calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

朝日杯フューチュリティS 先取り展望

0

    阪神ジュベナイルフィリーズ 実際の買い目
    【月見亭】単勝 6,11 複勝 6,11 ワイド 6−11 三連複軸2頭流し 6,13総流し
    【びぜんや】単勝 10 複勝 10 枠連流し 5−2,3,5,6,7 三連複軸2頭流し 9,10−4,13

     

    月見亭「桜の予感を調べに乗せて 仁川に響いた幻想曲!」
    びぜんや「阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったのはダノンファンタジー。後方待機から直線はクロノジェネシスと併せるようにして鋭進。競り合いを半馬身制して2歳女王の座に就いた」
    月見亭「直線は長くいい脚を使ったね。ファンタジーS組は近年不振といわれていたけれど、関係なかった」
    びぜんや「淀みのないペースで、折り合いよく進められたのもよかったか。完成度の違いが結果に出た感じだね」
    月見亭「今週はルメール、ミルコ、モレイラが香港に行っていて日本人騎手にはチャンスと思ったけれど、弟デムがしっかり攫っていったわね」
    びぜんや「川田騎手が香港に行って巡ってきた出番をしっかりモノにした。外国人騎手はこういうここ一番の強さがあるよね」
    月見亭「2着はやはり後方から追い込んだクロノジェネシス」
    びぜんや「最速上がりを使ったけれども、わずかに後手を踏み外を回された分後れたか。もう少し脚を溜めて瞬発力の生きる展開になってほしかったが、この流れに対応出来たのは収穫だ」
    月見亭「3着は馬場の真ん中を伸びた私の◎ビーチサンバ」
    びぜんや「上位2頭より前でレースしていたはずが、直線では2頭を追いかける形に。結果的にちぐはぐな競馬になってしまってもったいなかったね」
    月見亭「キミの◎タニノミッションは中団から内で脚を伸ばしたものの7着どまり」
    びぜんや「道中は折り合いを欠いたし、直線では窮屈な競馬になってしまい、伸びてきたときには時すでに遅し、だった。経験の浅さ、引き出しの少なさがもろに出てしまった」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(○△◎)で馬連&三連単が的中。馬券の方はビーチサンバの複勝と三連複が当たったけれどもわずかに獲って損」
    びぜんや「僕は(▲○×)で馬連的中、馬券は枠連が当たったけれどもこちらも微妙に獲って損。まあ、当たっただけよしとするか」
    月見亭「さて、来週も引き続き阪神で2歳G機B膸屬鯤く少年たちが覇を競う朝日杯フューチュリティS」


    阪神ジュベナイルフィリーズ予想 by月見亭

    0

      初めて、沙田神社へ行ってきました。

      お賽銭箱に付いていた家紋が似ていて、

      神社の「沙」という字が気になっていたので、行ってきて良かったです。

       

      私のビーチサンバです。

       

      残りはこんな感じです。

       

      〇 ダノンファンタジー

      ▲ シェーングランツ

      △ クロノジェネシス

      × タニノミッション

      × スタークォーツ

       

       

       


      香港国際競走予想 byびぜんや

      0

        ■香港ヴァーズ予想
        ◎3 サルウィン/凱旋門賞で不利ありながら6着。先行できれば勝機あり。
        ○1 ヴァルトガイスト/フォワ賞が圧巻の競馬。ここでは素質上位。
        ▲11 クロコスミア/好枠引いた。鞍上も内枠得意で一発期待。
        △13 ラトローブ/伸び盛りの3歳馬。距離延長は歓迎。
        ×10 リスグラシュー/前走で惜敗続きにピリオド。連勝狙う。
        ×14 プリンスオブアラン/メルボルンC3着の長距離砲。


        ■香港スプリント予想
        ◎5 ホットキングプローン/スプリントで快進撃続ける。マジックマンの手綱も心強い。
        ○2 ミスタースタニング/昨年の覇者。ふたつ叩いてここ照準。
        ▲3 ディービーピン/前走は休み明けで度外視。昨年の2着馬が前進見込め。
        △6 ファインニードル/春よりさらに力つけた。好走の期待十分。
        ×4 ビートザクロック/差し脚堅実。流れひとつで突き抜ける。


