calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

シルクロードS 先取り展望

0

    アメリカJCC 実際の買い目
    【月見亭】複勝 7 三連複軸2頭流し 3,7総流し
    【びぜんや】単勝 11 複勝 11 馬連流し 11−1,3,5,7 5−7 三連複 5−7−11


    月見亭「秘めた力がついに覚醒! 輝き始めた才能の結晶! アメリカJCCを制したのは私の◎ダンビュライト!」
    びぜんや「マイネルミラノが澱みないラップで逃げるのをただ1頭追走。直線でそれを仕留めると、そのまま2馬身差をつけて押し切った」
    月見亭「3歳クラシック路線では善戦どまりだったけれど、ここにきて2連勝。勝ち癖がついて、今年の飛躍も期待できそう」
    びぜんや「マイネルミラノが後続に脚を使わせる逃げを打ったのに対し、力でねじ伏せに行ったんだから強い勝ち方。次は大阪杯らしいが、好走を期待してよさそうだ」
    月見亭「2着に後方からミッキースワローが追い込んだ」
    びぜんや「長くいい脚を使って見せたが、2着まで。得意の瞬発力勝負にならなくても連に絡んで見せたのは地力の証明だが、勝ち馬に比べると経験の浅さが見えたかな」
    月見亭「3着にマイネルミラノが逃げ粘り」
    びぜんや「後続の不甲斐なさに助けられた部分は否めないが、レースを引き締めるいい逃げを打った。8歳の今年も楽しみだ」
    月見亭「キミの◎トーセンビクトリーは後方から脚を伸ばしたものの5着まで」
    びぜんや「大外枠だったにしても、前につけられなかったなぁ。有馬記念のダメージも残っていたか」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(◎○−)で単勝・馬連的中、馬券は総流しで人気薄のマイネルミラノも拾っていて三連複的中。なかなかの好配当だったよ」
    びぜんや「僕は(▲×−)でハズレ、馬券も同様でした」
    月見亭「さて、来週は京都がシルクロードS、東は早くも東京開催が始まって根岸S」
    びぜんや「迷うところだけれど、シルクロードSかねぇ」


    アメリカJCC予想 by月見亭

    0

      私のジンクスに

      「競馬が終わる前に収支を確認すると当たらない」

      というものがあります。

      今朝も高配当を当てて、「あと10円で回収率が100%!」

      などとはしゃいだ以降、全く当たりません。

      午後から何とか当てて、昨日の分の損失を埋めたいです。

      (ちなみに、昨日の回収率は約20%です)

       

      私のダンビュライトです。

       

      残りはこんな感じです。

       

      〇 ミッキースワロー

      ▲ トーセンビクトリー

      △ レジェンドセラー

      × ゴールドアクター

       

       

       


      アメリカJCC予想 byびぜんや

      0

        野菜、とくに葉菜類が値上がりしていますねぇ。

        まぁ、毎年のことと言えば毎年のことですし、テレビで見る東京のスーパーの野菜のお値段よりははるかに常識にかかってる感じではあるのですが、信州は夏の終わりとかになるとびっくりするくらい野菜が値崩れすることもあったりするので、やはりダメージは大きいのです。

        ほうれん草1把とキャベツひと玉と白菜ひと株買ったら、馬券で軽くひと勝負できるじゃん……。

         

        ◎11 トーセンビクトリー
        前走・有馬記念では逃げ込みを図るキタサンブラックに外から迫って一瞬見せ場を作るシーン。最後は不利もあり14着まで後退しましたが、中山牝馬Sを制したコース巧者の片鱗は見せました。
        良績がコーナー4つのコースに集中しているだけに、2200mへの距離短縮は大きなプラス材料。切れる脚がないだけに、ゆったりとしていて粘り強さを生かせる中山外回りは合っていそうです。
        前週には牝馬同士の愛知杯があったにもかかわらずここを選んできたのは、男馬相手でも中山ならば勝負になるという自信の表れでしょう。
        コーナーふたつの府中牝馬Sでも、G気離┘螢競戰構王杯でも大きく負けてはおらず、牡馬相手でもこの条件なら、好戦必至と見ます。


