calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

天皇賞・春 先取り展望

0

    マイラーズC 実際の買い目
    【月見亭】複勝 8 三連複軸2頭流し 4,8−総流し
    【びぜんや】単勝 7 馬連 7−1,3,4,8,11 1−4

     

    月見亭「勝利の美酒を再び手にし、東に向けてさぁ出港!」
    びぜんや「マイラーズCを制したのはイスラボニータ。中団待機から脚を伸ばし、14年セントライト記念以来946日ぶりの勝利を挙げた」
    月見亭「大外枠からのスタートだったのに、最後は内から馬群を割ってきた。開幕週の馬場を味方につける、ルメール騎手の好騎乗も光ったわね」
    びぜんや「向正面から内をじわじわポジションを上げて行ったんだよなぁ。少頭数ならどこかで内にもぐり込めるし、開幕週で後ろから外を回っては届かない。計算されたコース取りだったね」
    月見亭「それを実現したイスラボニータもお見事。安田記念では皐月賞以来のG騎佑蠅期待される」
    びぜんや「東京へのコース替わりは全然問題ないからね。今年のマイル戦線は混戦模様だし、チャンスは大きそうだ」
    月見亭「2着は勝ち馬と同じような位置から進めたエアスピネル」
    びぜんや「勝ち負けは通ったところの差か。不得手な上がり勝負に対応して32.9秒の末脚を使っているし、前哨戦としては悪くない内容ではある」
    月見亭「3着は好位から粘ったヤングマンパワー」
    びぜんや「勝ち馬ともども開幕週の馬場を生かしたね。逃げるかの勢いで出して行って最後までよく粘ったが、最後は切れ負けした。安田記念では極端な上がり勝負にならないだろうし、時計勝負にも対応可能。本番に楽しみを残した」
    月見亭「私の◎ブラックスピネルは最速上がりを発揮して差すも届かず4着」
    びぜんや「差す、というのが最初からのレースプランだったからねぇ。後方からの位置取りになった時点で勝ち目は薄かった。差は僅かだし、やりたいことをやっての結果ならしかたない」
    月見亭「キミの◎プロディガルサンは見せ場なく7着に敗退」
    びぜんや「スピード馬場に対応できるかという懸念が見事に当たってしまった。立ち遅れて、何もできずに終わってしまったね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(△○−)で馬連的中。馬券は三連複軸2頭総流しで痛恨の軸馬2着4着。京都金杯でスピネル丼、東京新聞杯でスピネル丼おかわりと来たけれど、3杯めはなかったらしい……」
    びぜんや「僕も(△○−)で馬連的中。馬券は木端微塵でした」
    月見亭「さて、来週からは安田記念までのロングラン、6週連続G気スタート」
    びぜんや「その初戦はスタミナ、スピード、瞬発力、そして折り合い、総合力が問われる古馬最高峰決戦・天皇賞・春!」


    マイラーズC予想 by月見亭

    0

      昨日が誕生日でした。

      土曜日に家で馬券を買う時は、

      お気に入りの複勝(1レースに複数いる時はワイド)しか買わないのですが、

      皐月賞で少し懐が温かくなったので、調子に乗って、

      誕生日馬券(4/22生まれの馬の馬券)を買ったり、

      太宰騎手(同じ誕生日!)の乗った馬の馬券を買ったりしてみました。

      その結果。

      ……懐がかなり寒くなってしまいましたorz

      今日、頑張ればいいよね?

       

      私のブラックスピネルです。

       

      残りはこんな感じです。

       

      〇 エアスピネル

      ▲ フィエロ

      △ イスラボニータ

      × クルーガー


      マイラーズC予想 byびぜんや

      0

        出張のため、先週の皐月賞のレビューはおやすみしていましたが、私が(◎○×)で単勝・馬連・三連単のトリプル的中で、馬券はアルアインの単複と馬連が的中。月見亭が(△▲◎)で馬連的中、馬券はダンビュライトの複勝とペルシアンナイト−ダンビュライトのワイドが的中、という結果でした。
        レビューを書けないときに限って好首尾なんだよなぁ〜……