        ■香港マイル予想
        ◎1 ビューティージェネレーション/連勝街道を驀進する香港最強馬。逆らえない。
        ○14 ヴィブロス/全姉ヴィルシーナはマイルG毅穫対。距離短縮合いそう。
        ▲2 ペルシアンナイト/右回りでは崩れていない。ここでも。
        △4 モズアスコット/前走は不利に泣いた。安田記念の末脚再び。
        ×13 ワンマスター/英国からの刺客。スピード生かしたい。
        ×10 インズオブコート/ここも末の一手。マイルも守備範囲。


        ■香港カップ予想
        ◎9 ディアドラ/ドバイターフ3着、近2走は圧巻。戴冠の期待たっぷり。
        ○2 タイムワープ/単騎逃げ見込める相手関係。展開利見込む。
        ▲1 サングレーザー/マイルの素質馬が中距離で結果出した。ここも楽しみ。
        △8 グロリアスフォーエバー/前走は流れ不向き。少頭数でゆったり運べれば。
        ×7 ステファノス/当地実績豊富なヴェテラン。毎日王冠で健在証明。


        阪神ジュベナイルフィリーズ予想 byびぜんや

        0

          今から12年前、2006年の仁川。
          この週から外回りコースが新設され、生まれ変わった阪神競馬場最初のG気箸覆辰燭里、阪神ジュベナイルフィリーズでした。
          阪神マイルの名物だった外枠不利が解消されるということで、これは一度見てみなくてはと週刊萌馬の2名も現地に向かったわけですが、そこで目撃したのは、単勝1.6倍の絶対的本命、重賞2勝のアストンマーチャンが勝ちパターンに持ち込んだところを豪快に差し切ったウオッカの末脚でした。
          後続を3馬身半突き放していたアストンマーチャンを上がり34.2秒の末脚で差し切ったウオッカの末脚に沸いた歓声と動揺は今でもありありと思い出されます。
          今思えばあれは歴史的名牝がスターダムに躍り出た瞬間を目撃したのみならず、牝馬の時代が高らかなベルとともに幕を開けた歴史的瞬間に立ち会っていたのかもしれません。

           

          ということで阪神ジュベナイルフィリーズの◎はもちろん、タニノミッション


          岩手競馬・ディセンバーC&ダービーグランプリ予想 byびぜんや

          0

            中央が阪神と中山のふたつ。
            岩手は日月のふたつ。
            加えて香港が4つ。
            今週は計8レースの予想をお届けします。
            質より量だった、という結果になりませんように。


            ◇ディセンバーC予想
            (水沢1900m/B2)
            ◎3 サンエイダイヤ/前走は距離延長で新境地。展開も向きそうで。
            ○1 アイリスロード/6連勝の勢い際立つ。距離延長にも自信。
            ▲2 パッションノン/転入初戦に大差勝ち。ハナを取れれば。
            △7 ヤマノミラクル/重巧者。この時季の水沢は合いそう。


            ◇ダービーグランプリ予想
            (水沢2000m/M1)
            ◎9 チャイヤプーン/戸塚記念も制した岩手のエース。ここは負けられない。
            ○1 コーナスフロリダ/兵庫と金沢のダービー制したダービーハンターが襲来。
            ▲7 クリノヒビキ/実績は引け取らない。スムースに立ち回れれば。
            △3 コスモキリュウ/距離延長がプラスに出そう。先行策から粘り込む。


            ■ おまけ ■ カペラS予想
            ◎13 オウケンビリーヴ/充実期迎えた。ベストの距離で一発ある。
            ○2 コパノキッキング/差しが板についてきた印象。まだ底を見せていない魅力がある。
            ▲1 キタサンミカヅキ/実績はここに入っても断然。58キロでも。
            △9 ネロ/引退レースでも衰え知らず。芝スタートも合いそうで、自ら花道を飾る。
            ×8 ハットラブ/中山千二はベストの舞台。展開も向きそうで。
            ×6 オールドベイリー/破竹の勢いで重賞挑戦。楽しみ。


