calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

archives

memo

当ブログの予想と的中の定義は次のようにします。 シルシ 上位から◎○▲△××の6つ。シルシを打つ馬の頭数は、出走馬の半数を上回らないものとします。 的中 本命的中=◎の単勝を買ったと想定して的中を判定します。 馬連的中=◎○▲△の馬連4頭ボックスを買ったと想定して的中を判定します。 三連単的中=◎→○→▲△××の三連単軸二頭マルチを買ったと想定して的中を判定します。 想定回収率=それぞれの買い目を100円ずつ購入したと想定して、回収率を算定します。

大阪杯 先取り展望

0

    高松宮記念 実際の買い目
    【月見亭】複勝 13 三連複軸2頭流し 12,13−総流し
    【びぜんや】単勝 5,18 複勝 5,18 馬単 18→総流し ワイド 5−18

     

    月見亭「雨雲を突き破り、無限の青空へ羽ばたいた若駒!」
    びぜんや「高松宮記念を制したのはセイウンコウセイ。道中は先団を追走、坂でグイッと馬群を割ってひと伸びし、そのまま後続を突き放した」
    月見亭「先行勢総崩れの中で、まったく違う手応えで抜け出してきた。パワフルな競馬だったね」
    びぜんや「ダートで勝ち上がった馬で、力のいる馬場は合ったんだろうね。まだまだ芝の短距離では底を見せていないままの戴冠となった」
    月見亭「重賞初勝利がG気箸いξイ豢函まだ4歳ということでこれからスプリント界を支配しそうな期待も」
    びぜんや「とはいえ今回は馬場が特殊だったし、相手も軽かった。事実、前走はダンスディレクターに敗れているわけだし。無事に夏を過ごして、秋に再び真価を見せてもらいたい」
    月見亭「2着はメンバー最速の上がりで内を衝いたレッツゴードンキ」
    びぜんや「“岩田スペシャル”で内を上がってきたけれど、時すでに遅し。しかしもう完全復活は疑いないだろう、ヴィクトリアマイルに出てくれば主役の一角だ」
    月見亭「3着はレッドファルクスで、秋春電撃G掬一はならず」
    びぜんや「勝ち馬を見る位置でレースを進めたが、勝ち馬が仕掛けたときについていけなかった。休み明けのせいかな」
    月見亭「キミの◎ワンスインナムーンは勝ち馬と同じ位置から進めながら失速、16着」
    びぜんや「前崩れの流れに呑まれてしまったし、薄手の馬に今日の馬場はキツかったか。出直しだね」
    月見亭「私の◎ソルヴェイグは中団から流れ込んで9着」
    びぜんや「見せ場を作れなかったなぁ。この馬場だし、今回は内枠の馬が上位を締める流れだったからねぇ」
    月見亭「というわけで今週の結果。私は(−×▲)でハズレ、馬券も同じく」
    びぜんや「僕は(−△▲)でハズレ、馬券も同様。まさか東京でワンスインナムーンに3馬身半ちぎられてた馬に勝たれるとは……」
    月見亭「気を取り直して未来に視線を向けよう。来週は今年からG気望些覆靴紳膾綰奸


    高松宮記念予想 by月見亭

    0

      起きたら雪でした。

      4月に入っても雪の降る地方ですから、おかしくもなんともないのですが、

      それでも、今朝の雪には少し驚いてしまいます。

      ただ、積もるまではいきそうにないのが幸いですね。

       

      私のソルヴェイグです。

       

      残りはこんな感じです。

       

      〇 メラグラーナ

      ▲ レッドファルクス

      △ ナックビーナス

      × ワンスインナムーン

      × レッツゴードンキ


      高松宮記念予想 byびぜんや

      0

        園田競馬場に「お座敷投票所」というのが出来たようですね。
        畳敷きの部屋に座卓があり、座椅子が4つ囲んでいて、脚を伸ばしながら競馬を楽しめる、というもののよう。
        そこでビールやワンカップを開けつつ、もつ煮やバッテラを突つきながら気楽に競馬を観戦するのは楽しそうですが、バイタリティ溢れる関西のおっちゃんおばちゃんの勢いによってカオスなことになりそうな気もしますね。
        最近は各競馬場に個性的な観客席が増えていますが、その中でも異色な投票所。