        ○5 ゴールドアクター
        15年のグランプリウィナーが登場です。
        オールカマーで始動のはずが復帰に手間取り、結局有馬記念もスキップしてここから始動という経緯、しかも次の目標が先にあるはず……と考えシルシはひとつ落としましたが、中山芝2200mは一昨年のオールカマーを勝つなど【2,1,0,0】と得意にしていますし、休み明けのフレッシュな状態の時の方が結果を残せるタイプ。そしてなにより前走・宝塚記念2着で健在ぶりを示しているとなればこれ以上評価を落とすこともできません。


        ▲7 ダンビュライト
        昨年は牡馬クラシック三冠レースを皆勤し、皐月賞では12番人気の低評価を覆してアルアインから0.1秒差の3着、ダービーではレイデオロから0.4秒差の6着、極悪馬場の菊花賞でもキセキから0.8秒差の5着と、常に上位を争って見せました。
        前走・サンタクロースSでは菊花賞の反動を見せることもなく、好位から押し切る盤石の横綱相撲で勝利。「最強の1勝馬」の名を返上して、ここに乗り込んできました。
        トップクラスを戦い抜いた経験値の高さと、コースも距離も馬場状態も問わない万能性は大きな武器。
        古馬の一線級とはこれが初対戦となりますが、ここも易々と突破しそうな器です。


        △1 レジェンドセラー
        デビュー2戦目から8戦連続で1番人気に支持されるなど、その素質が期待されていましたがなかなか勝ち切れず、クラシックとは無縁。昨年の今頃は500万条件で辛酸をなめていました。
        しかし夏の函館で2勝目を挙げると、札幌での4着を挟み、京都で3勝目。
        準オープンへの昇級初戦にはシュヴァルグランやビートブラックを輩出した西の登竜門・オリオンSを選びましたが、ここでは中団後方から長くいい脚を使って3頭による接戦を制してV。昇竜の勢いでオープンまで駆け上がりました。
        重賞初挑戦がG兇箸いΔ里漏擇任呂△蠅泙擦鵑、目下の勢いはやはり魅力。極端な上がり勝負は向かないタイプだけに、ロングスパートを決めやすい中山の外回りは合いそうです。11頭立てのレースでは3戦3勝というのも面白いデータで、3連勝でのタイトル獲得も十分ありそうです。


        ×はセントライト記念でアルアインを一蹴したコース巧者・3 ミッキースワローを指名します。


        買い目は◎からの馬連流し、○▲のタテ目も抑えた計5点で。

         

        ■ おまけ ■ 東海S予想

        ◎9 ディアデルレイ/前走は競りかけられる厳しい展開から快勝。充実期に入りここでも。
        ○8 テイエムジンソク/前走で潜在能力開花。厳しいマークをかいくぐれるか。
        ▲10 オールマンリバー/勝ち味に遅いが相手なりに堅実、ここでも上位有望。
        △12 ドラゴンバローズ/急流からの底力比べは歓迎。中京得意な「萌える男」。

        ×14 ゴールデンバローズ/前走は長休明けで度外視。見限れない素質馬。
        ×4 サルサディオーネ/レパードSで波乱呼んだサウスポー。好枠から自分の形なら。


        アメリカJCC 先取り展望

        0

          日経新春杯 実際の買い目
          【月見亭】複勝 11 三連複軸2頭流し 8,11−総流し
          【びぜんや】馬連流し 3−1,2,7,8,10,11 1−10 三連複 1−3−10


