calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

宝塚記念 先取り展望

0

    函館スプリントS 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 6,7−総流し
    【びぜんや】単勝 8,13 馬連流し 13−1,4,6,7,8,12,15 6−8


    月見亭「北の空の下復活宣言! さあここから始まる反転攻勢!」
    びぜんや「函館スプリントSを勝ったのはセイウンコウセイ。好発からハナを主張、そのまま最後まで粘り切って昨年の高松宮記念以来の白星を挙げた」
    月見亭「去年は1番人気を裏切る4着。今年はその雪辱を果たしたね」
    びぜんや「まぁ4着といっても2着以下とは差がなかったんだけどね。去年は高速馬場に泣かされて、1分7秒3の時計で4着。今年は1分7秒6で逃げ切ったんだから、時計のかかる馬場が味方したよね」
    月見亭「2着は中団から馬群を割って伸びてきたヒルノデイバロー」
    びぜんや「ダート4勝、芝では未勝利、だけど芝重賞ではこれが3度目の2着という変わり者。馬場も展開も向いたんだろうけど、つくづくいつ走るのかよく分からない馬だ」
    月見亭「私の◎ナックビーナスは好位から勝ち馬を追いかけたけれども捕まえきれず、最後はヒルノに差されて3着確保が精いっぱい」
    びぜんや「力のある馬にペースを握られると、好位組はしんどいよね。惜しかったけれども格好はつけたと言えるんじゃないかな」
    月見亭「キミの◎キングハートは後方待機から伸びず11着」
    びぜんや「20キロ減は絞れたものだと思っていたけれど、影響があったかな。開幕週で前残りの競馬では展開的にも出番はなかった」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−◎)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(×−×)でハズレ。馬券は全く勝負になりませんでした」
    月見亭「というわけで来週はいよいよ春のG汽轡蝓璽坐躔荵察阪神でサマーグランプリ・宝塚記念!」


    函館スプリントS予想 by月見亭

    0

      特に書くこともないので、前フリ無しで。

       

      私のナックビーナスです。

       

      残りはこんな感じです。

       

      〇 ティーハーフ

      ▲ ワンスインナムーン

      △ ジューヌエコール

      × タマモブリリアン

      × ライトフェアリー


      函館スプリントS予想 byびぜんや

      0

        東北楽天ゴールデンイーグルス・梨田監督がシーズン半ばにして辞任、という残念なニュースが飛び込んできました。
        昨年の今頃は「優勝か?」という勢いで突っ走っていたのに、たった1年でこの落差。
        競馬もそうですが、失った勢いを取り戻す難しさというのが感じられますね。

        しかし、昨年杜の都を沸かせた快進撃は色褪せませんし、バファローズ、ファイターズを頂点に導いた結果が消えることはありません。
        パシフィックを盛り上げた名将の背中に拍手を送りたいと思います。


        ◎13 キングハート
        2走前のオーシャンSでは中団前めの追走から手応えよく抜け出すと、外から併せてきたナックビーナスの追撃を封じてV。10番人気の低評価を覆し、重賞初制覇を挙げました。
        前走・高松宮記念はさすがに敷居が高かった上に枠順の不利もあり10着に敗れましたが、今回は相手関係が手頃になりますし、函館SSは昨年2着に入っている相性のいいレース。ここは当然上位争いが期待できます。
        昨年は函館には珍しい高速馬場に対応して見せましたが、本来はパワーのいる馬場が得意なタイプですし、小回り平坦に良績が多く、函館へのコース替わりは大きなプラス。
        サマースプリントチャンピオンのタイトル奪取に向け、まずはスタートを決めたいところです。


        ○8 ワンスインナムーン
        3歳時の条件戦ではセイウンコウセイを3馬身半千切り、昨年の京都牝馬Sではレッツゴードンキの2着に入っていた素質馬。昨年の夏にテレビユー福島賞、朱鷺Sを連勝すると、満を持して臨んだスプリンターズSでも果敢にハナを切り、レッドファルクスから半馬身差の3着に健闘して見せました。
        前々走・香港スプリントでも世界の強豪相手にスピードを見せましたし、前走・京都牝馬Sでは+13キロの太目残りながら5着。その後は春のG汽掘璽坤鵑鬟好ップしてここにやって来ました。
        G気脳絨未鯀茲ぁ香港の超一流スプリンターにもケンカを売ってきた経験値はライヴァルにないもの。間隔を開けてフレッシュな状態の時の方が走る馬ですから、休み明けは不安材料になりません。
        洋芝適性と同型の存在は気になりますが、すんなりハナを奪うことが出来れば、重賞初制覇のゴールへはらくらくひとり旅です。


