calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

岩手競馬・OROオータムティアラ予想 byびぜんや

0

    (盛岡ダート2000m/M1)


    今週は仕事を1日お休みして、人間ドックと自動車免許の更新をやって来ました。
    ……40代を卒業する準備を終えてしまったような気がします。
    50歳になったらそろそろ老眼鏡でも作るべきかとも思ってましたが、競馬新聞を苦もなく読めるうちはまだ大丈夫ですかね。


    ◎8 モモイロキッス/距離を伸ばして台頭。さらなる距離延長を追い風に。
    ○6 マルケイマーヴェル/積極策でひまわり賞を快勝。牝馬二冠、そして初代女王を視野に。
    ▲11 エムワンリーフ/先行馬多く展開向きそう。オークスのリヴェンジだ。
    △7 セシール/目下の充実度光る。同型との兼ね合いが鍵か。


    岩手競馬・若駒賞予想 byびぜんや

    0

      (盛岡ダート1600m/M2)


      先週の岩手競馬「初雁特別」予想の前フリで東北本線の特急「はつかり」の話を書いたんですが。
      マイルチャンピオンシップ南部杯を勝ったのは「北斗七星」という意味の名前を持つアルクトス号でした。そういえば昔、東北本線には「北斗星」「北星」という列車も走っていたのでした。なるほど、そういうサインがありましたか……。


      さて、今年の岩手競馬は前半だけで8億円の利益を出せたという報道がありました。つい十数年前には廃止の瀬戸際にあったとは思えないV字回復で、喜ばしいことです。
      ただ今年前半は他のスポーツイヴェントがのきなみ中止や縮小に追い込まれた中、公営ギャンブルだけが「ひとり勝ち」状態だったという強い追い風があったのは言うまでもないこと。
      来年以降、この好調をどこまで繋げられるかが大事でしょう。

      そして借金返済も大事ですが、この好調をファンにも還元してほしいところ。
      個人的には水沢のスタンドを時代に即したモダンでコンパクトなスタンドにしてほしい気がするんですが。
      あの古色蒼然としたスタンドがいい、という人も多くいそうですね。


      ◎3 リュウノシンゲン/ダート4戦4勝のビギナーズC勝ち馬。勝負づけの終わった相手関係で。
      ▲2 リュウセイオジョウ/唯一◎と未対戦の1戦1勝馬。未知の魅力。
      △1 シラカミロード/「母がオレンジロード? サイン馬券じゃん」と思ったらオレンジローズだった。
      ×6 グランフェデリーゴ/距離延長で前進ないか。


      ■ おまけ ■ 東京ハイジャンプ予想
      ◎3 セイウンフォーカス/3走前にのちの重賞勝ち馬と接戦。コース替わりで末脚発揮。
      ○6 メイショウダッサイ/ここでは実績が一枚も二枚も抜けている。休み明けでも。
      ▲4 スズカプレスト/時計のかかる馬場は合う。鉄砲巧者が逆転狙う。
      △7 ネプチュナイト/平地の脚はこちらが上。ひと叩きした上積みも見込める。
      ×2 コーユーヌレエフ/左回り【2,2,0,0】。 休み明けでも侮れず。


      マイルチャンピオンシップ南部杯予想 byびぜんや

      0

        (盛岡ダート1600m/Jpn機


        例年なら「体育の日」に行われるこの南部杯ですが、今年はオリンピックに伴う祝日移動の関係で、平日に行われることに。
        勤めがあるのでリアルタイム観戦できないのが残念ですが、おやつの時間に南部せんべいでもかじりながら岩手に想いを馳せつつ、好レースと的中を祈って過ごしたいと思います。


        秋華賞の先取り展望は月曜夜に公開します。

         

        ◎はモズアスコット


        岩手競馬・初雁特別予想 byびぜんや

        0

          (盛岡ダート1600m/A級)


          その昔は盛岡と青森の間を、さらにその昔は上野と盛岡の間を「はつかり」という特急列車が走っていました。
          ……まぁ、水沢に停まらない特急だったので、乗ったことはないんですけどね。

           

          ◎8 ラフレシアオジョー/決定力はここでも通用。混戦で魅力増す末脚の持ち主。
          ○10 グランヴァニーユ/前走は川崎B級で4着。ここなら上位の算が立つ。
          ▲9 マイディアライフ/堅実さは魅力。昇級戦、ワンターンのコースが課題か。
          △3 ヴェリィブライト/勝ち切れないが堅実。10歳の今年も健在示す。

           

