calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

天皇賞・秋 先取り展望

0

    菊花賞 実際の買い目
    【月見亭】複勝 15 三連複軸2頭流し 9,14−総流し
    【びぜんや】単勝 16,17 複勝 16,17 馬連流し 17−2,4,5,9,10,11,12,15 5−10 三連複 5−10−17


    月見亭「福島から来た若武者が淀に咲かせた乱れ菊!」
    びぜんや「菊花賞を勝ったのはフィエールマン。道中は中団で脚を溜め、直線馬群を捌いて進出。食い下がるエタリオウとの叩きあいを制してクラシック最後の冠を戴いた」
    月見亭「最後はハナ差の決着。4戦連続重賞勝ちと勢いに乗るルメール騎手の手綱が7番人気の伏兵を偉業に導いた」
    びぜんや「ステイフーリッシュの先導であっさり隊列が落ち着き、瞬発力勝負になったのも良かったね。1800mまでしか経験のない馬にとってスタミナ比べにならなかったのは幸いだった」
    月見亭「今年は福島・二本松の菊が京都競馬場に飾られたそうだけれど、それがサインだったのかな。2000m以上の経験なし、キャリア3戦、関東馬、前走福島、3か月半の休み明けと、過去、あるいは近年に例のないプロフィールの馬の勝利。データ派は号泣だね」
    びぜんや「それだけ今年は傑出馬がいなかったってことでもあるし、競馬が多様化しているという証明でもあるだろうね。ブラストワンピースのローテも注目されたが、前例に拘っていては勝てない、馬券を獲れない時代が始まっている」
    月見亭「2着は私の◎エタリオウ。一度は馬群から抜け出して得たり、と思ったけれど」
    びぜんや「フィエールマンにいい目標にされ、3度目の重賞2着。内外の差もあったよね。しかしこれで“ステイゴールドの正統後継者”“最強の1勝馬”“主な勝ち鞍・2歳未勝利”の称号を早くも確固としてしまった」
    月見亭「ありがたくない称号ね……」
    びぜんや「強いのは確かだし、今日は中団から勝ちに行く競馬で見せ場を作れた。詰めの一歩をどう磨いていくかだね」
    月見亭「3着は勝ち馬の後ろで脚を溜めていたユーキャンスマイル」
    びぜんや「勝ち馬には離されたけれども巧く立ち回って3着を確保。終わってみればルメール、ミルコ、武豊の決着で、“長距離戦は騎手で買え”という諺通りの結果になったね」
    月見亭「キミの◎シャルドネゴールドは後方待機から見せ場なく7着」
    びぜんや「33.9秒と、勝ち馬と同じ上がりは使えているんだけれどね。淀の外回りで瞬発力勝負になったのに、後方3番手では届かない。流れを読み違えたかな」
    月見亭「というわけで今日の結果。私は(×◎−)でハズレ、馬券は三連複軸2頭の片割れ、グロンディオーズが13着でハズレ。ルメールとデムーロが来ているのになぜモレイラが来ないのか……」
    びぜんや「僕は(−×−)でハズレ。連続的中が6週で止まってしまった」
    月見亭「さて来週は秋の東京最初のG機E租の古馬最高峰レース、天皇賞・秋!」


    菊花賞予想 by月見亭

    0

      とりあえず、馬券は買ってはみたものの、

      これが軸で良いのか、まだ悩んでいます。

       

      私のエタリオウです。

       

      残りはこんな感じです。

       

      〇 グロンディオーズ

      ▲ メイショウテッコン

      △ ブラストワンピース

      × エポカドーロ

      × フィエールマン


      菊花賞予想 byびぜんや

      0

        金曜日は川崎球場で行われた伝説の試合、ロッテ−近鉄のダブルヘッダー「10.19」から30周年だったということで。
        twitterの一部好事家の間では「#ここだけ30年前の川崎球場」というタグが盛り上がっていまして、30年前の画像や記録、記憶を掘り起こしながら、あのゲームが社会現象として盛り上がっていくさまを追体験するようなタイムラインを、楽しく眺めていました。


        一流のミステリは犯人やトリックが分かっていても再読して楽しめますが、伝説級のゲームもまた同じ。
        野球と競馬を同じようには出来ないでしょうが、ウオッカ、アストンマーチャン、ダイワスカーレットの三強対決に沸いた07年桜花賞や、ディープインパクトの四冠に注目が集まった05年有馬記念などの前夜の興奮から当日のレースまでをじっくり追体験できるような機会があったらまた面白いだろうなぁ、などと思ったのでした。


