calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

札幌記念予想 by月見亭

0

    九日間のお盆休みももう終わりです。

    三日間は実家に、一日は富山に、昨日は花火大会にと、

    たっぷり遊んだような、のんびりしていたような感じです。

    出不精なので、こんなに出掛けるとは思っていませんでしたが、

    これだけ休みがあれば、「ずっと家に」というわけにもいきませんね。

     

    私のワグネリアンです。

     

    残りはこんな感じです。

     

    〇 ペルシアンナイト

    ▲ ランフォザローゼス

    △ フィエールマン

    × サングレーザー

    × ステイフーリッシュ

     


    札幌記念予想 byびぜんや

    0

      「週刊萌馬」夏の予想バトルもここから後半戦。
      ここまでの予想成績はどうだったかと言いますと、私の◎は【1,0,1,5】と信用するには足りない成績。月見亭の◎に至っては【0,0,0,7】という体たらくになっています。
      一方月見亭の▲は【5,0,1,1】で目下3連勝中という抜群の安定感を誇り、私の○も【2,1,3,2】とまずまず。
      このブログを予想の参考にされる方は、月見亭の◎と▲、私の○にご注目ください(汗)。

       

      ◎10 サングレーザー
      昨年のこのレースでは中団待機から馬群を縫うように進出、マカヒキ、モズカッチャンとの接戦を制しました。
      続く天皇賞・秋で2着、香港Cで4着と健闘。かつての短距離馬というイメージは完全に払しょくされています。
      今年は大阪杯こそ12着と崩れたものの、安田記念では0.2秒差5着に健闘。勢力を維持して連覇を目指します。
      札幌は1800m、1500m、2000mと距離を変えつつ3戦3勝というベストの舞台。昨年以上に凄みを増したディフェンディングチャンピオンが、若き挑戦者を退けます。


      ○6 ランフォザローゼス
      葉牡丹賞ではレコード決着の2着に好走し、重賞初挑戦となった京成杯ではラストドラフトに押し切られたものの2着を確保。続く青葉賞ではまんまと逃げ切りを図ったリオンリオンにハナ差まで迫り2着、そして前走・日本ダービーでは7着に敗れたものの3着以下とは差のないレースをしていて、世代トップレベルの力量の持ち主であることを示しています。
      鋭い決め手があるタイプではなく、小回りでコーナー4つという条件は合っていますし、洋芝も合いそう。2400mは少し長すぎた印象がありますから、2000mに戻るのもプラス材料でしょう。


      ▲9 フィエールマン
      デビューから大事に使われこれが7戦目と言う温室育ち。しかし6戦4勝のキャリアの中に菊花賞と天皇賞・春、ふたつのG犠〕が含まれているという大器です。
      特に前走・天皇賞・春はマッチレースでグローリーヴェイズを捩じ伏せ、3着以下は大きく引き離す好内容。ポテンシャルの高さは当代随一と言っても過言ではないでしょう。
      ここまでに敗戦を喫した2戦はラジオNIKKEI賞2着とアメリカJCCの2着。大一番には強いけれど、小回りでの前哨戦ではライヴァルに足元をすくわれる……という構図が見えて取れ、凱旋門賞を先に見据え、しかも小回りでどうなのかという不安がありますが、それでも連は外していませんでしたから、ここでも大崩れはないと見ます。


      △12 ワグネリアン
      前走・大阪杯では中団追走から内を衝いたものの、先行して巧く立ち回ったアルアイン、キセキに先着を許し3着。それでも最後の追い上げは急で、ダービー馬の意地は示しました。
      今回も小回りだけに過度の信用は禁物とは思いますが、ゴール前で不利を受けた皐月賞以外では大きく崩れていませんし、今年はまだ1戦しかしておらずフレッシュな状態で臨めるのは買い材料。秋に向けてどんなレースをするか、注目の復帰戦です。


      ×は函館記念では展開に泣いた3 ステイフーリッシュと、前走は酷量で度外視・1 ブラストワンピースを指名します。


      買い目は◎からシルシの各馬への馬連流し、○▲のタテ目も抑えた計6点。


      岩手競馬・ダイヤモンドC予想 byびぜんや

      0

        (水沢1600m/M1)


        先日、北アルプスを越え、富山県の「海王丸パーク」に行ってきました。
        酷暑の中で大変でしたが、歴史ある帆船に乗ることが出来て楽しめました。「あ、この装置子供のころ船の図鑑で読んだことある!」なんて年甲斐もなくわくわくしてしまいましたよ。
        雨晴海岸から見た夕暮れの富山湾も印象深かったですね〜。台風が接近しているというにもかかわらず、海面はあくまでも穏やかで、心洗われる思いでした。


