calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

シルクロードS 先取り展望

0

    アメリカJCC 実際の買い目
    【びぜんや】単勝 10 馬連流し 10−1,2,3,5,9,11,12
    【月見亭】複勝 1,8 ワイド 1−8 三連複軸2頭流し 1,5−総流し


    月見亭「不安も不利も吹き飛ばし、中山を力強く吹き抜けた突風!」
    びぜんや「アメリカJCCを制したのは1番人気のブラストワンピース。中団追走から直線は内に進路を取って鋭進。G鞠呂隆嗜燭鮗┐靴堂勝した」
    月見亭「目標はまだ先で、ここは急仕上げで臨んだレース。57キロを背負った上に勝負どころで外に進路を取った時に故障馬と接触する不利。これだけあって1馬身1/4差なんだから、力が違った」
    びぜんや「時計のかかる馬場が合った、少頭数でアクシデントの影響を最小限にとどめられた、というのもあるだろうけど、単純にここでは役者が違ったね。凱旋門賞大敗のダメージを払拭し、未来が開けたのも大きい」
    月見亭「2着はキミの◎ステイフーリッシュ」
    びぜんや「ロスなく立ち回り長くいい脚を使ったが、ここは相手が一枚上だったなぁ。勝ち切れないのは切れる脚のない馬の宿命ではあるが、ルメールをもってしても2着が精いっぱいで、つくづく勝ち切れない」
    月見亭「3着は一番外を飛んできたラストドラフト」
    びぜんや「こちらも故障馬の影響を被ったクチで、勝ち馬とは対照的に一番外を回って伸びてきた。ただ、渋った馬場が苦手な馬だけに、荒れた内ではなく馬場のいい外を伸びることが出来たのは不幸中の幸いだったか」
    月見亭「私の◎ウラヌスチャームは最後方から追い上げたものの、7着まで」
    びぜんや「不利もあったけれど、G兇悩埜緤からの競馬となっては厳しい。馬体もちょっと太かったか」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(×−−)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(−◎△)でハズレ、馬券は馬連が的中でした。さすがにブラストワンピース無印は無理があったな」
    月見亭「さて、来週からは東京開催がスタート。その府中では根岸S、そして淀ではシルクロードS」
    びぜんや「ここはシルクロードSを見てみようかね」


    アメリカJCC予想 by月見亭

    0

      今回のレースには、お気に入りの馬が2頭出ています。

      少し前の私なら、何も考えずに、その2頭を軸にしていましたが、

      パドックをちゃんと見てから買った方が勝率が良さそうなので、

      「お気に入りだから」という理由で買うことは少なくなりそうです。

      ただ、抑えにワイド買ってますけどね。

       

      私のウラヌスチャームです。

       

      残りはこんな感じです。

       

      〇 スティッフェリオ

      ▲ ニシノデイジー

      △ ミッキースワロー

      × ブラストワンピース

      × グローブシアター


      アメリカJCC予想 byびぜんや

      0

        土曜日の競馬が終わった後で。
        近所の理髪店に行き、髪を切ってきました。
        家の近所にはチェーン店のディスカウント理髪店もあるのですが、はるか昔都内の千円理髪店でものすごい切られ方をされたのがトラウマになっており、今も旧来型の町のトコヤさんで髪を切ってもらってます。
        パソコンの画面もスマホの画面も、活字もテレビも見ない1時間というのも案外貴重かな、と思いつつ、ゆったりとした時間を過ごし、少し小ざっぱりとして帰り道に就いたのでした。


        ◎10 ステイフーリッシュ
        昨年は中山金杯でウインブライトと僅差の2着に入り、京都記念ではマカヒキに先着して2着など、重賞2着3回、3着2回の安定した成績。今年は一昨年の京都新聞杯以来となる重賞勝利を挙げたいところです。
        前走・チャレンジCでは10着に敗れていますが、苦手な瞬発力勝負になってしまった上に、他馬と接触するシーンもあっての結果でしたからこれは完全に度外視可能。
        中山外回りの2200mはロングスパートが決まりますから、この馬の脚質には合っていますし、先手先手の競馬を得意とするルメール騎手とのコンビもプラスに出そう。
        実績のある距離での復活勝利を期待します。