        ▲6 ティーハーフ
        一昨々年のこのレースでは、道中ポツンと後方待機から直線だけでライヴァルをごぼう抜きにする爽快な競馬。しかも最後は2着に2馬身半差をつけ、半兄に香港のG毅珪’蓮Ε薀奪ーナインがいる世界的良血を開花させました。
        ……はずだったんですが。続くキーンランドCで3着に敗れると、その後は出ては負け、走っては負けの連敗街道。2年10か月、19戦にわたって勝ち星も連対もない黒星街道を驀進していました。
        それにピリオドを打ったのが前走・鞍馬S。後方待機から豪快に突き抜けて、最後は粘るライトフェアリーをハナ差かわしてV。ただ1頭58キロを背負っていたことを考えれば着差以上の内容で、素質馬復活を告げました。
        京都のオープン特別を勝ってここに来るのは一昨々年と同様。1キロでも斤量が減るのはプラス材料ですし、スプリント戦らしく前に行きたい馬が揃っていて、展開も向きそうです。

         

        △15 ライトフェアリー
        前々走・船橋Sでは2頭雁行という厳しい形での逃げから後続を突き放して、8番人気の低評価を覆すV。前走・鞍馬Sではそれがフロック視され11番人気と人気を下げましたが、好位追走から粘りに粘っての2着。馬連5万馬券、三連単は帯封という大波乱の一翼を担いました。
        二度あることは三度ある。今回も前売り8番人気という低評価ですが、休み明け2走の好走は本物と見て警戒すべきでしょう。
        昨年は札幌のHBC賞を勝ち、キーンランドCでも0.3秒差5着に入っていて洋芝適性は問題なし。逃げなくても前めで流れに乗れれば勝負になることは前走で証明されており、先行激化にも不安はありません。


        ×は近走は着順ほど負けてない1 セイウンコウセイと、高松宮記念3着馬・7ナックビーナスを指名します。


        買い目は◎○の単勝と、◎からの馬連流し。○▲のタテ目も抑えた計6点。


        岩手競馬・一條記念みちのく大賞典予想 byびぜんや

        0

          4年ごとに書いているような気もしますが。
          今回もサッカーW杯には無関心な、早寝早起きで非国民な生活を送っています。


          ◎2 エンパイアペガサス/前走快勝前々走大圧勝。ここは逆らえないか。
          ○8 チェリーピッカー/前走で復活の兆し。得意コースであとは距離だけ。
          ▲3 コミュニティ/15年に圧勝の戦歴。距離延長で甦る。
          △5 グランウブロ/あすなろ賞を快勝。底を見せていない4歳馬。


          ■ おまけ ■ ユニコーンS予想
          ◎7 グリム/前走が強敵相手に強い内容。コース適性武器にもう一丁。
          ○14 ルヴァンスレーヴ/2歳時の3連勝は圧巻。叩き2走目のここで復活。
          ▲9 コマビショウ/前走はちぐはぐな競馬。自在性武器に一発狙う。
          △8 ハーベストムーン/要は先行できるかどうか。馬場が湿れば勝機拡大。
          ×5 グレートタイム/まだまだ見限れない良血馬。
          ×15 ダンケシェーン/人気落ちで狙いたい話題馬。


          函館スプリントS 先取り展望

          0

            マーメイドS 実際の買い目
            【月見亭】複勝 4 三連複軸2頭流し 4,6−総流し
            【びぜんや】単勝 14 馬連ボックス 3,5,11,14 ワイド流し 14−2,3,4,5,6,7,10,11,12,13 三連複軸2頭流し 3,14−2,4,5,6,11,12