          月見亭「裏街道で旅程を重ね、約束を果たした不屈の闘士!」
          びぜんや「日経新春杯を勝ったのはこれが重賞初挑戦だったパフォーマプロミス。中団前めで脚を溜め、逃げ切り態勢に入ったロードヴァンドールをゴール前で捉えた」
          月見亭「今日だけで6勝と絶好調のミルコが、抜群の勝負勘を働かせてもぎ取った勝利。馬も最速上がりでそれに応えた」
          びぜんや「明け6歳馬とは言ってもキャリアはこれでまだ12戦。2400m以上ではパーフェクト連対と底を見せていない。今回は軽ハンデでの一発だから、次が試金石となるけれど、楽しみなオールドルーキーだね」
          月見亭「2着は逃げ粘ったロードヴァンドール」
          びぜんや「4ハロン目から一気にラップを落とし、6ハロン目からじわじわと加速していく巧妙な逃げで後続の脚を殺した。今回の敗因はハンデ差の一点に尽きるね」
          月見亭「3着には2番手追走のガンコが入った」
          びぜんや「展開に恵まれたのは事実だけれど、後続を4馬身突き放して見せたのも事実。芝の長距離で立て続けに好走し、楽しみが広がった」
          月見亭「キミの◎モンドインテロは後方待機のまま見せ場なく7着」
          びぜんや「終わってみれば道中でうまく脚を使わされ、余力を残した先行勢を捉える力が残っていなかった。ただ、この展開は見え見えだっただけに、もう少し何とかならないのかという気持ちも残るね」
          月見亭「私の◎ベルーフも同じく後方でレースを終え10着」
          びぜんや「ペースが落ち着く大きなコースは合わないね。距離も長すぎたか、折り合いに専心している間にレースが終わってしまった感じだ」
          月見亭「というわけで今週の結果。私は(−▲−)でハズレ、馬券も同じく」
          びぜんや「僕は(−△−)でハズレ、馬券は以下同文だ」
          月見亭「さて来週は珍しいことに、関西主場の京都で重賞がない週末」
          びぜんや「中山でアメリカJCC、中京で東海SとふたつのG兇あるわけだが」
          月見亭「ここはアメリカJCCかな」


          日経新春杯予想 by月見亭

          0

            びぜんやさんと違い、賭けては負ける日々が続いています。

            でも、日経新春杯は良い思い出があるので、何とか当てたいです。

             

            私のベルーフです。

             

            残りはこんな感じです。

             

            〇 ミッキーロケット

            ▲ ロードヴァンドール

            △ モンドインテロ

            × サンタフェチーフ

            × ソールインパクト


            日経新春杯予想 byびぜんや

            0

              先週はフェアリーSで○▲のタテ目がうまくハマって馬連が的中し、月曜の未勝利戦では単勝84.7倍の高配を当てる、ラッキー続きな上々のスタート。
              今週土曜も午前中までは好調を持続していたんですが、午後になるとここまでのラッキーを払い戻すようにヒモ抜け、ヒモ抜け、馬連で軸馬3着、単勝買って2着と、ヴァラエティも豊かな惜敗続き。
              とどめは愛知杯で、完走17頭中、三連複軸2頭の軸馬が15着17着で、16着馬にもしっかりシルシを回しているという大惨敗。◎16着×17着○18着だった08年菊花賞以来のこてんぱんっぷりで、ボロ雑巾のような負け方を喫しました。


              まぁ、考え方を変えれば、これ以上酷い負け方もそうはないはず。
              明日は再び運が向くと信じて予想です。


              ◎3 モンドインテロ
              2年前の冬には高尾特別→松籟Sとこの舞台で連勝していたコース巧者です。昨年のこのレースでも今年より質の高いメンバーに交じって3着を確保しており、京都芝2400mへの高い適性に注意が必要です。
              前走・チャレンジCは明らかに距離不足と見えましたが、最速上がりを発揮して差を詰め、勝ち馬から0.1秒差の4着に健闘。力量の一端を改めて示しました。
              今回は得意の舞台に替わることで前進必至。昨年は道中で後手を踏んだことで上位には届きませんでしたが、今回は2000mからの距離延長で追走も楽になるでしょうし、昨年の勝ち馬・ミッキーロケットとは斤量関係が逆転します。
              昨年よりは相手関係も楽になった印象もあり、重賞初勝利のチャンス到来と見ます。


