calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

天皇賞・春 先取り展望

0

    マイラーズC 実際の買い目
    【月見亭】三連複軸2頭流し 4,10−総流し
    【びぜんや】単勝 3 複勝 3 馬連流し 9−1,3,4,5,8,10 三連複 4−8−9


    月見亭「太陽さえも灼き尽くす稲妻の切れ味でライヴァルを圧倒!」
    びぜんや「マイラーズCを勝ったのはサングレーザー。道中は中団のインで脚を溜め、直線外に持ち出して鋭進。教科書通りの競馬で重賞2勝目を手にした」
    月見亭「1馬身1/4差の完勝にレコードのおまけつき。上がりも破格の33.2秒と言うことなしの勝ちっぷりね」
    びぜんや「鮮やかすぎて次に上積みがあるのか心配になるくらいだな。重馬場のスワンSも勝っているけれど、パンパンの良馬場でさらに力を発揮した」
    月見亭「2着はキミの◎モズアスコット」
    びぜんや「前走に続いて前めの位置でレースして結果を残せたのは収穫だ。しかし勝ち馬の方が上手だったね」
    月見亭「3着に私の◎エアスピネル」
    びぜんや「後続を突き放しているし、中間一頓挫あったことを考えれば悪くない。ただあいかわらず勝ち切れないなぁ……」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(×△◎)でハズレ、馬券もハズレ。JRAからの誕生日プレゼントはなかったよ……」
    びぜんや「僕は(×◎○)で三連単的中、馬券は馬連が的中だ」
    月見亭「さて、来週からは春のG汽轡蝓璽挫翦彑錙
    びぜんや「春の京都で唯一のG機天皇賞・春だ」


    マイラーズC予想 by月見亭

    0

      実は、今日は誕生日です。

      「誕生日の日のG気浪燭な?」

      とワクワクしていたんですけど、今日は無いんですよね。

      もっと早く気付いてろよって話ですが、

      そんな緩い感じで競馬してます。

       

      私のエアスピネルです。

       

      残りはこんな感じです。

       

      〇 ブラックムーン

      ▲ ロジクライ

      △ モズアスコット

      × グァンチャーレ

      × サングレーザー

       

       


      マイラーズC予想 byびぜんや

      0

        ゴールデンウイークは岩手・水沢に帰省。
        弟夫婦に先月子どもが生まれたということで、お土産に競走馬のぬいぐるみを買って行って、英才教育を施すことにしました。
        問題は競走馬の選定。ドゥラメンテだシンハライトだ、ここはオジュウチョウサンだろう、いや実家の誰がぬいぐるみに大生け垣障害かくっついている意味わかるのよ、というような議論があった末、芦毛の個性派、ゴールドシップのぬいぐるみを買っていくことにしました。
        現役前期は私がラジオNIKKEI杯2歳Sや日本ダービーで軸にしていましたし、現役後半は月見亭が再三◎を打っていた馬。「週刊萌馬」からのプレゼントとしてはいいチョイスでしょう。
        ……ゴールドシップといえば、月見亭が10番人気・デニムアンドルビーとの2頭軸で勝負した宝塚記念で盛大に出遅れたりとか、私がためらいもなくバッサリ切った春の天皇賞を勝ったりとか、こてんぱんにやられた方の記憶が強かったりもするんですが。


        ◎9 モズアスコット
        デビューは3歳の6月と遅れ、ようやく3戦目で勝ちあがりましたが、そこからあれよあれよの4連勝。重賞初挑戦の阪神Cで1番人気というのはさすがに過大評価だった気がしますが、それでも外を回りながら0.2秒差の4着に入って見せました。
        前走・阪急杯は逃げたダイアナヘイローがまんまとペースを握る中、17番枠から終始外を回らされる厳しい競馬で2着。重賞初勝利近しを印象付けました。
        今回、休み明けの上位人気馬も多い中で、阪急杯をひと叩きしているのは大きなアドヴァンテージ。当然前走からの上積みが見込めます。
        マイルも守備範囲で距離延長は問題ありませんし、千四で培ったスピードは開幕週の馬場で生きてくるはず。脚質的に阪神内回りから京都外回りへのコース替わりも買い材料です。

         

        ○4 エアスピネル
        菊花賞で3着、ダービーでも4着と掲示板を外しておらず距離の融通の利く馬ですが、4勝すべてを挙げているのはマイル戦。ことに京都芝外回りの1600mではデイリー杯2歳Sと京都金杯を勝ち、昨年のマイラーズCとマイルCSで2着と、トップクラスのレースでパーフェクト連対をマークしています。
        となれば今回もここは上位争いは必至。開幕週の馬場に対応するスピードも、瞬発力勝負に対応できる切れ味も兼ね備えており、もちろんスタミナ勝負になっても問題なし。どんなレースでも勝ち負けに持ち込む懐の深さはライヴァルにないものです。