        ○3 ミッキースワロー
        セントライト記念ではアルアインを1馬身3/4千切って快勝し、一昨年のアメリカJCC、昨年のオールカマーはともに2着。未勝利勝ちも中山芝2200mで、この舞台では【2,2,0,0】と抜群の舞台相性を誇っています。
        おむすび型の特殊なコース形態で、リピーターが活躍するコースですから、このコース適性は重要。前走・福島記念3着からの巻き返しが期待できます。
        その福島記念にしてもトップハンデの58.5キロを課されながら勝ち馬から0.2秒差でしたし、前々走・オールカマーはスティッフェリオにまんまとペースを握られながらも豪脚でレイデオロら強力メンバーを切り捨てての2着と、ともに強い内容。
        ここも自慢の末脚を弾けさせ、上位へと突っ込みます。


        ▲1 ウラヌスチャーム
        昨年1月、この中山芝2200mで行われた迎春Sでは中団から内の各馬を捩じ伏せる形で差し切り勝ち。3着にクレッシェンドラヴがいる好メンバー相手に決め手を発揮して見せました。
        さらに中山牝馬Sでは外を回りながら最速上がりを使って鋭く伸び2着。勝ち馬とは首の上げ下げの接戦に持ち込み、重賞級の能力をアピールしました。
        京都大賞典7着、エリザベス女王杯11着と秋の関西連戦では結果を残せませんでしたが、【1,3,0,0】と得意の中山に戻れば反撃可能。今の中山は外差しが決まりますから、この馬が持ち味を発揮するには絶好の条件といえます。


        △2 ラストドラフト
        1戦1勝のキャリアで臨んだ昨年の京成杯で、いきなり重賞勝ちを収めて見せた素質馬。
        その後は思うように成績を挙げることが出来ずにいましたが、オクトーバーSをひと叩きした前走・中日新聞杯では、中団追走からごったがえした馬群を抜け出し、見せ場たっぷりに2着。後方から直線一気に賭けたサトノガーネットにはアタマ差先着を許しましたが、後続の目標にされる立場からアイスストーム、ショウナンバッハの追撃を退け、力のあるところを示しました。
        秋に2戦使われて、体調はさらに上昇。前走のレースっぷりからすれば1ハロン延長もこなせそうで、内枠を生かしてロスなく立ち回れれば、1年ぶりの重賞タイトルも見えてきます。


        ×は単騎逃げの見込めそうな5 スティッフェリオと、長休明けでも地力警戒12 サトノクロニクルを指名します。


        買い目は◎の単勝と、シルシの各馬への馬連流し。ヒモにはブラストワンピースを抑えた6点で。


        アメリカJCC 先取り展望

        0

          日経新春杯 実際の買い目
          【びぜんや】単勝 3 枠連流し 3−1,2,3,4,5,8
          【月見亭】複勝 11 三連複軸2頭流し 7,11−総流し


          月見亭「格上の相手を見事に倒し、高笑いした色男!」
          びぜんや「日経新春杯を勝ったのはモズベッロ。中団追走から直線は馬場の真ん中を鋭進。次元の違う末脚でライヴァルを瞬く間に置き去りにした」
          月見亭「京都新聞杯9着、セントライト記念17着の馬が3度目の重賞挑戦で大変身。格上挑戦を見事に実らせた」
          びぜんや「52キロのハンデは大きかったし、池添騎手の思い切った騎乗も光った。何より明け4歳馬、ここに来ての成長が著しいんだろうね」
          月見亭「2着は中団から脚を溜めて伸びたレッドレオンが突っ込んだ」
          びぜんや「直線で前が塞がる不利がありながら、改めて外に持ち出して鋭進。これがなければもう少し際どかったかもね。明け5歳だが使い減りしていないし、底も見せていない。次走が楽しみだ」
          月見亭「3着には藤懸騎手の駆るエーティーラッセンが逃げ粘り」
          びぜんや「先行馬に脚を使わせる絶妙の逃げで見せ場たっぷり。時計のかかる馬場も合ったし、有力馬が潰しに来なかったのも幸いしたね」
          月見亭「私の◎サトノガーネットは直線に賭けて突っ込んだものの6着まで」
          びぜんや「この馬の持ち味を生かすには向かない馬場だったと思うけれど、実質トップハンデを背負って2着馬とは0.3秒差。悪い内容ではなかったと思うよ」
          月見亭「キミの◎マスターコードは見せ場なく8着に敗退」
          びぜんや「流れ込んだだけで、人気と同じ着順でゴール。位置取りが後ろ過ぎたのも確かだけれども、切れ味不足も露呈して地味な内容。ここは家賃が高かったか」
          月見亭「というわけで今週の結果。私は(−×−)でハズレ、馬券も同じく」
          びぜんや「僕も同じく(−×−)だけれど、パドック映像を見てマスターコードがイマイチ、同枠のレッドレオンが絶好と見えたので枠連にスイッチ。人気のモズベッロも抑えといたおかげで、予想は全然でも馬券は当てることに成功したよ」
          月見亭「代用品、ってやつね。枠連おそるべし」
          びぜんや「さて、来週は中山でアメリカJCC、そして今年は京都で東海S」
          月見亭「東海道の終点で行われる東海Sも気になるけどねぇ」
          びぜんや「会社の新年会で誰か『U.S.A.』歌ってたから、ここはアメリカJCCにするか」