              ○10 ソールインパクト
              振り返れば、東スポ杯2歳Sではサトノクラウンから0.1秒差の3着に入り、京成杯ではベルーフと同タイムの4着に入っていた素質馬。しかしその後はスターダムに上ることはできず、1000万条件で4連続3着するなど勝ち切れないけど堅実、というキャラで地道に駆けてきました。
              格上挑戦となった昨年の七夕賞では3着に入り、久々に素質馬健在を証明。とはいえその時は、「七夕賞なんて、何が上位に来てもおかしくないハンデG靴世靴覆……」と半信半疑なことを思っていたのも事実でしたが、またも格上挑戦となった前走・アルゼンチン共和国杯ではスワーヴリチャード、セダブリランテス、アルバートといった猛者に割って入って2着。ダービー2着馬を相手に大立ち回りを演じるという派手な形で、オープン昇格を決め、ポテンシャルの高さを改めて示しました。
              今回ハンデは1キロ増となりますが、相手関係は大幅に楽になり、久々に大きなチャンスが巡ってきました。


              ▲1 サンタフェチーフ
              姉がドイツオークス馬・サロミナという良血で、当然日本のクラシックでの活躍も期待されていましたが、初勝利は桜花賞も終わった3歳の4月。その後も500万条件暮らしが続いていましたが、一昨年の秋、距離を伸ばして東京芝2400mのレースを使われて走りっぷりが一変。
              中団から最速上がりをマークして突き抜け、1年半にわたる500万条件生活に別れを告げると、続く中山芝2200mの条件戦も最速上がりをマークしてV。続く御堂筋Sでも最速上がりを披露して2着に入り、末脚に自信をつけました。
              休み明けとなった前走・オリオンSでは瞬発力勝負になって切れ負けしましたが、勝ち馬とはわずかハナ差。今回はひと叩きした上積みが見込めますし、瞬発力勝負になりやすい阪神外回りから、長くいい脚を生かせる京都外回りに替わるのはプラスです。
              2200m以上の距離では【2,2,0,0】という遅咲きの長距離砲が、軽ハンデを武器に上位を目指します。


              △2 ロードヴァンドール
              今回のメンバーを見渡せば、この馬のほかに逃げ候補は不在。老獪な横山典騎手の手綱に導かれてのひとり旅が期待できます。
              昨年は重賞ばかり6戦し、G気任錬伽錣靴討箸發烹隠潅紊畔れたものの、G彊焚爾任篭碣肋泯加紊覆漂垢里覆ざデ呂鯊海韻泙靴拭スーパーG兇了ニ攀念でも0.4秒差6着に健闘。ここでマイペースに走れるのならば、当然勝ち負けが期待できます。
              最近はローカルでの活躍が目立ちますが、京都では全4勝中3勝をマークしており、コース替わりはむしろ歓迎。
              2400mの距離への対応が鍵となりますが、直線でどんな攻防を見せてくれるか、楽しみな逃走者です。


              ×はディフェンディングチャンピオン・8 ミッキーロケットと、川田騎手とコンビ復活・11 ベルーフを指名します。


              買い目は◎からの馬連流し。○▲のタテ目も抑えた計6点。


              日経新春杯 先取り展望

              0

                フェアリーS 実際の買い目
                【月見亭】複勝 5 三連複軸2頭流し 5,10−総流し
                【びぜんや】単勝 7 馬連流し 7−4,5,8,10,14 1014 三連複 7−10−14