        ◎9 パンプキンズ/実績断然。大外枠を克服すれば。
        ○6 ヤマトタケル/転入後まだ底を見せていない。どこまで通用するか。
        ▲2 ニシノヴォーカル/展開は向きそう。直線に賭けてどこまで。
        △7 ヒノキブタイ/破竹の勢いでここへ。同型との兼ね合いが鍵。


        ■ おまけ ■ 北九州記念予想
        ◎13 モズスーパーフレア/非凡な速力誇る。リフレッシュなって復活。
        ○5 ディアンドル/この距離で5連勝の逸材。古馬相手にどこまで。
        ▲18 ミラアイトーン/電撃戦では無敗。小倉も得意で一気の重賞制覇も。
        △9 キングハート/前走は復活の兆し見せた。発馬決めて流れに乗れれば。
        ×3 アレスバローズ/夏男が調子を上げてきた。良馬場でさらに前進。
        ×11 アンヴァル/平坦コースなら粘り生きる。ひと叩きしてさらに前進。


        札幌記念 先取り展望

        0

          関屋記念 実際の買い目
          【月見亭】複勝 4,10 ワイド 4−10 三連複軸2頭流し 4,10−総流し
          【びぜんや】単勝 5,7,16 複勝 7,16 馬連フォーメーション 5,16−3,4,5,6,7,10,11,13,14,16 ワイド 7−16


          月見亭「灼熱の空気を突っ切って、高らかに鳴らした栄光のマーチ!」
          びぜんや「関屋記念はミッキーグローリーが快勝。道中は後方で脚を溜め、直線馬場の真ん中を驀進。最後は併せ馬で抜け出したミエノサクシードとソーグリッタリングをまとめて料理した」
          月見亭「1番人気に応え、ここでは力の違いを示した形。休み明けでも切れ味に陰りはなかったわね」
          びぜんや「これで秋の大舞台に視界が開けたか。相手が手頃だった、展開が向いたという注釈は必要だけれど、ここで負けてたらG輝勝垢聾世┐覆い箸海蹐世辰燭らね」
          月見亭「2着は中団から伸びたミエノサクシード」
          びぜんや「京都金杯3着から長く好調を持続している……というよりはやっぱり力をつけているんだろうな。先行争いの後ろにつけ、前が止まったところで抜け出す理想的なレースだったが、勝ち馬に力でねじ伏せられた」
          月見亭「3着は好位からソーグリッタリングが粘った」
          びぜんや「前が止まる展開と57キロの斤量を考えれば、勝ちに等しい3着だろう。ここまで来たら勝ちたいところではあっただろうけど」
          月見亭「キミの◎サラキアは流れ込んで5着」
          びぜんや「直線は中途半端に伸びただけだったね。残り2ハロンのところで瞬発力を求められ、ラスト1ハロンでは持続力を求められるレース。瞬発力だけでは対応できなかった」
          月見亭「私の◎オールフォーラヴは好位から後退、10着」
          びぜんや「積極的な競馬をしたけれど、結果的には逃げ馬を捕まえに行くところで脚を使っちゃったなぁ。+12キロの馬体重も微妙に影響したか」
          月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−△)でハズレ、馬券もハズレ」
          びぜんや「僕は(×−−)でハズレ、馬券も木端微塵だ」
          月見亭「さて来週は夏競馬のクライマックス、札幌記念でスーパーG胸ニ攀念!」


          関屋記念予想 by月見亭

          0

            お盆前半は別行動。

            私は実家に帰ります。

            一人なのでのんびり準備をしていたら、母から電話が来て、

            「まだ出てないの!?」と言われました。

            昨日、電話で「着くのお昼くらい」言うたやんorz

            (実家まで一時間くらい)

             

            私のオールフォーラヴです。

             

            残りはこんな感じです。

             

            〇 ロシュフォール

            ▲ ミッキーグローリー

            △ ソーグリッタリング

            × サラキア

            × フローレスマジック


            関屋記念予想 byびぜんや

            0

              ディープインパクトに続き、今度はキングカメハメハの訃報が飛び込んできました。
              以前から体調不良が伝えられていただけに、ディープの時ほどの驚きはありませんが、私が競馬にハマるきっかけとなったコスモバルクと同世代のエース格でしたから、その早世は実に残念に思われます。

               

              種牡馬としてはSS牝馬との交配でさまざまなスターを輩出し、ディープインパクトとの二枚看板で日本の馬産を牽引してきましたが、この2頭のリタイアで日本の競馬は否応なくあたらしいステージに進むことになるのでしょう。
              長きにわたる功労に敬意を表し、その冥福を祈りたいと思います。合掌。