        機会があったら行ってみたいものです。

         

        ◎はワンスインナムーン


        ドバイ国際競走予想 byびぜんや

        0

          ドバイ国際競走の内、日本国内で馬券が発売される後半3レースの予想を公開します。

          おまけで日本の2重賞も予想しています。

           

          ■ドバイターフ予想
          ◎4 デコレーテッドナイト/前哨戦を快勝。破壊力ある英国の新星。
          ○6 ムタケイエフ/強敵と五分に渡り合った2走前を評価。
          ▲2 ザラック/名牝・ザルカヴァの仔が前哨戦を快勝。要注目。
          △9 ヴィブロス/砂漠の地に降り立った女魔神。末脚生きる流れなら。
          ×1 リブチェスター/堅実さ光る。マイルで培ったスピード生かして。
          ×12 ドーヴィル/オブライエン三銃士の筆頭格。名手の手綱も不気味。


          ■ドバイシーマクラシック予想
          ◎3 ハイランドリール/BCターフ勝ち、凱旋門賞2着の実績。先行力生かして。
          ○7 ポストポンド/昨年はドゥラメンテ以下を一蹴。舞台適性高い。
          ▲6 セブンスヘブン/ヨークシャーオークスでファウンドを沈めた大物食い。
          △4 サウンズオブアース/詰めの甘さ気になるが、力は互角。


          ■ドバイワールドC予想
          ◎14 ムブタヒージ/昨年2着馬で舞台適性は抜群。ひと叩きして上昇。
          ○9 アロゲート/7戦6勝の怪物、注目の世界デビュー戦。
          ▲7 アウォーディー/芝でも走れるスピードが魅力。
          △12 ホッパーチュニティ/同級の大物に隠れているが侮れない百戦錬磨の兵。
          ×4 ラニ/規格外の怪物。無尽蔵のスタミナを生かせれば。
          ×6 ムーヴアップ/前走の敗因は休み明けと展開。巻き返す。


          □日経賞予想
          ◎12 ゴールドアクター/昨年の覇者が登場。ここでは役者が違う。
          ○9 レインボーライン/勝ちきれないが堅実。血統的にこの舞台合いそうで。
          ▲6 ディーマジェスティ/皐月賞馬が再始動。注目。
          △7 マイネルサージュ/前走は距離が長すぎた。ここは反撃の舞台。
          ×8 ジュンヴァルカン/長距離で崩れたのは菊花賞だけ。ここも積極策で。
          ×14 ツクバアズマオー/AJCCで◎と僅差。距離再延長で巻き返す。


          □毎日杯予想
          ◎7 プラチナムバレット/先行力と切れ味を兼備。阪神の外回りは合う。
          ○1 サトノアーサー/前走の敗因は馬場につきる。瞬発力の生きる舞台で。
          ▲3 アルアイン/シンザン記念は不利がすべて。少頭数のレースで見直し。
          △4 クリアザトラック/トライアルではおなじみの血統。勝負根性とセンス買う。
          ×5 トラスト/中央転入後も大崩れなし。ここからダービーへつなげたい。
          ×8 ガンサリュート/世代のトップクラスと接戦の足跡侮れない。