        私の馬券、馬連87.1倍というのは有り難かったんですが、ワイドにしていれば◎×は169.6倍の万馬券だったんですよね〜。
        さらに、当日は大阪に出かけていたので、素直に信州に帰らず、阪神競馬場か梅田の場外に行っていれば……旅先で気が大きくなったところでうっかり三連単でも買っていれば……。
        いや、そんな妄想は止して、今週の重賞に気持ちを切り換えましょう。

         

        ◎7 プロディガルサン
        昨年のセントライト記念ではディーマジェスティ、ゼーヴィントの3着に入っていた素質馬ですが、クラシックの長距離レースでは活躍できませんでした。
        しかし今年の始動戦にマイルの東京新聞杯を選ぶと、前半3ハロンが37.2秒という特異なペースをものともせず、後方から32.0秒という破格の末脚を発揮してクビ差2着。マイラーとしての適性をいきなり示しました。
        中距離に色気を持って臨んだ前走・金鯱賞では見せ場なく7着に敗退。この馬のベストが1600mであることはここからも明らかであり、再び距離短縮となるここは期待出来ます。
        ワンターンの競馬では【1,2,0,0】と連を外してませんし、開幕週の京都は自慢の切れ味を生かすのに格好の舞台。折り合いや輸送の不安は残りますが、その切れ味に賭けてみたいと思います。


        ○4 エアスピネル
        昨年は牡馬クラシック全レースに出走し掲示板を確保する活躍を見せていましたが、古馬になって一転、マイルに転向。いきなり京都金杯で着差以上の余裕を見せて快勝して見せました。
        前走・東京新聞杯では3着に敗れていますが、勝ったブラックスピネルにまんまと超スローペースに落とされ、瞬発力勝負に付き合わされたもので度外視可能。無理に動いて消耗する必要のないレースで「捨てレース」としたのも納得です。
        今回は2戦2勝と得意の京都マイルに戻って前進可能。強気な競馬で安田記念のチケットを獲りに行きます。


        ▲1 サンライズメジャー
        京都の開幕週……となればここは逃げ・先行馬を狙いたくなるところですが、東京新聞杯を逃げきったブラックスピネルの陣営は「今回は逃げたくない」とコメント。もう1頭の逃げ候補だったトーアライジンは回避しており、ここはこの馬がハナを切ることになりそうです。
        一昨年のこのレースではハナを切ってレッドアリオンからクビ差の2着に粘っており、昨年も早め先頭から見せ場を作って差のない6着。昨秋にはタンザナイトSで鮮やかな差し切り勝ちを決めており、まだまだ衰えは感じられません。
        逃げるには絶好の最内枠を引き、短距離戦で培った先行力がフルに発揮されます。


        △11 イスラボニータ
        昨秋は富士S2着からマイルCS2着、阪神C2着と、勝ちきれないながらもマイルの第一線で常に上位争いを演じ、皐月賞馬の看板に似合う活躍を見せていました。
        当然ここも上位争いは有望。4歳勢との力関係や、1キロの斤量差は気になりますが、ハンデG靴筍該侈毒聾堕蠕錣茲蠅眞戮せ計で決着したG靴箸楼磴Ε譽戰襪離泪ぅ訐錣鮨多くこなしてきていますし、ライヴァルにはないクラシック勝ちの実績もあり。他馬より斤量を背負いながら上位争いをした経験もあり、要するに格が違います。
        マイルCSで馬券を外していないコース適性を武器に、挑戦者を圧倒します。


        ×は京都巧者のヴェテラン・フィエロを指名します。


        買い目は◎からの馬連流し。ヒモにはブラックスピネルを加え、○▲のタテ目も抑えた計6点。


        岩手競馬・留守杯日高賞予想 byびぜんや

        0

          留守杯日高賞。
          「日高」は馬産地ではなく、4月29日に行われる日高火防祭、そして日高神社からの命名ですが、「留守」の方は水沢城の殿様からの命名になります。盛岡・不来方城の殿様から名前をいただいたマイルチャンピオンシップ南部杯と対になる命名ですね。
          その初代は日高神社に銅像がある留守宗利公、そしてその父は伊達政宗の伯父にあたる留守政景公。
          河北新報web版に掲載されているマンガ「独眼竜政宗」http://blog.kahoku.co.jp/dokuganryu-masamune/ では、政宗の後見として、味のあるキャラクターを見せています。
          ディテールこってり、それでいて軽快で読みやすいマンガなので、歴史好きの方はぜひご覧ください。

