calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

マイラーズC 先取り展望

0

    皐月賞 実際の買い目
    【月見亭】単勝12 複勝 3,9,12 馬連流し 12総流し ワイドボックス 3,9,12 三連複 3−9−12
    【びぜんや】単勝 1,6 複勝 6 馬連流し 1−3,4,6,7,11,12 6−12  三連複 1−6−12


    月見亭「桜吹雪を追い風に、力で掴んだ春一冠! 皐月賞は私の◎サートゥルナーリアが勝って無敗の皐月賞馬に!」
    びぜんや「道中は中団追走から、先に抜け出したヴェロックスを目標に進出。3頭の熾烈な叩きあいから最後に抜け出し、牡馬クラシックひとつ目のタイトルを手にした」
    月見亭「ノーステッキで勝ってきた2歳時とは違い、叩きあいの末の勝利。スケールの大きさに加え、勝負強さを示したね」
    びぜんや「先週のグランアレグリアに続いて、年明け初戦の馬がクラシックを制覇。次回は皐月賞を使っての上積みを見込めるし、期待はより膨らむ」
    月見亭「母・シーザリオはオークス馬で、半兄・エピファネイアはダービー2着、ジャパンCで圧勝。その能力は東京芝2400メートルでこそ輝く」
    びぜんや「もっともライヴァルとは僅差。各陣営も対策を考えてくるはずで、ダービーが今から楽しみになってきた」
    月見亭「2着は先に抜け出したヴェロックス」
    びぜんや「サートゥルナーリアを倒すにはライヴァルの前で競馬しなくてはならないと考えたのだろう。先行策から強気の競馬で金星が見えかけたが、最後に本命馬の前に屈した」
    月見亭「3着は内から抜け出したダノンキングリーで、ここまでがタイム差なしの接戦」
    びぜんや「サートゥルナーリアを倒すにはロスなく立ち回らねばならないと考えたのだろう、内枠を利し、先行策からスムースに立ち回って栄冠が見えかけたが、わずかに及ばなかった」
    月見亭「ヴェロックスもダノンキングリーも逆転の秘策を練ってそれを見事にこなしたのに、最後はサートゥルナーリアの底力に屈した、ってことね」
    びぜんや「しかし今回の上位勢、1着馬が前走ホープフルS勝ち、2着馬が前走若葉S勝ち、3着馬が前走共同通信杯勝ちで、かつて王道と言われた中山のトライアルから来た馬は前走スプリングS4着、タガノディアマンテの6着が最高。つくづく時代が変わったと思わされるね。ますます予想が難しいレースになって来た……」
    月見亭「キミの◎アドマイヤマーズは内を立ち回るも4着まで」
    びぜんや「やりたかったのはダノンキングリーの競馬だったんだろうが、一段後ろで競馬をする羽目になり、結果直線では追い出しを待たされた。序盤の立ち回りが響いたね」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(◎×−)で単勝的中、馬券もサートゥルナーリアの単複と総流しの馬連が的中したけれど、これは獲って損。アタマ堅くてヒモ荒れる、メイショウテンゲンやファンタジストが突っ込んで高配の予定だったのに、しょぼい配当だったわ」
    びぜんや「僕は(▲△−)で馬連的中、馬券はハズレ。アドマイヤマーズ、ヴェロックス、クラージュゲリエの3頭で◎を迷った挙句マーズに◎を打ったけれど、当たるでもなく、超高配の夢が見られるでもなく、一番中途半端なところに行って中途半端に外してしまった」
    月見亭「さて、来週は開催替わりでG気話羌戮漾E豕でフローラS、京都でマイラーズCがあるけれど」
    びぜんや「ここはやっぱり安田記念の前哨戦、マイラーズCでしょ」


    皐月賞予想 by月見亭

    0

      お気に入りが三頭も出てたら、予想なんて出来ないですね。

       

      私のサートゥルナーリアです。

       

      残りはこんな感じです。

       

      〇 メイショウテンゲン

      ▲ ファンタジスト

      △ ニシノデイジー

      × タガノディアマンテ

      × ヴェロックス


      皐月賞予想 byびぜんや

      0

        今日はグリーンチャンネルでオジュウチョウサンが中山グランドジャンプ4連覇の偉業を達成したのを見届けてから、松本城まで桜を見に行ってきました。

        観光客、花見客でごった返していましたが、花はまだまだ咲き始め。

        画像の、東側のお堀の桜は七分八分まで咲いている感じで見事でしたが、北側は殆ど蕾で、ちょっと花見には早い感じでした。

        松本城の花ざかりは来週、というところでしょうか。

        このぶんなら高山村や小川村など、信州の標高の高いところでは、ゴールデンウイークにも桜を楽しむことが出来そうです。

         

        ◎はアドマイヤマーズ

         