          日経新春杯予想 by月見亭

          0

            時間がないので、前フリ無しで。

             

            私のサトノガーネットです。

             

            残りはこんな感じです。

             

            〇 タイセイトレイル

            ▲ メロディーレーン

            △ レッドジェニアル

            × ロードヴァンドール

            × レッドレオン


            日経新春杯予想 byびぜんや

            0

              土曜夜は社員旅行兼新年会で某温泉地に行ってますので、少し早めに予想を公開します。

               

              ◎3 マスターコード
              昨春に京都芝2400mで争われた白川特別では、中団のインでじっくり脚を溜め、坂の下りからロスなく立ち回ってじわじわと進出。直線でも最内を衝いて伸び、コース適性の高さを示して快勝しました。
              同じ舞台で行われた前々走・古都Sでは後方から外を回って脚を伸ばし、クビの上げ下げに持ち込んでの2着に入っており、今回も軽ハンデを生かしての好走が期待できます。
              洋芝の北海道で【1,1,1,0】、稍重・重馬場では【1,3,0,2】と時計のかかる馬場を得意にしていますから、今の京都の芝もフィットしそう。デビュー当時はシュタルケ、バルザローナ、ルメールが手綱を取り、マイスタイルやモズカッチャンと接戦を演じていた期待馬が、重賞初挑戦のここでどんな走りをするか、実に楽しみです。


              ○7 タイセイトレイル
              昨年の今頃はまだ500万条件在籍の身でしたが、小倉で500万条件、1000万条件と連勝。夏にはグリーンSを勝ってついにオープンに昇級。重賞初挑戦となった前々走・アルゼンチン共和国杯でも内を衝いて伸びいきなり2着に好走して見せました。
              さすがに前走・ジャパンCは家賃が高く最下位15着に大敗しましたが、これは完全に度外視可能。
              初勝利まで6戦、500万勝ちにはさらに6戦かかった晩成のステイヤーがようやく目覚めたのは明らか。稍重で2勝をマークしているパワー型だけに時計のかかる馬場も合いそうで、ここも好勝負必至と見ます。


              ▲1 メロディーレーン
              初勝利まで10戦を要し、その時の馬体重が340キロ。さらに阪神で2勝目を挙げた時が、JRAの最低馬体重優勝記録となる338キロという、がんばるちっちゃな女のコです。
              前々走・菊花賞では後方待機から直線に賭ける競馬で一気に弾け、勝ち馬から0.4秒差の5着まで追い上げる根性を見せました。
              今回は2勝クラスからの格上挑戦となり、常識的には厳しいところですが、定量の菊花賞で5着に来た馬が49キロで出走できるのは明らかに恵まれた感がありますし、小柄な牝馬ですから軽ハンデの恩恵は大きいはず。
              若武者・岩田望来騎手とのフレッシュコンビも頼もしく、下剋上を決めてくれそうな雰囲気があります。


              △2 レッドジェニアル
              昨年の京都新聞杯では後方待機から1頭だけ次元の違う脚で伸び、のちのダービー馬・ロジャーバローズを差し切ったところがゴール。11番人気の低評価を覆して殊勲の星を挙げました。
              その後はダービー8着、神戸新聞杯4着、菊花賞6着と物足りない成績が続いてはいますが、神戸新聞杯ではサートゥルナーリアは別格としてもヴェロックス、ワールドプレミアとは差のないところに持ち込んでいましたから、今回のメンバーに入れば実力は上位といえるでしょう。
              京都では【2,0,2,1】、他場では【0,0,0,3】という内弁慶だけに、ここはしっかりと賞金を加算して春のG祇鐇に望みを繋げたいところです。