          高松宮記念 先取り展望

          0

            阪神大賞典 実際の買い目
            【月見亭】複勝 6 三連複軸2頭流し 6,9−総流し
            【びぜんや】単勝 3


            月見亭「これが鉄板より堅いダイヤモンド馬券! 単勝1.1倍の支持に応え、私の◎サトノダイヤモンドが阪神大賞典を完勝!」
            びぜんや「ウインスペクトルが途中からハナを奪いに行ってそこから大逃げしたり、レーヴミストラルが好位に上がってきたりと先団は目まぐるしくなったが、落ち着いて後方3番手からの競馬」
            月見亭「先に抜け出したシュヴァルグランを目標に進出、危なげなく差し切った」
            びぜんや「G毅仮’呂蕕靴て押垢龍デ蓮トライアル仕様の仕上げで完勝したのは大きいが、その分本番ではマークがきつくなりそうだなぁ」
            月見亭「2着はキミの◎シュヴァルグラン」
            びぜんや「ロスなく回って完敗の形。とはいえ有馬記念より差は詰めたし、本番でどう巻き返してくるか楽しみの残る2着だ」
            月見亭「3着は後方から大外を追い込んだトーセンバジル」
            びぜんや「前崩れの流れに乗じて、決め打ちがはまった形。上位2頭とは離されているし、額面通りには受け取れないかな」
            月見亭「というわけで今週の結果。私は(◎▲×)で単勝と馬連が的中も、馬券はハズレ。レーヴミストラルがあれじゃなぁ……」
            びぜんや「僕は(○◎−)で馬連的中、馬券はハズレ。まぁ、こんなものでしょ」
            月見亭「これにて2017年冬シーズンの予想バトルが終了。星取りでは5勝5敗2分けの五分だけど……」
            びぜんや「回収率の差でここは僕の勝利。京都記念のスマートレイアーが大きかったなぁ。ちょうど1年ぶりに予想バトルに勝ったぞ」
            月見亭「12戦中10戦でどっちかが的中したんだから、予想ブログとしての面目も保てたわね」
            びぜんや「さて、来週からはいよいよ春のG汽掘璽坤鵑本格スタート。桶狭間での電撃戦、高松宮記念だ」


            阪神大賞典予想 by月見亭

            0

              近所のポケストに寄った帰り道、オオイヌノフグリが咲いていました。

              朝晩はまだ冷える信州ですが、春はそこまで来ていますね。

               

              私のサトノダイヤモンドです。

               

              残りはこんな感じです。

               

              〇 レーヴミストラル

              ▲ シュヴァルグラン

              △ タマモベストプレイ

              × トーセンバジル


              阪神大賞典予想 byびぜんや

              0

                うっかりしていたら、今週から岩手競馬がはじまっていました。

                さっそく開幕日の「奥州弥生賞」に手を出してみましたが、これは豪快に獲って損。

                中央競馬も難しいですが、岩手競馬も難しいですねぇ。

                昨年はトークバトル形式で岩手競馬予想を書いていましたが、予想成績があまりに惨憺たるものだったので、今年は違う形で書いていこうと考え中。とりあえず今週はこの予想のおまけという形で「花巻ひえカレープロジェクト賞」の予想を書いてお茶を濁しておきます。

                 

                ◎3 シュヴァルグラン
                昨年の優勝馬を本命に指名します。
                有馬記念ではサトノダイヤモンドの前に完敗を喫していますが、この時は小回りの中山で常に外外を回らされ、直線では内側から張られる不利も受けてのもの。
                ゆったりとした阪神での少頭数のレースは不器用なこの馬に合っていますし、前回は2キロあった斤量差がゼロになるとなれば、逆転の目も見えてきます。
                コース適性と長距離性能は昨年のこのレースで証明済み。ディフェンディングチャンピオンの逆襲に賭けてみます。

                 

                ○9 サトノダイヤモンド
                昨年の菊花賞、有馬記念を制した天才児がここから始動します。
                皐月賞では直線の不利で負けており、ダービーでは落鉄がありながらのハナ差。G気任眈錣望,蘇蕕噂侏茲訐能の持ち主で、G兇覆虧世蕕に力上位です。
                先行しても差してもレース出来る自在性と、息の長い末脚が武器で、阪神内回りの長丁場への適応も問題なし。
                死角らしい死角は見当たりません。

                 

                △6 レーヴミストラル
                連覇を狙った前走・日経新春杯では10着に大敗しましたが、天皇賞・春以来の長休明け、道悪、さらに落鉄と悪条件が重なったもので、これは完全に度外視可能。今回が仕切り直しの一戦となります。
                距離は明らかに長すぎる気がしますが、少頭数で超スローの展開になれば、この馬の持つ破格の末脚が火を噴くはず。昨年の日経新春杯ではその末脚で◎シュヴァルグランを差し切っており、侮れない実力者です。