               

              ◎5 サラキア
              前走・エプソムCでは課題のスタートを決めると、押し出され式にハナに立たされる展開となりましたが、あわてず騒がずペースを落としてレースを先導。最後は32.7秒の上がりを使ったレイエンダの切れ味に屈しましたが、自身も33.0秒の上がりを使って2位に好走、レースセンスの高さを示しました。
              3歳時にはローズS2着→秋華賞4着という好走歴もあり、強力と言われる4歳世代の一翼を担っていた実力者。前走の好走も意外とは言えません。
              マイルへの距離短縮は問題ありませんし、速い上がりを要求される新潟外回りへのコース替わりは歓迎。
              ここは重賞初勝利のチャンス到来と見ていいでしょう。


              ○16 サンマルティン
              一昨年の小倉記念で2着に入り、昨年の都大路Sでは豪快な直線一気を決めて、エアアンセムやグァンチャーレを退けて見せた実力者。時計の出やすい芝、速い上がりを要求される馬場で持ち味が生きるタイプですから、新潟外回りはベストの条件と言えます。
              気性面に課題のある馬ですから、先週レパードSを勝ったハヤヤッコ同様の新潟滞在はプラスに出そうですし、マイルへの距離短縮も吉と出そう。さらに今回は片側にブリンカーも着用してきましたから、前走6着からの大変身が期待できます。


              ▲3 ケイデンスコール
              昨年の新潟2歳Sの勝ち馬です。
              しかしその後が案外で、朝日杯フューチュリティSでは13着に大敗し、今年の始動戦となった毎日杯では4着と物足りない成績が続いていました。が。
              14番人気に評価を落とした前走・NHKマイルCでは、後方待機から抜群の伸びを見せて2着に激走。久しぶりの左回りで水を得たような復活劇を見せ、左回りでは【2,2,0,0】のパーフェクト連対としてみせました。
              となれば引き続き左回り、しかも2戦2勝の新潟マイルになる今回は期待値絶大。中京記念で同期生がワン・ツーフィニッシュを決めたことを考えれば、ここで古馬に後れを取るわけにはいきません。


              △11 リライアブルエース
              中京記念を除外されて向かった前走・福島テレビOPでは外からの豪快な差し切り勝ちをマーク。京王杯SC6着、安土城S3着、米子S2着の惜敗続きにピリオドを打ち、勝利の美酒を久々に味わいました。
              マイルへの距離短縮はもちろん問題なし。新潟には良績がありませんが、もともと左回りは苦にしていませんし、今年の臨戦過程は6着だった昨年より上ですから、苦手克服の可能性は十分にあると見ます。


              ×は休み明けでも侮れない実績馬・13 ミッキーグローリーと、前走の敗因は馬場、巻き返しを狙う7 ロードクエストを指名します。


              買い目は◎○からシルシの各馬への馬連フォーメーション9点。


              岩手競馬・クラスターC予想 byびぜんや

              0

                クラスターCは月曜の盛岡メインですが、明日はコミケのために東京へ行き、そのまま火曜日まで帰って来ない予定なので、土曜夜のうちに予想を公開します。
                「先取り展望」は火曜日に更新予定です。


                ◎12 ラブバレット
                15年3着、16年3着、17年2着、18年2着。毎年このレースで上位争いを演じ、昨年の北海道スプリントCでもあわやのシーンを作って見せた岩手のエースが、悲願のタイトル奪取に向け今年も帰ってきました。
                今年は諸般の事情があって一時期中央入り。5戦して大和Sの6着が最高と結果は残せませんでしたが、中央の猛者とぶつかった経験は確実に力となっているはずです。
                岩手復帰後は栗駒賞、岩鷲賞と完勝を収め、力に陰りのないことを誇示。今年は骨っぽい相手が揃いましたが、地元の期待を背負う者として、ライヴァルの後塵を拝するわけにはいきません。


                ○9 コパノキッキング
                カペラSでは豪快な末脚でライヴァルをごぼう抜きにし、続く根岸Sでは抜群の切れ味を見せて勝ったダートスプリント界の第一人者です。
                フェブラリーSは距離を考えれば健闘と言える5着。6ハロン戦に戻った前走・東京スプリントではキタサンミカヅキに不覚を取ったものの最速上がりをマークして2着に入り、地方の深い砂にも対応して見せました。
                当然ここも首位争いが有望。手綱を取るのは追い込みあるいは逃げと言った思い切りのいい戦法が得意な藤田騎手ですから、300mの直線を誇る盛岡は合いそうです。