              ×は前走で◎に先着している14 プリンスオブペスカと、休み明けを叩いて上昇が見込める4 レッドレオンを指名します。


              買い目は◎からの馬連流し。ヒモにアフリカンゴールドを抑えた6点。


              日経新春杯 先取り展望

              0

                シンザン記念 実際の買い目
                【月見亭】三連複軸2頭流し 1,9−総流し
                【びぜんや】単勝 9 馬連流し 9−1,2,4,5,6,8 三連単軸2頭流し 9→4→1,2,5,6,8


                月見亭「名馬の冠を手に入れて、いざ向かうは桜の聖域! シンザン記念を制したのは私の◎サンクテュエール!」
                びぜんや「スタートは遅れたが、そこからすぐに挽回して3番手の内へ。直線はプリンスリターンとの一騎打ちになったが、僅かにクビ差先んじた」
                月見亭「強引な先行策に見えたけれど、そこを残すのがルメールの巧さね。府中で2着の無念を、京都で晴らした」
                びぜんや「切れるタイプではないだけに時計のかかる今の京都があったんだろうし、強引にでも先行すれば持ち味を生かせる。阪神マイルではどういう競馬をしてくるかな」
                月見亭「2着は2番手追走から先に抜け出したプリンスリターン」
                びぜんや「後続は4馬身突き放しているし、一瞬抜け出したかのシーンもあったけれど、残念ながら2着。これは騎手の経験の差もあったかなぁ。それでも賞金加算には成功したし、マイルでやれることを改めて示した実りの多い2着だ」
                月見亭「4頭による3着争いは、中団内から脚を伸ばしたコルテジアが制した」
                びぜんや「ブービー人気で3着は立派だが、そつなく運んだ上でなお上位とは離された3着。評価はしづらいね」
                月見亭「キミの◎ルーツドールは中団追走から見せ場なく後退、7着」
                びぜんや「道中は折り合いに苦労していたし、時計のかかる馬場も合わなかったか。要約すれば経験不足のひとことで片づけられるかな」
                月見亭「というわけで今週の結果。私は(◎▲−)で単勝と馬連が的中したけれど、実馬券の方は三連複2頭軸の片割れ、ルーツドールが7着でアウト」
                びぜんや「僕は(△−−)で予想も馬券も撃沈でした」
                月見亭「さて、来週は京都で日経新春杯!」


                シンザン記念予想 by月見亭

                0

                  北向観音に初詣に行ってきました。

                  時間が早かったせいか、参拝客も少なく、ゆっくりお参り出来ました。

                  冷たい空気の中のお参りは身が引き締まる思いがしますね。

                   

                  私のサンクテュエールです。

                   

                  残りはこんな感じです。

                   

                  〇 ルーツドール

                  ▲ プリンスリターン

                  △ オーマイダーリン

                  × タガノビューティー


                  シンザン記念予想 byびぜんや

                  0

                    コミケで仕入れてきた萌えカレンダーをぱらぱら観賞していて気づいたのですが、今年は五輪や天皇陛下即位の影響で祝日が大きく変わっているんですね。
                    個人的に特に注目だったのが、2月23日、フェブラリーSの日が天皇誕生日になっており、翌月曜日が振替休日になっていること。
                    日曜に府中までG気鮓に行くと翌日がしんどい、ということで松本に越してきてからは競馬遠征は三連休の中日(要するに毎日王冠と共同通信杯ね)や土曜日ばかりで、東京のG気鮴鹸兩錣靴燭里魯疋ゥ薀瓮鵐討離澄璽咫爾世韻世辰燭鵑任垢、このカレンダーなら翌日のことを気にせずにフェブラリーSを見に行くことが出来ます。
                    季節柄雪の心配もありますが、真冬の府中を熱く燃やすダートの祭典、ぜひ一度はこの目で見てみたいものです。


                    ◎9 ルーツドール
                    POGの指名馬が有力馬の一角として出世レースに出走。となればこれは◎を打たないわけにはいきません。
                    東京芝1600mでのデビュー戦では、内の馬にハナを譲って楽に2番手を追走。直線では余裕綽々という感じで先頭に立つと、あとは後続を突き放す一方。最後は5馬身差の圧勝でデビュー戦を飾りました。
                    今回がデビュー2戦目でいきなりの重賞挑戦となりますが、落ち着いた頭数で、重賞勝ち馬が不在という相手関係ならここでも好勝負になりそう。牝馬限定のフェアリーSではなく、クラシックを見据えて広い競馬場での牡馬混合重賞を選んできたあたりに、陣営の自信も感じられます。