        ◎はシャルドネゴールド


        岩手競馬・不来方賞予想 byびぜんや

        0

          (盛岡ダート2000m/M1)

           

          サンエイキャピタルが距離を克服しちゃったらごめんなさい、ということで。

           

          ◎4 チャイヤプーン/南関武者修行で戸塚記念を快勝。ここでは力量差歴然。
          ▲3 ダージリンクーラー/距離経験は豊富。転入2戦目で本領発揮。
          △8 ムゲンノカノウセイ/血統的に距離延長合いそう。可能性を買う。
          ×5 エルノヴィオ/岩手ダービー2着馬。距離再延長に賭ける。
          ×6 ナナヒカリ/マイルは忙しすぎる。この距離で先行できれば。


          菊花賞 先取り展望

          0

            秋華賞 実際の買い目
            【月見亭】複勝 9,10 ワイド 9−10 三連複軸2頭流し 11,13総流し
            【びぜんや】単勝2 馬連流し 2−7,11,13,14,16,17 三連複軸2頭流し 2,11−7,13,14,16,17


            月見亭「圧倒的に力強く! 圧倒的に美しく!」
            びぜんや「アーモンドアイが秋華賞を勝って、史上5頭目の牝馬三冠を達成。道中は中団後方で脚を溜め、直線で一気に弾けて歓喜のゴールへ矢の如く突き抜けた」
            月見亭「スタートは五分だったはずが、直線入り口では後方の位置取り。ここから届くのかと思ったけれどあっさり突き抜けて1馬身半差。恐れ入ったわ」
            びぜんや「力が違いすぎた、のひとことで評価は足りるだろう。これで8分の出来というのだから末恐ろしい」
            月見亭「順調なら次はジャパンC。この時には100%のアーモンドアイが解放されるのね」
            びぜんや「今度は地元でのレースになるし、直線の長いコースの方が当然合う。これだけの馬だ、とにかく無事に出てきてほしいね」
            月見亭「2着は私の◎ミッキーチャームが逃げ粘った」
            びぜんや「何が行くのかと思ったけれども、この馬だったね。道中12秒台のラップで後続にマージンを築けたのは大きかった。連勝は止まったけれど、相手を考えれば勝ちに等しい2着だ」
            月見亭「3着はキミの◎カンタービレが後ろから突っ込んだ」
            びぜんや「枠を生かして先行すると思っていたが、直線ではなんとアーモンドアイを追いかける形に。33.9秒という末脚を繰り出して3着には突っ込んだが、勝ちに行く競馬ではなかっただけに評価は下げざるを得ないかな。ま、脚質は広がったけど」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(○◎×)で馬連・三連単が的中。馬券も2週連続で三連複が的中♪」
            びぜんや「僕は(○▲◎)でこちらも馬連・三連複が的中。馬券も三連複が的中。これで6週連続的中だ♪」
            月見亭「このブログも秋に入って調子が上がって来たよ。この調子で来週は」
            びぜんや「舞台は淀の長丁場、秋の3歳最強馬決定戦・菊花賞!」


            秋華賞予想 by月見亭

            0

              軸が決まらなくて、こんな時間に。

               

              私のミッキーチャームです。

               

              残りはこんな感じです。

               

              ○ アーモンドアイ

              ▲ ダンサール

              △ ラッキーライラック

              × オールフォーラヴ

              × カンタービレ


              秋華賞予想 byびぜんや

              0

                本紙既報の通り。
                先週は毎日王冠の観戦で東京競馬場に行ってきました。
                勝負レースの第2レース、鷹巣山特別、毎日王冠とすべて的中させ、他にも遊びで勝った馬券がちょこちょこ当たったんですが。鷹巣山特別が盛大に獲って損、毎日王冠も結構な獲って損で、終わってみたら空の財布を抱えてすごすご戻る結果になっていました。
                ……解せぬ。


                で、東京競馬場の場内でちょこちょこ目についたのが例の「ウマ娘」のポスターやコマーシャル映像。
                いや、まぁ、気にはなってるんですけどね。もちろん。
                しかしヴィジュアルで「なにこれかわいい」とときめくようなキャラもおらず、「どーせイタリアンレッドとかオースミハルカとかクラレントとか、ましてやレインダンスとかラブカーナとかは出ないんでしょ」というマニアックな思いもありまして。
                まだ横目で見てるだけなのです。

