calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

関屋記念予想 byびぜんや

0

    平日のお休み。
    どこかに出かける用事もなく、見たいテレビもなく、半ば惰性でグリーンチャンネルをつけたら、「栄光の名馬たち カンパニー」をやっていました。
    私たちが大阪に住んでいる頃にデビューし、東京に住んでいる頃にG気脳絨盟茲い魃蕕検△修靴鴇硝椶鳳曚靴討ると同時にG気鯱⊂,掘華々しくターフを去った馬。
    活躍期間が長い分、思い入れのある馬との共演も多く、時のたつのを忘れて見入ってしまいました。
    同時に「週刊萌馬」のバックナンバーを見て、当時の自分の予想を見ながらため息ついたり苦笑したり。ラストランのマイルCSでカンパニーにしっかり回答◎を打っていたことなど、すっかり忘れていました。
    もちろん2着の人気薄、マイネルファルケにはシルシを打っていなかったんですけどね。

     

    ◎1 プリモシーン
    3走前の東京新聞杯では、中団追走から直線で馬場の真ん中に持ち出され、坂の頂上でエンジンに点火。内で粘る各馬をきっちり差し切って重賞3勝目をマークしました。実質トップハンデと言える56キロの斤量を背負ってのパフォーマンスだけに価値があります。
    一昨年の関屋記念を制し、昨年はヴィクトリアマイルでクビ差2着、中京記念で実質トップハンデを課されながらハナ+クビ差の3着。左回りのマイル戦では高いパフォーマンスを示し続けています。
    となればここでも好勝負は必至。鉄砲は利くタイプですし、前々走・ダービー卿チャレンジトロフィー5着は小回りで外々を回らされるコース取りの不利、前走・ヴィクトリアマイル8着は出遅れた上にごちゃつくところに入った不利で度外視可能。ベスト条件の今回こそは、その底力を見せつけてくれるはずです。

     

    ○16 グルーヴィット
    昨年の中京記念で、芝初勝利を重賞でマークするという離れ業を演じた素質馬。
    その後はダートに戻ったり、高松宮記念に挑戦したり(6着に好走)、迷走気味になっていたところもありましたが、前走・京王杯スプリングCで見せ場を作り3着に好走。素質の確かさを示しました。
    左回りの短距離が合い、1600mも守備範囲なのは過去の実績が示すところ。力の要る馬場やダートで結果を残してきたタイプだけにパンパンの良馬場ではスピード負けする懸念がありますが、先週雨の中で開催されたことで馬場が荒れ、さらに土曜から日曜にかけても雨が降る予報。
    力の要る馬場になっていれば、この馬の出番です。

    ▲18 トロワゼトワル
    2歳夏の中京でデビュー戦を制し、3歳夏には札幌で500万条件を快勝。昨夏は豊明Sを勝ってオープン入りを決めると、勢いに乗って臨んだ京成杯オータムハンデで圧巻のレコード勝ち。全5勝中4勝を夏に挙げている夏女です。
    前々走・ヴィクトリアマイルではアーモンドアイらを向こうに回して気風のいい逃げを披露。最後まで見せ場を作り、2着馬からは0.1秒差の4着に入っていましたから、地力が強化されているのは明らかです。
    今回大外枠を引いたのは痛恨事ですが、望めば単騎逃げの叶う相手関係。むしろ内の各馬の出方を見ながら進められるのは好材料かもしれません。
    力の要る馬場で息が入らない逃げとなった前走17着は完全度外視。過去5年で2度逃げ馬が逃げ切っているこのレースで、マークを外せない逃げ馬です。


    △7 ジャンダルム
    かつてはデイリー杯2歳Sでケイアイノーテックらを一蹴し、ホープフルSで2着、弥生賞でもダノンプレミアムやワグネリアンと差のない3着に入っていた素質馬。
    その後が案外な成績だったため早熟だったのかと思っていましたが、年明けのニューイヤーSを快勝し素質馬健在を示しました。
    その後が2戦連続10着とあいかわらずのムラ馬っぷりを発揮しており、全然アテには出来ないのですが、詰めて使うよりフレッシュな状態の時の方が走る馬ですし、昨年の京成杯AHでレコード決着の3着に入っているように暑い時期、時計の速い馬場は歓迎のクチ。
    今回はチークピーシズをつけて臨むということで、変わり身がないか期待したくなります。


    ×は人気を落としたここでの反撃が怖い17 サトノアーサーと、新潟外回りで末脚が唸る3 アンドラステを指名します。


    買い目は◎からの枠連流し3点。


    岩手競馬・若鮎賞予想 byびぜんや

    0

      (盛岡芝1600m/M3)