                ▲5 ノボバカラ
                一昨年の南部杯ではコパノリッキー相手に果敢に逃げを打ち、2着に逃げ粘って小波乱を演出した実力者。その後は一時芝に挑戦したりしつつ、12戦続けて連に絡めていませんでしたが、前々走・栗東Sで2年半ぶりの勝利をマークして高らかに復活。
                続く前走・北海道スプリントCでも57キロを背負いながら、軽量馬相手に3着に健闘して見せました。
                今回は1キロでも斤量が軽くなるのはプラス要素ですし、盛岡はG毅加紊里△訌蠕のいいコース。
                かつてはダノンレジェンドとも接戦を演じたことのある古兵が、夏草の盛岡で復活の鬨の声を上げます。


                △10 ヤマニンアンプリメ
                前走・北海道スプリントCでは好位追走から直線で抜け出し、後方から伸びてきた道営の伏兵・メイショウアイアン以下を退けてV。そこまで黒船賞2着、かきつばた記念2着と交流重賞で惜しいレースを続けていましたが、距離短縮と岩田康誠騎手の手綱を味方に悲願を達成して見せました。
                今回も引き続き1200m戦で、引き続き岩田康騎手が鞍上ですから、連勝の期待は十分。
                ここで慣れない左回りを克服できれば、浦和で行われるJBCスプリントがくっきりと視界に入ってきます。


                ×は北から挑む一昨年の覇者・2 ブルドッグボスと、逃げ脚が黄金郷いわてで光る6 ヒロシゲゴールドを指名します。


                買い目は◎の単勝と、◎からの馬複流し5点。


                ■ おまけ ■ エルムS予想
                ◎12 グリム/実績は断然、激流も歓迎。
                ○4 モズアトラクション/激流必至のメンバー構成で豪快な差し切りを。
                ▲14 リアンヴェリテ/逃げなくてもレースは出来る。連勝の勢いに期待。
                △1 マルターズアポジー/好枠引いた。ダートも合いそうで。
                ×13 ハイランドピーク/ここ照準に調子を上げてきた昨年の覇者。
                ×2 テーオーエナジー/このレース得意な鞍上。立ち回りひとつで。


                関屋記念 先取り展望

                0

                  小倉記念 実際の買い目
                  【月見亭】三連複軸2頭流し 2,5−総流し
                  【びぜんや】単勝 3 馬連流し 3−2,4,5,7,8 8−4,7 三連複軸2頭流し 3,8−2,4,5,7


                  月見亭「真夏の小倉を吹き抜けた、衰え知らずの氷の旋風!」
                  びぜんや「小倉記念を勝ったのは1番人気のメールドグラース。道中は中団後方で脚を溜め、勝負どころでまくり気味に進出、外から力でねじ伏せた」
                  月見亭「これで5連勝、重賞は3連勝。トップハンデも克服して、地力強化を示したわね」
                  びぜんや「戦ってきた相手が相手だから、これで即G気箸泙任聾世┐覆い韻譴鼻⊂紊離ラスでどこまでやれるのか見てみたくなる結果ではあったね」
                  月見亭「2着は追い込みに賭けたカデナが突っ込んだ」
                  びぜんや「小回りでの追い込みが板について、弥生賞馬が復活してきたね。もっとも小回りで直線一気は簡単ではない。今回も勝ち馬にクビ差迫るのが精いっぱいだった」
                  月見亭「3着はノーブルマーズが2番手から粘り込み」
                  びぜんや「宝塚記念3着の実力者。最後はタニノフランケルを差し返して、地力のある所を見せたが後ろから飛んできた2頭には抵抗できなかった」
                  月見亭「キミの◎タニノフランケルはそこからハナ差後れて4着」
                  びぜんや「行き脚がつかず、ストロングタイタンの作る緩いペースに付き合わされてしまった。やりたいレースが出来ず、最後は力尽きた」
                  月見亭「私の◎アイスバブルは見せ場なく7着に敗退」
                  びぜんや「4ハロン目に12.9秒までペースが落ち、そこから12.0、11.5とピッチが上がっていく乱ペース。馬群の中にいては対応できなかったか。結果的に中途半端なレースになってしまった」
                  月見亭「というわけで今週の結果。私は(▲−×)でハズレ、馬券も同じく。レパードSなら◎ハヤヤッコで当たっていたのになぁ」
                  びぜんや「僕は(○−−)でハズレ。後方待機組でカデナとアウトライアーズを迷ったんだが、欲をかいてアウトの方にシルシを打ってしまった」
                  月見亭「さて来週は新潟で関屋記念、札幌ではエルムS」
                  びぜんや「ここは関屋記念を見てみよう」