          ■ おまけ ■ 京都大賞典予想
          ◎6 ステイフーリッシュ/ひと叩きされた強みを買う。淀の坂を生かし積極策で。
          ○2 キセキ/現役屈指の道悪巧者。発馬五分なら好勝負必至。
          ▲13 グローリーヴェイズ/実績は断然。目標は先でも恥ずかしいレースできない。
          △16 ミスマンマミーア/距離延長、道悪はプラス。スタミナ勝負で浮上する。
          ×11 バイオスパーク/京都外回りは得意。充実期の今なら距離こなしても。
          ×15 パフォーマプロミス/鉄砲巧者でこの距離では連を外していない。


          岩手競馬・ダービーグランプリ予想 byびぜんや

          0

            (盛岡ダート2000m/M1)


            ホンダのF1撤退のニュースには驚きました。
            まぁ腰掛で、いずれ撤退はするんだろうと思ってはいたんですが、ようやく軌道に乗ってきた今年、撤退を表明するとは思いませんでした。
            F1が複雑化し参入の敷居が高くなる一方で、時代の要請は内燃機関車からエコカーへ。そんな中、新たにF1に参入する自動車メーカーはあるんでしょうか。
            10年後のF1はフェラーリのワンメイクになっていたりして……


            ……なんてことを、究極のエコモビリティである競走馬が走るさまを眺めながら考える週末です。

             

            ◎5 ティーズダンク
            左回りを得意とする南関の雄。戸塚記念勝ち、全日本2歳優駿3着の実績を信頼。
            ○1 コパノリッチマン
            王冠賞勝ちの勲章光る北からの刺客。好枠引いて先手奪うか。
            ▲2 ピアノマン
            前々で粘って崩れない渋太さが魅力の岩手のいぶし銀。ひと雨来ればチャンス到来。
            △3 フレッチャビアンカ
            遠征勢を迎え討つ岩手の大将格。この舞台2連勝の地の利生かして。
            ×11 ダルマワンサ
            前走で距離に目処を立てた東海の若鯱。ウイナーCでは強敵相手に好走の実績。
            ×8 カガノホマレ
            長くいい脚使う北陸の魁。盛岡の直線を味方につけたい。


            岩手競馬・OROC予想 byびぜんや

            0

              (盛岡芝1700m/M1)


              神戸新聞杯のほうは、コントレイルからの馬券を買うのはなんか負けのような気がするので、ファルコニアの単複かワイドを買うつもりです。


              ◎3 アップクォーク
              せきれい賞を横綱相撲で完勝。小回り適性高く、距離も守備範囲で連勝期待。
              ○7 ランガディア
              岩手に転入しダート重賞3勝、マーキュリーC3着も中央時代は芝馬。ここでいよいよヴェールを脱ぐ。
              ▲10 フジノロケット
              中央2勝級に挑戦し3着に健闘、ジュニアGPではシンボを一蹴。芝適性高く、成長力も魅力。
              △9 サンマルティン
              小倉記念2着の実績馬。芝に替わって見直したい。
              ×8 ロードヴァンドール
              中央での実績は一枚上。この距離どうかだが先手奪えばしぶとい。


              ■ おまけ ■ 神戸新聞杯予想
              別格:2 コントレイル/ここは負けてはいけない始動戦。力の差を見せつけて菊の舞台へ。
              ○15 ファルコニア/機動力あり、長くいい脚使う。中京二二はいかにも合いそう。
              ▲1 グランデマーレ/2戦2勝は濃い内容。クラシック候補が最後の一冠に間に合うか。
              △18 ヴェルトライゼンデ/崩れたのは皐月賞だけ。大外から思い切った競馬で。
              ×16 シンボ/古馬OPで4着に好走。ここでも力は足りる。
              ×3 ビターエンダー/左回りは合う。消化不良だったダービーのリヴェンジだ。


              岩手競馬・ジュニアグランプリ予想 byびぜんや

              0

                (盛岡芝1600m/M1)

                 

                JBCのアンバサダーに俳優の安田顕さんが就かれるそうですね。
                安田さんというと、大阪に住んでいたころ、サンテレビの「そのだけいばダイジェスト」からの流れで見ていた「水曜どうでしょう」で黄色い着ぐるみに入って活躍されていた姿を思い出します。
                JBC2歳優駿は黄色の枠から買おうかな。

                 

                ◎3 マツリダスティール/芝では崩れていない岩手の若大将。他地区勢を返り討ちに。
                ○7 スマイルミュ/前走は中央勢相手に芝で善戦。適性無視できず。
                ▲8 ロンギングベイビー/芝で期待したいドゥラメンテ産駒。
                △6 トーセンダーウィン/南関からの刺客。初芝、距離延長がプラスに出れば。


                ■ おまけ ■ セントライト記念予想
                ◎6 バビット/前走が圧巻。先行力生きる中山で連勝を伸ばす。
                ○10 ヴァルコス/休み明けどうかだが、息の長い末脚は中山外回りに合う。
                ▲9 サトノフラッグ/少頭数の外枠は○。実績ある中山で能力全開。
                △5 ダノンファスト/芝替わりがプラスに出そうな巨大惑星。
                ×7 ガロアクリーク/皐月賞3着、ダービー6着。実績なら一枚上。
                ×2 ラインハイト/距離適性は抜群。連勝の勢いに注目。