      このお盆休みはほとんど出かけていなかったので、ネタがありません。
      今週は前フリなしで。


      ◎1 インスピラーレ/注目の良血馬。芝での走りはどうか。

      ○6 リッチアロマ/芝千六に経験あるのは強み。
      ▲9 シタベッド/芝替わり、距離延長で上積みを期待。
      △4 リュウノシンゲン/距離伸びた前走で前進。控えてレースできるのは強み。
      ×7 マツリダスティール/デビュー戦を圧勝。距離延長こなせば。


      ■ おまけ ■ 小倉記念予想
      ◎9 タニノフランケル/リフレッシュなった小倉巧者。高速馬場を味方に粘り込む。
      ○14 ランブリングアレー/今年4戦3勝の勢い重視。先行力生かして。
      ▲13 ロードクエスト/近走大きく崩れていない。距離延長で新味が出ないか。
      △2 ミスディレクション/単騎逃げ濃厚。内枠から開幕週の馬場を味方に。
      ×8 サマーセント/マーメイドSを快勝。勢い注目。
      ×1 ノーブルマーズ/昨年の3着馬。勝ち切れないが堅実で。


      関屋記念 先取り展望

      0

        レパードS 実際の買い目
        【月見亭】三連複軸2頭流し 4,6−総流し
        【びぜんや】馬連流し 7−3,4,6,10,11,12,14 ワイド 4−14


        月見亭「電光石火で先手を奪い、乱世に覇を唱えた越後の龍!」
        びぜんや「レパードSを制したのはケンシンコウ。先手争いを制してひとり旅に持ち込むと、直線では突き放す一方。レコードのおまけまでつけて逃げ切った」
        月見亭「好枠と不良馬場を生かした好判断。さすが謙信公、越後で地の利を味方にしたね」
        びぜんや「越後でケンシンコウが勝つなんてそんなイージーなハナシがあるわけないと思って軽視していたけど、あったなぁ」
        月見亭「千八も左回りもこなしていて、前走は重賞で3着なんだから冷静に考えてみればここで好走して意外でもなんでもなかったね」
        びぜんや「自在性あり、スピードもあり。出世レースも制して天下取りも視野に入ってきた。古馬との対戦が楽しみな新鋭だね」
        月見亭「2着はキミの◎ミヤジコクオウ」
        びぜんや「出脚が鈍く出鞭が入って、道中も追っつけ通し、さらに3コーナーから早くも鞭が入った。最後はそれでも外を豪快に追い込んできて素質は示したけれど、気性面の成長が必要だね」
        月見亭「3着は内を衝いたブランクチェック」
        びぜんや「内をロスなく立ち回って器用さを見せたね。メンバー中2位の上りも使ってこの距離でも走れることを証明。先々が楽しみだ」
        月見亭「私の◎デュードヴァンは好位から進めたものの直線で伸びず、4着」
        びぜんや「距離だろうね。それに馬場を意識してか前めで運んだ結果、勝ち馬に脚を使わされて脚が溜まらなかったのも響いた」
        月見亭「というわけで今週の結果。私は(−▲△)でハズレ、馬券も同じく」
        びぜんや「僕は(−◎−)。予想、馬券ともにヒモ抜けでした」
        月見亭「さて来週からは小倉開催がスタートして例年通りの3場開催に。重賞は小倉で小倉記念、新潟で関屋記念」
        びぜんや「この話の流れなら当然小倉記念……と見せかけて関屋記念をチェックしよう」


        岩手競馬・クラスターC予想 byびぜんや

        0

          長年このレースを沸かせてきた岩手短距離界の星・ラブバレットの名前がないのは残念ですが、重賞初勝利を狙う中央の有力馬に対し地方からはダートグレードウイナーが参戦し、例年にない好メンバーになりました。

          いつもなら岩手のダートグレードは当てに行く予想をするんですが、今年はちょっとバットを長めに持って、振り回してみたいと思います。

           

          ◎2 アユツリオヤジ
          今年の東北地方北部は天候不順で、梅雨明け宣言が見送られるほどの雨続き。立秋を過ぎたこの連休もその傾向は変わらず、日曜日の芝のレースはコース不良のためにダート変更になったほどで、メインレースのひまわり賞も脚抜きのいい馬場の前残りというよりは、田圃のような馬場に各馬脚を取られてパワーを要求され、後ろの馬が差してこられないような感じになっていました。
          となれば、この馬にチャンス到来。重〜不良で【2,2,2,3】という重巧者でパワーのあるタイプですから、地方の深い砂、ぬかるみのような不良馬場がいかにも合いそう。思えば芝初挑戦で驚きの逃げ切り勝ちとなった前々走・テレビユー福島賞もダート並みに時計がかかるパワー必須の不良馬場でした。
          重賞初挑戦となった前走・アイビスサマーダッシュでは12着に敗れましたが、芝の良馬場でのスピード勝負を経験したのは今回に向けて大きな意味を持つはず。
          前々走に続きみちのくの地で、雨ニモ負ケない激走を期待します。


