calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

阪神ジュベナイルフィリーズ 先取り展望

0

    チャンピオンズC 実際の買い目
    【月見亭】複勝 2,7  ワイド 2−7 三連複軸2頭流し 2,7−総流し
    【びぜんや】単勝 15 馬連流し 15−2,4,7,8,9,11,12,14

     

     月見亭「百家争鳴のダート界を一瞬で黙らせた鬼脚!」
    びぜんや「チャンピオンズCを制したのはサウンドトゥルー。最後方待機から直線一気。先に抜け出したアウォーディーを捉えたところがゴールだった」
    月見亭「昨年も後方一気の競馬で3着。今年も同じ競馬を貫いて結果を出したね」
    びぜんや「いつもコンスタントに結果を出せる脚質ではないから、ここに賭ける思いは大きかっただろうね。展開もうまく味方してくれた」
    月見亭「大野騎手も肝の据わった騎乗で自身のG毅仮〔椶鬟殴奪函
    びぜんや「スノードラゴンの時も人気薄で思い切りのいい競馬だったね。田辺騎手とかもそうだけど、こういう騎手は忘れたころに大仕事をしてくれるよな」
    月見亭「2着に私の◎アウォーディー。ゴール前で抜け出したけれども、あと一歩のところで大魚を逃がした」
    びぜんや「先に抜け出すと気を抜くのでタイミングの難しい馬。しかしホッコータルマエが回避し、コバノリッキーもゴールドドリームも早めに退いて、マークを一身に受ける立場になってしまった。力負けではないね」
    月見亭「3着は先行したアスカノロマンが粘った」
    びぜんや「前崩れの中でよく粘った天晴れな3着。まぁ、今年前半の実績を考えればこのくらいやれて当然ではあるけれどね。それだけに、人気を落とす元になった前走大敗の原因がなんなのか、気になるけれど」
    月見亭「キミの◎モーニンはちょっとちぐはぐな競馬だったのかな。7着」
    びぜんや「一度先行しながら、ハイペースを嫌ったか他馬と競り合ったせいか、いったんポジションを下げてから差してきた。自在性は見せたけれど、G気妊好燹璽垢気魴腓い燭蕕世瓩世茲諭
    月見亭「私は(△◎−)で馬連的中。馬券はアウォーディーの複勝が当たったけれど、三連複軸2頭のもう一方、愚弟・ラニが9着に敗れてトータルでは獲って損」
    びぜんや「僕は(−○×)でハズレ。このままでは全敗で今シーズンを終えてしまう……」
    月見亭「さてシーズン全敗までマジック3となって、来週は阪神ジュベナイルフィリーズ!」


    チャンピオンズC予想 by

    0

      パソコンを買い換えました。

      まだ色々やらなきゃいけないことが多いですが、

      とりあえず、「JRA-VAN NEXT」が使えれば、

      土日は乗り切れるので、あとは追々やっていきます。

       

      私のアウォーディーです。

       

      残りはこんな感じです。

       

      ○ ラニ

      ▲ ノンコノユメ

      △ サウンドトゥルー

      × ゴールドドリーム

      × モーニン

       

       


      チャンピオンズC予想 byびぜんや

      0

        今年は阪神競馬場が改修され、外回りコースが新設されてから10周年になるんですね。引き込み線からスタートする桜花賞というのも、いつのまにかずいぶん懐かしいものになりました。

        その阪神新装開幕週、私たち夫婦は阪神JFを見に行っているんですね。

        真新しいコースで展開されたのは、まさに「牝馬の時代」の幕開けとなるレース。
        今思えばあれは、歴史の転換点を見に行ったのだなぁ、ということになり、感慨深いものがあります。

         

