calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

高松宮記念 先取り展望

0

    阪神大賞典 実際の買い目
    【月見亭】複勝 6 三連複軸2頭流し 6,9−総流し
    【びぜんや】単勝 3


    月見亭「これが鉄板より堅いダイヤモンド馬券! 単勝1.1倍の支持に応え、私の◎サトノダイヤモンドが阪神大賞典を完勝!」
    びぜんや「ウインスペクトルが途中からハナを奪いに行ってそこから大逃げしたり、レーヴミストラルが好位に上がってきたりと先団は目まぐるしくなったが、落ち着いて後方3番手からの競馬」
    月見亭「先に抜け出したシュヴァルグランを目標に進出、危なげなく差し切った」
    びぜんや「G毅仮’呂蕕靴て押垢龍デ蓮トライアル仕様の仕上げで完勝したのは大きいが、その分本番ではマークがきつくなりそうだなぁ」
    月見亭「2着はキミの◎シュヴァルグラン」
    びぜんや「ロスなく回って完敗の形。とはいえ有馬記念より差は詰めたし、本番でどう巻き返してくるか楽しみの残る2着だ」
    月見亭「3着は後方から大外を追い込んだトーセンバジル」
    びぜんや「前崩れの流れに乗じて、決め打ちがはまった形。上位2頭とは離されているし、額面通りには受け取れないかな」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(◎▲×)で単勝と馬連が的中も、馬券はハズレ。レーヴミストラルがあれじゃなぁ……」
    びぜんや「僕は(○◎−)で馬連的中、馬券はハズレ。まぁ、こんなものでしょ」
    月見亭「これにて2017年冬シーズンの予想バトルが終了。星取りでは5勝5敗2分けの五分だけど……」
    びぜんや「回収率の差でここは僕の勝利。京都記念のスマートレイアーが大きかったなぁ。ちょうど1年ぶりに予想バトルに勝ったぞ」
    月見亭「12戦中10戦でどっちかが的中したんだから、予想ブログとしての面目も保てたわね」
    びぜんや「さて、来週からはいよいよ春のG汽掘璽坤鵑本格スタート。桶狭間での電撃戦、高松宮記念だ」


    阪神大賞典予想 by月見亭

    0

      近所のポケストに寄った帰り道、オオイヌノフグリが咲いていました。

      朝晩はまだ冷える信州ですが、春はそこまで来ていますね。

       

      私のサトノダイヤモンドです。

       

      残りはこんな感じです。

       

      〇 レーヴミストラル

      ▲ シュヴァルグラン

      △ タマモベストプレイ

      × トーセンバジル


      阪神大賞典予想 byびぜんや

      0

        うっかりしていたら、今週から岩手競馬がはじまっていました。

        さっそく開幕日の「奥州弥生賞」に手を出してみましたが、これは豪快に獲って損。

        中央競馬も難しいですが、岩手競馬も難しいですねぇ。

        昨年はトークバトル形式で岩手競馬予想を書いていましたが、予想成績があまりに惨憺たるものだったので、今年は違う形で書いていこうと考え中。とりあえず今週はこの予想のおまけという形で「花巻ひえカレープロジェクト賞」の予想を書いてお茶を濁しておきます。

         

        ◎3 シュヴァルグラン
        昨年の優勝馬を本命に指名します。
        有馬記念ではサトノダイヤモンドの前に完敗を喫していますが、この時は小回りの中山で常に外外を回らされ、直線では内側から張られる不利も受けてのもの。
        ゆったりとした阪神での少頭数のレースは不器用なこの馬に合っていますし、前回は2キロあった斤量差がゼロになるとなれば、逆転の目も見えてきます。
        コース適性と長距離性能は昨年のこのレースで証明済み。ディフェンディングチャンピオンの逆襲に賭けてみます。

         

        ○9 サトノダイヤモンド
        昨年の菊花賞、有馬記念を制した天才児がここから始動します。
        皐月賞では直線の不利で負けており、ダービーでは落鉄がありながらのハナ差。G気任眈錣望,蘇蕕噂侏茲訐能の持ち主で、G兇覆虧世蕕に力上位です。
        先行しても差してもレース出来る自在性と、息の長い末脚が武器で、阪神内回りの長丁場への適応も問題なし。
        死角らしい死角は見当たりません。

         