                岩手競馬・はまぎく賞予想 byびぜんや

                0

                  (盛岡芝1700m/準重賞)

                   

                  暑さ寒さも何とやらという通り、めっきり涼しくなってシルバーウィーク。

                  4連休は土日月が中央競馬で、日月火が岩手競馬、4日間フルに競馬を楽しめるカレンダーになっているんですが、いかんせん土曜日が惨憺たる結果に終わってしまっただけに、明日からの3日間がトンネルに見えています。


                  ◎7 ホワイトエース/近走の充実感目立つ。芝もOK、スピード武器に押し通る。
                  ○5 ムーンライトリバー/前々走は僅差の3着。舞台適性ありここも好勝負。
                  ▲12 アーリンアーリン/前走はダートで度外視。芝実績はここに入れば一枚上。
                  △8 マイロングタイム/転入初戦の前走が案外。芝適性は問題なく、叩いて前進に期待。

                  ×10 フレンドピース/転入2戦が好内容。芝で連対歴ありここでも。


                  岩手競馬・青藍賞予想 byびぜんや

                  0

                    (水沢1600m/M2)


                    10月から、水沢競馬場の最寄り駅である東北新幹線水沢江刺駅の発車メロディが、大瀧詠一さんの「君は天然色」になるそうです。
                    時節柄今年は水沢に帰省できませんが、次に帰省する機会にはぜひ聴きたいものですね。
                    東京・仙台方面から来る場合、水沢江刺に降り立つ下り線では歌いだしの部分が流れるとのこと。上り線ではサビの部分がアレンジされるとのことですから、うっかり水沢競馬場で軍資金をすっかりスッてしまい、「思い出はモノクローム……」と力なく歌いながら「やまびこ」に乗ることがないよう、気を付けたいですね。


                    ◎1 ヒガシウィルウィン/実績は断然。叩いた上積み見込め、ここは逆らえない。
                    ○4 パンプキンズ/単騎逃げ濃厚。前走のリヴェンジ果たすべく虎視眈々。
                    ▲6 ヴィグラスムーヴ/転入2戦目、距離短縮で前進期待。
                    △3 スカイサーベル/安定感抜群。末脚に賭けて上位を窺う。


                    ■ おまけ ■ 京成杯オータムハンデ予想
                    ◎7 ジャンダルム/昨年の3着馬。叩き2走目、得意の舞台で巻き返す。
                    ○16 スマイルカナ/前走が圧巻の勝ち方。外枠克服できれば。
                    ▲10 トロワゼトワル/逃げればしぶといことを前走で証明。連覇なるか。
                    △6 スイープセレリタス/この距離はベスト。スプリント経験を生かして変身。
                    ×13 ミッキーブリランテ/サマーマイルを皆勤。最後に笑えるか。
                    ×1 ルフトシュトローム/3歳の実力者。コース実績もあり不気味だ。


                    岩手競馬・不来方賞予想 byびぜんや

                    0

                      (盛岡ダート2000m/M1)


                      今年は東北の夏の海の幸・ほやを一度も食べることなく過ぎてしまいました。
                      貝毒騒ぎがあったせいか、いきつけのスーパーの店頭では見かけなかったような気が。
                      秋刀魚も不漁だということですし、食べることがないまま秋が過ぎてしまうのかもしれません。


                      ◎7 ピアノマン
                      前哨戦を完勝。東北優駿では強気の競馬が裏目に出たが、臆せず積極策。
                      ○2 フレッチャビアンカ
                      東北優駿を快勝し、ダイヤモンドCでも2着。二冠を目指して末脚に賭ける。
                      ▲6 グランコージー
                      東北優駿はハナを切れず惨敗。ここは先手を奪って失地回復したい。
                      △1 レールガン
                      末脚の破壊力は世代随一。長い直線に賭けて上位を窺う。
                      ×8 テンカビト
                      王冠賞4着の実力者。脚質的に直線の長い盛岡は合いそう。


                      ■ おまけ ■ 新潟記念予想
                      ◎17 ブラヴァス/いよいよ素質開花。先行策から持続力を生かして。
                      ○10 ウインガナドル/復活遂げた素質馬。展開が向きそうで一発期待。
                      ▲14 カデナ/大阪杯では僅差の競馬。長い直線で末脚爆発。
                      △11 ワーケア/力はここでも通用。53キロは恵まれた。
                      ×9 アイスストーム/左回りの良馬場では崩れていない。決め手生かして。
                      ×15 リープフラウミルヒ/力のいる馬場は合う。軽量味方に一発。


                      | 1/32PAGES | >>