                月見亭「寒風の中山を突き抜けて、描くシーンは爛漫桜花の下での戴冠!」
                びぜんや「フェアリーSを制したのはプリモシーン。後方追走から直線に向けて徐々にポジションを上げ、最後に末脚一閃。他馬を一気に切り捨てた」
                月見亭「よどみのない流れになって差し馬向きの流れになったけれど、それにしても切れたわね。着差以上に強い勝ちっぷり」
                びぜんや「馬群に入れてうまく脚がたまったのがよかったね。ライヴァルが伸びあぐねるところをスムースにポジションを押し上げ、最後まで脚を残していた。スタミナと切れ味、操縦性の三拍子が揃った馬だ」
                月見亭「2着は大外を回って差してきたスカーレットカラー」
                びぜんや「勝ち馬と同じような位置から競馬を進めたが、コース取りが明暗を分けたね。広いコースで見直したい」
                月見亭「3着は後方から追い込んだレッドベルローズ」
                びぜんや「流れが向いたとはいえ、後方2番手からあきらめずに伸びて複勝圏を確保したのは見事。今回はロスが多すぎた、もう少し立ち回りが巧くなれば」
                月見亭「キミの◎トロワゼトワルは出遅れが響いて5着まで」
                びぜんや「最速上がりを使って性能は示して見せたが、それだけに発馬の後手は痛かったなぁ……」
                月見亭「私の◎ライレローズは中団から伸びず、7着」
                びぜんや「外に持ち出してからはそれなりに伸びてはいるんだけれどね。上位陣に比べると切れ味で見劣った」
                月見亭「というわけで今週の結果。私は(−○▲)でハズレ、馬券も同じく。いいとこはついてるんだけれど肝心のアタマが……」
                びぜんや「僕は(▲○−)で馬連的中、馬券も抑えのタテ目がうまく当たってくれた。3歳重賞馬連で32.3倍、まずは上々のスタートだ」
                月見亭「さて、来週は京都で日経新春杯」


                岩手競馬・トウケイニセイ記念予想 byびぜんや

                0

                  岩手競馬は今週がラストウィーク。

                  今シーズンの岩手競馬予想もこれが最後となります。

                  また春になったら、お会いしましょう。

                   

                  ◎3 タイセイファントム/転入初戦の絆Cで衝撃のジャイアントキリング。前走も差のない3着で、ここは首位有望。
                  ○1 ワットロンクン/2年ぶりの岩手復帰。初戦から健在を証明し、好枠から自分の形に。
                  ▲9 ヒドゥンブレイド/転入2戦はともにワンサイドゲーム。ここも通過点とするか。
                  △4 ユッコ/常に強敵と戦い続けた一級牝馬。距離短縮、相手も手頃で一発有。

                   

                  ■ おまけ ■ シンザン記念予想

                  ◎8 プリュス/前走は味のある競馬で好時計勝ち。叩いた上積みも見込める。
                  ○2 ファストアプローチ/前走は積極策で健闘。コース替わり、相手弱化で。
                  ▲7 ツヅミモン/マイラー血統の大型馬。ひと叩きし、さらに前進。
                  △11 カシアス/重賞実績は断然。斤量は気になるが、能力の違いであっさりも。
                  ×9 カフジバンガード/前走はマイルで新境地。強敵と戦った経験武器に。
                  ×1 スターリーステージ/シンザン記念にゆかりのある良血馬。逃げても。


                  フェアリーS予想 by月見亭

                  0

                    明けましておめでとうございます。

                    今年もよろしくお願いします。

                     

                    新年早々、自動車の鍵の電池がなくなり、

                    職場の駐車場で防犯ブザー(?)を鳴らしました。

                    しょうがないので、予備の鍵を使ったところ、

                    こちらもあまり状態は良くなく。

                    今日、電池交換を行ってきました。

                    電子キーはこういう時怖いですね。

                     

                    私のライレローズです。

                     

                    残りはこんな感じです。

                     

                    〇 スカーレットカラー

                    ▲ レッドベルローズ

                    △ トロワデトワル

                    × デュッセルドルフ

                    × テトラドラクマ


                    フェアリーS予想 byびぜんや

                    0

                      改めまして、明けましておめでとうございます。

                      「週刊萌馬」はこのフェアリーS予想から本格始動になります。

                      というわけで、今年の抱負を。

                      昨年は桜花賞や皐月賞で高配を連発するなど、春は調子が良かったのですが、夏に大失速。秋も調子を取り戻せないまま、尻すぼみで1年を終えてしまいました。

                      春の好調で自分のフォームを見失い、夏以降一発狙いに走り過ぎ、競馬新聞風に書くなら「逃バテ」になってしまった感じです。

                       

