calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

日本ダービー 先取り展望

0

    オークス 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 6,17−総流し
    【びぜんや】単勝 10,18 複勝 10,18 馬連フォーメーション 10,131,2,3,5,10,13 ワイド 10−14,18 三連複 3−10−18


    月見亭「晴天の下で輝いた、見る者の目を奪う絶世の末脚!」
    びぜんや「第79回オークスの覇者は圧倒的1番人気に支持されたアーモンドアイ。中団前めの外で流れに乗り、直線の坂で末脚一閃。一気に後続を突き放し、勝負を決めた」
    月見亭「単純に“性能が違います”って感じの勝ちっぷり。距離延長も全然問題なかったわね」
    びぜんや「これまでは後方一気の荒っぽい競馬だったけれども今回は教科書通りの競馬。前に馬を置かなくても折り合いがついたし、包まれない位置からしっかり末脚を生かした」
    月見亭「牝馬三冠は濃厚、かな。あるいは海外遠征って話題が出るかも」
    びぜんや「有力どころとは勝負付けが済んだからねぇ。ロードカナロア産駒で凱旋門賞ってのはイメージがわかないが、力のいる馬場も苦にしないからヨーロッパでもいけるかもしれない。秋の天皇賞、ってのも面白そうな選択肢だ」
    月見亭「2着は先に抜け出したリリーノーブル」
    びぜんや「桜花賞で先着を許した2頭を相手に勝ちに行く競馬をして、一角崩しに成功した。積極果敢な競馬で盛り上げたのは殊勲甲だ」
    月見亭「ラッキーライラックはさらに1馬身3/4後れを取って3着」
    びぜんや「結果的に勝ち馬にマークされ、先に抜け出された。本来ならリリーノーブルのような競馬をしたかっただろうが、中途半端なレースになってしまったな」
    月見亭「キミの◎レッドサクヤはそこから遅れて4着」
    びぜんや「有力2頭を見る位置でレースを進めたけれど突き放されてしまった。それでも最後までラッキーライラックに食らいつく姿勢を見せ、マウレアには先着。才能の一端は見せたね」
    月見亭「私の◎オールフォーラヴは中団からレースを進めるも見せ場なく9着」
    びぜんや「今日は中団後方以下で折り合いに専念し、直線に賭けるようなお嬢様レースをする馬には勝負に参加する資格がなかった。現状、G気浪戮重かったね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(×△▲)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(○×△)でハズレ、馬券は馬連が的中も、獲って損。おかしいな、前日オッズでは17倍ついて獲って損にならないはずだったんだが」
    月見亭「キミが考える程度のことはみんな考えてるってことだね」
    びぜんや「うーむ。さて、来週はいよいよ春の総決算レース」

    月見亭「東京芝2400mを舞台に、第85回東京優駿」


    オークス予想 by月見亭

    0

      昨日は実家近くにあるバラ園に行き、花と香りを楽しんできました。

      今週末がお祭りだそうで、たくさんの人に楽しんでもらいたいです。

       

      私のオールフォーラヴです。

       

      残りはこんな感じです。

       

      〇 ロサグラウカ

      ▲ ラッキーライラック

      △ リリーノーブル

      × アーモンドアイ

      × トーホウアルテミス


      オークス予想 byびぜんや

      0

        ゴールデンウイークに善光寺に行きまして。
        そこで引いたおみくじには「いきなり大きな事を望んでもうまくはいきません」「堅実さが吉」とあったんですが。
        先々週は9番人気のレッドヴェイロンを軸にして馬連を買い、先週は7番人気のレッドアヴァンセを軸に馬連を買って煮え湯を飲まれたんですが。
        それにこりもせず、仏様の教えにも背いて、今週も穴狙いです。
        素人のブログ予想で単勝1倍台の馬に◎を打っても面白くないですしね。


        ◎10 レッドサクヤ
        半姉・エイジアンウインズはヴィクトリアマイルでウオッカに黒星をつけ、全姉・エバーブロッサムは5年前のこのレースでデニムアンドルビーに先着して2着。半姉・キュートエンブレムもフローラSでメイショウベルーガの猛追を抑え3着という実績があり、とにかく東京で大物食いを演じる一族なのです。
        レッドサクヤ自身は東京で1走し4着1回という戦績ですが、その赤松賞は直線で窮屈になるシーンがありながらマウレアと0.1秒差というものでしたから、着順ほど悪い内容ではありませんでした。
        桜花賞では7着とはいえ、2着以下とは0.4秒差ですから悪くない内容。今回はひと叩きした上積みが見込めますし、前掲の通り東京へのコース替わりは血統的にプラス。
        これまでの戦歴を見れば、反応が鋭いというタイプではなく、マイルでは忙しい感じがしますから、距離延長はプラスに出そう。オークス男・福永騎手とのコンビ復活も頼もしく、ここは◎に抜擢します。