        △6 レーヴミストラル
        連覇を狙った前走・日経新春杯では10着に大敗しましたが、天皇賞・春以来の長休明け、道悪、さらに落鉄と悪条件が重なったもので、これは完全に度外視可能。今回が仕切り直しの一戦となります。
        距離は明らかに長すぎる気がしますが、少頭数で超スローの展開になれば、この馬の持つ破格の末脚が火を噴くはず。昨年の日経新春杯ではその末脚で◎シュヴァルグランを差し切っており、侮れない実力者です。

         

        ×1 スピリッツミノル
        全5勝中4勝を重馬場、または稍重で挙げているスタミナタイプ。スピードには限界があるだけに中距離オープンで戦うのは苦しいですが、3000mの前々走・万葉Sでは3着に入って、マラソンレースでの適性は示しています。
        前に行ければ渋太いだけに、1800mの前走・小倉大賞典を使ったことで行きっぷりが良くなれば、上位食い込みの目も出てきそう。力のいる今の阪神は合うはずで、ちょっと気になる伏兵です。

         

        買い目は◎の単勝。

         

        ■ おまけ ■岩手競馬・花巻ひえカレープロジェクト賞予想
        ◎10 トーホウパルサー/2走前の金星が光る。外枠から先手取れれば。
        ○6 アキツシマ/成長急な4歳馬。2番手からでもレースは可能。
        ▲4 ロジカロン/南関東での経験に注目。前が崩れれば台頭。
        △5 コスモタウルス/4連勝中の成長株。
        ×1 スパンコール/◎と再三の接戦歴。逆襲狙う。


        阪神大賞典 先取り展望

        0

          フィリーズレビュー 実際の買い目
          【月見亭】複勝 2 三連複軸2頭流し 2,6−総流し
          【びぜんや】単勝 14 複勝 14 馬連流し 15−6,9,12,13,14,16
           
          月見亭「刺激的な末脚は祖母譲り! 桜色より深く、ターフを染めた紅の新星!」
          びぜんや「フィリーズレビューを勝ったのはカラクレナイ。後方2番手待機から大外を驀進、先に抜け出したレーヌミノルを差し切った」
          月見亭「休み明け、重賞初挑戦でも迷わず自分のスタイルを貫いたね。強豪揃いの桜花賞戦線にまた強烈な個性が登場した」
          びぜんや「初のマイル、相手強化となる本番はどうかだけどね。自分の形を持っているのは強みだし、人気の盲点になるようなら狙ってみたいかな」
          月見亭「2着はキミの◎レーヌミノル」
          びぜんや「好発を決めたものの、中団で控える形。しかし最後はありあまるスピードが災いして早めに先頭に立ってしまい後続の目標となった。溜めても味は出ないね」
          月見亭「3着には最後方からゴールドケープが突っ込んで、ここまで3頭が桜花賞切符をゲット」
          びぜんや「展開に恵まれたのも事実だが、最速上がりをマークして4着以下に2馬身差をつけたのは見事。距離延長に不安はないし、桜花賞のダークホースとなりそうだ」
          月見亭「私の◎アズールムーンは逃げて直線は力尽き、15着」
          びぜんや「典型的な前崩れの流れを作ってしまったね。これをいい経験にして、自己条件からやり直しだ」
          月見亭「これで桜花賞トライアルが終了。チューリップ賞はソウルスターリング、アネモネSはライジングリーズン、そしてフィリーズレビューはカラクレナイが勝利して本番へ」
          びぜんや「構図としてはチューリップ賞を勝ったソウルスターリングに、クイーンCを勝ったアドマイヤミヤビ、そして直行してくるミスエルテが『3強』となるのかな」
          月見亭「直接対決を済ませていない3頭だけに、その比較に頭を悩ませることになりそうだね」
          びぜんや「リスグラシューやレーヌミノルはトライアルの結果をどう修正して来るのか、カラクレナイやライジングリーズンは『3強』に割って入れるのか……」
          月見亭「今日のジューヌエコールは不利を被っていたけれど、先行勢の中では頑張っていたし、ひと叩きした上積みも見込めるよね……」
          びぜんや「ま、桜花賞で悩むのは先にして、今週の結果。僕は(×◎−)でハズレ、馬券は馬連が的中したけれども獲って損。中山牝馬Sもトータルでは獲って損で、東西牝馬重賞を当てながら両方獲って損という結果に……」
          月見亭「私は(△▲×)で馬連的中も、馬券はハズレ。獲って損でも当たっただけましだよ、キミは」
          びぜんや「さて、来週は変則3日間開催。日曜メインは中山でスプリングS、阪神で阪神大賞典」
          月見亭「うーん。3歳はそそられる馬がいないし、ここは阪神大賞典かな」