                    ○4 タガノビューティー
                    ダートで2戦2勝の実績を引っ提げ、勇躍乗り込んだ前走・朝日杯フューチュリティSでは、初芝ということが懸念され9番人気という評価。道中も馬群の後ろを追走する形になり、芝のスピードについていけないかと思われましたが、3コーナーから外に持ち出されると、外々を回りながら豪快に加速。あわやのシーンを作って4着に健闘しました。
                    位置取りとコース取りのロスさえなければもっと際どかったと思われる内容。今回は一度芝を使って慣れが見込めますし、捌きやすい少頭数、与しやすい相手関係になるのも好材料。
                    坂の下りを利用できる京都外回りのコース形態も合いそうで、前走以上の結果が期待できます。


                    ▲8 カバジェーロ
                    前走・阪神新馬戦では、14番枠から先行し、内をそつなく立ち回るレースセンスの高さを披露。
                    道中マイペースに持ち込んだ逃げ馬と直線で併せ馬に持ち込むと、あとは後続を引き離してのマッチレース。逃げた2着馬とはアタマ差でしたが、後続は3馬身半突き放し、力強くデビューウインを飾りました。
                    追えば追うほど伸びた前走を見れば、1ハロンの距離延長は問題なくこなせそう。一度使っての上積みも期待でき、高配の使者となりそうな雰囲気を感じます。


                    △1 サンクテュエール
                    前走・アルテミスSでは離れた2番手追走からじわじわ脚を伸ばして2着。後方で脚を溜めていたリアアメリアの決め手には屈しましたが、勝ち馬に並びかけられると、食らいつくようにギアを上げる勝負根性を見せました。
                    切れる、というよりは前々で渋太さを生かしたいタイプだけに、京都へのコース替わりはプラス。
                    兄に米国のマルチタレント・ヨシダがいる良血が、どんな走りを見せるか注目です。


                    ×は実績のある距離に戻って見直したい2 ヴァルナを指名します。


                    買い目は◎からの馬連流し4点。


                    シンザン記念 先取り展望

                    0

                      京都金杯 実際の買い目
                      【月見亭】複勝 4 三連複軸2頭流し 6,17−総流し
                      【びぜんや】単勝 15 馬連流し 15−3,8,11,13,17,18 三連複 3−13−15


                      月見亭「一年の計は金杯にあり! G戯督戦へ輝く走りで満点回答!」
                      びぜんや「京都金杯を制したのはサウンドキアラ。好位の後ろで直線は内を衝いて進出。最後まで脚色衰えず押し切った」
                      月見亭「さすがは京都巧者という感じのそつのない競馬。昨年7着に終わったヴィクトリアマイルでのリヴェンジも視界に入ってきた」
                      びぜんや「ハンデに恵まれたのも確かだけどね。次は京都牝馬S、阪神牝馬Sあたりになるのかな。そこで上位争い出来れば本物だ」
                      月見亭「2着は中団から脚を伸ばしたダイアトニック」
                      びぜんや「いい脚で伸びてきたが、最後は勝ち馬と同じ脚色になったところを見ると距離はぎりぎりだったか。しかしハンデを考えれば勝ちに等しい2着だ」
                      月見亭「3着は2番手からボンセルヴィーソが粘った」
                      びぜんや「好スタートを決め、そのまま逃げ馬を行かせて好位をキープ。この判断が上手かったね。かつてのG毅鈎綰呂復活を告げる好走で、次走が楽しみだ」
                      月見亭「キミの◎モズダディーは先行策から失速、11着」
                      びぜんや「結果的には中途半端な位置取りになってしまい、直線では伸びない外を通らされた。上位陣に比べると競馬が雑だったし、力も足りなかったかね」
                      月見亭「私の◎メイショウショウブも先行策から後退、16着」
                      びぜんや「パタリと止まってしまったのは、前走のダメージもあったかな。こちらも枠なりに外を回らされる形になり、思ったような競馬が出来なかった」
                      月見亭「というわけで今週の結果。私は(−○−)でハズレ、馬券もハズレで金杯で乾杯、はならず」
                      びぜんや「僕は(○−−)で予想も馬券もハズレ。見事に金杯で完敗だ」
                      月見亭「さて来週は3日間開催。日曜重賞は京都のシンザン記念」

                      続きを読む >>

                      | 1/283PAGES | >>