。
              △3 ヤマトタケル/重賞経験した3歳馬。伸びしろに期待。


              ■香港ヴァーズ予想
              ◎2 グローリーヴェイズ/前走は不利が敗因。春天2着馬が叩き2走目で。
              ○13 アンソニーヴァンダイク/米国遠征でも力示した。伸び盛りの3歳馬に好機到来。
              ▲10 ディアドラ/欧州の強豪相手に互角の戦い演じた。距離こなせば。
              △1 エグザルタント/距離延長は望むところ。昨年の覇者が力を示す。
              ×7 プリンスオブアラン/長距離の本場・豪州で好走した長距離砲。
              ×11 ラッキーライラック/さらなる距離延長も克服可能。充実期迎えた。


              ■香港スプリント予想
              ◎4 ホットキングプローン/長休明けの前走で地力示した。好枠から逃げ切り図る。
              ○14 エセロ/6戦5勝、急上昇の勢い魅力。
              ▲10 シーズンズブルーム/プレミアボウルで直線一気。流れ向けば。
              △1 ビートザクロック/安定感が魅力。雷腕に導かれ好枠から頂点へ。
              ×7 ダノンスマッシュ/ハマった時の破壊力は出色。父仔制覇なるか。


              ■香港マイル予想
              ◎2 インディチャンプ/春秋マイル制覇を遂げた日本の雄。香港は合うはず。
              ○4 ワイクク/前哨戦の覇者。勢いに乗る昇竜を警戒。
              ▲1 ビューティージェネレーション/チャンピオンズマイルが圧巻。本調子ならあっさりも。
              △10 ノームコア/古馬になり完成された。スピード決着は歓迎。
              ×3 ペルシアンナイト/前走で◎の3着。折り合えばここでも通用。
              ×9 アドマイヤマーズ/前走案外だが、見限れない若きマイラー。
              ×6 カーインスター/好枠引いた。マイル戦線の安定株が一発狙う。


              ■香港C予想
              ◎7 マジックワンド/強行軍は気になるが、この相手関係なら勝機十分。
              ○2 ライズハイ/前走は外を回らされる不利。力通りならここは勝ち負け。
              ▲1 ウインブライト/QE2世Cが強い勝ち方。舞台適性高く、復活あり得る。
              △8 エディザ/中距離では崩れない。遠征でも結果出しており楽しみ。
              ×6 フローレ/前哨戦最先着。抑えで。


              岩手競馬・南部駒賞予想 byびぜんや

              0

                (盛岡ダート1600m/M1)


                今週のおまけ予想には、盛岡競馬場との交流レースである、東京のオーロCを選んでみました。
                福島記念はステイフーリッシュとカンタービレに注目してみたいと思います。


                ◎6 カスタムオーダー/近親にエイジアンウインズ。スピード生かしたい。
                ○1 シンボ/知床賞2着の切れ者。末脚の破壊力は非凡。
                ▲4 グランコージー/デビュー4戦4勝。若駒賞勝った岩手のエース。
                △9 モリノブレイク/強敵と戦ってきた戦歴に注目。


                ■ おまけ ■ オーロC予想
                ◎4 トゥザクラウン/休み明けの前走でも見せ場。ここは適舞台、叩き2走目で。
                ○17 メイケイダイハード/千四に転じて才能開花。ここでも怖い1頭。
                ▲16 プールヴィル/前走で千四巧者ぶり見せた。流れも向きそう。
                △5 テトラドラクマ/鉄砲巧者。素質馬の復活に期待。
                ×14 エイシンティンクル/この夏は中距離で健闘。適距離に戻って反撃だ。
                ×15 エントシャイデン/前走は発馬がすべて。得意の府中で巻き返す。


                岩手競馬・知床賞予想 byびぜんや

                0

                  (盛岡ダート1400m/M3)


                  即位礼正殿の儀の日、松本市内から雲が残る西の方を見たら、北アルプスの峰々が冠雪しているのが見えました。
                  例年より2日遅い初冠雪なのだとか。
                  予想のお供も、ハイボールより、日本酒や紅茶の合う季節になってきました。


                  ◎9 チャルメーラ/移籍初戦に名刺代わりの一発。先手取れれば。
                  ○5 シンボ/芝とはいえ盛岡実績あるのは魅力。鞍上も加味して。
                  ▲11 クロスワールド/経験豊富な道営馬。距離延長○。
                  △7 スマイルエルフ/この距離は合う。強敵相手に戦った経験生かしたい。


                  OROターフスプリント予想 byびぜんや

                  0

                    (盛岡芝1000m/M2)

                     

                    先週の南部杯は(◎▲○)。予想的にはまずまずですが、馬券的には「おとなしく馬複にしとけば……」という結果になりました。

                    ここから岩手競馬はシーズンの終盤戦。

                    メインレースが中央競馬を開催している時間帯に移っているので気をつけないといけません。

                    今日は芝のレースがダート変更になっていましたが、明日は大丈夫でしょうかねぇ。

                     