        岩手競馬・赤松杯予想 byびぜんや

        0

          この冬は暖冬かと思いきや、3月になって冷え込み、今週は関東甲信越でも雪が降ったりして、桜の開花はちょっと遅めな様子。
          阪神競馬場では桜花賞が終わった今週になって満開なようですし、我が松本市の桜もまだこれからが盛り。そんな中、来週は水沢競馬場の桜並木が一般開放されます。
          その頃には満開になってるといいですねぇ。


          ◎9 スカイロックゲート/年明け初戦で実績馬を圧倒。ここから今年の主役に名乗り。
          ○4 チェリーピッカー/当地重賞勝ちある実力者。久々でも。
          ▲2 イーグルカザン/明け11歳も古豪健在。笠松で結果残し態勢万全。
          △1 ロジストーム/南関でも上位を争った。使われて、力をつけて岩手へ帰還。
          ×5 ニットウビクトリー/前走は距離が敗因。鉄砲巧者の激走警戒。


          皐月賞 先取り展望

          0

            桜花賞 実際の買い目
            【月見亭】複勝 14 三連複軸2頭流し 14,15−総流し
            【びぜんや】単勝 7 複勝 7 馬連流し 4−2,7,8,14,15 7−15  三連複軸2頭流し 4,7−2,8,14,15


            月見亭「常識さえも捩じ伏せて、歓声を独り占めにした乙女!」
            びぜんや「桜花賞を制覇したのはグランアレグリア。好位追走から4角先頭、捕まえられるものなら捕まえてみろと言う強気の競馬で後続を突き放した」
            月見亭「後続が32秒台の上がりを使っても捕まえられないワンサイドゲーム。終わってみれば1頭だけカテゴリーの違う馬が混じってた、って感じね」
            びぜんや「昨年のアーモンドアイほどの派手さはないが、強いレースぶりという意味ではこちらが上か。今年もまたこのレースから怪物がデビューした」
            月見亭「今回が朝日杯以来という変則ローテ。年明け初戦でクラシックを制したのはこの馬が初めてらしいわね」
            びぜんや「桜花賞にしても皐月賞にしても、昔はトライアルを使わない馬は即消しだったけど、12年にゴールドシップが共同通信杯から皐月賞を制し、昨年はアーモンドアイがシンザン記念からの直行で桜花賞Vと、クラシックへのステップが一気に多彩になって来たね。ぶっつけで桜花賞というのもやがてポピュラーになるのかもしれない」
            月見亭「次はオークスかな。叩き2走目での上積み、地元関東に帰るとなれば次も期待できそう。あるいはダービー挑戦も?」
            びぜんや「スピードのあるタイプだけにNHKマイルCも選択肢に入るね。間隔を開けて結果を出してきたことを考えると、6月の安田記念というのも面白そうだな」
            月見亭「2着には後方待機のシゲルピンクダイヤが馬群を捌いて突っ込んだ」
            びぜんや「スムースに捌けた点はあるにしろ、発馬の後手、外枠の不利を克服してのこの結果は見事。キャリア3戦目、まだまだ伸びしろも見込める」
            月見亭「3着にキミの◎クロノジェネシス」
            びぜんや「中団待機で脚を溜め、悪くないレース。結果的には内から大外に出すコースロスが2着争いで響いた形になったね」
            月見亭「私の◎ビーチサンバは道中で押し上げ、2着争いに加わったものの5着まで」
            びぜんや「ダノンファンタジーをめがけて動いたけれど、マークする相手を間違えてしまったね。結果的に中途半端なレースになってしまった」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(×△×)でハズレ、馬券も同じく」
            びぜんや「僕は(×−◎)でハズレ、馬券も御同様でした」
            月見亭「さて、牝馬の次は牡馬クラシックの第一弾」
            びぜんや「桜花繚乱の阪神から若葉薫る中山に舞台を移して、皐月賞!」


            桜花賞予想 by月見亭

            0

              選挙に行ってきました。

              直前の雨のせいだけではないと思いますが、投票所の閑散としていること。

              まぁ、私もポケモンGOのイベントでもなければ行かなかったかもしれませんが。

              少しは投票率が上がっていると良いのですが。

               

              私のビーチサンバです。

               

              残りはこんな感じです。

               

              〇 ダノンファンタジー

              ▲ アクアミラビリス

              △ シゲルピンクダイヤ

              × クロノジェネシス

              × グランアレグリア

               


              桜花賞予想 byびぜんや

              0

                アイルランドに繋養されていたウオッカが、滞在先の英国で息を引き取ったとのニュースがありました。
                このブログの自己紹介にも「推し馬」として名を挙げていますが、大阪在住時には何度も3歳牝馬重賞に出かけて応援し、東京に越してからは府中を主戦場とした彼女を何度も応援に行った、思い入れの深い馬。おそらくこのブログでいちばん多く◎を打った馬でもあり、その早世は残念で、悲しくてなりません。

                 