            月見亭「直線一気に末脚爆発、クラシック候補が怒りの逆襲!」
            びぜんや「マーメイドSを勝ったのは10番人気のアンドリエッテ。後方の内でじっと脚を溜め、最後は34.4秒の末脚で一気に抜け出した」
            月見亭「実力差をハンデとコース取りで補った格好ね。国分恭介騎手の肝の据わった騎乗が光った」
            びぜんや「実力差というが、もとは秋華賞4着、オークス5着の実力者で、51キロはいかにも恵まれたと思うね。秋華賞と同じ距離への延長もよかったんだと思う」
            月見亭「2着は中団待機から馬群を割って抜けたワンブレスアウェイ」
            びぜんや「クビ差の着差は通ったところの差だろうね。ターコイズSでは2番人気に推された期待の素質馬が、軽ハンデを味方にようやく結果を出した」
            月見亭「3着は外から伸びたミエノサクシード」
            びぜんや「ここは阪神巧者の面目躍如。距離不安に外枠で、早めに動かせなかった分届かなかったか」
            月見亭「キミの◎トーセンビクトリーは逃げて失速、15着」
            びぜんや「ハンデ差と枠を考えての逃げの策だったろうが、気持ちよく行き過ぎて脚が溜まらなかったね。残念」
            月見亭「私の◎ミリッサは直線での不利もあって5着」
            びぜんや「ハンデ戦の内枠で、どうしてもごちゃつくところに入ってしまう。こちらも脚が溜まる流れだったら、最後に突き抜けられたのかもしれないけれど」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(−×−)でハズレ、馬券も木端微塵」
            びぜんや「僕は(○−−)でハズレ、馬券は雲散霧消だ」
            月見亭「さて、来週からはいよいよ夏競馬がスタート。函館では名物重賞、函館スプリントS」


            マーメイドS予想 by月見亭

            0

              やっと、こたつ布団を外しました。

              外すタイミングが難しくて、いつも暑くなってからになってしまいます。

              しかし、外すと気温が下がるのは何とかなりませんかね。

               

              私のミリッサです。

               

              残りはこんな感じです。

               

              〇 キンショーユキヒメ

              ▲ エマノン

              △ ルネイション

              × ワンブレスアウェイ

              × トーセンビクトリー


              マーメイドS予想 byびぜんや

              0

                土曜日は北アルプスを越えて富山に出かけ、一日電車に揺られてきました。
                なんでかと言われると、駅そば食べたくなったとか、ゆっくり本を読む時間が欲しくなったとか、ひとり電車に揺られたくなったとか、駅メモのイヴェント絡みとか、いろいろ理由はあるんですが。
                まぁ、電車に揺られてばかりというのもアレなので、路面電車の停留所ひとつ分、ふたつ分くらいは街を歩くようにしまして、公園の緑を眺めたり、浜辺まで足を伸ばしたり、街中のせせらぎに耳を傾けたりして、帰ってきて歩数計を見ると、歩いた歩数は競馬場に行った時の3割〜5割引きといった感じのスコア。
                ……運動不足解消には、街歩きよりも競馬場に行ったほうがいいようです。


                ◎14 トーセンビクトリー
                このレースでハンデの重い馬を狙うのは愚の骨頂ですが。福島牝馬Sから測るとキンショーユキヒメが1キロ増でこの馬が2キロ増というのはちょっと納得しかねますが。それでも気になるのがこの馬です。
                昨年の有馬記念では不利を受けて14着に敗れましたが、直線入り口ではキタサンブラックに並びかけようかという見せ場を作ってみせ、今年のアメリカJCCでは外枠に泣かされながらも掲示板を確保。牡馬の一流どころに食らいついてきた戦歴は、他の馬にはないものです。
                先行力の生きる小回りは合いますし、距離延長は買い材料。前走は逃げたカワキタエンカを捕まえに行って後続に差される流れになりましたが、今回は強力な逃げ馬が不在でレースを作ることが出来そう。
                馬場が渋ればさらに持ち味を生かせるはずです。