                 

                ◎はカンタービレ


                岩手競馬・若駒賞予想 byびぜんや

                0

                  (盛岡ダート1600m/M2)


                  天高く馬肥ゆる秋。
                  そろそろ岩手でも新米が食べごろです。今年は秋刀魚が豊漁だそうですし、塩焼きにして白ご飯と一緒にたっぷりいただきたいですねぇ。


                  ◎2 サンエイムサシ/ムラだが破壊力は上々。好枠引いてひとり旅。
                  ○4 ミラクルジャガー/キングジャガーの半弟という良血。ダート替わりで才能開花か。
                  ▲3 グレートアラカー/ビギナーズCを快勝。盛岡で堅実な末脚生かす。
                  △9 ポエムロビン/外枠からスムースに動ければ巻き返し可能。


                  ■ おまけ ■ 東京ハイジャンプ予想
                  ◎11 ヨカグラ/前走でアップトゥデイト相手に快勝。真価問われる一戦。
                  ○2 サーストンコラルド/府中でJG連勝狙う。
                  ▲4 ルペールノエル/中山大障害で2強に次ぐ3着。ここなら格上的存在。
                  △8 アズマタックン/前走は4着とは言え僅差。東京で巻き返す。
                  ×3 タマモプラネット/逃げ脚魅力。ここも気風よくハナを切ってどこまで。
                  ×6 ビットアレグロ/連勝の勢い買う。当地重賞にも実績あり。

                   


                  秋華賞 先取り展望

                  0

                    毎日王冠 実際の買い目
                    【月見亭】三連複軸2頭流し 5,9総流し
                    【びぜんや】単勝6,13 複勝 6,13 馬連流し 9−2,4,5,6,7,12 ワイドボックス 6,12,13 三連単フォーメーション 9→2,5,6→2,4,5,6,7,12


                    月見亭「末脚自慢を黙らせて芦毛の超特急がここに戴冠!」
                    びぜんや「毎日王冠を勝ったのは僕たちふたりの◎アエロリット。スタートを決めてハナを奪うと、そのまま淀みのないペースでひとり旅。上がりを33.8秒でまとめ、後続に何もさせなかった」
                    月見亭「スタートを決めて向正面に出たところでもう勝負あり、という感じだったね。さすがBCマイルを目指すと豪語していただけのことはある」
                    びぜんや「1分44秒5の勝ち時計も速い。飛行機の都合がつかなかったのが悔やまれるなぁ。次はマイルCSだそうだが、ここでも中心を張れるだろう」
                    月見亭「焦点は2着争いになって、ここは後方から33.2秒の最速上がりをマークしたステルヴィオが制した」
                    びぜんや「開幕週の高速馬場に助けられ、前に行った馬が上位を占める中、連対圏に突っ込んだのは高く評価できる。心身ともに次への上積みが見込め、次走が楽しみだ」
                    月見亭「3着は2番手追走のキセキ」
                    びぜんや「仕上がり途上でこの距離がどうかと思ったが、この速い馬場で難なく2番手を追走し、秘められたスピードの一端を示した。こちらも次走の上積みが期待できるし、この距離、この時計で一定の結果を残したのは大きい」
                    月見亭「というわけで今日の結果。私は(◎○×)で単勝・馬連・三連単のトリプル的中。馬券も三連複が的中。できれば人気薄のステファノスが3着に来てほしかったけど」
                    びぜんや「僕は(◎▲−)で単勝・馬連的中、馬券も馬連的中で、三連単は痛恨のヒモ抜けだ」
                    月見亭「ふたりの◎がカブって勝つなんて久々だねぇ」
                    びぜんや「ミッキーアイルのシンザン記念以来かな。“ふたりの◎がカブるとその馬は勝てない”というジンクスがあって、最近はカブらせないようにしてたけど」
                    月見亭「そのジンクスを破ったアエロリツトは強い……」
                    びぜんや「さて、来週は京都で秋華賞」