          フィリーズレビュー予想 by月見亭

          0

            時間がないので、前フリ無しで。

             

            私のアズールムーンです。

             

            残りはこんな感じです。

             

            〇 ジューヌエコール

            ▲ レーヌミノル

            △ カラクレナイ

            × シグルーン

            × ゴールドケープ


            フィリーズレビュー予想 byびぜんや

            0

              来年のJBC競走が京都で行われることになりましたね。
              地方競馬の祭典を中央でやるのは……との意見もあるようですが、南部杯を緊急避難的に東京でやった過去もありますし、JBCは地方持ち回りといいつつ首都圏での開催が多く、マンネリ気味になっていたのも事実。カレンダーのことも考えれば、これはこれで面白い判断なのではないでしょうか。
              ただ、どうせ中央でやるなら、思い切ってJBCの開催経験がない九州(小倉)や北海道(札幌・函館)でやってみても面白かったんじゃないかなぁ、などとも思ってしまいますが。

               

              ◎15 レーヌミノル
              小倉2歳Sを6馬身差で圧勝し、京王杯2歳Sで2着、阪神JFで3着と、ここでは断然の実績を誇ります。
              前走・クイーンCでは4着に敗れていますが、逃げきり至難な東京マイルでハナを切る形になってしまった展開の綾がありましたし、背負っていたのも他馬より重い55キロ。なによりタフな東京芝1600mはこの馬には長すぎたと思われ、その条件下での0.5秒差は評価できます。
              賞金的にはトライアルをスキップし、クイーンCから桜花賞に直行することも出来たはずですが、あえてここを挟んできたというのは、桜花賞やNHKマイルCよりも距離の短いここの方が確実に「稼げる」と踏んだからでしょう。
              ここは人気でも逆らえません。

               

              ○14 ビーカーリー
              2歳時には小倉2歳S→デイリー杯2歳S→朝日杯FSと牡馬相手に重賞を戦ってきた女丈夫です。
              朝日杯では1.0秒差10着とG気諒匹膨靴擁屬気譴審聞イ砲覆蠅泙靴燭、トラスト、アメリカズカップといったメンバーと差のない競馬をし、ダンビュライトには先着。牡馬重賞級と差のないポテンシャルは示しています。
              年が明けてからは牝馬限定のオープン特別で3着、7着と微妙な成績ですが、紅梅S3着は直線での不利、エルフィンS7着は距離と敗因は明らか。
              ここは改めて見直したい素質馬です。

               

              ▲9 ベルカプリ
              今回はアズールムーンとともに逃げ候補と目されていますが、2番手以下からでもレースは可能。未勝利戦では好位からの競馬でアドマイヤミヤビの2着に粘り、デイリー杯2歳Sでは番手からの競馬で0.2秒差5着と、むしろ好位からのレースの方が好結果を残していますから、ここは内枠のアズールムーンを行かせてベルカプリは番手から……というのが理想のシナリオになります。
              休み明けの前走を叩いて上積みが期待出来ますし、良馬場でレースが出来そうなのもプラス。流れ次第で一発、の期待が持てます。

               

              △12 シグルーン
              デビュー戦ではカデナを下していた素質馬。続くアルテミスSでも上位には離されたとはいえ3着を確保し、力のあるところを見せています。
              前走・阪神JFでは14着に大敗していますが、中間に寝違いがあって調整に狂いがあった上に、レース中に骨折していたということでこれは完全に度外視可能。
              いまだ底を見せておらず、人気の盲点になっている感があって、ここが買い時です。

               

              ×は人気どころから6 ジューヌエコールと、16 カラクレナイを抑えます。

              買い目は◎からの馬連流し5点。○の単複も抑えます。


              フィリーズレビュー 先取り展望

              0

                弥生賞 実際の買い目
                【月見亭】複勝 3,4 馬連 3−4 ワイド 3−4 三連複軸2頭流し 3,4−総流し
                【びぜんや】馬連流し 11−1,3,4,5,7,9,10
                 

