calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

岩手競馬・南部駒賞予想 byびぜんや

0

    (盛岡ダート1600m/M1)


    今週のおまけ予想には、盛岡競馬場との交流レースである、東京のオーロCを選んでみました。
    福島記念はステイフーリッシュとカンタービレに注目してみたいと思います。


    ◎6 カスタムオーダー/近親にエイジアンウインズ。スピード生かしたい。
    ○1 シンボ/知床賞2着の切れ者。末脚の破壊力は非凡。
    ▲4 グランコージー/デビュー4戦4勝。若駒賞勝った岩手のエース。
    △9 モリノブレイク/強敵と戦ってきた戦歴に注目。


    ■ おまけ ■ オーロC予想
    ◎4 トゥザクラウン/休み明けの前走でも見せ場。ここは適舞台、叩き2走目で。
    ○17 メイケイダイハード/千四に転じて才能開花。ここでも怖い1頭。
    ▲16 プールヴィル/前走で千四巧者ぶり見せた。流れも向きそう。
    △5 テトラドラクマ/鉄砲巧者。素質馬の復活に期待。
    ×14 エイシンティンクル/この夏は中距離で健闘。適距離に戻って反撃だ。
    ×15 エントシャイデン/前走は発馬がすべて。得意の府中で巻き返す。


    岩手競馬・知床賞予想 byびぜんや

    0

      (盛岡ダート1400m/M3)


      即位礼正殿の儀の日、松本市内から雲が残る西の方を見たら、北アルプスの峰々が冠雪しているのが見えました。
      例年より2日遅い初冠雪なのだとか。
      予想のお供も、ハイボールより、日本酒や紅茶の合う季節になってきました。


      ◎9 チャルメーラ/移籍初戦に名刺代わりの一発。先手取れれば。
      ○5 シンボ/芝とはいえ盛岡実績あるのは魅力。鞍上も加味して。
      ▲11 クロスワールド/経験豊富な道営馬。距離延長○。
      △7 スマイルエルフ/この距離は合う。強敵相手に戦った経験生かしたい。


      OROターフスプリント予想 byびぜんや

      0

        (盛岡芝1000m/M2)

         

        先週の南部杯は(◎▲○)。予想的にはまずまずですが、馬券的には「おとなしく馬複にしとけば……」という結果になりました。

        ここから岩手競馬はシーズンの終盤戦。

        メインレースが中央競馬を開催している時間帯に移っているので気をつけないといけません。

        今日は芝のレースがダート変更になっていましたが、明日は大丈夫でしょうかねぇ。

         

        ◎3 サレンティーナ/桂樹杯の勝ち馬。距離短縮はプラス。
        ○2 コスモロングソード/盛岡芝千はベストの条件。内枠利して立ち回る。
        ▲7 ケンガイア/ハヤテスプリントの覇者がみたび来盛。侮れず。
        △11 コスモリョウゲツ/前哨戦快勝の勢い侮れず。


        岩手競馬・マイルチャンピオンシップ南部杯予想 byびぜんや

        0

          ラグビーW杯では日本代表が勝って決勝トーナメント進出を決め。
          プロ野球はクライマックスシリーズが決着し、日本シリーズはホークスとジャイアンツの盟主決戦に。
          ワンデー開催となった鈴鹿の日本グランプリではボッタス選手が優勝。
          バレーW杯でも日本代表が快勝。
          そして中央競馬ではクロノジェネシスがG欺蘋覇。

           

          日本にスポーツが帰ってきました。

          明日も前を向いていきましょう。


          ◎4 アルクトス
          この春はオアシスS→欅Sを連勝し、続く前走・プロキオンSでは好位の内から力づくで馬群を割って伸びて重賞初制覇。つごう3連勝としました。
          左回りのワンターン、という条件では新馬戦で敗れたあと6連勝。盛岡マイルも左回りのワンターンですから、ここも期待が持てます。
          もちろん今回は相手が大幅に強くなりますし、地方の競馬場で走るのも初めて。ダートスタートにも一抹の不安は残ります。しかしそれ以上に買いたいのは左適性と、目下の勢い。
          伸び盛りの4歳牡馬がヴェテラン勢にひと泡吹かせるシーンを期待します。