                    岩手競馬・マイルチャンピオンシップ南部杯予想 byびぜんや

                    0

                      オーロパーク盛岡競馬場に照明塔がつき、今年のマイルチャンピオンシップ南部杯は薄暮開催というか、実質殆どナイターで行われます。
                      先週の薄暮開催ではモヤも出ていたのか、長い引き込み線奥のスタート地点がちょっと見にくいようでしたが。まずは良好な滑り出し。この季節でも中央開催のあとに馬券が買えるというのは、楽でいいですね。
                      盛岡競馬場は完全無欠の山中にあるので、ナイター照明がついた様はちょっとスキー場っぽいというか、山中にこつ然と現れた不夜城という趣になりそうで、現地に行って見てみたい気がします。
                      ただ、北東北のこの時期、日暮れ過ぎはかなり冷えそうですが。


                      ◎7 ゴールドドリーム
                      昨年はフェブラリーS、チャンピオンズCの中央ダートG気鬟灰鵐廛蝓璽箸靴唇貶で、地方・海外のダートでは連対も果たせずに終わりましたが、今年はフェブラリーS連覇こそ逃したものの、かしわ記念、帝王賞と交流G気鯱⊂ さらにパワーアップして1年ぶりの盛岡にやって来ました。
                      今年に入っての充実度を見れば、昨年5着に敗退と同じ馬と見るのは危険。その昨年も、ゲートで大きく立ち遅れ、それでも前残りの流れを最速上がりをマークして追い上げての5着でしたから、力負けではありませんでした。
                      休み明けは確かに気になる要素ですが、良馬場で出来そうなのはなにより。フェブラリーSとかしわ記念、ふたつのダートマイルG気鮴したスペシャリストが、残るひとつのダートマイルG汽織ぅ肇襪鮓彁謔勝垢帆世辰討い泙后


                      ○12 ルヴァンスレーヴ
                      先週のシリウスSを3歳・オメガパフュームが制し、白山大賞典ではレパードSを勝ったグリムが逃げ切って重賞連勝。となるとここはやはり、昨年の全日本2歳優駿と今年のJDDを制したこの馬が気になってきます。
                      左回りでは4戦4勝、この盛岡ダート1600mとコース形態の似た東京ダート1600mでもユニコーンS、プラタナス賞の2勝を挙げていて、コース替わりは問題なし。後方待機からのロングスパートを得意技としているだけに、最後に300mの直線と1.5mの急坂を備えた盛岡は決め手を生かすのに絶好の舞台で、3歳馬Vも夢ではありません。


                      ▲14 オールブラッシュ
                      一昨年の秋、観月橋Sを勝ったあとの昇級戦にいきなり川崎記念を選ぶと、いきなりサウンドトゥルー以下を牽き連れて逃げ切って見せた風雲児。
                      その後は交流重賞を中心に使われ、勝ったり負けたりというか負けたり負けたりの成績が続いていますが、地方の左回りに限れば【1,1,1,0】。前々走・かしわ記念でもノンコノユメやモーニンら実績馬の追撃を退け、2着に粘っています。
                      大外枠を引いたのは先行タイプのこの馬にとって痛手ではありますが、有力馬は待機型揃いですし、向正面の長い盛岡なら、好位につけるのは難しくないでしょう。
                      川崎での衝撃を、みちのくで再現しても驚きません。


                      △1 ノンコノユメ
                      3歳時には強烈な末脚を武器に青竜S→ユニコーンS→JDD→武蔵野Sと破竹の4連勝。続くチャンピオンズCとフェブラリーSでも2着に入り、次代のダート王はこの馬だと目されていましたが、去勢すると一転勝ち星から見放され、掲示板がやっとの日々を繰り返していました。
                      しかし6歳となった今年、始動戦となった根岸Sで久々に目の覚めるような追い込みを決めて2年2か月ぶりの勝利をマークすると、続くフェブラリーSでも直線一気の荒々しい競馬でV。華々しい復活劇を遂げました。
                      前走・かしわ記念では4着に敗れていますが、コーナー4つのコース形態ではもともと良績に乏しく度外視可能。冬の連勝時と同じコーナーふたつのコースに替わって、一変が期待できます。


                      買い目は◎からの馬単流し3点。


                      ■ おまけ ■ 京都大賞典予想
                      ◎9 スマートレイアー/末脚に陰りなし。スローの瞬発差力勝負は大歓迎。
                      ○8 シュヴァルグラン/この距離なら崩れない。休み明けどうかだが……。
                      ▲2 サトノダイヤモンド/淀の外回りはベストの舞台。復活期す。
                      △7 プラチナムバレット/京都G蕎,素蓮リフレッシュなればここでも通用の器。
                      ×11 ウインテンダネス/開幕週の馬場味方に先行力生かす。


                      | 1/259PAGES | >>