        ○13 アーモンドアイ
        シンザン記念では完全無欠に前残りのペースをただ1頭、後方2番手からあっさりと突き抜けて重賞初制覇。続く前走・桜花賞も勝ちパターンに持ち込んだラッキーライラックを赤子の手を捻るようにして殲滅しての直線一気。桁違いの破壊力は、このまま古馬を相手にしても通用するのではないかと思わせるものがあります。
        その瞬発力はいかにもマイラーのそれですし、父は世界のスプリント王・ロードカナロア。距離延長はプラスではないでしょうが、同世代の牝馬同士なら能力の違いで何とかしてしまいそう。3馬身半差の楽勝劇を挙げた地元・府中へのコース替わりは間違いなくプラスで、広い大直線で自慢の末脚をいかんなく発揮できるはずです。


        ▲3 マウレア
        阪神JF3着、チューリップ賞2着の実力者。前走・桜花賞では大外枠に泣かされて5着に敗退しましたが、デビュー2連勝を飾った東京に戻って逆襲が期待できます。
        ここまで6戦すべてがマイル戦という純粋培養娘、しかも桜花賞馬・アユサンの全妹という血統から距離延長が課題となりそうですが、ディープインパクト×Storm Catは本来、中長距離に良績の多い配合。桜花賞からの距離延長がいちばんプラスに働くのはこの馬のような気がします。
        赤松賞、阪神JF、クイーンC、チューリップ賞、そして桜花賞と牝馬の王道を歩み、さまざまなレースを経験してきたのは強み。
        クイーンCではハイペースを追いかけて脚をなくしましたが、溜めれば33秒台の切れ味を発揮しますから、各馬が折り合いに専念してのスローペースになれば、内で息をひそめるこの馬の復活が期待できます。


        △2 ラッキーライラック
        前走・桜花賞では、正攻法の競馬から勝ちに行ったところを、後方で脚を溜めるだけ溜めて弾けさせたアーモンドアイに一気に差されて失陥。無敗の桜花賞馬誕生の夢は潰えました。
        しかし、直線だけの大雑把な競馬でもなんとかなる阪神マイルと違い、オークスの舞台は総合力、とくに底力が問われるチャンピオンコース。好位につけて自分から動ける先行力とセンス、上がり33秒台を繰り出せる切れ味、そして父・オルフェーヴルから受け継いだスタミナと底力を備えたこの馬に分のあるコース設定です。
        前走は1番人気を背負いそれなりの競馬を強いられましたが、今回はマークされずに追う立場。こういう時こそ、暴れん坊の血が目覚めてくれそうです。


        ×はゆったりとしたローテに好感、距離延長も合いそうな5 カンタービレと、最内枠から逆襲を誓う1 リリーノーブルを指名します。


        買い目は◎の単複と、◎からシルシの各馬への馬連流し。さらに○−▲××も抑えた計8点。


        岩手競馬・あすなろ賞予想 byびぜんや

        0

          岩手競馬では2歳新馬戦がスタートしていますが。

          中央競馬の2歳新馬戦も再来週にははじまりますが、皆様、POGの準備は進んでますでしょうか。

          はい、私は全然です。

           

          ◎4 コミュニティ/実績馬健在を示した前走。叩き2走目で前進確実。
          ○9 ヴィグラスムーヴ/休み明けの前走を快勝。上積み見込める実力者。
          ▲1 シンゲツ/前走は一瞬見せ場作る健闘。再度内枠から巧く立ち回って。
          △10 ヒドゥンブレイド/前走から相手関係は手頃に。先行できればしぶとい。
          ×2 ナムラバイオレット/好枠得た。単騎逃げ見込める相手関係で一発警戒。
           


          オークス 先取り展望

          0

            ヴィクトリアマイル 実際の買い目
            【月見亭】三連複軸2頭流し 9,16−総流し
            【びぜんや】単勝 6,13 複勝 6,13 枠連流し 3−総流し 馬連流し 6−2,4,10,16,17 ワイド 6−13 三連複 6−10−16 三連単フォーメーション 6→10,16→2,4,5,10,11,13,16,17