                月見亭「クラシックロードの鍵を開け、3歳王座へいざ発進」
                びぜんや「弥生賞を買ったのは僕の◎カデナ。後方追走から大外を堂々進出、逃げ粘るマイスタイルをゴール手前で差し切った」
                月見亭「力の違いで捩じ伏せた、という印象の競馬。ゴール手前で2着馬を目標に再加速する性能の高さも光った」
                びぜんや「今年のクラシック戦線はディープインパクト産駒が不振だったけど、ようやく『らしい』馬が出てきたね」
                月見亭「皐月賞でのレイデオロやスワーヴリチャードらとの対戦も楽しみ」
                びぜんや「ただ瞬発力に特化したようなタイプだし、器用さにも欠ける。今回は瞬発力を生かせる流れになったからハマったけれど流れの速くなる本番はどうだろうね。むしろダービー向きのタイプなのかもしれない」
                月見亭「2着には逃げたマイスタイルが入った」
                びぜんや「逃げ馬が不在で、弥生賞らしいスローペースになるのは戦前から分かっていた。それを見越して横山典騎手はハナを主張したね。ヴェテランらしい老獪な騎乗で3着以下を突き放し、皐月賞切符を確保。本番でも流れ次第ではダークホースになりうる存在だ」
                月見亭「6頭による3着争いを制したのはダンビュライト」
                びぜんや「3着争いになって、内を通った馬、前につけた馬が上位の着順を拾う結果になった。これまでも重賞で上位争いを経験してきた馬が、立ち回りの巧さを生かして権利を手にしたね」
                月見亭「私の◎グローブシアターはその3着争いに敗れ、8着に敗退」
                びぜんや「こちらは器用に立ち回ることが出来ず、後ろから外を回って後手を踏んだ。才能はあるんだから、広いコースで見直したい」
                月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−○)でハズレ、馬券はダンビュライトの複勝がかすっただけ」
                びぜんや「僕は(◎△−)で単勝と馬連が的中。馬券は『3歳重賞馬連』でプレミアのついた馬連をゲットしたよ。先週、今週と2頭で迷った末に決めた◎が勝利。ちょっと予想が冴えてきたかな」
                月見亭「何を偉そうに。さて、来週は阪神で桜花賞トライアル、フィリーズレビュー」


                弥生賞予想 by月見亭

                0

                  ようやく春めいてきました。

                  洗濯物がよく乾いて、気分がいいです。

                   

                  私のグローブシアターです。

                   

                  残りはこんな感じです。

                   

                  〇 ダンビュライト

                  ▲ カデナ

                  △ ベストアプローチ

                  × サトノマックス

                  × ダイワキャグニー


                  弥生賞予想 byびぜんや

                  0

                    競馬新聞を開くと、重賞の馬柱の側に載っているのが、過去10年の同一重賞の結果一覧表。
                    今年はその1番上、10年前の欄にウオッカ、アストンマーチャン、ダイワスカーレットの「三強」が桜花賞で激突した年のレース結果が載っています。あれからもう10年が経つんですねぇ。
                    あの年は「三強」のみならず、ピンクカメオがNHKマイルCで超高配当を叩き出すわ、「三強」が留守になったオークスでローブデコルテがレコードを叩き出すわ、ハイレベルな牝馬が暴れに暴れまくる春となったのでした。


                    今年の春も10年前同様、牝馬のレベルの高さが目立っている感じ。
                    その10年前のチューリップ賞では、ウオッカがダイワスカーレットを完膚無きまでに叩きのめし、「桜は決まった」というムードになったものですが、結果は……。
                    今年の桜花賞戦線では、チューリップ賞が終わって、ソウルスターリングが大きく抜け出した感じがありますが、さて、このまますんなりとソウルスターリングで決まるのか、それとも歴史は繰り返されるのでしょうか。


                    ◎11 カデナ
                    デビューから4戦連続で上がり最速をマークしている切れ者です。
                    未勝利戦ではガンサリュートを捩じ伏せ、百日草特別では直線で不利がありながらアドマイヤミヤビの2着と、後の重賞上位馬と早い時期から刃を交えてきた経験は、混戦の戦国トライアルで生きてきそう。
                    初めてのコーナー4つのレースとなった前走・京都2歳Sでは、モノが違うとばかりに直線だけの競馬でライヴァルを切り捨てており、中山向きのセンスの高さも証明済みです。


                    ○9 ダイワキャグニー
                    前走・セントポーリア賞では好位追走から脚を伸ばし、後続に2馬身差をつける快勝劇。2着のエトルディーニュが続く共同通信杯で2着に入っていたことから計れば、この馬にも重賞級の力があると見ていいでしょう。
                    2戦2勝は東京芝1800mでのもので、コーナー4つの右回りとなる今回は未知数の部分もありますが、難なく好位からレースを進められるレースセンスは中山でこそ生きてきそう。
                    ここで一気に皐月賞の有力候補に名乗りを上げてきそうな勢いのある新星です。