                ○3 アンドリエッテ
                3歳時には秋華賞4着、オークス5着、チューリップ賞で2着など、鋭い末脚を武器に牝馬三冠路線の一翼を担っていた天才少女。
                4歳春にはうずしおSを制し、これからは牝馬限定重賞の中心選手になる……という期待もありましたが、その後1000万に降格してからはなかなか這い上がれず、まだ準オープンをうろうろしています。
                チューリップ賞やうずしおSの実績からマイル〜9ハロンのレースを中心に使われてきましたが、昨年の日高特別ではトリコロールブルーから0.3秒差の5着に入るなど、高いパフォーマンスを示しているのは秋華賞やオークスと同じコーナー4つのレースで、今回の距離延長で上位争いが期待できます。実績を考えれば51キロのハンデは裸同然。
                忘れられかけた女の逆襲に要警戒です。

                 

                ▲11 アルジャンテ
                前走・うずしおSでは道中最高峰の位置取りから、大外を回って差す競馬で0.2秒差3着。手綱を取った福永騎手からは「2000mくらいあってもいいかもしれない」という進言があって、ここにやってきました。
                確かにここ数戦はメンバー最速かそれに近い上がりをマークしても差して届かずのレース続きで、もう少しゆったりした距離の方が持ち味が生かせそうな印象があり、距離延長には好感が持て増す。
                レース間隔を開けたほうが走るタイプで、3か月ぶりの出走は問題なし。変身を期待しての単穴指名です。


                △5 レイホーロマンス
                冬の中京開催の掉尾を飾る名物レース・尾張特別を勝つと、勢いに乗って愛知杯に格上挑戦し、いきなり2着。続く中山牝馬Sでも3着に好走し、一気に牝馬限定戦線の中心選手にのし上がってきました。
                前走・福島牝馬Sでは5着に敗れていますが、これは別定戦でしたし、直線で不利を受けてのもので度外視。52キロで出走できる今回、距離再延長もプラスに出るはずであらためて見直したくなります。


                ×は一昨年の勝ち馬の半妹・4 ミリッサと、内枠得意、叩き2走目で上積みも見込める2 ルネイションを指名します。


                買い目は◎の単勝と、◎○▲△の馬連ボックス6点、◎から×2頭にキンショーユキヒメ、ヴァフラーム、ミエノサクシードを加えた5頭へのワイド流し5点。


                岩手競馬・岩手ダービー ダイヤモンドC予想 byびぜんや

                0

                  ラブバレットの北海道スプリント2着とか、錦木関が夏場所で10勝とか、岩手のスポーツにうれしい話題が続いていますが。
                  都市対抗の東北予選決勝で金ヶ崎町のトヨタ自動車東北が勝ち、チームとしては初、県勢としては11年ぶりの東京ドーム切符をつかんだとのうれしいニュースがありました。金ヶ崎は水沢競馬場のある奥州市の隣町で、私が高校に通っていたところ。東京ドームに「金ヶ崎町」の名が響き渡ると思うと、うれしいですねぇ。懐具合と日程が合えばドーム、行ってみようかな……。


                  ◎6 チャイヤプーン/勝負付けは済んでいる。ここも勝って連勝街道続く。
                  ○7 ナナヒカリ/距離延長はプラス。前走でも最後まで伸びていた。
                  ▲10 グランフェルメール/距離延長どうかもコース替わりはプラス。
                  △8 アップバング/距離伸びてこその血統。脚を溜めて一発狙う。


                  ■ おまけ ■ エプソムC予想
                  ◎13 アデイインザライフ/順調に使えているのは大きい。コース替わりで本領発揮。
                  ○10 ダイワキャグニー/東京千八のスペシャリスト。負けられない戦いだ。
                  ▲2 ベルキャニオン/前々走見せ場を作った東京巧者。先行力生かして。
                  △4 トーセンマタコイヤ/前走は脚を余した。見直したい叩き2走目。
                  ×8 サーブルオール/前走が強い内容。昇級初戦も通用する。
                  ×16 サトノアーサー/崩れないのが強み。外枠克服できれば。


                  2017−2018シーズン 「萌馬POG」結果

                  0

                    お待たせしました。、たったふたりのPOG、「萌馬POG」2017−2018シーズンの結果発表です。
                    今年も双方とも重賞勝ち馬を送り出せず、という低調な結果。
                    それでもびぜんやはレッドヴェイロンがNHKマイルCで3着に入るなどして気を吐き、複勝率5割越えの安定感で着実に賞金を積み重ねましたが、月見亭の方はデルニエオールがフィリーズレビューで3着に入り、桜花賞に出走したのが目立つ程度。
                    ダブルスコアでびぜんやの勝利となりました。