            月見亭「明けない夜を切り裂いて、辿り着いた牝馬の極点!」
            びぜんや「ヴィクトリアマイルを勝ったのはジュールポレール。道中は中団で脚を溜め、直線で進出。3頭横一線の接戦を際どく制し、重賞初制覇をG気巴成した」
            月見亭「昨年は3着、前走は不利を受けて5着。不完全燃焼なレースが続いていたけれど、ここで才能が開花した」
            びぜんや「半兄・サダムパテックに続くマイルG祇覇になったね。雨が降って馬場が稍重になったのはマイナス材料かと思ったけれど、関係なかったね。ここに来て本格化したのだろう」
            月見亭「ここまでは牝馬重賞を5戦したのみ。次は牡馬相手に挑むことになるのかな」
            びぜんや「秋の目標として女王杯は距離的に長いだろうしねぇ。今度は兄妹マイルCS制覇を見てみたいかな」
            月見亭「2着は私の◎リスグラシュー。後方待機から32.9秒の上がりを使って追い上げたけれどもハナ差届かず」
            びぜんや「この着差は位置取り、コース取り、あるいは枠順の差だよねぇ。G気任海譴4つ目の銀メダル。金メダルを取るにはもう少し立ち回りの巧さと運が欲しい」
            月見亭「3着は先行して見せ場を作ったキミの◎レッドアヴァンセ」
            びぜんや「アエロリットをかわし、一時は先頭に立ったが結果的に目標にされた。先週の半弟・レッドヴェイロンに続く3着で、とにかくこの一族には3着がついて回る……」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(−◎−)でハズレ、馬券も三連複2頭軸の片割れ・ソウルスターリングが7着で届かず」
            びぜんや「僕は(△▲◎)で馬連的中も、馬券は馬連枠連の軸が3着で、1点勝負の三連複は痛恨の2着3着4着。複勝をかすったのみで獲って損でした」
            月見亭「3着続きの一族なんだから、三連複かワイドにしときゃよかったのに」
            びぜんや「さて東京マイル2連戦が終わって、今度は東京ニ四で2連戦」
            月見亭「樫の女王決定戦にして、牝馬クラシック最終戦、オークス!」


            ヴィクトリアマイル予想 by月見亭

            0

              雨が降ってます。

              しかし、しっかりポケストに行ってきました。

              出不精の私を動かすポケモンGOはすごいですね(笑)。

               

              私のリスグラシューです。

               

              残りはこんな感じです。

               

              〇 ソウルスターリング

              ▲ ラビットラン

              △ ミスパンテール

              × アエロリット

              × アドマイヤリード


              萌えるヴィクトリアマイル予想 byびぜんや

              0

                今回は前フリ抜きで。

                 

                ◎はレッドアヴァンセ
                半兄に12年NHKマイルCで15番人気3着、15年安田記念で12番人気3着の激走を演じ、東京マイルの重賞を2勝したクラレント、半弟には先週のNHKマイルCで9番人気2着の激走を見せたレッドヴェイロンがいる、東京マイルではおなじみの一族のお嬢様です。
                この馬自身も前々走・ユートピアSを制してオープン入りを決めており、実績、血統双方からこの舞台に対する適性の高さを示しています。
                一昨年には牝馬三冠すべてに出走したものの、桜花賞では落鉄して7着という残念っぷりを披露し、続くオークスでも再び落鉄して7着というドジっ子ぶりを発揮。それでも三冠目の秋華賞では距離が明らかに長かったにもかかわらず、ヴィブロスから0.5秒差でジュエラーとクロコスミアの間に割って入る5着にまとめており、素質の片鱗を示していました。
                古馬になってマイル戦を中心に使われるようになってからは、体質も強くなり成績も安定。三面川特別ではカワキタエンカを一蹴して快勝し、ユートピアSを勝ったあとの阪神牝馬Sでは好メンバーを相手に回して2着に快走、一族ゆかりの舞台に駒を進めてきました。
                先行してかつ切れる脚を使えるのはいかにも府中向き。調教では元気に動いて併走馬を圧倒しており、前走からの上積みは大きそう。左回りはオークスで負けただけの3戦2勝と適性が高く、広く雄大なコースで、天真爛漫なお嬢様の魅力がはじけると見ます。


                ○はアエロリット


                岩手競馬・メイC予想 byびぜんや

                0

                  先週の前フリでは福島県浜通りを通った話を書きましたが。
                  その前日には岩手県の釜石市に行ってました。
                  確か3年ぶり4度目の訪問となる釜石市。当日は岩手競馬の開催がなく、再開されたテレトラック釜石に行けなかったのはちょっと残念でしたが、すでに街中に工事の槌音はなく、目抜き通りには新しいビルが立ち並び、ラグビーW杯歓迎のムードもあって、余所者の目には「復興なった」という感じにも映りました。
                  しかし郊外に出れば、湾の奥に作られた巨大な防潮堤と、低地に残る広大な更地、という風景が連続し、津波災害の傷跡からまだまだ復興する途上なのだな、ということが窺われて、津波という災厄の大きさを改めて感じる旅となったのでした。