          ○9 マテラスカイ
          一昨年のプロキオンSでは好発を決めてひとり旅に持ち込むと、直線では後続を突き放す一方。従来のレコードを1秒2縮める圧巻のスピードを披露し、後続はついてくることもできない4馬身差の圧勝劇で満場を驚かせました。
          その後もそのスピードを武器に活躍、国内では一昨年のJBCスプリント2着、さらに海外でも昨年のドバイゴールデンシャヒーン2着、今年のサウジアCでも2着と結果を残しています。
          一方でそのプロキオンS以来丸2年以上勝ち星に恵まれていませんし、地方の砂にてこずったか、交流重賞で不覚を取るシーンも見られるのも事実。とはいえ力通りなら、ここで復活勝利を見せてくれてもいいはずです。


          ▲12 トップウイナー
          昨年までは条件戦をうろうろしていましたが、今年に入って瀬戸特別、シドニートロフィー、欅Sと3連勝。中京ダート1800m、京都ダート1200m、東京ダート1400mと、全く違う条件での3連勝は中身が濃いといえるでしょう。
          前走・プロキオンSは5着に敗れましたが、2着以下とは差のないレースをしており重賞でも通用するめどは立てています。
          盛岡への適性は未知数ですが、ダートの左回りでは3戦3勝の実績がありますし、常に好位で立ち回れるレースセンスもセールスポイント。先行激化で流れが速くなるのものぞむところで、一気の戴冠まで視野に入ります。


          △3 ブルドッグボス
          17年のこのレースの覇者です。
          その後3年が経ち8歳になりましたが、その力は衰え知らず。昨年のJBCスプリントでは逃げ粘るコパノキッキングをゴール前捉えてG欺蘊〕。前走・浦和スプリントで通算13勝目を挙げ、意気揚々と盛岡に乗り込んできました。
          この実績ゆえ59キロの斤量を背負わされるのは明らかにハンデですが、近4勝を重・不良の馬場で挙げている重巧者ゆえ、今週の盛岡の馬場は大きな味方になるはずです。


          ×は昨年の2着馬・1 ヒロシゲゴールドと、スプリント転向で連勝中の8 ブラゾンドゥリスを指名します。

           

          買い目は◎の単勝と複勝。

           

          関屋記念の先取り展望は月曜夜に公開します。


          レパードS予想 by月見亭

          0

            時間がないので、前フリ無しで。

             

            私の◎はデュードヴァンです。

             

            残りはこんな感じです。

             

            〇 ラインベック

            ▲ ミヤジコクオウ

            △ ブランクチェック

            × ライトウォーリア

            × バンクオブクラウズ


            レパードS予想 by月見亭

            0

              時間がないので、前フリ無しで。

               

              私の◎はデュードヴァンです。

               

              残りはこんな感じです。

               

              〇 ラインベック

              ▲ ミヤジコクオウ

              △ ブランクチェック

              × ライトウォーリア

              × バンクオブクラウズ


              レパードS予想 byびぜんや

              0

                月見亭に唆され、今更ながら「ポケモンGO」なるアプリをインストールしてみました。
                いままでポケモンというと「イーブイ」とか「ミュウツー」とか「ヤマニン」「マコト」あたりの冠名が似合いそうな小洒落た名前のものばかりかと思っていたんですが、「ナゾノクサ」とか「カモネギ」とか「マクノシタ」とか、「シゲル」あたりの冠名が合いそうな素朴な名前のものもいるという知見を得て、ほっとしているところです。

                 

                ◎7 ミヤジコクオウ
                1番人気に支持された前々走・鳳雛Sでは中団待機から早目に先頭を捉えに行く強気の競馬。直線で豪快に伸びて逃げ粘るダイメイコリーダを捉えるとそのまま3馬身差をつけてゴールしました。コーナー4つ、1800mのコースで強い勝ち方をしており、ここでも好勝負を期待できます。
                前走・JDDでは鳳雛Sで負かしたダノンファラオやダイメイコリーダのリヴェンジを許し5着に敗れていますが、鳳雛Sの結果も踏まえて考えれば力負けではなく、ナイター競馬や2000mの距離、あるいは地方の深い砂といった条件への適性の差で敗れたと見るべきでしょう。
                距離短縮でJRAのコースに戻る今回は当然反撃必至とみます。