                    ◎3 サレンティーナ/桂樹杯の勝ち馬。距離短縮はプラス。
                    ○2 コスモロングソード/盛岡芝千はベストの条件。内枠利して立ち回る。
                    ▲7 ケンガイア/ハヤテスプリントの覇者がみたび来盛。侮れず。
                    △11 コスモリョウゲツ/前哨戦快勝の勢い侮れず。


                    岩手競馬・マイルチャンピオンシップ南部杯予想 byびぜんや

                    0

                      ラグビーW杯では日本代表が勝って決勝トーナメント進出を決め。
                      プロ野球はクライマックスシリーズが決着し、日本シリーズはホークスとジャイアンツの盟主決戦に。
                      ワンデー開催となった鈴鹿の日本グランプリではボッタス選手が優勝。
                      バレーW杯でも日本代表が快勝。
                      そして中央競馬ではクロノジェネシスがG欺蘋覇。

                       

                      日本にスポーツが帰ってきました。

                      明日も前を向いていきましょう。


                      ◎4 アルクトス
                      この春はオアシスS→欅Sを連勝し、続く前走・プロキオンSでは好位の内から力づくで馬群を割って伸びて重賞初制覇。つごう3連勝としました。
                      左回りのワンターン、という条件では新馬戦で敗れたあと6連勝。盛岡マイルも左回りのワンターンですから、ここも期待が持てます。
                      もちろん今回は相手が大幅に強くなりますし、地方の競馬場で走るのも初めて。ダートスタートにも一抹の不安は残ります。しかしそれ以上に買いたいのは左適性と、目下の勢い。
                      伸び盛りの4歳牡馬がヴェテラン勢にひと泡吹かせるシーンを期待します。


                      ○13 ゴールドドリーム
                      17年のフェブラリーSを勝ち、かしわ記念は18年、19年と連覇している現役屈指のダートマイラーが、残る最後のマイルG汽織ぅ肇襪任△詁酩杯の盃を手にするために、今年も盛岡にやって来ました。
                      一昨年は出遅れが響いて5着、昨年は斤量の軽い勝ち馬に巧く立ち回られて2着と勝ち切れていませんが、距離適性の高さは明らかですし、脚質的に脚を溜められる盛岡もフィット。コース適性は悪くないはずです。
                      このメンバーに入れば、格的に一枚も二枚も上、といえる存在ですし、中央重賞開催日にもかかわらずルメール騎手を配して勝負気配は濃厚。
                      定量のG気如格下に後れを取るわけにはいきません。


                      ▲3 サンライズノヴァ
                      盛岡ダート1600mは、東京ダート1600mと同じく左回り、ワンターンのマイル戦。ということで、過去の南部杯優勝馬にはコパノリッキー、ベストウォーリア、エスポワールシチーなど、東京ダート1600mの重賞勝ち馬が名を連ねています。
                      ということは、ユニコーンSや武蔵野Sを勝っているこの馬も、南部杯で優勝を争う有資格者と言えるでしょう。
                      前走・プロキオンSは後方待機策から最速上がりを繰り出したものの、前に届かずの0.5秒差4着。今回はそれ以来の休み明けとなりますが、フレッシュな状態の時の方が走れる馬ですから、ここは巻き返しを期待できます。
                      休み前は馬体が絞り切れず苦戦していた印象でしたが、馬体が絞れればまだまだ上位争いに加わることはできるはず。名うてのサウスポーの復活なるか、注目です。


                      △15 ノボバカラ
                      一昨年のこのレースでは、果敢にハナを切ると直線でも粘りに粘り、最後はキングズガードの追撃を凌いで見せ場たっぷりの2着。7番人気の低評価を覆し、馬複万馬券の波乱を演出して見せました。
                      7歳になった今年も、栗東Sを勝ち北海道スプリントCで3着に入るなどまだまだ衰え知らず。他の有力馬が盛岡の直線を意識して脚を溜めにかかるなら、台風の影響で脚抜きのいい馬場を味方に、この馬が再び粘り込むシーンもありそうです。


                      ×1 ミツバ
                      一昨年、昨年とマーキュリーCを制覇している盛岡の鬼です。
                      今年は年明けの川崎記念を制してG欺蘊〕を挙げるなど、7歳にして充実期を迎えた印象。川崎記念制覇後は2連敗していますが、ダイオライト記念は距離が長すぎましたし、帝王賞は骨っぽいメンバー相手に4着は健闘といっていい成績。それで評価を下げる必要はないでしょう。
                      どちらかというと不安材料は、14年に未勝利戦を勝って以来勝ち星のないワンターンの競馬。そこを懸念してシルシを下げましたが、怖い1頭であることに違いはありません。

                       

                      買い目は◎○→◎○→▲△×の三連単フォーメーション6点。


                      | 1/29PAGES | >>