                     

                    ■月見亭指名馬
                    シーリア        【1-1-1-1】    985万円
                    ダイワメモリー        【1-0-1-2】    880万円
                    シンハラージャ        【1-1-0-3】    860万円
                    ミルコメダ        【0-0-0-5】    200万円
                    スターリーステージ    【1-2-2-2】    1,333万円
                    イグレット        【0-0-1-5】    462万円
                    ネプチュナイト        【1-2-0-2】    1,040万円
                    デルニエオール        【2-0-1-2】    2,889万円
                    ローズサクシード    【0-0-0-5】    0円
                    シラユキヒメの2015    未出走
                    合計            【7-6-6-27】    8,649万円
                            
                    ■びぜんや指名馬        
                    レッドサクヤ        【2-1-0-3】    4,765万円
                    レッドヴェイロン    【1-3-2-1】    4,841万円
                    トゥザフロンティア    【1-1-0-1】    1,344万円
                    ザスリーサーティ    【0-0-0-2】    75万円
                    ブラックジルベルト    【1-2-1-3】    1,160万円
                    ヴォルフスブルク    【1-6-3-3】    2,140万円
                    ライトページェント    【0-0-0-7】    0円
                    リシュブール        【1-2-0-2】    1,080万円
                    オハナ            【2-0-0-3】    2,258万円
                    アリストライン        【1-1-0-2】    700万円
                    合計            【10-16-6-27】    18,363万円


                    マーメイドS 先取り展望

                    0

                      安田記念 実際の買い目
                      【月見亭】複勝 5 三連複軸2頭流し 5,14−総流し
                      【びぜんや】単勝 4 馬連流し 4−1,5,7,8,11,14,15 5−14 三連複 4−5−14


                      月見亭「灰の中から甦り、頂点まで突き抜けた19番目の男!」
                      びぜんや「安田記念を制したのはモズアスコット。道中は中団後方で脚を溜め、直線馬群を割って進出。最速上がりを使って突き抜けた」
                      月見亭「重賞未勝利どころか、先週のオープン特別でも2着に負けていた馬がここで大変身。果敢な連闘策を実らせた」
                      びぜんや「連闘での安田記念制覇はバンブーメモリーの例があるけれど、異例中の異例だよなぁ。道中も進路が塞がるシーンがあったけれどもそれで却って脚が溜まったか。うまく行く時はこんなものかね」
                      月見亭「藤沢和厩舎の3頭が一斉に回避して、ゲートイン圏外から一転出走へ。そこから一気に運が向いてきたみたいね」
                      びぜんや「まぁ、もともと力は評価されていた馬ではあるけれどね。ルメール騎手も我慢の競馬だったと思うが、最後に開けた勝機を逃さなかった」
                      月見亭「2着は好位から進めたキミの◎アエロリット」
                      びぜんや「レースプラン通りに進めて、最後は先頭に立つシーン。先行馬の宿命と言えばそれまでだけど、最後の最後に伏兵に足元をすくわれて勝利を逸した」
                      月見亭「マイル初挑戦のスワーヴリチャードは3着」
                      びぜんや「スタートを決めて距離にも対応して見せたが、決め手で勝ち馬に、スピードで2着馬に劣った。コーナー4つの方がレースを組み立てやすいタイプかもしれないね」
                      月見亭「私の◎ペルシアンナイトは内で進路を失うシーンもあって6着」
                      びぜんや「ごちゃつくところに入ってしまったね。案外東京だと脚の使いどころが難しいのかもしれないな」
                      月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−△)でハズレ、馬券もハズレ。直線で叫ぶこともなかったわ」
                      びぜんや「僕は(−◎−)でハズレ、馬券は痛恨のヒモ抜け。直線での叫びは最後に悲鳴に変わったよ」
                      月見亭「さて、春のG汽轡蝓璽困呂海海泙任脳休止。来週は東京でエプソムC、阪神でマーメイドS」
                      びぜんや「ずっと東京ばかりやって来たから、来週は阪神に目を向けようかね」

                      続きを読む >>

                      | 1/251PAGES | >>