                 

                ×1 スピリッツミノル
                全5勝中4勝を重馬場、または稍重で挙げているスタミナタイプ。スピードには限界があるだけに中距離オープンで戦うのは苦しいですが、3000mの前々走・万葉Sでは3着に入って、マラソンレースでの適性は示しています。
                前に行ければ渋太いだけに、1800mの前走・小倉大賞典を使ったことで行きっぷりが良くなれば、上位食い込みの目も出てきそう。力のいる今の阪神は合うはずで、ちょっと気になる伏兵です。

                 

                買い目は◎の単勝。

                 

                ■ おまけ ■岩手競馬・花巻ひえカレープロジェクト賞予想
                ◎10 トーホウパルサー/2走前の金星が光る。外枠から先手取れれば。
                ○6 アキツシマ/成長急な4歳馬。2番手からでもレースは可能。
                ▲4 ロジカロン/南関東での経験に注目。前が崩れれば台頭。
                △5 コスモタウルス/4連勝中の成長株。
                ×1 スパンコール/◎と再三の接戦歴。逆襲狙う。


                阪神大賞典 先取り展望

                0

                  フィリーズレビュー 実際の買い目
                  【月見亭】複勝 2 三連複軸2頭流し 2,6−総流し
                  【びぜんや】単勝 14 複勝 14 馬連流し 15−6,9,12,13,14,16
                   
                  月見亭「刺激的な末脚は祖母譲り! 桜色より深く、ターフを染めた紅の新星!」
                  びぜんや「フィリーズレビューを勝ったのはカラクレナイ。後方2番手待機から大外を驀進、先に抜け出したレーヌミノルを差し切った」
                  月見亭「休み明け、重賞初挑戦でも迷わず自分のスタイルを貫いたね。強豪揃いの桜花賞戦線にまた強烈な個性が登場した」
                  びぜんや「初のマイル、相手強化となる本番はどうかだけどね。自分の形を持っているのは強みだし、人気の盲点になるようなら狙ってみたいかな」
                  月見亭「2着はキミの◎レーヌミノル」
                  びぜんや「好発を決めたものの、中団で控える形。しかし最後はありあまるスピードが災いして早めに先頭に立ってしまい後続の目標となった。溜めても味は出ないね」
                  月見亭「3着には最後方からゴールドケープが突っ込んで、ここまで3頭が桜花賞切符をゲット」
                  びぜんや「展開に恵まれたのも事実だが、最速上がりをマークして4着以下に2馬身差をつけたのは見事。距離延長に不安はないし、桜花賞のダークホースとなりそうだ」
                  月見亭「私の◎アズールムーンは逃げて直線は力尽き、15着」
                  びぜんや「典型的な前崩れの流れを作ってしまったね。これをいい経験にして、自己条件からやり直しだ」
                  月見亭「これで桜花賞トライアルが終了。チューリップ賞はソウルスターリング、アネモネSはライジングリーズン、そしてフィリーズレビューはカラクレナイが勝利して本番へ」
                  びぜんや「構図としてはチューリップ賞を勝ったソウルスターリングに、クイーンCを勝ったアドマイヤミヤビ、そして直行してくるミスエルテが『3強』となるのかな」
                  月見亭「直接対決を済ませていない3頭だけに、その比較に頭を悩ませることになりそうだね」
                  びぜんや「リスグラシューやレーヌミノルはトライアルの結果をどう修正して来るのか、カラクレナイやライジングリーズンは『3強』に割って入れるのか……」
                  月見亭「今日のジューヌエコールは不利を被っていたけれど、先行勢の中では頑張っていたし、ひと叩きした上積みも見込めるよね……」
                  びぜんや「ま、桜花賞で悩むのは先にして、今週の結果。僕は(×◎−)でハズレ、馬券は馬連が的中したけれども獲って損。中山牝馬Sもトータルでは獲って損で、東西牝馬重賞を当てながら両方獲って損という結果に……」
                  月見亭「私は(△▲×)で馬連的中も、馬券はハズレ。獲って損でも当たっただけましだよ、キミは」
                  びぜんや「さて、来週は変則3日間開催。日曜メインは中山でスプリングS、阪神で阪神大賞典」
                  月見亭「うーん。3歳はそそられる馬がいないし、ここは阪神大賞典かな」