            阪神ジュベナイルフィリーズ 先取り展望

            0

              チャンピオンズC 実際の買い目
              【月見亭】ワイド流し 5−7,9 三連複軸2頭流し 7,9−総流し
              【びぜんや】単勝 15 複勝 15 馬連ボックス 2,8,9,15 馬連流し 2−5,7,11,14 三連複軸2頭流し 2,15−5,7,8,9,11,14


              月見亭「並み居る古馬を後ろに従え、威風堂々チャンピオンを襲名!」
              びぜんや「チャンピオンズCを勝ったのは僕の◎ルヴァンスレーヴ。スタートを決めて好位追走、直線までじっくり脚を溜めて一気に抜け出した」
              月見亭「まさに横綱相撲。マークして抜けるものなら抜いてみろとばかりの、先週のアーモンドアイのレースを焼き直したようなレースぶりだったね」
              びぜんや「内に包まれるのは避けたいところだったし、スタートが決まった後ポジションを下げなかったのは好判断だったね。このへんはさすが百戦錬磨の騎手」
              月見亭「3歳でこのレースを勝つのはJCダート時代のアロンダイト以来で、早くもG毅款〔棔これは末恐ろしい存在ね」
              びぜんや「アロンダイトの時代と違って、今は海外が視野に入る。やがてはドバイか、あるいはブリーダーズCか。血統的には芝挑戦もあり得るんじゃないかな」
              月見亭「2着は最後方から馬群を割ってウェスタールンドが突っ込んだ」
              びぜんや「こちらはシリウスSの焼き直しのような競馬で、思い切りいい競馬がハマったね。外を回しては届かない展開で、内を捌いたのも巧い」
              月見亭「3着にサンライズソアが入った」
              びぜんや「逃げられなかったのは誤算だが、中団で脚を溜めてよく伸びた。成長の跡を示した3着といえそうだ」
              月見亭「私の◎サンライズノヴァは後方待機から直線に賭けたものの不発、6着」
              びぜんや「後ろから行った組で上位に来たのはロスなく完璧に立ち回ったウェスタールンドだけ。外を回していては届かないレースだったね」
              月見亭「というわけで今週の結果。私は(△−○)でハズレ、馬券もハズレ」
              びぜんや「僕は(◎−▲)で単勝的中。しかし馬券の方はゴール目前でウェスタールンドに突っ込んでこられて、馬連が紙屑と化したよ」
              月見亭「さあ、さっさと来週に目を向けよう。いよいよ2歳G気離掘璽坤鵑開幕」
              びぜんや「まずは仁川を舞台に少女の競演、阪神ジュベナイルフィリーズだ」


              チャンピオンズC予想 by月見亭

              0

                時間がないので、前フリ無しで。

                 

                私のサンライズノヴァです。

                 

                残りはこんな感じです。

                 

                〇 サンライズソア

                ▲ ノンコノユメ

                △ ルヴァンスレーヴ

                × ケイティブレイブ

                × パヴェル

                 


                チャンピオンズC予想 byびぜんや

                0

                    

                  土曜の中央競馬が終わってから、隣の安曇野市までクルマを走らせ、国営アルプスあづみの公園のウインターイルミネーションを見てきました。
                  棚田を模したような段々の池を巡る、ネオ池泉回遊式といった趣の遊歩道がメインの公園なんですが、そこを無数のLEDでライトアップ。観光サイトで「イルミネーション 長野県ナンバーワン」などと紹介されるのも納得の煌びやかさ、スケール感でした。

                   

                  ◎はルヴァンスレーヴ


                  岩手競馬・錦秋湖賞予想

                  0

                    (水沢1800m・C1)

                     

                    準メインにオープン特別が組まれていますが、メインレースはこちらのCクラスということなのでこちらを予想します。


                    さて、1日からは、大晦日に行われる岩手競馬のグランプリ・桐花賞のファン投票が始まりました。
                    賞品が前沢牛! 海宝漬! チーズケーキ! と、中央競馬と違って実用一辺倒ですが、これはこれで当たると嬉しいものばかり。ぜひご投票ください。

                     