        ▲8 ロジクライ
        一昨年のシンザン記念ではジュエラー、レインボーライン、ファインニードルといった好メンバーを向こうに回してV。当然、クラシックでの活躍が期待されるところでしたが、骨折でリタイア。結局2年近くの休養を余儀なくされました。
        それでも復帰3戦目となった節分Sを逃げ切って、2年1か月ぶりの勝利を挙げると、続く前走・六甲Sでは澱みのない流れを3番手で追走し、残り1ハロンで抜け出すとあとは後続を突き放す一方。着差以上の楽勝で素質馬健在を示しました。
        今回は一気の相手強化とはなりますが、シンザン記念のメンバーを考えればここでも勝負になっておかしくありません。京都は【2,1,0,0】と得意にしていますし、脚質的に開幕週の馬場は合うはずで、甦ったダークホースの一撃なるか、注目です。


        △3 ベルキャニオン
        もともと共同通信杯でイスラボニータの2着に入っていた素質馬。
        前走・東京新聞杯はダービー以来3年8か月ぶりの重賞挑戦ということで13番人気の低評価。しかしレースでは外を回りながらもしっかりと伸び、リスグラシューから0.3秒差の7着。G宜チ馬が揃ったメンバーの中でも見劣りしない結果を残して、潜在能力の一端を示しました。
        左回りに良績が集中してはいますが、皐月賞でイスラボニータから0.5秒差、昨年の米子Sでもレコード決着の4着と右回りでも好走しており、京都へのコース替わりは問題ありません。
        いざとなったら逃げることも出来る先行力は、開幕週の京都で大きな武器になるはず。暖かくなると調子の上がってくる春男の一発に期待します。


        ×は阪神Cで◎に先着している5 サングレーザーと、京都金杯を勝った10 ブラックムーンを指名します。


        買い目は◎からの馬連流し。ヒモには開幕週の馬場が合う1 ヤングマンパワーを加えた6点。


        岩手競馬・留守杯日高賞予想 byびぜんや

        0

          「踏み切って、ジャンプゥ〜」の実況でおなじみ、山本直也アナウンサーがCMをやっているキリンの缶チューハイを買ってきてしまいました。
          ストロング系の缶チューハイは、アルコールの辛みが先に立つ感じで好きになれないんですが、この新製品はあまりそれが気にならなくていい感じ。
          ただ呑みやすい分酔いの周りも早いわけで……。アルコールに弱い私にとってストロング系缶チューハイはやはりオーヴァースペックだったような気がします。

           

          ◎4 スターギア/あやめ賞を快勝。岩手のクイーンとしてライヴァルを迎え撃つ。
          ○2 エグジビッツ/経験値の高さは断然。ひと叩きした上積み見込む。
          ▲8 リッカサンサン/南関東からの刺客。右回りこなせば。
          △7 バレンティーノ/転入初戦で地力証明。距離延長で活路拓く。
          ×1 プレシャスグリーン/好枠引いた。逃げればしぶとい。


          ■ おまけ ■ フローラS予想
          ◎10 オハナ/長くいい脚を使うタイプで、開幕週の馬場、この舞台は合う。
          ○11 カーサデルシエロ/注目の良血。2戦目の上積みも見込め。
          ▲4 サトノワルキューレ/牡馬相手に互角以上の戦績。重賞初挑戦でも。
          △16 ノームコア/休み明けを叩いた上積み見込む。開幕週の馬場○。
          ×5 ノーブルカリナン/コース替わり、距離延長がプラスに出そうで。
          ×12 レッドベルローズ/成長示した前走。ここは展開を味方につけたい。


          マイラーズC 先取り展望

          0

            皐月賞 実際の買い目
            【月見亭】複勝 9 ワイド 1−9 三連複軸2頭流し 2,9−総流し
            【びぜんや】単勝 3,8,10 複勝 3,8,10 馬連流し 3−2,7,8,9,10,12,15 ワイド 8−15 三連複 3−8−15