          ○13 ゴールドドリーム
          17年のフェブラリーSを勝ち、かしわ記念は18年、19年と連覇している現役屈指のダートマイラーが、残る最後のマイルG汽織ぅ肇襪任△詁酩杯の盃を手にするために、今年も盛岡にやって来ました。
          一昨年は出遅れが響いて5着、昨年は斤量の軽い勝ち馬に巧く立ち回られて2着と勝ち切れていませんが、距離適性の高さは明らかですし、脚質的に脚を溜められる盛岡もフィット。コース適性は悪くないはずです。
          このメンバーに入れば、格的に一枚も二枚も上、といえる存在ですし、中央重賞開催日にもかかわらずルメール騎手を配して勝負気配は濃厚。
          定量のG気如格下に後れを取るわけにはいきません。


          ▲3 サンライズノヴァ
          盛岡ダート1600mは、東京ダート1600mと同じく左回り、ワンターンのマイル戦。ということで、過去の南部杯優勝馬にはコパノリッキー、ベストウォーリア、エスポワールシチーなど、東京ダート1600mの重賞勝ち馬が名を連ねています。
          ということは、ユニコーンSや武蔵野Sを勝っているこの馬も、南部杯で優勝を争う有資格者と言えるでしょう。
          前走・プロキオンSは後方待機策から最速上がりを繰り出したものの、前に届かずの0.5秒差4着。今回はそれ以来の休み明けとなりますが、フレッシュな状態の時の方が走れる馬ですから、ここは巻き返しを期待できます。
          休み前は馬体が絞り切れず苦戦していた印象でしたが、馬体が絞れればまだまだ上位争いに加わることはできるはず。名うてのサウスポーの復活なるか、注目です。


          △15 ノボバカラ
          一昨年のこのレースでは、果敢にハナを切ると直線でも粘りに粘り、最後はキングズガードの追撃を凌いで見せ場たっぷりの2着。7番人気の低評価を覆し、馬複万馬券の波乱を演出して見せました。
          7歳になった今年も、栗東Sを勝ち北海道スプリントCで3着に入るなどまだまだ衰え知らず。他の有力馬が盛岡の直線を意識して脚を溜めにかかるなら、台風の影響で脚抜きのいい馬場を味方に、この馬が再び粘り込むシーンもありそうです。


          ×1 ミツバ
          一昨年、昨年とマーキュリーCを制覇している盛岡の鬼です。
          今年は年明けの川崎記念を制してG欺蘊〕を挙げるなど、7歳にして充実期を迎えた印象。川崎記念制覇後は2連敗していますが、ダイオライト記念は距離が長すぎましたし、帝王賞は骨っぽいメンバー相手に4着は健闘といっていい成績。それで評価を下げる必要はないでしょう。
          どちらかというと不安材料は、14年に未勝利戦を勝って以来勝ち星のないワンターンの競馬。そこを懸念してシルシを下げましたが、怖い1頭であることに違いはありません。

           

          買い目は◎○→◎○→▲△×の三連単フォーメーション6点。


          岩手競馬・ダービーグランプリ予想

          0

            中央競馬の女性騎手・藤田菜七子騎手は今週、重賞勝ちに1日4勝と大暴れし、存在感を見せていますが、岩手競馬では今週、新人女性騎手・関本玲花騎手がデビュー。
            初戦はプロの壁に泣きましたが、早く力をつけて、先輩騎手に伍する活躍を見せてほしいものです。


            ◎5 オオエフォーチュン/脚質的に盛岡は合いそう。左回りこなせば。
            ○4 リンノレジェンド/実績は断然。距離再延長もブラス。
            ▲7 バンローズキングス/交流重賞で殊勲の3着。ここでも。
            △1 タンクティーエー/勝つときはとにかくド派手。積極的に運んで。
            ×2 ヤマショウブラック/前哨戦の勝ち馬。同舞台勝った経験生かしたい。

             