                  今度行くとすれば「JR山田線」が「三陸鉄道リアス線」として再開されるときに乗り鉄で、でしょうか。その時、浜はどんな風景になっているのでしょうか。


                  ◎2 ワイルドロジャー/前走圧巻。コスモバルク記念4着の戦績あり距離延長はプラス。
                  ○9 ゴールドアラシ/勝ち切れないが堅実。ここも好走必至。
                  ▲8 ダイチラディウス/連勝の勢いに注目。距離こなせば。
                  △6 ワンドロップ/ハナ切れればしぶとい。単騎で行ければ。


                  ヴィクトリアマイル 先取り展望

                  0

                    NHKマイルC 実際の買い目
                    【月見亭】三連複軸2頭流し 7,10−総流し
                    【びぜんや】単勝 12,17 複勝 12,17 枠連フォーメーション 1,8−3,5 馬連ボックス 1,2,3,7,11,17


                    月見亭「胸のすくような大外一気! 府中に弾けた笑顔と末脚!」
                    びぜんや「NHKマイルCを勝ったのはケイアイノーテック。道中は後方2番手で脚を溜め、直線で大外に持ち出すと、豪快な追い込みを決めてゴール直前差し切った」
                    月見亭「テン乗りの藤岡佑介騎手はこれがG欺蘋覇。弟・藤岡康太騎手がG欺蘊〕を挙げたのと同じレースで、笑顔をはじけさせた」
                    びぜんや「もともと後ろから来る馬ではあったけれど、前走は中団で巧く立ち回った馬を後方に下げるんだからやはりこれは大胆な騎乗。京都新聞杯でも人気薄を勝利に導いており、乗れてる騎手の思い切った騎乗に勝利の女神がほほ笑んだ」
                    月見亭「ケイアイノーテックはこれまで重賞で差して届かずのレースが続いていたけれど、ここで大願成就。強い相手とぶつかってきた経験が実を結んだわね」
                    びぜんや「ただ今回はハマり過ぎた感じもある。末脚に特化するのか、脚質に幅を加えるのか、今後どう経験を積んでいくのか注目したい」
                    月見亭「2着は先に抜け出したギベオン」
                    びぜんや「巧く立ち回ったかに見えたが、結果としては早く先頭に立ち過ぎたか。勝ちに行く競馬をしたが、勝ち馬の決め手が一枚上だった」
                    月見亭「3着にはキミの◎レッドヴェイロンが突っ込んだ」
                    びぜんや「後ろから外を回すのはレースプラン通りだっただろう。しかし勝ち馬の決め手が、2着馬の立ち回りがわずかに上だった。実績を考えれば健闘だけど、勝ち馬さと同タイムまで迫っただけに惜しい3着」
                    月見亭「私の◎パクスアメリカーナは直線での不利もあって6着」
                    びぜんや「大外を回せるだけの決め手がなく、ごちゃつくところで立ち回る形になったのは痛かった。もう一列前、ギベオンの位置でレース出来ていればあるいは……」
                    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−▲−)でハズレ、馬券も同じく」
                    びぜんや「僕は(×−◎)でハズレ、馬券はレッドヴェイロンの複勝が当たったけれども獲って損。11−17、151倍の馬連を持っていただけに悔しいアタマ差だった」
                    月見亭「さて、来週も東京マイルを舞台のG機6力4歳牝馬を古馬が迎え撃つヴィクトリアマイル」


                    NHKマイルC予想 by月見亭

                    0

                      GWに岩手に行ってきたのは、びぜんやさんの記事のとおり。

                      私的には釜石にあるミッフィーカフェに行けたのが良かったです。

                      「良いなぁ。何買ってきてもらえるかな?」

                      と甥っ子に話しかけている義弟の言葉に負けて、

                      お土産にぬいぐるみを買って帰りました。

                      (ちなみに、他にもお土産は持って行ってます)

                      財布の中はすっからかんになりましたが、

                      甥っ子が喜んでくれたから良かったことにします。

                       

                      私のパクスアメリカーナです。

                       

                      残りはこんな感じです。

                       

                      〇 タワーオブロンドン

                      ▲ ギベオン

                      △ テトラドラクマ

                      × プリモシーン

                      × アンコールプリュ

                       

                       


                      | 1/249PAGES | >>