                ○4 デュードヴァン
                前走・ユニコーンSではスタートで痛恨の出遅れを喫し、直線を向いてもまだ最後方という絶望的な位置取り。しかしそこから大外を猛進、横綱相撲で後続をぶっ千切ったカフェファラオの影を踏むことは出来ませんでしたが、それでも他馬をごぼう抜きにして連対を確保して見せました。
                ダートでは【3,1,0,0】と底を見せていないですし、新馬戦、カトレア賞でのちのJDD勝ち馬・ダノンファラオに完勝した戦歴も。
                1ハロン延長と初めての新潟への対応が鍵ではありますが、ここもあっさり突破しておかしくない大器です。


                ▲6 ラインベック
                東スポ杯2歳S3着、ホープフルS4着と、昨年の2歳中距離戦線の主力の一角として活躍していた馬。しかし皐月賞15着、NHKマイルCで8着と3歳春のG気之覯未鮖弔垢海箸出来ず、前走・西脇特別ではダートに活路を求めてきました。
                スタートを決めてハナに立つと、後続をじっくりと引き付け直線でスパート。最後までライヴァルに先頭を譲ることなくダートデビュー戦を飾って見せました。
                前走の勝因にはハナを切って砂をかぶることがなかったことが挙げられますが、今回のメンバーにはどうしても逃げたいというタイプがいませんから、今回も砂をかぶらずにレースを進められそう。
                コーナー4つの競馬には豊富な経験がありますし、コントレイルやサリオスら世代トップクラスの猛者と刃を交わした経験はライヴァルにはないもので、新星誕生の予感が漂います。


                △11 フレイムウイングス
                今回と同じ新潟ダート1800mで行われた前走・1勝クラスでは、好位追走から4コーナーでポジションを上げ、早め先頭から押し切る強い競馬。最後は直線に賭けた2着馬に詰め寄られはしましたが、着差以上の完勝劇でした。
                ダートの稍重・重では【2,1,0,0】と脚抜きのいい馬場を得意にしており、土曜の雨の影響が残る今回は上位争いが期待できそう。未勝利在籍時にダイメイコリーダと接戦を演じた経歴がありますからオープンでも通用する下地はありますし、仕上げ途上だった前走を使った上積みは大きいはず。
                先行馬が穴を開ける舞台だけに、気になる人気薄です。


                ×は好枠からスピード生かしたい3 タイガーインディと、平坦替わりで前進が見込める12 バンクオブクラウズを指名します。


                買い目は◎からの馬連流し5点。


                岩手競馬・ひまわり賞(オークス)予想 byびぜんや

                0

                  (盛岡ダート1800m/M1)


                  先週はルータの死亡に伴う通信不良によりご迷惑をおかけしました。
                  通信環境を整えなおし(直したのは月見亭ですが)、今週はいつも通りの更新が行えます。
                  明日も明日でクラスターCの予想を公開予定です。連日の更新になりますが、よろしくお願いします。

                   

                  ◎6 ボルドーリブロン/3走前牡馬の強豪相手に好走。同舞台で躍進。
                  ○11 ハイタッチガール/金沢重賞の勝ち馬。距離延長が味方になるか。
                  ▲4 マルケイマーヴェル/ここは逃げの一手。スピード生かしてどこまで。
                  △7 ボルドープリュネ/連勝の勢いに乗って岩手に殴り込み。
                  ×2 エイシンナーサリー/前走好時計勝ち。脚抜きのいい馬場なら。


                  ■ おまけ ■ エルムS予想
                  ◎12 ハイランドピーク/56キロで走れるのは大きい。一昨年の覇者がひと叩きしてここに照準。
                  ○13 タイムフライヤー/前走が圧巻のダート初勝利。連勝見込める。
                  ▲3 サトノティターン/展開は向きそう。遮眼着用でもうひと押し。
                  △8 ウェスタールンド/アンタレスSを快勝。重賞連勝で秋につなげたい。
                  ×2 エアスピネル/前走で意外な砂適性を発揮。距離どうかだが。
                  ×11 アルクトス/鉄砲巧者。この条件で変わり身があれば。


                  クイーンS予想 by月見亭

                  0

                    私の中のスマホだけ、Wi-Fiが繋がりません。

                     

                    私のコントラチェックです。

                     

                    残りはこんな感じです。

                     

                    ○ ビーチサンバ

                    ▲ スカーレットカラー

                    △ フェアリーポルカ

                    × アロハリリー

                    × モルフェオルフェ

                     


                    岩手競馬・せきれい賞予想 byびぜんや

                    0

                      ◎2 アップクォーク

                      左回りの芝はベストの条件。好枠からスムースに立ち回れば。

                      ○10 ロードヴァンドール

                      中央芝G2で連対の実力者。

                      ▲9 マツリダレーベン

                      岩手の若き芝マイスター。

                      △8 コスモリョウゲツ

                      昨年のかきつばた賞勝ち馬。


                      | 1/295PAGES | >>