            ■ おまけ ■ 毎日王冠予想
            ◎3 アエロリット/昨年は強豪牡馬を完封。同型不在で再現確率大。
            ○4 インディチャンプ/先行して脚を使える府中巧者。開幕週の馬場は合う。
            ▲9 ダノンキングリー/距離短縮は明らかにプラス。高速馬場を味方に。
            △5 ランフォザローゼス/距離短縮+遮眼+コース替わりで一変ある。
            ×10 モズアスコット/瞬発力勝負なら負けない。G鞠呂糧新眞蹇


            岩手競馬・白神賞予想 byびぜんや

            0

              (盛岡ダート1400m/B1)


              ラグビーW杯で、日本代表が強豪・アイルランド代表を破る大金星を挙げました。おめでとうございます。
              競馬で言えば、マイスタイルがアーモンドアイを破るような快挙なんでしょうかね。ラグビーはあまり詳しくないので、そのへんよくわからなかったりします(←そもそもよくわからないのに競馬に例える必要はない)。


              父親がラグビー好きで、冬場は良くテレビでラグビーの中継を見ていましたし、当然の如く「スクールウォーズ」とか見てましたし、なにより当時の岩手には強豪、「北の鉄人」と謳われた新日鉄釜石が全盛を誇っていましたし。
              ラグビー好きになっても不思議のない下地はあったと思うんですが、そうはならずに競馬好きに育ってしまいました。不思議なものです。

               

              ◎6 メルトポイント/芝砂、水沢盛岡、距離を問わず3連勝の勢い注目。
              ○7 ラブヴィサージュ/転入後いきなり2連勝。勢いに乗る3歳牝馬。
              ▲2 ポイントプラス/5連勝含む今季6勝。意気軒高な10歳馬。
              △9 アルアンダルス/得意の距離に戻って反撃期待。
              ×3 イスラドラーダ/安定感ある良血馬。好枠から先手取れれば。


              岩手競馬・OROカップ予想

              0

                (盛岡芝1700m/M1)


                月曜日の出馬表を見ていたら、11レースに「錦木特別」の名前がありました。
                ご当地岩手・盛岡出身の大相撲力士、錦木関にちなんだレース名なんでしょうかね。
                残念ながら秋場所の負け越しが決まってしまいましたが……。

                 

                ここは560キロ台という横綱級の馬体を誇る巨漢で、パッシングスルーの半兄でもあるマイティーゴールドに注目したいと思います。


                ◎6 サラトガスピリット/前々走2着で芝適性を証明。走り慣れた距離で前進。
                ○2 サレンティーナ/桂樹杯を快勝。好枠ならロスのない競馬で。
                ▲12 サンエイゴールド/昨年はハッピーグリンの2着。長休明けでも侮れず。
                △1 アルカサル/近2走はダートで度外視。中央芝特別勝ち馬が復活。
                ×8 ダイワリベラル/前走驚きの復活V。距離短縮はプラスでもう一丁。


                ■ おまけ ■ オールカマー予想
                ◎1 ミッキースワロー/当舞台でアルアインを一蹴した戦歴。56キロで出れるのも○。
                ○8 レイデオロ/集大成の秋へ、まずはここを連覇。
                ▲7 ウインブライト/コース適性高い。外回りこなせば。
                △3 クレッシェンドラヴ/近走充実。ロングスパート決まれば。


                岩手競馬・不来方賞予想 byびぜんや

                0

                  (盛岡ダート2000m/M1)


                  土曜日は愛知県蒲郡市にある竹島水族館に行ってました。
                  規模が小さい上に老朽化して、廃館寸前になっていたところを職員のアイディアによりV字回復したということで経済誌などにも取り上げられており、気になっていたんですよね〜。
                  行ってみたらなるほど、各水槽にユーモラスな(なぜか元阪神の赤星や元中日の立浪のネタも)手書きの解説が掲示されており、「読んで楽しめる水族館」という趣で楽しめました。


                  ……ナメナ上な解説文が面白過ぎて、肝心の魚が目に入らないというのはちと問題だったような気もしますが。

                   