                      今年は毎年掲げている「万馬券10本」の目標を胸に秘めつつ、あくまで「ヒットの延長がホームラン」の気持ちで堅めに行こうと思います。

                      ……いや、堅めに行こうというやつがなんで始動戦に難解至極なフェブラリーSを選んでんだ、と突っ込まれると返す言葉もないんですが。

                       

                      ◎7 トロワゼトワル
                      前走・アルテミスSでは、4か月の休み明けが影響したか向正面では折り合いを欠きっぱなし。それでもなんとか中団で落ち着かせ、直線では進路を探すシーンがありながら馬群を割って伸びて、ラッキーライラックから0.4秒差の4着まで押し上げたところに、素質の片鱗が見えました。
                      夏の中京でのデビュー戦では、難なく先行し、残り1ハロンまで我慢して抜け出すレースぶりを見せており、この先行力と瞬発力を発揮できれば中山にも対応できると見ます。
                      前走を使ってガス抜きできたことで今回は気性面の改善が期待できますし、レースが流れやすい中山の方が折り合いをつけやすいはず。
                      相手関係は前走より手頃になっており、強敵に迫った経験を武器に、ここから桜戦線へと羽ばたきます。

                       

                      ○10 スカーレットカラー
                      阪神芝1400mの新馬戦ではのちにファンタジーSで3着に入るアマルフィコーストの2着に入り、続く中京未勝利戦ではのちの東スポ杯2歳S3着馬・シャルルマーニュを2馬身半も千切っていた素質馬。
                      休み明けのアルテミスSでもラッキーライラックから0.4秒差の5着に入っていますし、続く前走・白菊賞ではリリーノーブルの2着に健闘と、重賞級のメンバーと互角以上の戦いをしてきました。
                      メンバー次第ではとっくに2勝目を挙げていてもおかしくなかったと思えますし、阪神JFに出ていてもいい勝負になっていたのでは、と思える濃い戦歴の持ち主なのです。
                      コースを選ばない堅実さは魅力で、輸送さえこなせば上位争いは必至と見ます。


                      ▲14 プリモシーン
                      前走・東京マイルの未勝利戦では、後方待機から徐々に進出し、直線では大外に持ち出してまとめて差し切る強い勝ち方を披露。テトラドラクマには食い下がられたものの3着以下を5馬身以上突き放しての好時計勝ちで、性能の高さを見せつけました。
                      中山マイルはデビュー戦で経験しており、のちに阪神JFで4着に入るトーセンブレスには大外一気を決められたものの、先行策から器用に立ち回って2着を確保。コース替わりは問題ありません。
                      今回は休み明けだけに過信は禁物と思いますが、どんなインパクトを残してくれるのか、楽しみな大器です。


                      △8 グランドピルエット
                      母はウオッカ、ダイワスカーレット世代で、09年の京成杯オータムハンデを勝っているザレマ。
                      母が得意とした中山マイルでデビュー戦を飾ると果敢にアルテミスSに挑戦しましたが、なんと13着に敗退。しかし中山マイルに戻った前走・ひいらぎ賞では行った行ったの決着になる中、中団から脚を伸ばして3着に入っており、このコースへの適性はやはり母譲りのものがあるようです。
                      今回はサヤカチャンを筆頭に前につけたい馬が揃っており、流れは向きそう。デビューから2戦は雨の影響を受けた馬場、前走は展開不向きと、いまだ才能のすべてを発揮できていないだけに、ここでどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、わくわくして来る良血馬です。

                       

                      ×は短距離で培った先行力が魅力、距離延長が合いそうな関西の秘密兵器・4 アントルシャと、コース替わりがプラスに出そうなセンスの持ち主・5 ライレローズを指名します。

                       

                      買い目は◎の単勝とシルシの各馬への馬連5点。

                       

                      岩手競馬予想はお休みします。

                       


                      | 1/243PAGES | >>