                  小倉記念予想 by月見亭

                  0

                    時間がないので、前フリ無しで。

                     

                    私のアイスバブルです。

                     

                    残りはこんな感じです。

                     

                    〇 アイスストーム

                    ▲ メールドグラース

                    △ タニノフランケル

                    × ノーブルマーズ

                    × レトロロック


                    小倉記念予想 byびぜんや

                    0

                      今週飛び込んできた、ディープインパクトの訃報には驚きました。
                      競走馬として不滅の実績を残し、種牡馬として絶頂期にあった中での急逝はただただ残念でなりません。

                      「週刊萌馬」にとっては、ブログ開設期のスーパースター。何度も◎を打ちましたし、また何度もこの怪物に逆らっても来ましたが、◎を打てばわけのわからない穴馬を連れてくるし、もちろんライヴァルに◎を打てばあっさり粉砕されるしで、競馬予想の難しさを教えられたような気がします。


                      「空を飛ぶ」と称された馬は、地上での役割を終え、還るべき天に旅立ちました。
                      その活躍に敬意を表し、そのご冥福をお祈りいたします。合掌。


                      ◎3 タニノフランケル
                      1番人気に推された小倉大賞典では、逃げ馬に手を焼き3コーナーから鞭が入る厳しい展開になり、しかも道中では落鉄もありながら、最後は勝ち馬を差し返そうかという粘りを見せてタイム差なしの2着。先行してのしぶとさを印象に残しました。
                      その後は凡走が続いていますが、前走・七夕賞では前崩れの流れに呑み込まれながらも一瞬見せ場を作っての6着。復調気配は示しています。
                      今回はこれといった逃げ馬が不在で手頃な頭数ですから展開が向きそうですし、行く気になれば行ける好枠。昨年の西部スポニチ杯を逃げ切るなど得意の小倉へのコース替わりは明らかにプラス要素ですから、良血馬の反撃なると見て◎に指名します。


                      ○8 メールドグラース
                      デビューから6戦目、昨年の小倉で勝ち上がった苦労人。
                      3歳だった昨年はそれを含め小倉で2勝を挙げただけの目立たない条件馬でしたが、古馬になって一変。
                      年明け京都の1000万条件を勝つと、続く尼崎S、重賞初挑戦となった新潟大賞典、好メンバーの揃った鳴尾記念と破竹の4連勝をマーク。一気に中距離重賞の常連にのし上がってきました。
                      今回は57.5キロのトップハンデが課題とはなりますが相手はその分手頃ですし、小倉は2戦2勝と好相性のコース。間隔を開けたほうがいいタイプなので、2か月ぶりのレースとなるのもプラス要素です。
                      最強世代の遅れてきた大物が、得意舞台でどんな走りを見せるのか。結果次第では秋のビッグタイトルが視野に入ってきます。


                      ▲7 レトロロック
                      北九州と言えば、門司港レトロで知られる街。と来れば、この馬の出番でしょう。
                      5年前の夏にこの地でデビュー勝ちを収めたのを皮切りに、唐戸特別、関門橋S、小倉日経OPと、当地で4勝をマークしている小倉巧者です。
                      前走・小倉大賞典では8着に敗れてはいますが、前残りの流れの中、長くいい脚を使って0.5秒差まで詰めていたもので着順ほど内容は悪くありませんでした。
                      今回はそれ以来の休み明けとはなりますが、もともと鉄砲は得意とするタイプで問題はありません。
                      ディープインパクトと同じ勝負服のディープインパクト産駒が、父への弔い星を捧げます。


                      △4 アウトライアーズ
                      2月の関門橋Sでは立ち遅れて後方からの競馬となったものの、向正面からのロングスパートを敢行して失地を挽回、オープン入りを決めました。
                      昇級初戦となった福島民報杯でもクラスに目処を立てる4着。小回りコースでスタミナを生かす競馬が板についています。
                      コーナーふたつの新潟大賞典では14着に大敗したものの、前走・七夕賞では5着に入って掲示板を確保。出遅れ癖も解消されつつあり、コーナー4つのコースならきっかけひとつで馬券に突っ込んできそうな魅力があります。
                      今回は前走のように流れが速くなることはなさそうですし、頭数は手頃。必殺のロングスパートが決まる条件は整っており、波乱を呼ぶシーンもありそうです。


                      ×は近走充実の2頭、2 アイスバブルと、5 アイスストームを抑えます。


                      買い目は◎の単勝と、◎からの馬連流し5点。


                      | 1/274PAGES | >>