           

          ◎2 スターレーン/遠征経験豊富。シリーズリーダー狙い意欲の北征。
          ○3 ダンストンレガーメ/前哨戦は水沢を克服し快勝。ここも末に賭けるのみ。
          ▲1 ニードアフレンド/強力な同型不在で好枠ゲット。
          △4 グラマシー/マイル克服した前走に価値。自在な脚質も魅力。
          ×11 ダークショット/転入2戦が強い勝ち方。距離延長克服できれば。


          ■ おまけ ■ フローラS予想
          ◎9 アドマイヤローザ/樫ゆかりの一族。前走で脚質に幅加えた。
          ○5 ホウオウパフューム/前走の末脚鮮やか。ここは通過点か。
          ▲12 ディーパワンサ/叩き2走目で前進。強敵相手の経験生かして。
          △14 フローレスマジック/桜花賞上位馬と互角以上の足跡。ここなら。
          ×1 モズカッチャン/連勝の勢い買う。好枠と距離延長が後押し。
          ×6 タガノアスワド/前走が濃い内容。開幕週の馬場味方に粘り込む。


          皐月賞予想 by月見亭

          0

            先週はやっと当たりが出て、ホッと一息です。

            今週も当たると良いなぁ。

             

            私のダンビュライトです。

             

            残りはこんな感じです。

             

            〇 ファンディーナ

            ▲ ペルシアンナイト

            △ アルアイン

            × レイデオロ

            × カデナ


            皐月賞予想 byびぜんや

            0

              明日から2泊3日で東京・名古屋・大阪に出張します。
              というわけでこんなに早くに予想を公開します。
              岩手競馬予想と、日曜夜の先取り展望はお休みします。


              ◎はアルアイン
              前走・毎日杯では2番手追走から4コーナーで早々に逃げ馬を料理する積極策。そのままサトノアーサー以下の追撃を振り切って重賞初勝利を挙げました。
              その前のシンザン記念では6着に敗れてデビューからの連勝がストップしていますが、これは直線で進路がふさがる致命的な不利を受けての結果。まだまだ底を見せていない魅力があります。
              2000mはこれが初めてとなりますが、レインボーライン、アンビシャス、リーチザクラウンらを輩出している「中距離馬の登竜門」千両賞を勝っていますから、距離延長に対応する下地はあると見ていいでしょう。マイルで鍛えたスピードを前走のように生かせれば、小回りの中山でアドヴァンテージとなるはずです。
              休み明けの毎日杯を使ってまだまだ上積みが見込めますし、5月の遅生まれで成長力も期待してよさそう。
              遅れてきた素質馬の一撃に期待します。


              皐月賞 先取り展望

              0

                桜花賞 実際の買い目
                【月見亭】三連複軸2頭流し 6,14総流し
                【びぜんや】単勝 10,12,15,18 複勝 10,12,18 馬連流し 15−6,10,12,14,18 馬連 10−14 ワイド流し 15−10,12,18