                    ▲7 コマノインパルス
                    葉牡丹賞ではクラシック最有力候補の呼び声も高いレイデオロを相手に、見せ場を作っての2着。続く前走・京成杯では戦ってきた相手が違うとばかりに、1番人気に応えて見せました。
                    ここ2走、中山芝2000mの、しかもハイレベルなレースを戦って連対を確保してきた経験はライヴァルにはないアドヴァンテージ。
                    目標は当然次のレースですが、レイデオロを本番で逆転するためには、ここで取りこぼすわけにはいきません。


                    △10 マイスタイル
                    良馬場の新馬戦で3着に敗れたあとは、重馬場の未勝利戦を勝ち上がり、重馬場のシンザン記念で5着。前走・こぶし賞では稍重の馬場で勝利と、いまだ良馬場でのベストパフォーマンスが計れない惑星です。
                    ここまではマイルを中心に戦ってきましたが、血統的には距離が伸びてよさそうなタイプ。マイルでも先行できるセンスは小回りの中山に合いそうで、大きな変わり身が期待出来ます。


                    ×は良血馬・3 グローブシアターと、距離再延長で前進に期待・1 ベストアプローチを指名します。

                    買い目は◎からの馬連流し5点。


                    弥生賞 先取り展望

                    0

                      中山記念 実際の買い目
                      【月見亭】複勝 9 三連複軸2頭流し 4,9−総流し
                      【びぜんや】馬連流し 1−3,4,7,8,9,10

                       

                      月見亭「過去の実績馬を後方に追いやり、新時代の訪れを告げた旗手!」
                      びぜんや「中山記念を制したのは僕の◎ネオリアリズム。出入りの激しいレースとなったが、直線で先にしかけたロゴタイプを目標に進出。危なげなく押し切った」
                      月見亭「何度も先頭が入れ代わる展開だったけれど、ペースを乱されることはなかった。去年の札幌記念をきっかけにひと皮むけた感じね」
                      びぜんや「小回りの千八がぴったりすぎて、じゃあG気任呂匹Δ覆鵑澄△辰撞いしないでもないけどね。そこはヴェテランになってからもうひと伸びある血統だし、さらなる成長に期待したい」
                      月見亭「堀厩舎とM.デムーロ騎手のコンビは去年のドゥラメンテに続く中山記念連覇。ミルコは3騎乗機会連続重賞制覇と、ここに来てエンジンがかかってきたわね」
                      びぜんや「トリッキーな中山で、ミルコの手綱はより信頼度を増すよね。大舞台に強いジョッキーだけに、これからのG祇鐇で目が離せない」
                      月見亭「2着は中団待機から内を鋭く伸びたサクラアンプルール。前残りのレースの中で後方から存在感を見せた」
                      びぜんや「格下的存在だったが、次に目標がある実績馬を、ここを目標に仕上げてきたコース巧者が凌駕した形になったね。サクラメガワンダーの半弟という良血の魅力を、ヴェテラン・横山典騎手が巧く引き出した」
                      月見亭「3着にロゴタイプ。直線でマイネルミラノを料理し、後続を突き放したけれど……」
                      びぜんや「ゴール前で何かに差されるいつものパターンをやってしまったな。一旦はハナに立ちながら向正面からは3番手の競馬。落ち着いて自分のレースに徹したが……」
                      月見亭「私の◎リアルスティールは見せ場なく8着」
                      びぜんや「目標は次のレースだし、斤量は背負っていたけれど、それにしても不甲斐ない負け方だったなぁ。ラスト5ハロンに11秒台のラップが続く持久戦で、まったく力を発揮できなかった。G気鯡椹悗垢覆蕕修譴任盂聞イ呂弔韻討曚靴ったけどねぇ」
                      月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−○)でハズレ、馬券はロゴタイプの複勝が当たったけどね」
                      びぜんや「僕は(◎−△)で単勝的中も、馬券は痛恨のヒモ抜け。シルシを打ったほかにも何頭かヒモに入れようとして、サクラも検討したんだが、最後の最後に切ってしまった。馬連143倍……取れない馬券ではなかったなぁ……」
                      月見亭「さて、来週からはいよいよクラシックのトライアルがスタート。中山芝2000mで弥生賞」

                      続きを読む >>

                      | 1/225PAGES | >>