                  フィリーズレビュー予想 by月見亭

                  0

                    時間がないので、前フリ無しで。

                     

                    私のアズールムーンです。

                     

                    残りはこんな感じです。

                     

                    〇 ジューヌエコール

                    ▲ レーヌミノル

                    △ カラクレナイ

                    × シグルーン

                    × ゴールドケープ


                    フィリーズレビュー予想 byびぜんや

                    0

                      来年のJBC競走が京都で行われることになりましたね。
                      地方競馬の祭典を中央でやるのは……との意見もあるようですが、南部杯を緊急避難的に東京でやった過去もありますし、JBCは地方持ち回りといいつつ首都圏での開催が多く、マンネリ気味になっていたのも事実。カレンダーのことも考えれば、これはこれで面白い判断なのではないでしょうか。
                      ただ、どうせ中央でやるなら、思い切ってJBCの開催経験がない九州(小倉)や北海道(札幌・函館)でやってみても面白かったんじゃないかなぁ、などとも思ってしまいますが。

                       

                      ◎15 レーヌミノル
                      小倉2歳Sを6馬身差で圧勝し、京王杯2歳Sで2着、阪神JFで3着と、ここでは断然の実績を誇ります。
                      前走・クイーンCでは4着に敗れていますが、逃げきり至難な東京マイルでハナを切る形になってしまった展開の綾がありましたし、背負っていたのも他馬より重い55キロ。なによりタフな東京芝1600mはこの馬には長すぎたと思われ、その条件下での0.5秒差は評価できます。
                      賞金的にはトライアルをスキップし、クイーンCから桜花賞に直行することも出来たはずですが、あえてここを挟んできたというのは、桜花賞やNHKマイルCよりも距離の短いここの方が確実に「稼げる」と踏んだからでしょう。
                      ここは人気でも逆らえません。

                       

                      ○14 ビーカーリー
                      2歳時には小倉2歳S→デイリー杯2歳S→朝日杯FSと牡馬相手に重賞を戦ってきた女丈夫です。
                      朝日杯では1.0秒差10着とG気諒匹膨靴擁屬気譴審聞イ砲覆蠅泙靴燭、トラスト、アメリカズカップといったメンバーと差のない競馬をし、ダンビュライトには先着。牡馬重賞級と差のないポテンシャルは示しています。
                      年が明けてからは牝馬限定のオープン特別で3着、7着と微妙な成績ですが、紅梅S3着は直線での不利、エルフィンS7着は距離と敗因は明らか。
                      ここは改めて見直したい素質馬です。

                       

                      ▲9 ベルカプリ
                      今回はアズールムーンとともに逃げ候補と目されていますが、2番手以下からでもレースは可能。未勝利戦では好位からの競馬でアドマイヤミヤビの2着に粘り、デイリー杯2歳Sでは番手からの競馬で0.2秒差5着と、むしろ好位からのレースの方が好結果を残していますから、ここは内枠のアズールムーンを行かせてベルカプリは番手から……というのが理想のシナリオになります。
                      休み明けの前走を叩いて上積みが期待出来ますし、良馬場でレースが出来そうなのもプラス。流れ次第で一発、の期待が持てます。

                       

                      △12 シグルーン
                      デビュー戦ではカデナを下していた素質馬。続くアルテミスSでも上位には離されたとはいえ3着を確保し、力のあるところを見せています。
                      前走・阪神JFでは14着に大敗していますが、中間に寝違いがあって調整に狂いがあった上に、レース中に骨折していたということでこれは完全に度外視可能。
                      いまだ底を見せておらず、人気の盲点になっている感があって、ここが買い時です。

                       

                      ×は人気どころから6 ジューヌエコールと、16 カラクレナイを抑えます。

                      買い目は◎からの馬連流し5点。○の単複も抑えます。


                      | 1/225PAGES | >>