        その「牝馬の時代」の前奏曲を奏でた女皇の息子が2頭、チャンピオンズC(ちなみにそのころはまだ東京ダート2100のJCダートでしたねぇ)に出走しますが。


        私の◎はモーニンです。


        岩手競馬・北上川大賞典予想 byびぜんや

        0

          さくら「来年からまた岩手競馬に新しい重賞が出来るんですね」
          びぜんや「水沢ダート1400mで行われる『奥州弥生賞』。3月の特別開催で行われる唯一の重賞ってことになるね」
          くろ「特別開催は毎年焦点がボケて盛り上がりさ欠けっからな。休み明けの馬ばっかしで荒れそうだし、ま、いいんでねか」
          びぜんや「重賞乱造はどうかと思うけれど、この時期なら悪くないかな。位置づけ的には赤松杯の前哨戦、ってことになるのか」
          さくら「また、新重賞ではないですけれど、マーキュリーCに『メイセイオペラ記念』の副名がつくようになります」
          くろ「むしろ遅すぎた取り組みだじゃ。これでメイセイオペラの名ば残せる」
          びぜんや「同感。岩手から中央に挑んでフェブラリーSを制した馬の名が、中央の実力者が岩手にやって来る重賞の名になる。これはいいよね」
          さくら「もっといろんな名馬の名がレース名になれば、岩手の競馬の歴史が伝わりやすくなって、いいですよね」
          びぜんや「騎手や調教師の名前もこういう形で残るといいよね。ただ、最近の岩手で後世に名を残せるような活躍馬がいないのは残念」
          くろ「それこそ『メイセイオペラ記念マーキュリーC』で中央馬ば返り討ちさするような馬ば育てねぇどな」
          さくら「さて、日曜日の水沢メインレースは2500mの長丁場、北上川大賞典です」
          くろ「98年、99年とそのメイセイオペラが連覇してたレースだ」
          さくら「さっそくですが、◎はどうしますか?」
          びぜんやナリタポセイドンを指名するよ。岩手転入後2戦2勝で、前走ではナムラタイタン先生を撃破。もともと中央では中長距離を使われていた馬で、距離延長は歓迎だ」
          くろ「もっともその前走、ナムラタイタンは半年ぶりだったからな。それを額面通りに受け取れっぺか。それに小回りの水沢も未知数だ」
          びぜんや「右回りのダートでは未勝利だし、懸念材料も多いよね。そのへんは上にユノナゲット、チョイワルグランパ、そしてダークシャドウがいる血統的な底力に期待、ということで」
          くろ「なんだか苦しいな」

          びぜんや「お気に入りの血統なものでね。細かいことには目をつぶる方向で」
          さくら「○はどうしますか?」
          びぜんや「昨年の覇者・ライズラインだ。絆Cで◎と0.3秒差3着、南部杯では地方勢最先着。連覇する力は十分だ」
          さくら「▲はどうしますか?」
          びぜんやブレークビーツが気になるんだよねぇ。芝の1000mからダートの2500mへという異色の臨戦過程が気になる」
          くろ「だども、こいつは芝馬だべ。ダートは1回走って10着だ」
          さくら「ただ、かきつばた賞を勝っているくらいで、スタミナには自信があるはずだ。ジャングルポケット×SSはアウォーディーと同じだし、ひょっとしたらひょっとしないか」
          さくら「あとはどうしましょう?」
          びぜんや「今年は今ひとつ冴えないけれど、コミュニティは外せないよね。前走・初冬特別で半年ぶりの勝利。これがきっかけになれば」
          さくら「それでは結論です!」

           

          ◎1 ナリタポセイドン
          ○3 ライズライン
          ▲9 ブレークビーツ
          △2 コミュニティ

           

          さくら「買い目はどうしますか?」
          びぜんや「無難に◎から馬複で流そう」


          チャンピオンズC 先取り展望

          0

            ジャパンC 実際の買い目
            【月見亭】複勝 4  三連複軸2頭流し 4,16−総流し
            【びぜんや】単勝 3,6,14,17 複勝 3,6,14,17 馬連流し 3−1,6,8,14,16,17 ワイド流し 171,8,16 ワイドボックス 3,6,14,17

             