            月見亭「不屈の闘志と爆発力は父譲り、新たな黄金伝説の幕が開く!」
            びぜんや「皐月賞を勝ったのはエポカドーロ。大逃げする3頭を単騎追走する形から、直線で勢いよく進出。一気に先行勢を捉え、後続を突き放して歓喜のゴールに飛び込んだ」
            月見亭「重賞未勝利馬とは思えない力強い勝ちっぷり。父・オルフェーヴル譲りの道悪適性が生きたかな」
            びぜんや「前がハイペースで飛ばす一方、後続は牽制し合ってスローペース。結局この馬が一番いいペースで運べたというのもありそうだ」
            月見亭「オルフェーヴル産駒は先週の桜花賞でラッキーライラックが人気を裏切り、皐月賞では人気薄で優勝。こういう意外性というか爆発力がオルフェーヴル産駒らしいと言えば言えるのかな」
            びぜんや「かもね。前走・スプリングSでは3着以下を突き放してステルヴィオと接戦に持ち込んでおり、力は示していたわけだが、まさかここ一番でこんな勝ち方をするとはね」
            月見亭「こうなると注目は父仔三冠馬の達成なるか」
            びせんや「今回は馬場や展開で力を出し切れなかった馬も多いし、エポカドーロの父はともかく母は短距離重賞2勝のダイワパッションだから距離延長を歓迎とは言い切れない。次回が試金石となるだろう」
            月見亭「2着はエポカドーロを追いかけて伸びたサンリヴァル」
            びぜんや「こちらも展開と馬場を味方にしたクチだね。うまく脚を溜めて直線は勝ち馬に食らいついていったが、坂の上りで突き放された」
            月見亭「3着は先行3頭のうちジェネラーレウーノが後続の追撃を振り切って粘り込み」
            びぜんや「この展開で3着に残っているんだからなかなかタフだね。切れ味の要求されるダービーより菊花賞で面白いタイプかもしれない」
            月見亭「キミの◎ジャンダルムは後方でレースを進め流れ込んで9着」
            びぜんや「スタートで後手を踏んでレースプランが崩壊。脚を溜めて前が崩れるのに期待したけれど、今日の馬場にこのペースじゃ普通、後ろからじゃ届かないよね」
            月見亭「私の◎オウケンムーンは後方待機からポジションを上げたけれど最後に止まって12着」
            びぜんや「こちらも立ち遅れて万事休したクチ。道中ポジションを上げて活路を開こうとしたけれど、荒れた馬場でスタミナを失うだけの結果になってしまった」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(−−−)で見事に木端微塵。馬券ももちろん同じく」
            びぜんや「僕は(−−×)でハズレ。馬券は抑えで買ったジェネラーレウーノの複勝が掠ってボウズだけは免れた」
            月見亭「さて、来週はG気涼羌戮漾せっかくの誕生日、G気鯏ててぱ〜っと派手に行きたかったのになぁ」
            びぜんや「誕生日にG騎阿靴突遒噌んだバースデイになるよりいいんじゃないか」
            月見亭「ひどい言われようだけど反論できない……。で、レースはともにG供東でフローラS、西でマイラーズC」
            びぜんや「POGで指名したオハナちゃんが出るフローラSも絶賛気になるんだけど、本番への直結度を考えるとここはマイラーズCかな」


            皐月賞予想 by月見亭

            0

              時間がないので、前フリ無しで。

               

              私のオウケンムーンです。

               

              残りはこんな感じです。

               

              〇 ワグネリアン

              ▲ タイムフライヤー

              △ キタノコマンドール

              × ステルヴィオ

              × ジャンダルム


              皐月賞予想 byびぜんや

              0

                昔は菊花賞と並ぶ苦手科目だった皐月賞ですが。

                ゴールドシップの年に初的中させた後、イスラボニータの年からは4年連続的中で最近は得意のレースになっています(大体こんなこと書くと外れるようにできてるんですが)。

                今年はダノンプレミアムに逆らいようがなく、まぁ、それでも当てるだけなら何とかなるかと思っていたら、◎候補のダノンプレミアムがまさかの回避。さらに天気も荒れ模様で……。

                競馬を甘く見ちゃいけないと、競馬の神様ににらまれた気分です。

                 

                ◎はジャンダルム

                 


                岩手競馬・スプリングC予想 byびぜんや

                0

                  土曜日の水沢メインは駒形賞。
                  ここで15−16シーズンの「萌馬POG」で指名していたヤマニンリュウセイが、10頭立て9番人気の低評価を覆してV。POG期間が終わり、岩手に移籍してからも応援していた甲斐があり、46.0倍の単勝をゲットして、皐月賞の勝負資金を作ることが出来ました。
                  ちなみにこのレース、2着には10番人気の馬が入って馬連は262.2倍、枠連は542.6倍の高配当。ちなみに三連単は29003.2倍でした。
                  三連単は無理でも馬連か枠連くらい買っておけば……と言いたくなるところですが、9番人気と10番人気の馬連を買うのはなかなか度胸のいる所業。さらに枠連のほうが倍以上つくなんて言うのは発想の飛躍とオッズのこまめなチェックが必要なわけで……。
                  やはり万馬券を当てるのは難しいと痛感したのでした。