                    ◎10 オテンバキッズ/初ダートの前走で結果出した。距離延長は歓迎。
                    ○3 グランフルール/ひまわり賞2着の実力者。距離に不安ないのは大きい。
                    ▲2 タイセイターゲット/ウイナーC3着の実績馬。右回りこなせば。
                    △4 マイネルアンドゥミ/コース替わりはプラス。脚抜きのいい馬場になれば。
                    ×7 マイネルスカイ/ダート2戦目で前進ないか。


                    チャンピオンズC 先取り展望

                    0

                      ジャパンC 実際の買い目
                      【月見亭】ワイドボックス 3,6,12 三連複軸2頭流し 1,3−総流し
                      【びぜんや】単勝 6,9 馬連流し 9−1,3,6,8,13 ワイド 1−6 三連複軸2頭流し 1,9−3,6,8,13


                      月見亭「震撼! 2.20.6!」
                      びぜんや「ジャパンCはアーモンドアイが制し、G毅艦⊂ 先団追走から直線入り口で早くも2番手に進出、粘るキセキをかわし、2分20秒6のスーパーレコードでゴールした」
                      月見亭「最内に入ったアーモンドアイがどうやって外に持ち出し、後方に追い上げるのかと思っていたら、なんと正攻法の競馬。これでは後続は手が出ない……」
                      びぜんや「デビュー6戦でいちばん競馬らしい競馬をしてたかな。予想でも書いたけれど、後方に置いてかれるマイルよりこのくらいの距離の方がレースをしやすいのかもしれないね。ロードカナロア産駒だから短距離馬と決めつけるのは危険だということだ」
                      月見亭「それにしても従来のレコードを1秒半も縮めるとは、もう形容する言葉が見つからない3歳牝馬だね」
                      びぜんや「今日は馬場が速かったから2分21秒台には入るかもと思ってはいたが、そこをスキップしちゃうんだからね。そのレコードを3歳牝馬が樹立するとはすごい時代になったものだ」
                      月見亭「こうなると、古馬になっての楽しみも大きい」
                      びぜんや「あらかた3歳のうちにやることやっちゃった感もあるけどね。まぁ思いつくのはドバイか凱旋門賞か。牝馬で春天制覇ってのを見てみたい気がするけど、まぁそれはないだろうな」
                      月見亭「2着は逃げたキセキが粘った」
                      びぜんや「各馬がばらばらと入線し、1着から14着までのタイム差が4秒6という消耗戦。普通なら澱みないペースでラップを刻み、卓越したスピードとスタミナを武器に2分20秒9で逃げたこの馬が勝っているレースなんだが……ジャパンC38年の歴史の中で誰も見たことがないような怪物がいて、キセキの前に立ち塞がった。相手が悪かった」
                      月見亭「3着はスワーヴリチャード。アーモンドアイをマークする位置でレースを進めたけれど、直線では脚が上がった」
                      びぜんや「そもそもアーモンドアイに先行された時点でレースプランは崩壊。きわどく複勝圏は確保して面目は保ったかもしれないが、勝ち負けには参加していない3着では評価できないね」
                      月見亭「キミの◎シュヴァルグランはそこから遅れて4着」
                      びぜんや「一瞬いい手応えで伸びるかにも見えたけれど、そこからがじりじり。時計面でここが限界だったか」
                      月見亭「私の◎サトノダイヤモンドは中団から流れ込んで6着」
                      びぜんや「時計はともかく、展開的には向いたと思ったんだけれど。前走の反動があったのかなぁ」
                      月見亭「というわけで今週の結果。私は(○−△)でハズレ、馬券もハズレ」
                      びぜんや「僕は(○△−)で馬連的中、馬券もハズレでした」
                      月見亭「まぁ、やっぱアーモンドアイに逆らっちゃいけなかった、ってことだわね」
                      びぜんや「それを学習しないのが『週刊萌馬』なんだけどね」
                      月見亭「さて、いよいよ師走。大当たりがさっぱりないままに2018年のラスト開催」
                      びぜんや「中京競馬場でチャンピオンズCだ」

                      続きを読む >>

                      | 1/261PAGES | >>