            月見亭「世界よ見たか、これが日本の王者!  世界よ聴いたか、これが日本の演歌!」
            びぜんや「第36回ジャパンCを制したのはキタサンブラック。好枠からハナを取ると、計ったようなペースで絶妙な逃げ。直線に向いてスパートをかけると、ついて来られる馬はいなかった」
            月見亭「1年半前にダービーで大敗した舞台で、強烈な逆襲劇。有馬記念にも期待が膨らむし、年度代表馬の夢も」
            びぜんや「ほかに逃げる馬がなく、1番人気。ライヴァルがマークしてくる中で影もふませなかったんだから強いよな。こうなると2000mでモーリスとの対決も見てみたくなってくるが」
            月見亭「まだ4歳。日本最強を示して、今度は海外雄飛の夢も出てきそう」
            びぜんや「北島オーナーの『まつり』がドバイで、香港で、ヨーロッパで、アメリカで響きわたるのか。そんな夢も見たくなるな」
            月見亭「2着は馬群を割って伸びてきたサウンズオブアース」
            びぜんや「13回目の重賞挑戦も実らず、G気任錬嚇挂椶裡加紂今回も善戦キャラを返上することは出来なかった。思い切ってステイゴールドのように海外行っちゃったらどうだろうか」
            月見亭「3着は外から猛烈に追い込んだシュヴァルグラン」
            びぜんや「ほとんどレースが決してから、先行勢が崩れたのに乗じての3着であまり評価は出来ないかな。春天、宝塚記念に続いてキタサンに敗れ、同期との差は縮まっていない」
            月見亭「4着にキミの◎ゴールドアクターが流れ込んだ」
            びぜんや「ワンアンドオンリー、リアルスティールともども、勝ち馬をマークする位置でレースをしながら、キタサンに鈴をつけに行くわけでもなく、逃げ馬のペースに乗じて2着3着に入るでもなく。意図の見えない中途半端な競馬だった」
            月見亭「私の◎ルージュバックは見せ場なく9着」
            びぜんや「オークスで2着に入っている馬だが、本質的にこの距離は長いんじゃないかな。勝ち馬が澱みのないペースを作ったことで、脚を溜めることも出来なかった」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(△×−)でハズレ、馬券も同じく」
            びぜんや「僕は(−−○)でハズレ。馬券は抑えで買っていたシュヴァルグランの複勝とワイドが当たったけれど、獲って損」
            月見亭「さて、今年の東京と京都での開催も終わり、あとはいよいよ師走開催」
            びぜんや「その開幕週は中京でチャンピオンズCだ」


            ジャパンC予想 by月見亭

            0

              雨です。

              洗濯は出来ないし、ポケスト巡りは出来ないし。

              パソコンは変換がダメダメだし。

              (これは雨のせいではない)

              やる気が出ませんね。

               

              ◎ ルージュバック

              ○ リアルスティール

              ▲ ナイトフラワー

              △ キタサンブラック

              × サウンズオブアース

              × レインボーライン

               

               

               

               

               


              ジャパンC予想 byびぜんや

              0

                私はここのブログのほか、「3:31a.m.」というコミック感想サイトも営業しているんですが。
                先日、そこのプロバイダから、来年10月限りでサービスを終了するというお知らせがありました。

                 

                最近は訪れるお客様も減っていましたし……
                更新回数も最盛期から激減していますし……

                 

                このままフェードアウトしてしまうことも考えましたが、web上のさまざまな交遊関係のきっかけになったサイトでもあり、規模を縮小しつつ、この機会にデザインも変えたりしながら、どこかのサーバに引っ越して継続しようと考えています。
                このブログを引っ越したとき以上の大騒ぎになりそうで、若干気が滅入らないでもないですが……。

                 