                思い起こせば、ウオッカが桜花賞でダイワスカーレットと戦った年も、今年のように花の遅い年でした。

                このライヴァルのほかにも、アストンマーチャン、レインダンス、ベッラレイア、ローブデコルテ、ピンクカメオ、ザレマ、クイーンスプマンテ、エイジアンウインズ、アルコセニョーラ、路線は違いますがスリーブレスナイトやカノヤザクラなど、牝馬に綺羅星のごとき個性派スターが揃っていた世代。

                あの世代のレースやパドックを何度も現地で見られたのは、明らかに私の予想の血や肉になっています。

                 

                その世代の主星が逝ってしまったことに、時代の区切りを感じずにはいられません。

                合掌。


                ◎はクロノジェネシス


                岩手競馬・あやめ賞予想 byびぜんや

                0

                  今年の岩手競馬のキャッチフレーズは「ともに翔ける」。奥州市出身のスター・大谷翔平選手にちなんだものですかね。
                  今年は釜石市でラグビーのW杯が開催されますし、高校野球では大船渡高校の佐々木投手が163キロという猛烈なスピードボールを披露。MLB1年目の菊池雄星投手も岩手出身ですし、春場所は揮いませんでしたが初場所では錦木関が活躍と、岩手のスポーツが盛り上がりそうな気配が漂っています。
                  競馬も負けじと熱く盛り上がってほしいですね。


                  ◎3 エムワンピーコ/2走前にはのちのスプリングC勝ち馬・パンプキンズを撃破するなど目下4連勝。始動戦からエンジン全開。
                  ○2 ボルドープラージュ/ラブミーチャン記念勝ちなど戦歴豊富。好枠生かして先手必勝。
                  ▲8 ウィズジョイ/当地重賞3着の実力者。失地回復に燃える。
                  △10 ミラクルフーガ/前走は休み明けで度外視。早めに動ける強み生かして。

                   


                  桜花賞 先取り展望

                  0

                    大阪杯 実際の買い目
                    【月見亭】三連複軸2頭流し 11,14−総流し
                    【びぜんや】単勝 3,9,10 複勝 3,9,10 枠連流し 3総流し 枠連 6−7 ワイドボックス 3,9,10 三連複軸2頭流し 3,9−10,12


                    月見亭「穴馬は忘れたころにやって来る! かつての皐月賞馬が見せた意地の復活劇!」
                    びぜんや「大阪杯を制したのは僕の◎アルアイン。先行集団の内で脚を溜め、直線で内をすり抜けるように進出。後続の追撃を振り切って、皐月賞以来の白星を手にした」
                    月見亭「北村友一騎手が巧みにリードして中央G欺蘊〕。後方待機勢が外で伸びあぐねる中、経済コースを巧く立ち回った」
                    びぜんや「スローで前有利な展開ながら、早めにレースが動き出して上がりのかかるレースになったのもこの馬にとってはよかったね。瞬発力勝負ではしんどかったから」
                    月見亭「9番人気での勝利は皐月賞と同じ、自己最低人気タイでの勝利。今回は4歳馬に人気が集中してマークが薄くなったのもよかったかな」
                    びぜんや「枠も味方したし、ブリンカーの効果もあったかな。うまく行く時はすべてがかみ合う、その見本みたいな勝利だった」
                    月見亭「2着は2番手からレースを進めたキセキ」
                    びぜんや「番手からの競馬でもよく伸びていたけれど、逃げ馬をかわす時に内を衝いたか外を回ったかが最後に明暗を分けた。スムースに逃げていたらどうだったかな」
                    月見亭「3着はアルアインの後ろから内を伸びてきたワグネリアン」
                    びぜんや「通ったところは良かったけれど、位置取りが一段後ろだったね。それでも人気よりは上の着順に来ているし、休み明けとしては及第点か」
                    月見亭「私の◎ダンビュライトは見せ場なく9着敗退」
                    びぜんや「今日の展開は外枠の馬にキツかったね。折り合い難があるから道中動かすのも難しく、何もできずに回ってきてしまった感じだ」
                    月見亭「というわけで今週の結果。私は(△×▲)でハズレ、馬券も同じく。競馬新聞の占いには『ボックス買いにして吉』みたいなことが書いてあったのよねぇ。その通りにしておけば……」
                    びぜんや「僕は(◎−−)で単勝的中、馬券はアルアインの応援馬券と、枠連が的中。しかし2着にも3着にもシルシが打てていない予想の下手さよ」
                    月見亭「さて、来週も阪神でG気」
                    びぜんや「クラシックシーズン開幕戦、花の都の少女歌劇、桜花賞だ」


                    大阪杯予想 by月見亭

                    0

                      時間がないので、前フリ無しで。

                       

                      私のダンビュライトです。

                       

                      残りはこんな感じです。

                       

                      〇 ペルシアンナイト

                      ▲ ワグネリアン

                      △ アルアイン

                      × キセキ

                      × ステルヴィオ


                      | 1/267PAGES | >>