                  ◎5 パンプキンズ/岩手三冠に王手。ライヴァルのマークかいくぐり逃げ切るか。
                  ○6 ニューホープ/金沢の猛者が移籍。ロングスパートで逆転狙う。
                  ▲1 ヤマショウブラック/知床賞勝ち、羽田盃5着の実力者。
                  △9 ラフレシアオジョー/ひまわり賞で2着に激走。この距離には自信あり。


                  ■ おまけ ■ セントライト記念予想
                  ◎18 ランフォザローゼス/急仕上げの前走使って上昇。コース適性生かす。
                  ○8 リオンリオン/前が止まらない馬場が味方。気っ風のいい逃げで活路開く。
                  ▲5 シークレットラン/高速馬場は歓迎。秘めた速力を今度こそ解き放つ。
                  △7 オセアグレイト/3連勝の上り馬。消耗戦は望むところ。
                  ×12 ニシノデイジー/中山はこなせる。実績馬がここから巻き返し。
                  ×14 アトミックフォース/2走前が惜しい敗戦。先行力生かせば差はない。


                  岩手競馬・青藍賞予想 byびぜんや

                  0

                    (盛岡ダート1600m/M2)


                    今週の◎ヤマニンボアソルチは、15−16シーズンの「萌馬POG」で指名していた馬だったりします。
                    中央在籍時は勝利を挙げることが出来ず、岩手に移籍してからも転入後11連敗。そこから自分のスタイルを作り上げ、地道に勝ち星を積み重ねて6歳にして重賞初挑戦となりました。
                    POGシーズンではさっぱりだった馬ですが、こうやってしっかりと活躍しているのを見ると嬉しくなりますね。◎は正直無茶だとは思いますが、見せ場くらい作ってくれい! との願いを込めての本命です。


                    ◎9 ヤマニンボアソルチ/逃げればしぶとい。目下の勢い武器に波乱を起こす。
                    ○10 ロジストーム/シアンモア記念勝ちの実力者。ひと叩きして上積み見込む。
                    ▲5 ダイチラディウス/前走が圧巻の勝ちっぷり。引き続き同舞台で。
                    △2 エンパイアペガサス/昨年の覇者。休み明けでも侮れず。


                    ■ おまけ ■ 京成杯AH予想
                    ◎7 ロードクエスト/前走は最速上がりで肉薄。チーク効果でV奪還目指す。
                    ○4 クリノガウディー/前走からの上積み大。差しの競馬も板についた。
                    ▲2 ジャンダルム/前走は発馬がすべて。実績ある中山で巻き返す。
                    △1 プロディガルサン/中山マイルは合う。鉄砲実績もあり怖い1頭。
                    ×5 ストーミーシー/コンスタントに33秒台の末脚発揮。流れ向けば。
                    ×8 フローレスマジック/適舞台に替わって素質開花。


                    岩手競馬・ビギナーズC予想 byびぜんや

                    0

                      (盛岡ダート1400m/M3)


                      こないだ水沢開催が始まったというのに、もう盛岡に戻るんですねぇ。
                      今週は岩手も小倉も2歳重賞。さっぱり分かりません。


                      ◎5 フェリスウィング/南関に勝ち星ある実力者。ダートに戻って反撃。
                      ○6 ラブロック/ダート替わり、距離短縮はプラスで逆襲期待。
                      ▲8 サンエイシャトル/控えて2着の前走は収獲。ダートこなせば。
                      △2 コパノキャリー/道営で4戦連続2着の戦歴。未勝利でも侮れず。


                      ■ おまけ ■小倉2歳S予想
                      ◎6 ヒバリ/初戦は若さと鋭さ見せた。叩いて上昇急、あとは馬場だけ。
                      ○12 カリニート/渋った馬場は合いそう。テン良く終い良い好素材。
                      ▲3 ラウダシオン/ここ目標に乗り込み豊富。センス生かして。
                      △7 カイルアコナ/好メンバー相手に圧勝。ここも好勝負必至。
                      ×10 マイネルグリット/まったく条件の違うレースを連勝。経験値高い。
                      ×5 トリプルエース/ハイレベルな新馬戦を快勝。多頭数がどうか。


                      | 1/28PAGES | >>