                ◎はゴールドアクター


                岩手競馬・ひいらぎ賞予想 byびぜんや

                0

                  びぜんや「ああ、11月が終わってしまう……」
                  さくら「今年ももう残り1ヶ月なんですねぇ」
                  くろ「だども11月が終わったってどうってこたながんべ。11月が終われば12月が来て、12月もまた競馬がある」
                  びぜんや「いや、今年は6月から馬券が急に好調になってね。10月まで5ヶ月連続で万馬券が当たっていたんだ。馬券も7月を除けばプラス収支だったのに」
                  さくら「今月はさっぱり、ですか」
                  くろ「女王杯で今年最大の大敗だって言ってたおんな」
                  びぜんや「ああ、このままトンネルに入ってしまうのか。なんとか明日は巻き返さないと……。1番人気が飛びそうなレースは? とてつもない穴馬が突っ込んできそうなレースは?」
                  さくら「ああ、目が完全に穴狙いでドツボにハマる人のそれになっています……」
                  くろ「単にいつものびぜんやに戻ってるだけでねぇか」
                  さくら「そろそろ予想に移りたいんですけどねぇ」
                  くろ「んじゃ俺が替わりに予想してやっペ。今週の水沢競馬日曜メインはひいらぎ賞だな。ダート1900mのB1級だな。よし、ここは◎アイヅラブリーでどうだ」
                  びぜんや「ちょ、ちょっと待った。勝ち目ないでしょ、その馬。中央時代に26連敗し、岩手に来てからも6戦6敗。いずれも1秒以上勝ち馬から離されてる」
                  くろ「だども前走では掲示板さ載っでだぞ。この馬だれば高配も間違いなかんべ」
                  びぜんや「いや、ちょ、それはさすがに。ここは自分で予想するよ」
                  さくら「それでは、◎はどうしますか?」
                  くろ「12頭中10頭が先々週の『金ヶ崎そば祭り賞』からのローテ。まんつ、ここの上位から入ぇんのがセオリーだべな」
                  びぜんや「ここはその前哨戦3着、タフガイを指名しよう」
                  くろ「3番手から流れ込む競馬で3着。コスモジョイジョイ、トーホウパルサーからは離されでいたど」
                  びぜんや「しかし300mの距離延長はこの馬にとって追い風になるはずだ。昨年は12月に連勝しているし、梅雨時に連勝した経験も。だから泥んこの馬場になればそれも歓迎材料になる。前走にしたって4着以下は突き放していたしね」
                  さくら「○はどうしましょう」
                  びぜんや「ここは前哨戦を2番手から押し切ったコスモジョイジョイに敬意を表そう。安定した取り口で大崩れがない。水沢では馬券を外していないしね」
                  さくら「▲はどうしますか」
                  びぜんや「かつてのビューチフルドリーマーC3着馬・スパンコールだ。今年のフェアリーCでも4着に入っていて、格上的存在と言える。距離延長もプラスに出るだろう」
                  くろ「アイヅラブリーとも差はねがったけんとな……」
                  さくら「あとはどうしましょう?」
                  びぜんや「距離延長で変わり身に期待したいのが△アクシア。前哨戦で2着に入ったトーホウパルサーが今回も逃げるとなれば、こいつも外せまい。×を打って抑えよう」
                  さくら「それでは結論です!」

                   

                  ◎10 タフガイ
                  ○11 コスモジョイジョイ
                  ▲7 スパンコール
                  △8 アクシア
                  ×4 トーホウパルサー

                   

                  さくら「買い目はどうしますか?」
                  びぜんや「オーソドックスにタフガイからの馬複流し、4点で」
                  さくら「さて、おまけ予想は京阪杯です」
                  びぜんや「昨年の勝ち馬・サトノルパンが引退してしまったなぁ……」
                  さくら「エリモピクシーの仔はお気に入り血統。ここは当然半兄のレッドアリオンから……ですよね」
                  びぜんや「まぁ、前々走は不利、前走は展開向かず。まだスプリント性能がないと決めつけるのは早計だしね」
                  くろ「ただスタートに難がある馬が電撃戦でやって行けんだべが?」
                  びぜんや「そうなんだよねぇ。前走でそのサトノルパンと接戦を演じたエイシンスパルタンから行った方がいいような気も……」

                   

                  ■ おまけ ■ 京阪杯予想

                  ◎15 レッドアリオン/前々走にスプリンター性能の片鱗。揉まれない外枠はプラス。
                  ○18 エイシンスパルタン/3走前が強い競馬。叩き2走目で前進期待。
                  ▲2 ネロ/直千だけじゃないことを示した近2走。相手弱化で主役に進出。
                  △9 クリスマス/函館の一番星が復活。平坦コースは合う。
                  ×3 セカンドテーブル/京都千二は得意の舞台。好位から積極策で。
                  ×11 ラインスピリット/気温が下がって連勝。勢い注目。