                月見亭「催花雨を味方につけて夏の女王が桜冠奪取!」
                びぜんや「桜花賞を勝ったのはレーヌミノル。先団でレースを進め、直線を向くとソウルスターリングの機先を制する形で進出。最後までしぶとく伸びきった」
                月見亭「小倉2歳Sで圧勝したあとは惜敗続き。ここは8番人気まで人気を下げていたけれど、巻き返した」
                びぜんや「ダイワメジャー×タイキシャトルだから時計のかかる馬場になり、瞬発力勝負にならなかったのが大きかったね。距離はぎりぎりだっただろうけれど、池添騎手が絶妙のタイミングで追い出して脚を使い切った」
                月見亭「小倉2歳S勝ち馬のクラシック制覇は初、フィリーズレビュー組の桜花賞制覇はレジネッタ以来。異色づくめの桜花賞馬が誕生」
                びぜんや「桜花賞馬が渋った馬場で行われるのが20年ぶりって言うんだから、異例の桜花賞ではあったよね」
                月見亭「さて、このあとレーヌミノルはどこへ向かうのか」
                びぜんや「オークスになるのか、NHKマイルCになるのか、あるいは使い詰めだったから一度休ませて北九州記念から始動になるのか。個人的にはスプリントで使ってほしいね」
                月見亭「2着は私の◎リスグラシュー。中団待機から鋭く追い込んだけれど勝ち馬には届かず」
                びぜんや「とはいえ天敵・ソウルスターリングに一矢報いたのだから、目的の半分は達したとも言える。武豊騎手執念の騎乗が光ったね」
                月見亭「圧倒的1番人気に支持されたソウルスターリングは3着まで」
                びぜんや「馬場かな。レーヌミノルを追って進出したもののじわじわと差を詰めたのみ。逆にリスグラシュー、カラクレナイ、アエロリットの急襲に遭い、複勝圏確保がやっとだった」
                月見亭「キミの◎アドマイヤミヤビは12着に大敗。3コーナーからムチが入って、いかにも走りにくそうだったね」
                びぜんや「カワキタエンカが飛ばして11秒台のラップが続く澱みのないレースになった。中距離指向のこの馬にとって経験のない“激流”となったのも敗因か」
                月見亭「というわけで今週の結果。私は(−○◎)でハズレだけど、馬券は三連複軸2頭総流しで的中。ソウルが絡んで50倍ならまぁおいしい配当だったかな。でも『3歳重賞馬連』やってたわけだし、ソウルスターリングが3着に沈んだことを考えると、ここは◎から馬連にしておけばよかったなぁ……」
                びぜんや「僕は(▲×○)でハズレ、馬券は抑えで買っておいたレーヌミノルの単複が的中してリカヴァリ成功。しかし予想にも書いていた通り、当初の◎はレーヌミノルだったから……ビビって替えなきゃよかった……」
                月見亭「結局は阪神JFの上位馬が桜花賞でも上位を占める結果に。勢力図は大きく変わらなかった、ということになるのかな」
                びぜんや「しかしカラクレナイやアエロリットが肉薄していたし、良馬場だったら、ファンディーナがここにいたら、というイクスキューズが残るレースでもあった。オークスでその回答が出るのだろう」
                月見亭「さて、来週は中山で牡馬クラシックが開幕」
                びぜんや「そこに今年は牝馬も参戦、皐月賞!」


                桜花賞予想 by月見亭

                0

                  馬券の調子は相変わらず。

                  今月は誕生月なので、

                  そろそろ調子が上がっていっても良いと思うのですが。

                   

                  私のリスグラシューです。

                   

                  残りはこんな感じです。

                   

                  〇 ソウルスターリング

                  ▲ ミスパンテール

                  △ ミスエルテ

                  × アドマイヤミヤビ

                  × ジューヌエコール


                  桜花賞予想 byびぜんや

                  0

                    松坂桃李さん、土屋太鳳さんらが出ている「HOT HOLIDAYS!」のJRAコマーシャル。
                    まぁあの連中ときたら、桜花賞の時期になってもあの体たらくで、有馬記念までにちゃんと競馬覚えられるのだろうか、競馬を楽しめるのだろうかと心配しながら眺めてたりするわけですが。
                    このブログのもうひとりの予想人もついこないだまで、牝馬三冠がどのレースとどのレースとどのレースかも、菊花賞が何m走るのかも知らないで予想を書いてもなんとかなってたので、まぁ、きっとなんとかなるんでしょうね。

                     

                    ◎はアドマイヤミヤビ


                    岩手競馬・大屋梅賞予想 byびぜんや

                    0

                      中央では紅梅S、白梅賞といったレースを冬の内にやりますが、みちのく岩手では桜と梅と桃がいっぺんに咲くので、大屋梅賞もこの時季です。
                      再来週には水沢競馬場の桜並木が開放されます。一度は行ってみたいんですが、……定年になってからかな。


                      ◎7 ヴィグラスムーヴ/休み明けの前走を圧勝し、これで5連勝。逆らえない。
                      ○9 ココクイーン/久々の前走が好内容。使い減りするタイプで今が狙い目。
                      ▲5 セカンドユウゼン/先行馬が揃ったメンバー構成で末脚生かせる。
                      △1 シーザドナルド/好枠引いてここは先手主張か。距離短縮こなせば。
                      ×10 ゴールドグリッター/休み明けの前走は度外視。良血の目覚めに期待。


                      | 1/227PAGES | >>