                  ◎2 ニッポンダエモン/岩手転入後2連勝。前哨戦も快勝しここは堅いか。
                  ○5 リュウノムーン/金杯3着の実力者。ひと叩きした上積み見込む。
                  ▲3 カッチャオ/好枠から先手奪えれば、再び波乱の使者になる。
                  △6 プリヴィレッジ/馬場が渋れば巻き返し可能。


                  ■ おまけ ■ アンタレスS予想
                  ◎3 ディアデルレイ/単騎逃げ望めるメンバー構成。重馬場味方にひとり旅。
                  ○5 トップディーヴォ/渋った馬場にはめっぽう強い。天を味方に。
                  ▲1 グレイトパール/5連勝の勢いに注目。休み明けでも乗り込み十分。
                  △15 ミツバ/G気任盒郎垢梁跡。叩き2走目の上積み見込む。
                  ×8 アルタイル/前走が惜しい競馬。1キロ減を追い風に。
                  ×7 ロンドンタウン/高速決着は歓迎。位置を取れれば面白い。


                  中山グランドジャンプ予想 byびぜんや

                  0

                    新年度から出張が増え、今週は首都圏に2往復。

                    そしてそのたびに鼻がぐずぐずしています。

                    向こうで変な花粉症でも拾ってきたのかな……。

                     

                    ◎9 アップトゥデイト/冬よりさらに過酷な舞台。スタミナ自慢と歴戦のヴェテランが必勝を期す。

                    ○6 オジュウチョウサン/障害史に名を遺すJ・G毅款’蓮ここも通過点。

                    ▲3 ニホンピロバロン/強敵相手にも怯まず。難度の高いコースはむしろ歓迎。

                    △5 ルペールノエル/大障害コースは得意の舞台。割り込みたい。

                    ×1 サンレイデューク/幾度も波乱呼んだダークホース。明けて10歳も意気軒高。

                    ×8 クランモンタナ/平地力とスタミナに自信。集中力を切らさなければ。


                    皐月賞 先取り展望

                    0

                      桜花賞 実際の買い目
                      【月見亭】複勝 11,12 ワイド 11−12 三連複軸2頭流し 1,9総流し
                      【びぜんや】単勝 5 複勝 5 馬連フォーメーション 5,131,4,5,7,9,13,17


                      月見亭「龍王と女王の遺伝子を持つ怪物が、舞い散る桜の下で覚醒!」
                      びぜんや「桜花賞を制したのはアーモンドアイ。道中は後方2番手を追走、直線大外に持ち出されると桁違いの末脚でライヴァルを蹂躙、レースレコードで圧倒した」
                      月見亭「シンザン記念の時もすごかったけれど、良馬場でさらに凄みが増したわね。勝ちパターンに持ち込んだラッキーライラックを並ぶ間もなく切り捨てるんだから」
                      びぜんや「上がりはレースのそれを1秒以上も上回る33.2秒。あちこちで“怪物”という形容詞が見られたけれど、確かに“強い”というだけではこの馬の強さを表現しきれないね」
                      月見亭「ルメール騎手は指を1本立てて三冠への自信を表明。オークスに向けての課題は距離延長、ってことになるわね」
                      びぜんや「ロードカナロアの仔だからね。ただ3歳牝馬同士ならあの破格の決定力で何とかしてしまえそうな気がするけど」
                      月見亭「2着は私の◎ラッキーライラック」
                      びぜんや「好発を決めて好位で流れに乗り、早目に先頭に立って受けて立つ王道の競馬。内枠の不利を打ち消した好騎乗だったし強い競馬を見せたが相手が悪かった。こちらはオルフェーヴル産駒、距離の伸びるオークスで逆転を狙える」
                      月見亭「3着は中団から脚を伸ばしたリリーノーブル」
                      びぜんや「時計の速い決着になったのはこの馬にとってはプラスだったかな。この馬も好時計は叩き出しているし、後続は突き放しているけれども相手が悪かった」
                      月見亭「キミの◎レッドサクヤはラッキーライラックと同じような位置から進めて7着」
                      びぜんや「なんとか粘って4着争いに踏みとどまったがオークスの権利は取れず。決め手の差が出てしまったね」
                      月見亭「というわけで今週の結果。私は(×◎○)で三連単的中、馬券は三連複的中だけれど、2番人気1番人気3番人気の決着で盛大に獲って損」
                      びぜんや「僕は(○▲△)で馬連的中、馬券も馬連が当たったけれどこちらもやっぱり獲って損。まだワイドにしたほうがリターンは大きかったという……」
                      月見亭「まぁ、当たっただけ良しとしよう。来週は中山に舞台を移して皐月賞」

                      続きを読む >>

                      | 1/248PAGES | >>