                  ジャパンC 先取り展望

                  0

                    マイルチャンピオンシップ 実際の買い目
                    【月見亭】複勝 6,16 ワイド 6−16 三連複軸2頭流し 6,16−総流し
                    【びぜんや】単勝 4,9,12,14 複勝 4,9,12,14 ワイドボックス 4,9,12,14 馬連流し 9−2,4,5,7,8,10,16


                    月見亭「これが俺の生きる道。自分の走りを取り戻し、マイル王座に返り咲き! マイルチャンピオンシップを勝ったのは私の◎ミッキーアイル!」
                    びぜんや「外枠から先手を主張し、思惑通りハナに。最後は力尽きかけたが、なんとか粘って2年半ぶりとなるG汽織ぅ肇襪鮗蠅砲靴拭
                    月見亭「NHKマイルCを勝った馬が古馬マイルG気鮠,弔里呂海譴初めてなんだってね」
                    びぜんや「NHKマイルCなんてG1.5みたいなもんだから、古馬になって頭打ちになる馬が多いのも頷けるがなぁ……。しかしシーキングザパール、エルコンドルパサー、クロフネ、キングカメハメハ、ラインクラフト、ディープスカイといった馬も中距離に転進したり、早期に引退したりで古馬マイルG気砲麓蠅届かなかったんだな」
                    月見亭「5連勝でG気鯤燭蕕欧秦納素呂、回り道をした挙げ句、あるべきスタイルで、取るべきタイトルを取ったってことかしらね」
                    びぜんや「やはりミッキーアイルには逃げがよく似合う。しかしマイルCSの逃げきりがダイタクヘリオス以来というのも意外ではあったかな」
                    月見亭「2着は中団グループから伸びたイスラボニータ」
                    びぜんや「今年は逃げ馬を見る位置で安定した取り口を見せているね。ただものすごい決め手を持っているわけではないから、どうしても届かないなぁ」
                    月見亭「3着は2番手から進めたネオリアリズム」
                    びぜんや「最後に不利を受けたが、まぁ行った行ったの競馬。マイルはどうかと思ったけれども苦もなく流れに乗り、札幌記念勝ちがフロックじゃないことを示したね」
                    月見亭「キミの◎サトノルパンは17着馬からも2.4秒差つけられて大差殿負け」
                    びぜんや「JRAからは何のリリースも出ていないし、ゴールまでたどり着いているんだから大きな故障ではないんだろうけど、なんだろうね。直線を向いたときにはもう匙を投げていた」
                    月見亭「というわけで今週の結果。私は(◎×−)で単勝的中。馬券は複勝が当たったけれど、三連複は痛恨の軸馬1着4着。これでミッキーアイルが降着になってダノンシャークが繰り上がりになっても三連複はやっぱりハズレなわけで。うううむ……」
                    びぜんや「僕は(▲−−)で今週も惨敗。ふたりの◎を打った馬が1着と殿負けってのも珍しいよな、しかし」
                    月見亭「最後はちょっと後味の悪い結果になっちゃったね。浜中騎手は4週間の騎乗停止か……。降着があった方がすっきりしたような、やっぱりすっきりしないような」
                    びぜんや「ミッキーアイルが降着になって得するのは、被害馬じゃなくて漁夫の利を得た形になるイスラボニータだからねぇ。それなら着順通りの方がすっきりすると思うよ」
                    月見亭「さて、気持ちを切り換えて来週はジャパンC」


                    マイルチャンピオンシップ予想 by月見亭

                    0

                      母が金曜日に緊急入院しました。

                      結果としては、無事に本日退院することが出来、安心しています。

                      元々、今月末に検査入院することが決まっていて、

                      それが早まっただけみたいな感じで済んで、本当に良かったです。

                       

                      私のミッキーアイルです。

                       

                      残りはこんな感じです。

                       

                      ○ ダノンシャーク

                      ▲ スノードラゴン

                      △ サトノアラジン

                      × イスラボニータ

                      × サトノルパン


                      | 1/220PAGES | >>